マジ love キングダム 歌詞。 入国しました(訳:マジLOVEキングダム見ました)

入国しました(訳:マジLOVEキングダム見ました)

マジ love キングダム 歌詞

公開当初は18回ぐらい見ようかなーって 思いながら映画館に通ってました。 しかし週を増すごとに アンコールが増え、 アンコールの内容が変わり、 チケット戦争が苛烈になり、 公開終わっちゃうんじゃないかと 日々怯えながら 気づけば見た回数は18回は越えていました。 その後、各グループ足だけ映るんですが カルナイだけは誰が誰なのかわかんない! 1番最初から待っていたのは誰ですか? 蘭丸か嶺ちゃんだと思うんですが、 足ダンダンしながら待つ嶺ちゃんって イメージできない…。 だからといって、ターンするほど ハイテンションな蘭丸も想像できない…。 はいつもどおり きれいに整列してますね。 は先頭は音也、 音也に続いて走ってるのがセシルと翔ちゃん 仲良く並んで歩いてるのが真斗とトキヤ 真斗のハンカチ拾ってあげるのがレンちゃん 軽やかなステップで追いかけるのが那月。 足しか映らないシーンでも これだけ個性溢れてるなんて… なんなら台詞も 脳内で再生されるからすごい。 音「早く早く~!歌いたくてウズウズするよ~!」 翔・セシル「急げ!急げ!楽しみ~!」 真斗・トキヤ「やれやれ。 そんなに急がなくてもライブは逃げませんよ。 」 レン「レディたちに早く会いたいね。 全く、ハンカチ落としたよ。 スタリは真斗とレンちゃんが話してて 音也とセシルはなにやら肩組んでます。 しかもこのときセシルが音也に 羊羹みたいなのを あーんしてるんです! しんどい!愛島兄弟しんどすぎるよ! そしてなぜ羊羹!? トキヤは、音也とセシルの間に 入れてもらえなかった場合は、 もれなくぼっちになるので 今回は那月と翔ちゃんのところに 入れてもらってました。 凛々しいだけでなくお美しいしな。 レンちゃんとバラ!美しい! レンちゃんはアイドルモードだと めちゃくちゃファンサの神ですよね! 翔ちゃんはどうしてそんなに お目目がウルウルしてるんですかー! アイドルモードだからなんですか!? そうなんですよね!?? 那月はちょっといつもより大人っぽいですね なんか掲げて麗しい…。 カルナイはなぜに をさせるんですかね…。 は実はカルナイじゃ 二番目に若いんやで…。 ヘヴはみんなお行儀よく座ってて イイっっっ! ナギちゃんは宇宙一ミルキュート! ちょっと小生意気なお顔が かわいいですよね! ヴァンはやっぱり黙ってたらイケメン! シオンの謎ポーズが少し気になります。 笑 皇さんは微笑んでるー!!! しかもカメラに向かって ちょっとお辞儀するのかわいすぎる! 瑛二くんは安定の首痛めた系男子ポーズ。 瑛二くんはこのポーズよくしてますよね。 笑 大和は力強いガッツポーズ! 瑛一が座席に向かって歩いていくのを 不思議そうに見てるシオンが 私は気になって仕方ありません。 笑 瑛一がポーズしたときの お顔はすごく瑛一らしく、 自信に満ち満ちてますよね~。 ちなみにの座席は それぞれのイメージカラーになってて、 大和がピンクの椅子に座ってるのが すごく気になります。 笑 ここからいよいよライブが始まります! 明かりのついてないステージが映り、 このときのドキドキ感はマジで壊れそう!笑 お城のステージの後ろ、 さらに高いところに7つの支柱があり そこからが登場します! このときの映画の観客の歓声が めちゃくちゃリアル! しかしすごく高いところから スタリ登場ですが、 観客のみなさん見るの大変じゃないのか…? しかもこの支柱、動きます。 その光景もぜひ前から見たかった…。 でも音也とトキヤのハイタッチが見られて 嬉しい!!! 2人とも楽しそうで とにかく私は嬉しいです! 間奏のコメントのときに 音也が走っていくのは めちゃんこかわいいですよね! 楽しくて仕方ないのが スクリーン越しでも ビシビシと伝わってきます! コメントのレンちゃんは ファンサが満載すぎ!! 「愛を」で指ハートを作って、 「君に捧ぐよ」でハートを 私たちに投げキスしてるんですよ! もうやめて!私たちのHP0だから! コメントのときの翔ちゃんの言い方も すごくかわいいですよね…。 「みんなの力を1つに~っ!!」って めちゃくちゃ気合い入ってる。 セシルなんかさっきまで孫モードだったのに いきなりリアルプリンスモードになってて 私の脳内の処理が追いつかないですよ! サビの「 常識なんていらない」のダンス、 力強く足踏みして 上に引き上げるポーズするじゃないですか。 あれって、 トトロが木を育てるダンスに似てませんか? 1番ではあのダンスでお城を作り上げるから あながち間違いではないんでしょうか…。 サビの「 飛び立とう」のダンスで 本当に飛び立つかのようなダンスは めちゃくちゃかわいいですよね…。 曲の終わりのポーズとか もう完璧にプリンスですよ…。 かっこよすぎた…。

