男の子 名前 響き が いい。 響きがいい男の子の名前!柔らかい響き、呼びやすい名前など183選

かっこいい名前170選!男の子の渋い漢字や古風な響きの名前を紹介!

男の子 名前 響き が いい

この記事の目次• 読みと漢字のギャップがオシャレ!55選 個性的な読み方にすることで、 古風な漢字も現代的なオシャレさを感じさせることができます。 個性的な読み方の一文字名前(25) 斐(あやる)、羽(つばさ)、那(ふゆ・とも)、天(そら)、永(はるか)、究(きわめ)、里(さとし)、学(あきら)、虎(たけし)、弦(ゆずる)、弥(ひさし)、飛(たか)、倭(やまと)、琥(こはく)、誠(あきら)、輔(たすく)、泰(ゆたか)、聖()、翼(たすく)、暖(ひなた)、和(やまと)、壬(あたる)、良(つかさ)、麗(あきら) パッと読めない!けれどセンスが光る名前(30) 新泰(あらた)、叶夢(とむ)、永遠(とわ)、怜音(れおん・)、斗人(ほしと)、希生(のい)、宇宙(そら)、明馬(はるま)、哉羅(ちから)、咲喜(しょうき)、哩月(りつき)、蓮鳳()、葉季(のぶき)、空庵(そあん)、凪逢(なゆた)、羽悠(・はゆ)、久遠(くおん)、理大(りた)和水(なごみ)、璃都(りと) 古風な止め字がオシャレ!33選 昔ながらの止め字は、古風な印象とともに、 オシャレであると近年とても人気があります。 『~のすけ』『~すけ』で止める名前(12) 梗介(きょうすけ)、功介(こうすけ)、蓮之丞(はすのすけ)、希輔(きすけ)、藍之介(あいのすけ)、龍之介(りゅうのすけ)、涼輔(りょうすけ)、晴之介(せいのすけ)、竜大(りゅうすけ)、旺介(おうすけ)、新之助(しんのすけ)、壮之輔(そうのすけ) 『~ろう』で止める名前(21) 琉一郎(りゅういちろう)、昂一郎(こういちろう)、諒一郎(りょういちろう)、瑛一郎(えいいちろう)、慎一郎(しんいちろう)、聡一郎(そういちろう)、成一郎(せいいちろう)、優一郎(ゆういちろう)、陽一郎(よういちろう)、憲士郎(けんしろう)、凛太朗(りんたろう)、創太郎(そうたろう)、勘太郎(かんたろう)、巧太郎(こうたろう)、龍太郎(りゅうたろう)、遼太郎(りょうたろう)、祐太郎(ゆうたろう)、陽太郎(ようたろう)、映太郎(えいたろう)、心太郎(しんたろう)、颯太朗(ふうたろう) (なお、古風な名前に関しては、「」、止め字を使った名前に関しては「」で、詳しく紹介しています。 ) 男の子だけに使われる名前39選 一般的には女の子に使われることがほとんどない漢字。 男の子らしい力強さがあり、オシャレでカッコイイ印象を受けます。 漢字一文字の男の子らしい名前(16) 仁(じん)、迅(じん・しん)、凱(がい)、力(りき)、拳(けん)、塁(るい)、劉(りゅう)、剣(けん)、厳()、魁(かい)、豪(ごう)、岳(がく)、(つばさ・かける)、駆(かける) (なお、漢字一文字の名前に関しては、「」で、詳しく紹介しています。 ) 漢字二文字の男の子らしい名前(23) 飛龍(ひりゅう)、武蔵(むさし)、大和(やまと・だいと)、勇仁(ゆうじん)、桐生(きりゅう)、天馬(てんま)、大我()、大河(たいが)、拓斗(たくと)、獅琉(しりゅう)、栁真(りゅうま)、雄剛(ゆうごう)、劉輝(りゅうき)、将貴(しょうき)、琢磨(たくま)、春馬(はるま)、大成(たいせい)、聖斗(せいと)、創我(そうが)、爽志(そうし)、千疾(ちはや)、大志(たいし) (なお、二文字の名前に関しては、「」で、詳しく紹介しています。 (神田笑花さん) 青空(せいあ)くん・昊空(そら)くん 産まれた日の空が、とても良い天気だったことから、長男・青空くん。 次男・昊空くんが産まれた日もまた、 「天を仰ぐと、眩しい太陽が輝いて、力溢れる明るい空だった」という由来があるそうです。 (杉浦太陽さん&辻希美さん) 玄兎(げんと)くん 『玄兎』とは、月に居る兎(うさぎ)のことで、古来の『月』の名称でもあります。 深深く、静かな宇(そら)に、光を放つ月の情景を想像して名付けられたそうです。 (本木雅弘さん) 眞秀(まほろ)くん 「大和は国のまほろば」という、ヤマトタケルの言葉から響きを。 (寺島しのぶさん) 周囲に好印象を与える名前を! 親として、子供のためにまず最初にしてあげること、それが名前を考えることです。 名付けはとても大切な大仕事です。 名前は、生まれてくる子供が、一生涯使い続けるものです。 特に男の子の場合は、苗字が変わらないことの方が多く、バランスが良い名前を考えなければなりません。 それと同時に、子供時代は「可愛い!かっこいい!」と親しまれやすいだけでなく、 成長してからは、人格や人柄を想像させてしまうくらいの影響力があることも忘れたくありません。 子供の一生を背負う名前の在り方をしっかり考え、『オシャレ』でありながらも、周囲に好印象を与える名前を考えてあげましょう。 親として、子供のためにするとても大切な大仕事。 時間をかけて、素敵な名前に決めてあげてくださいね! [co-9].

