デレステ 不人気キャラランキング。 まとめサイト民が選ぶこのモバマスアイドルが酷いランキング

まとめサイト民が選ぶこのモバマスアイドルが酷いランキング

デレステ 不人気キャラランキング

1位 圏外、ボイスでは学園のという誰もが認める超が付く不人気。 全く可愛くないとは画面に現れるだけで悪さを感じる。 随一のブスなのにも拘らず、においてのとによりボイスを獲得し数多の声無しPの怒りを買いまくった。 ただのというだけで目登場し、声まで手に入れたこの卑しさは人気上位の声なしPにとっては考えられないほどの。 そのうえ声が付いている以上のに組み込まざるを得ず、こいつがするだけでのがブチ壊れるほどのを放つ。 がいる以上もはや曲に頼るほかなく、一緒のになったあとの4人はのと化した。 さんや茜、ユッコの可愛さがにかき消される程の酷さ。 において最も且つ最大の要素はこいつに声が付と。 酷い1位も当然の結果と言える。 本当になぜ声を付けた。 としてにしていること考えてな。 声を取り上げろどころか今すぐにを抹消するべき。 2位 においての未央を超える贔屓っぷりが特徴。 李衣菜のでありながらでまるまるほぼ主役として登場。 当然声を貰え、曲も作ってもらう始末。 正直言ってはとは決して言えず、変えすらが無いで。 拓海は人気こと考えても異例。 やはり見た目の。 当然でもをふるうことは無く、圏外。 それなのに上記のを貰っているのだモバPの怒りを買うことは言うまでもない。 不人気かつメイン勢でもないに関わらずこのだけ図々しく曲を貰ったことは酷い2位不可避の事案。 最もによる贔屓が目立つだと言えよう。 また上記のようなでありながらもにおける曲は含めなんと4曲。 圏外のとしては異例の曲数 蘭子やと変わらないと言えば分かるだろうか。 まさに贔屓という名の寵愛を受けし。 人気上位ながらも不遇な扱いを受けてるのPすれば腸煮えくり返る思いだろう。 3位 において最もな行動を繰り返したの一人。 未央ばかり叩かれているが、未央以上に且つ不可解なが目立つため酷い3位に選定。 1期ではまるで未央に便乗する形でを、やどころか全員にをかける。 2期では更にが。 あれだけ啖呵を切りながらまるで裏切ったような形でに入り、さほど絡みも無かった加蓮と突如を結成。 そのが原因で未央のを促し、結果が闇堕ちするなど2期の後半すべての。 にも拘わらずに対してでを垂れるなどお前何様だをこれでもかと繰り返すその様子はまさに。 そして26話ではによりで武りんのカプを打ち砕き、多くののをぶっ壊すなど悪行が留まるところを知らない。 これでの娘。 の凛との凛は別人とまで言われる始末。 それだけの出来が凄まじいとも言える。 4位 をにした。 もとよりそのは稼働時よりく、第1回不人気であったにも拘わらず、 ではの一人という括り、更にに扱いいというだけでの誰よりも多い出番を獲得し、 更には第3回、第5回での後押しを受け、上位に無理やり組み込るという・の極上の贔屓を貰う。 