ジョエル フェルト マン。 ジョエル・フェルドマン

ジョエル・フェルドマンとは

ジョエル フェルト マン

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 国内リーグ戦に限る。 2019年7月1日現在。 2017年11月14日現在。 ・所属。。 ポジションは。 ヨエル・フェルトマンと表記されることもある。 選手歴 [ ] 地元に籍を置くクラブVV IJmuidenでキャリアをスタート。 にのユースへ移籍。 順調にユースで実力を伸ばし、の戦でと交替出場でリーグ戦デビューを果たす。 1年目は公式戦10試合に出場。 アヤックスが3連覇を果たしたこの年のシーズンオフに新しくクラブと2017年までとなる4年契約を結んだ。 、このシーズンから新制度で始まった2部のにの選手として出場。 この試合の終盤で怪我を負い、2か月もの間戦線離脱してしまうが、復帰した直後となる、のアウェイでの戦で先発し、欧州戦デビュー。 この試合は1-2で敗れたが、リターンマッチとなったのホームでの試合では好調なパフォーマンスを見せ、勝利に貢献した。 2017年2月12日、戦で後半に ()との1対1の際、近くでチームメイトのが倒れていたことで手で相手の動きを制する動作でプレーを止めると相手に思わせ、視線が逸れた隙にドリブルで抜き去ってクロスを上げるプレーをしたことで即座に議論となった。 オランダだけでなく多くの国のメディアにも取り上げられて「フットボールの歴史上最も反スポーツな行為」と非難を浴びた。 フェルトマンは試合後のインタビューで「抜け目無さ」とコメントしていたが、試合翌日にTwitterのアカウントで「反スポーツな行為でありすべきではなかった」と謝罪した。 ベルギーのGeert de Vliegerは「かつてアヤックスはお手本だったが、フェルトマンと彼の監督がこれを『抜け目無さ』と思っているなら、このクラブの非常に悲しい現状を表している」と批判した。 代表歴 [ ] U-17、U-19、U-21と年代別のオランダ代表を経験している。 、オランダ代表の監督によって初招集され、同年の戦で先発し、デビューとなった。 2017年6月4日のとの親善試合で代表初得点を挙げた。 タイトル [ ] クラブ アヤックス・アムステルダム• 2012-13, 2013-14, 2018-19• 2013•

次の

フッティスタ2020カードリスト|フッティスタブログ@ゆききち #FOOTISTA #WCCF

ジョエル フェルト マン

ジョエル・フェルドマン Joel Shalom Feldman、-)は、出身 の者、である。 フェルドマンはでとを学んで1970年に学士号を取得し、1971年にで修士号を取得した。 1974年から1975年まで、ハーバード大学でを研究し、1975年から1977年までマサチューセッツ工科大学でを務めた。 で1977年に助教授、1982年に准教授、1987年に教授となった。 フェルドマンは、1996年に、2007年に 、2007年にCAP・CRM賞 、2004年にを受賞した。 1989年から1991年まではキラム・フェロー及びウッドロー・ウィルソン・フェロー、2007年にはのフェローとなった。 フェルドマンは、Vincent Rivasseau、Konrad Osterwalder、Manfred Salmhoferらと構成的場の理論を研究し、また量子多体理論での(、、フェルミ流体の明示的二次元構成等を含む)やの研究も行った。 Horst KnorrerやEugene Trubowitzとともに、フェルドマンはの無限を研究した。 またGunther Uhlmannとともにの本を書いた。 フェルドマンは、1990年にとなった。 1990年にで行われたでは、 Introduction to constructive quantum field theoryとの題で招待講演を行った。 2003年にで行われたでは招待講演、1997年にで行われた同会議ではプレナリー講演を行った。 2005年から2010年まで、 Journal of Mathematical Physics誌の編集者、1999年以降は Annales de l'Institut Henri Poincare誌の共同編集者を務めた。 主な教え子には、らがいる。 主な論文 [ ]• with J. Magnen, V. Rivasseau, R. 505-537• with Trubowitz: Perturbation theory for many fermion systems, Helvetica Physica Acta, vol. 63, 1990, pp. 156-260• with T. Hurd, L. Rosen, J. Wright: Quantumelectrodynamics: a proof of renormalizability, Lecture Notes in Physics 312, Springer Verlag 1988• with Horst Knorrer, Eugene Trubowitz: , AMS American Mathematical Society 2003• with Knorrer, Trubowitz: , AMS 2002• with Knorrer, D. Lehmann, Trubowitz: Fermi liquids in 2 space dimensions, in Rivasseau Constructive Physics. Results in Field Theory, Statistical Mechanics and Solid State Physics, Springer Verlag 1995, pp. 267-300 出典 [ ].

次の

Wikizero

ジョエル フェルト マン

ジョエル・フェルドマン Joel Shalom Feldman、-)は、出身 の者、である。 フェルドマンはでとを学んで1970年に学士号を取得し、1971年にで修士号を取得した。 1974年から1975年まで、ハーバード大学でを研究し、1975年から1977年までマサチューセッツ工科大学でを務めた。 で1977年に助教授、1982年に准教授、1987年に教授となった。 フェルドマンは、1996年に、2007年にCRM・フィールズ・PIMS賞 、2007年にCAP・CRM賞 、2004年にを受賞した。 1989年から1991年まではキラム・フェロー及びウッドロー・ウィルソン・フェロー、2007年にはのフェローとなった。 フェルドマンは、Vincent Rivasseau、Konrad Osterwalder、Manfred Salmhoferらと構成的場の理論を研究し、また量子多体理論での(、超電導転移、フェルミ流体の明示的二次元構成等を含む)やボーズ流体の研究も行った。 Horst KnorrerやEugene Trubowitzとともに、フェルドマンはの無限を研究した。 またGunther Uhlmannとともにの本を書いた。 フェルドマンは、1990年にとなった。 1990年にで行われたでは、 Introduction to constructive quantum field theoryとの題で招待講演を行った。 2003年にで行われた世界数理物理学大会では招待講演、1997年にで行われた同会議ではプレナリー講演を行った。 2005年から2010年まで、 Journal of Mathematical Physics誌の編集者、1999年以降は Annales de l'Institut Henri Poincare誌の共同編集者を務めた。 主な教え子には、ゴードン・スレイドらがいる。 主な論文 [編集 ]• with J. Magnen, V. Rivasseau, R. 505-537• with Trubowitz: Perturbation theory for many fermion systems, Helvetica Physica Acta, vol. 63, 1990, pp. 156-260• with T. Hurd, L. Rosen, J. Wright: Quantumelectrodynamics: a proof of renormalizability, Lecture Notes in Physics 312, Springer Verlag 1988• with Horst Knorrer, Eugene Trubowitz: , AMS American Mathematical Society 2003• with Knorrer, Trubowitz: , AMS 2002• with Knorrer, D. Lehmann, Trubowitz: Fermi liquids in 2 space dimensions, in Rivasseau Constructive Physics. Results in Field Theory, Statistical Mechanics and Solid State Physics, Springer Verlag 1995, pp. 267-300 出典 [編集 ].

次の