次の

マジLOVEキングダムありがとうのきもち 1

マジ love キングダム 歌詞

ジャケットイラストはA-1 Pictures。 楽曲「Feather in the hand」は3人のハーモニーが美しい一曲。 透明感のある歌声と切ない歌詞が見事に調和している点も聴きどころ。 通常盤には封入されません。 *購入方法としては、一括でご注文を頂いても個別でご注文を頂いても構いません。 *同一の会員ID購入履歴でのご対応とさせて頂きますので、 会員登録なしでの「ゲスト購入」の方は対象外とさせて頂きます。 *当特典の配布は「初回限定盤」のみ対象となります。 談笑する真斗とカミュをよそに、瑛二は2人の予想外の言動にとまどいを隠せない様子。 カミュだ。 二人とも、せいぜい俺の足を引っ張らぬよう、尽力せよ」 【トラックリスト】 01. 鈴村健一)、カミュ(CV. 前野智昭)、鳳 瑛二(CV. 内田雄馬) 作詞:上松範康(Elements Garden) 作編曲:母里治樹(Elements Garden) 02. 緊張と不安 03. 意外なコーヒーブレイク 04. 新たなハーモニー 05. 最高の景色 06.

次の

ブロッコリーCD

マジ love キングダム 歌詞

マジLOVEキングダム観た人、手あげて〜〜〜〜〜〜!!!!!! このブログ読んでる人のほぼ全員が両手を上げることでしょう。 ず〜っと前からが大好きな人、キングダムでをまた大好きになってくれた人、キングダムで初めてちゃんとに触れて、感激してくれた人。 前々から知ってはいたけど……な人。 それぞれ皆さんにはいろんな思い出があって、いろんな気持ちを抱えていたと思います。 まもなく10周年を迎える、発でありながらも女性向けアイドル系コンテンツのパたるが、ゲームから…アニメ…リアルイベント…映画…いろんな形を通り、ファンの熱量も上下様々ありながら、長い時間をかけて歴史を繋いできたこと。 そして、その歴史の最前線である今この現在においても、はファンの心を鷲掴んでは慈しみ、愛して、ときめかせてくれる。 とにかく激烈にホットなジャンルであること! このことが、出戻り勢ではあるものの、を愛して約8年になる私にとってはめちゃくちゃ嬉しいんだあ〜〜という気持ちをどこかに残しておきたくて、このブログを書いています。 「なんやおまえ出戻りかい」 こう思われても仕方がないのですが、降りようと思った経緯については今回できるだけ割愛します。 気持ちの良いお話でもないですし。 ただ、降りていた時期であっても、どうしようもなく、が、神宮寺レンが大好きでした。 大好きだからこそ、とても辛い時期があって。 ちょっと距離を置いて落ち着こうと思い、一旦降りていた人です。 わかる人にはわかると思います。 さて、キングダムが劇場公開されたのは2019年6月14日。 当時の私のプライベートは暗黒そのものでした。 ぜんぜん、映画を見にいく余裕なんてなかったですし、前述したとおり「大好きがゆえに、つらい」という気持ちにまだ囚われ続けていたので、観に行きませんでした。 照らしてあげられなくてごめん。 そう毎日申し訳ない気持ちを向けつつ、での大絶賛、いろんな界隈のファンさえも取り込んで盛り上がっていくを、遠巻きに眺めているような気持ちでタイムラインを漂っていました。 そこから1ヶ月。 その姿が、本当にとても楽しそうで。 キンブレの入ったカバンは重い、公式のキンブレが欲しいけど売ってないからとりあえず推し色のを買った、も欲しくて中古屋行ってみた、プリキャがかわいい、アクスタがかっこいい、曲がいい、前は気がつかなかったけど、ここのシーンでこんなことしてて……マジでやばくて……とか、そんな話をたくさんしていて。 