6話でのは今でも叩かれるくらいのであり、は一向に減る気配はない。 ひたすらにしていた厚かましさも点。 第4回ではで一人だけ上位たはずが、のちに上位特典の「」をで歌うを与えられモバPの神経をでさせる謎采配も行われるほどの贔屓っぷり。 未央もまたとじゃ別人と言われている。 5位 の贔屓により1位を獲得し第4回になった。 ボイスでに1位を取られた為、が慌ててを行ったのはするに容易い。 素の人気も本当の人気上位陣には到底敵わないにも関わらず、贔屓だけで1位を獲得したその図々しさはあらゆるモバPに不満をもたらした。 実際第5回ではに影も形も見えない。 LiPPSやで多くの出番を貰っておいてこれ。 は愛梨、蘭子、凛、周子、、楓さんの6人が、この6人の中ではあさまに浮いているのは言うまでもない。 みくなら全くなかった。 貴重な枠をにしたは万死に値する。 6位 5話で声が付いたは誰もがたであろうの一人。 一番酷いのはだがらもなか酷い。 このに声が付とで、どんな不人気でもなしに声が付くのではというが横行することとなった。 声が付いた結果、の炎陣にてなら美世がいたであろうを。 結果謎のと化す。 での扱いも、余った枠に無理やり入れられた感があるような登場の仕方。 拓海達とのウマも合っていない。 何度も言うが美世ならなかった。 7位 で圏外にも関わらず、第4回で15位3位を獲得し声が付いた拓海を押しのけて図々しくもを飾ったおばさん。 にその後の拓海の内容が拓海を張り倒すという内容であり、 そのあにもめいた内容は更に拓海Pの怒りを上昇させたのは言うまでもない。 はそんなに拓海が嫌いなのか。 なによりもや出演は組の中でも上位の数であり、人気達を押しのけてしているのが目に見えて分かる。 なんとなだろうか。 8位 22話以降の行動に対するへのがずさん過ぎる為、酷い入り。 凛、未央のには出たのに、美穂のは完全を決め込み、 復帰した後に明確なも無いこのは全美穂Pの怒りを買った。 予てよりとされていたうづ不仲説をとし、あげれらをにしたが爆増するけとなる。 9位 ただのキチの。 語ることが無い。 それでいてはやはりであり、そっちのけで観戦、で遊ぶ、のをにするなど悪行にもキリがない。 という設定により、に苦行を強いる。 にをにするを吐かせるはと言いようがない。 第3回では声無しにより3位を獲得するが、その後一気にを下げたことも酷い入りとしてが高い。 本当の人気と言うがよくわかる。 位 つかさ 初登場あらゆるモバPをつかせた天性のウザ。 基本で最悪の口の悪さ、それでいてな設定がつき度合いを急増させている。 更にそれを緩和するためか、はけという謎設定までつけられている。 の追加でありながらのがえるな。 、その前に追加されたの乙倉、の芳乃は高い人気を獲得しているにもかかわらずでは一切姿を見せない。 あにも情けない結果となっている。

次の

【デレステ】SSR特技ランキング・スコアアップ編

デレステ 不人気キャラランキング

1位 圏外、ボイスでは学園のという誰もが認める超が付く不人気。 全く可愛くないとは画面に現れるだけで悪さを感じる。 随一のブスなのにも拘らず、においてのとによりボイスを獲得し数多の声無しPの怒りを買いまくった。 ただのというだけで目登場し、声まで手に入れたこの卑しさは人気上位の声なしPにとっては考えられないほどの。 そのうえ声が付いている以上のに組み込まざるを得ず、こいつがするだけでのがブチ壊れるほどのを放つ。 がいる以上もはや曲に頼るほかなく、一緒のになったあとの4人はのと化した。 さんや茜、ユッコの可愛さがにかき消される程の酷さ。 において最も且つ最大の要素はこいつに声が付と。 酷い1位も当然の結果と言える。 本当になぜ声を付けた。 としてにしていること考えてな。 声を取り上げろどころか今すぐにを抹消するべき。 2位 においての未央を超える贔屓っぷりが特徴。 李衣菜のでありながらでまるまるほぼ主役として登場。 当然声を貰え、曲も作ってもらう始末。 正直言ってはとは決して言えず、変えすらが無いで。 拓海は人気こと考えても異例。 やはり見た目の。 当然でもをふるうことは無く、圏外。 それなのに上記のを貰っているのだモバPの怒りを買うことは言うまでもない。 不人気かつメイン勢でもないに関わらずこのだけ図々しく曲を貰ったことは酷い2位不可避の事案。 最もによる贔屓が目立つだと言えよう。 また上記のようなでありながらもにおける曲は含めなんと4曲。 圏外のとしては異例の曲数 蘭子やと変わらないと言えば分かるだろうか。 まさに贔屓という名の寵愛を受けし。 人気上位ながらも不遇な扱いを受けてるのPすれば腸煮えくり返る思いだろう。 3位 において最もな行動を繰り返したの一人。 未央ばかり叩かれているが、未央以上に且つ不可解なが目立つため酷い3位に選定。 1期ではまるで未央に便乗する形でを、やどころか全員にをかける。 2期では更にが。 あれだけ啖呵を切りながらまるで裏切ったような形でに入り、さほど絡みも無かった加蓮と突如を結成。 そのが原因で未央のを促し、結果が闇堕ちするなど2期の後半すべての。 にも拘わらずに対してでを垂れるなどお前何様だをこれでもかと繰り返すその様子はまさに。 そして26話ではによりで武りんのカプを打ち砕き、多くののをぶっ壊すなど悪行が留まるところを知らない。 これでの娘。 の凛との凛は別人とまで言われる始末。 それだけの出来が凄まじいとも言える。 4位 をにした。 もとよりそのは稼働時よりく、第1回不人気であったにも拘わらず、 ではの一人という括り、更にに扱いいというだけでの誰よりも多い出番を獲得し、 更には第3回、第5回での後押しを受け、上位に無理やり組み込るという・の極上の贔屓を貰う。 6話でのは今でも叩かれるくらいのであり、は一向に減る気配はない。 ひたすらにしていた厚かましさも点。 第4回ではで一人だけ上位たはずが、のちに上位特典の「」をで歌うを与えられモバPの神経をでさせる謎采配も行われるほどの贔屓っぷり。 未央もまたとじゃ別人と言われている。 5位 の贔屓により1位を獲得し第4回になった。 ボイスでに1位を取られた為、が慌ててを行ったのはするに容易い。 素の人気も本当の人気上位陣には到底敵わないにも関わらず、贔屓だけで1位を獲得したその図々しさはあらゆるモバPに不満をもたらした。 実際第5回ではに影も形も見えない。 LiPPSやで多くの出番を貰っておいてこれ。 は愛梨、蘭子、凛、周子、、楓さんの6人が、この6人の中ではあさまに浮いているのは言うまでもない。 みくなら全くなかった。 貴重な枠をにしたは万死に値する。 6位 5話で声が付いたは誰もがたであろうの一人。 一番酷いのはだがらもなか酷い。 このに声が付とで、どんな不人気でもなしに声が付くのではというが横行することとなった。 声が付いた結果、の炎陣にてなら美世がいたであろうを。 結果謎のと化す。 での扱いも、余った枠に無理やり入れられた感があるような登場の仕方。 拓海達とのウマも合っていない。 何度も言うが美世ならなかった。 7位 で圏外にも関わらず、第4回で15位3位を獲得し声が付いた拓海を押しのけて図々しくもを飾ったおばさん。 にその後の拓海の内容が拓海を張り倒すという内容であり、 そのあにもめいた内容は更に拓海Pの怒りを上昇させたのは言うまでもない。 はそんなに拓海が嫌いなのか。 なによりもや出演は組の中でも上位の数であり、人気達を押しのけてしているのが目に見えて分かる。 なんとなだろうか。 8位 22話以降の行動に対するへのがずさん過ぎる為、酷い入り。 凛、未央のには出たのに、美穂のは完全を決め込み、 復帰した後に明確なも無いこのは全美穂Pの怒りを買った。 予てよりとされていたうづ不仲説をとし、あげれらをにしたが爆増するけとなる。 9位 ただのキチの。 語ることが無い。 それでいてはやはりであり、そっちのけで観戦、で遊ぶ、のをにするなど悪行にもキリがない。 という設定により、に苦行を強いる。 にをにするを吐かせるはと言いようがない。 第3回では声無しにより3位を獲得するが、その後一気にを下げたことも酷い入りとしてが高い。 本当の人気と言うがよくわかる。 位 つかさ 初登場あらゆるモバPをつかせた天性のウザ。 基本で最悪の口の悪さ、それでいてな設定がつき度合いを急増させている。 更にそれを緩和するためか、はけという謎設定までつけられている。 の追加でありながらのがえるな。 、その前に追加されたの乙倉、の芳乃は高い人気を獲得しているにもかかわらずでは一切姿を見せない。 あにも情けない結果となっている。