それはそれは本当に楽しそうで! 全部わかる。 だっては最高だもん。 闇に光を灯し、荒れ野に花を咲かせ、心を大空へ飛び立たせる。 世界を変える音楽たちだもん。 の音楽と、アイドルのみんなの歌で、みんなのそれぞれの世界が輝きと共に押し広げられていく。 その心の昂りを、未知なる音楽の世界に連れて行ってもらえる喜びを、私だって痛いほど、涙が出るほど、声にならないほど、知っている。 人生を、命をかけて愛してきたんだもん。 わかる。 楽しいよね。 わかる。 どうしようもなく好きだという気持ちに出会える幸福を、私も、知っている。 なのに、当時のわたしは、カルナイには複雑な気持ちでいっぱいで。 ヘヴのメンバーたちはみんな怖かったんです。 アニメがね…。 どうしてもね…。 そんな気持ちが心にまとわりついて、なかなか観に行く決心がつきませんでした。 ずーっと。 「が好きなら、絶対観たほうがいい。 今抱えている気持ちもすごくわかる。 私も同じこと思ってる。 でも、本当に、すごく良いから。 一緒に行こう」 そう何度も言ってくれて。 そのおかげもあって、気持ちにも、現実的にも少し余裕が出来たころ、やっと自分でキングダムの公式HPを開くことができました。 どうやらアンコールなるものがある? しかも、の、アンコールがある? 全編ライブは本当っぽいし…… ふ〜ん。 どうせ行くならがいいなぁ。 え!?特典の種類多くない!? ブロマイドだよ、ということしかわからん…… いまは何周目?わからぬ……。 とりあえずコレにはこだわらずにいこう…… だったらキンブレももOKだよね。 電池、替えとこうかなぁ。 ん? あれ? 私、とうに観る前提で考えてない? はっとしました。 笑っちゃいますよね。 約1ヶ月、たくさんのお誘いをむげにしてきたくせに。 ちょっと公式サイト見ただけで、すっかり頭はキングダムのことでいっぱいになっていたんです。 なんだなんだもう、本当に私、大好きなんじゃん。 いや、大好きだからこそ悩んでたんだけどさ。 本当のところは、観たかったんだよね。 瞬間、ぶわ〜〜〜〜〜〜って涙が溢れ出してきて。 そう、私、が好きなんだよ。 無理して好きでいることもないけど、無理して目を逸らすこともないんじゃんって。 そう気がついたんです。 これが距離感なんだと思っています。 だって趣味なんだから。 生きがいでもあるけど、命をかけているけど、趣味なんだから。 好きなところだけ摂取したって別にいいじゃん、と割り切ることがここで初めてできるようになりました。 キツいなと思うものはであっても観ない触れない聞き入れない。 それで誰かに迷惑をかけたりしないんだから、各々のペースで、立場で、距離感で楽しんでいいんだって思うとすごく楽になったんです。 高校時代ににハマってから、ず〜〜〜っとグッズなりイベントなり何なり、全てにおいて全身全霊をかけて追っていたので、この気づきを自分で得られたことにとても感激しました。 マジで…金曜の夜に夜行に乗って、土曜のイベントを楽しみ、その夜に夜行に乗って、日曜の朝に帰ってきて、バイトに出て、学校に行って…プリライの時には人数集めて神宮寺レンにフラスタを出して……なんて生活してたんです。 グッズも数を多く求めるタイプで、それはそれは頑張っていました。 絵もよく描いてたし。 だからこそ。 そうじゃなくてもいいと気がつけたこのとき、いっぱい泣いて。 ちょっと楽になって…。 楽しいのと無理してないのはイコールではないんですよね。 