次の

【ハチナイ】ランキング一覧|ゲームエイト

デレステ 不人気キャラランキング

好きなディズニー作品は、第1位にくまのプーさん、僅差の第2位にアナと雪の女王がランクイン!くまのプーさんは2018年秋に実写映画が公開されたこともあり、映画関連のコメントも多数寄せられました。 アナと雪の女王は、「ミュージカルのように歌っているの印象的」「歌と踊りを完コピした」など、ミュージカル調で深くハマる方が多かったようです。 3位の「美女と野獣」も、実写化映画になりましたね。 「大人になってから見たが、ストーリーに惹きこまれて虜になってしまった」という方もいらっしゃいました。 他にも「世界観が好き」「子どもの頃アニメや絵本で見て印象に残った」「実写映画でハマった」「何度観ても飽きない」など…それぞれの作品に固定ファンがいるようで、得票が分かれました。 第20位までの獲得票数は、次の通りです! 好きなサンリオキャラクターランキング、第1位はハローキティ!サンリオのキャラクターをよく知らない方でも、キティちゃんはきっと聞いたことがあるはず。 「リボンにかわいさが詰まっている」など、見た目のかわいさをコメントする方が多くいらっしゃいました。 最近は大人の方が持っていても素敵な落ち着いたグッズも出てきているようで、色味が好きというコメントも複数いただきました。 2位のマイメロディ、5位のキキ&ララは女性人気が高いキャラクター。 淡い紫やピンクなどの「ゆめかわいい」カラーと雰囲気にハマる方が多いようです。 1、2、4、5とキャリアの長いキャラクターが連なる中で、3位の「ぐでたま」が異彩を放っています。 ぐでたまは卵を模したぐでぐでとしたキャラクター。 「無気力なところに親近感を覚える」「やる気のなさそうなところがいい」など、独特のキャラクターで若年層中心に人気が集まりました。 第20位までの獲得票数は、次の通りです! サンエックスのキャラクターでは、リラックマが第1位!2位に倍以上の得票差がつきました。 男女問わず人気が高いようで、「高校生の頃なぜか男子の間で流行っていて好きになった」というコメントも。 2位のたれぱんだにも共通して、「適度なだらだら感、リラックス感」が好きという声を多数いただきました。 キャラクター数が豊富なサンエックス、探してみると好みにぴったりのキャラクターと出会えるかもしれませんよ。 第20位までの獲得票数は、次の通りです! 大人にも子どもにも愛されるスタジオジブリの作品。 第1位は総合ランキングでも3位となったとなりのトトロでした!「子どもと一緒に何十回も見た」など、繰り返し視聴するというコメントがとても多かったです。 登場キャラクターのメイやカンタ、まっくろくろすけやネコバスにもコメントが寄せられました。 2位の魔女の宅急便は、映画の舞台となる街はヨーロッパにモデルがあるそうで、「見ていると行きたくなる」という声も。 主人公キキの明るいキャラクターが人気でした。 3位の「千と千尋の神隠し」を除き、ランクインした作品はどれも1980年代に公開されたもの。 公開当初からのファンで、何度も見ている方もたくさんいらっしゃると思います。 1984年に公開された風の谷のナウシカも、「全ての映画、物語の中で一番好き」「最高傑作」など、根強い人気が伺えるコメントが多数寄せられました。 第20位までの獲得票数は、次の通りです! 【アンパンマン】 ・小さい子供は誰でも喜ぶ! ・カラーリングがケチャップでしやすいし子供も好きな味付けになるのでおすすめ。 ・誰が作ってもアンパンマンに見えます。 【ハローキティ】 ・ラップで形を作ってのりで目など作って、トウモロコシや黄身で鼻を作り、リボンは赤ウインナー! ・グッズが多いので(型やのりなど)作りやすいです。 【リラックマ】 ・リラックマのおいなりさんは作りやすかったですよ。 【ミニオンズ】 ・形状も簡単で、卵とのりさえあれば作れるし、のり細工があまり細かくないのでとてもオススメです! 【ベイマックス】 ・失敗しないです。 【星のカービィ】 ・黄色カービィは着色料を使わずに作れます。 【500円~1000円未満 67名 】 ・ご当地限定ポケモングッズは娘のお友達に喜ばれました! 30代女性 【1000円~3000円未満 145名 】 ・娘が小さい頃プーさん好きで、文房具やタオルなどをよく買った。 今も使っている。 50代男性 【3000円~5000円未満 133名 】 ・サンリオの文房具や身だしなみセットを姪の入学祝いに渡しました。 30代女性 ・猫が大好きなお友達に魔女の宅急便の水筒をプレゼントしました。 30代女性 【9000円~10000円未満 35名 】 ・子供はプラレールが大好きなので、誕生日やクリスマスには、きかんしゃトーマスのプラレールをプレゼントしています。 30代女性 【10000円~20000円未満 27名 】 ・トーマスのレールセット とても喜んでいました。 60代男性 ・ディズニーのタンス。 サプライズだったのでとても喜んでくれた。 50代女性.

次の