これは、を降りていたからこそ得られた価値観です。 私は、降りていたことを後悔していません。 必要な時間だったんだと思っています。 2019年7月22日。 この日が、私の入国記念日です。 特典も切れてしまっている、平日のレイトショー。 ぜんぜん客は入ってなくて、私と友人を入れても10人くらいだったと思います。 それでも久々の現場 ? はドキドキして、 「初めて見るよ〜〜」 「どんなのなんだろう」 「どんな神宮寺レンなんだろう」 「こんなど真ん中に席取っちゃったよ、わたし、もう、やばいじゃん、どうしよう!」 なんて連発して初見アピールしまくって。 優しくしてくれ〜〜、うまくコーレスできなくても許してくれ〜〜、と言外に懇願していました。 完全にビビってましたね。 両手には公式キンブレ、、過去のにバングルライトまでゴリゴリにつけてたくせにね。 サック装備しながら何言うとんねんって話ですよ。 姿と言動が不一致すぎる私の姿を見て、友人は笑い倒してくれました。 ありがとう。 笑 そうして、オープニングへ。 松竹のアレが出てきただけでドキッとした。 KING AMUSEMENT CREATIVEのコンフェと歓声のアレで涙が滲んだ。 そうして。 「みんなー!」 音也くんのあの元気いっぱいな声が飛び込んできて。 マジLOVE上映と通常上映の説明なだけなのに。 懐かしいような、不思議な感覚に取り込まれました。 今回もきっと音也くんが1番だってなんとなく思ってたんだよ。 ギュ〜〜〜〜っと胸が熱くなりました。 そうして。 みんなの。 あの、大好きな大好きな神宮寺レンもいる、みんなの、 「 マジLOVEキングダーム!!」 で、もう私の脳は完全に現場トリップしていました。 いよいよ始まる。 心臓も頭も一気にヒートアップする中、ロンドンの街並みから始まるのはさすがにびっくりしましたけど、神宮寺レンがハンカチを拾ったあのシーンで爆裂に興奮しました。 そう、神宮寺レンは、ハンカチが目の前で落ちたら、声をかけるんじゃなくて拾ってあげるし後でスマートに渡す人。 確信しました。 この映画は大丈夫だと。 今思うと何目線やねんて感じなんですけど。 とにかく私はこのシーンで己のハンカチとキンブレをひとまとめに握りしめてガッツポーズ。 祈りの形を持って製作者に、神宮寺レンに感謝しました。 愛してる。 このままovertureのシーンについて話しますね。 とにかくみんなかっこよくって。 まさにファンプレのあの衣装、そのまんまを。 グループそれぞれの空間で過ごしているあのワンシーンでそれを悟った瞬間、鳥肌が立ちました。 この、めちゃくちゃ好きだ。 一発で丸ごと愛せる最高の衣装に、人生最大に愛している、大好きな大好きな大好きなのメンバーみんなの笑顔が、そんなこと考えてるうちにどんどん弾けていって。 「音也ー!」 平和 「トキヤああ!」 その笑顔はやばい待ってほしい 「セシルー!」 かわいいずるいかわいい好き 「じんぐうじさん!!!!!れ!!!れん!!!愛」 爆泣 正直呼べてた自信ない 「まさと〜〜〜;;;;;;」 引きずる 「しょうく、、、翔くん!!!!!!?」 翔くんの慈愛の微笑みに心を鷲掴みされる女の図 「那月!!!!」 君の微笑みは本当に月の光のようで美しいよね好き ここまでブログを読んでくださっているプリンセスは余裕でどのシーンのどの顔の翔くんなのかとうにお分かりだと思うので特に説明もせずに語り進めますが、マジでここの翔くんやばくないですか? 私、キングダムでかなり翔くんの魅力にあらためて気がついて、めちゃくちゃ好きになったんです。 その第一歩。 というか始まりがここです。 なにこの、男気を得た、男の中の漢のすがた。 ほほえみ。 ここで私は一つ気がつきます。 そうか。 みんな、大きくなってる……。 当たり前のことなんだけども。 私は、レジェンドスターをまともに観ることができませんでした。 いま現在も観ていません。 あの頃ののみんなの姿を、目にすることが、どうしてもつらくて。 そうしてそのまま、降りてしまっていたその間に。 こんなに大きくなってたんだ……。 彼らが歩んできた時間、道のり、得たものすべて。 そうして掴んだ、彼らそれぞれのかたち。 それが、overtureには詰まっていると思います。 」が入ってるんだもん。 どっちも始まりの歌じゃん、いろんながあるなかで、どちらもがそれぞれにとって大切な曲たちですよね。 さあ、いま、ここに始まる。 キスよりすごい音楽たち。 空を彩る虹になって。 未来の地図を、君と描こう。 このメロディたちが、、ピアノの音色で、踊るような軽やかさを持って登場したり、豪華絢爛たるオーケストラの音色が、いのち花開くように、心が浮き立つ、きらきらとした導きの光を持って、さらに重なったりして……。 いろんなハーモニーなのに、私はこのメロディを魂のど真ん中の底まで既に刻み付けている。 知っている。 私はこの曲たちを、知っている。 もうほんとにここですっごい泣いちゃって。 overtureの演奏が本当にめちゃくちゃ熱い。 涙して愛した、私との歴史が、胸の中で一気に輝き始めて。 もうこんなのずるい。 いっぱい愛してきた分だけ、このメロディで今までのすべての感激、感動がよみがえりました。 こんな序盤でベソベソに泣いてんのに本編に耐えられるわけがないし、このブログがいったい何万文字になるのかも心配になってきました。 もう私のハンカチはべしょべしょ。 をはじめ、カルナイ、ヘヴンズの全員が堂々たる面持ちで並び流れてくるあのシーンでまた泣いて。 胸にこみ上げてくるものが多すぎる。 心が体を追い越したまま振り返ってくれない。 言葉にできないまま、大好きだけ振り絞り、泣いて泣いて。 もうすでに観にきて良かったと思いましたね。 開始15分以内だと思うんですけど、やっぱりってすごいんですよ。 は人生。 あの登場シーン。 爆裂に泣きました。 さっきまであんなに泣いてたのに。 もう、もう、ことばにならない。 「星空へ旅立とう、虹を架け橋にして」 あんなに高いところで。 あんなにかっこいい衣装を着て。 あんなに素敵な歌詞を背負って。 あんなに愛おしい振り付けで、虹をかけてくれて。 音楽の歌の王国を、紡いでくれた。 一度目をそらし、諦め、闇に迷い込んだ私の世界に、光を灯し、花を咲かせてくれた。 心を青空へと飛び立たせてくれた。 私の世界を、一度ならず二度までも、変えてしまった! どれだけ嬉しかったか!!! どれだけ!!! どれだけ、救われたか!!! 戻ってきて良かったって! 愛していて良かったって! 生きていて良かったって!! 大好きでいさせてくれてありがとうって! また愛せて! 本当に!本当に!嬉しくて!!!!! だって私はが大好きだから!!!!! もう…ほんとに大好きなんですよ……。 思い出しつつ、曲をかけて、このブログを書いているんですけど。 いっぱい泣きながら……書いています……。 の音楽の力は本当の本当に不死なんだと思います。 みんなの歌声はどんなときでも誰かの心を震わせるし、どんな時代でも、誰かの心の闇に光を灯すでしょう。 本気でそう信じて疑っていません。 だって私はこの体験を2度味わっていますので……。 まだに出会っていない全人類がちょっと羨ましいんですよね。 みんな、この感激をまだ味わっていないなら、どっかでこの衝撃を浴びるチャンスが残っているということです。 それってとっても幸せだと思います。 大好きなものに出会えた時の気持ちって、とってもキラキラしてるから。 そのキラキラを初めて抱きしめたときの気持ちは、言葉にならない幸せですよね。 ともかく私はovertureからファンプレは冗談抜きで泣きっぱなし。 辛い時期もあったけど、やっぱり私はが大好きだから。 今までとは違う距離だけど、決して最前線ではないけれど。 それでもが差し伸べてくれる手は届くところで愛していこうと改めて向き合える私になることができました。 な〜〜んて冷静に思い返せるのは今だからで。 初見の当時なんてもうわけわかんなくなってましたよ。 ファンプレの演出にオルフェの演出を混ぜるとかまじでずるいじゃん。 全部気がつくし、全部嬉しいし、全部に泣く。 こちとら懐古拗らせて降りてたレベルの激重懐古厨でしてよ?!?!?!涙して愛してきた歴史の全盛期をくすぐりすぎです!!!! 翔くんの階段の降り方と白い鳩でめっちゃくちゃ泣いた。 ずるい。 褒めています 演出家様にボーナスを差し上げてください そんな感じでビャンビャンバリバリ泣いてたらみんなのセリフとファンサが飛び込んでくるしで……軽くパニックでしたね。 普通に処理追いつかなくないですか? すげー暑かったのを覚えているんですが、たぶん私がオーバーヒートしてたんだろうなと今思いました。 映画でオーバーヒートするの、後にも先にも絶対これっきりだわ!! その証拠 ? に、マジで神宮寺レンにダブル指ハートもらったことに気がついてませんでした。 「なんかしてるけどとにかくなんて言ってるか聞き取りたい」が先行して何してんのかわからなかったんですよね。 処理能力低すぎ……!! いやいや、パニックでしたので……。 うう……。 すぐ気がつかなくてごめんなさい、神宮寺さん……。 それにしても、ファンプレは何もかもが最高だと思いませんか。 何度でも書くけど積み上げてきた歴史が伊達じゃないんだって……。 高校時代の青春のすべてを捧げただけのことはあるんだから……。 マウント取りたいわけではなくて、どんだけファンプレが刺さっているか、刺さるだけの要因が何なのかを伝えたいがために何度も書いております、嫌だったらごめんなさい。 ファンプレの振り付け、かなりシンプルですよね。 特にサビなんて手の振りがほとんどで、メンバーの並びだって横に一列。 これ、回数を重ねるうちに思ったんですけど、 ファンのみんなと一緒に虹をかけられるようにシンプルな振りにして、そしてその様子をが一列に並んで見守ってくれているんじゃないでしょうか。 なんて。 みんなも一緒にやろう!って誘ってくれているような気がして……。 完全に私の解釈なので、ちゃうわボケ!!と思われても仕方がないのですが、私の中ではそういうことにさせてください。 だって幸せじゃん……? ここまでこそできなかったものの、初見当時の私はこの全てが喜びと涙にかわり、めちゃくちゃ泣いて、そのまま容赦なくカルナイ、ヘヴンズ、それからそれから……とライブに押し流されていくのでした。 もうそろそろ指が疲れたしここまで書くのに4時間かかってるんでもう〆ますが……またほかについても書きたいなぁ。 円盤もとっくにでていますのでネタバレも全然しますしそもそもみんなもう脳内入国できますよね?信じてるぜ。 ここまで読んでくださってありがとうございました。 戻ってきて本当に良かったです。 また続きはそのうちに。 グーネ ドーミス! 午前3時 数点、誤字脱字など修正しました mutsuyarhmutsuya.

次の