次の

オシャレな男の子の名前163個集めてみた

男の子 名前 響き が いい

響きがいい男の子の名前!柔らかい響き、呼びやすい名前など183選 2018年6月15日 こそだてハック 声に出して呼んだときや、響きを聞いたときに、「いいな」と思える名前は素敵ですよね。 そんな響きのいい名前を子供につけたいと考えているパパやママも多いのではないでしょうか。 今回は、響きがいい男の子の名前と、その漢字のバリエーション183選をご紹介します。 響きがいい名前とは? 「響きがいい」と感じる名前は、その名前に使われている音や、音と音の組み合わせ、音からどんなものが想像できるかといった要素が大きく関わっています。 ただ、人によって好みの響きや心地よいと感じる響きは違うため、この音を使ったら響きがいい名前になる、といった決まりはありません。 まずはパパやママが、「こんな風に呼びたい、呼ばれたい」と思う響きを考えてみましょう。 響きがいい名前をつけるときのポイントは? 響きのいい名前をつけるときは、読みの響きを決めてから、それに合う漢字を選ぶ場合と、先に響きのよい漢字を選んで、その漢字を使った名前を考える場合の2パターンがあります。 パパとママが好きな言葉の響きから名前を考えてもいいですし、好きな響きを持つ漢字から考えてもいいですね。 柔らかい響き、かっこいい響き、知的な響きなど、イメージとなる響きを決めてから名前の候補を出すのもおすすめです。 響きだけでなく、漢字の意味にもこだわると、一段と印象的な名前になりますよ。 次からは、響きのいい男の子の名前と漢字のバリエーションを響きの印象別にご紹介します。 柔らかい響きの男の子の名前 優しく穏やかな子供に育ってほしいと願うパパやママは、柔らかい響きの名前をつけたいと考えることもあるのではないでしょうか。 ここでは、柔らかい印象の響きの名前と漢字の例をご紹介します。 よみ 漢字 しゅんや 俊也・駿弥・春哉・瞬矢 そら 空・宇宙・壮良・奏楽・蒼空 なお 直央・ 南朋・尚・七生 はると 一温・晴人・春翔・悠人・桜音・絢人 ふみや 文哉・ 和弥・歩未也・史哉 まいと 真弦・舞翔・磨絃 ゆうや 裕也・雄哉・優弥・雄也・侑哉・悠椰 呼びやすい響きの男の子の名前 誰もが呼びやすい名前は、親しみやすく、すぐに覚えてもらうことができます。 将来、海外で活躍する人になってほしいと願うなら、外国の人も呼びやすい名前をつけるのもいいですね。 よみ 漢字 けい 圭・慶・馨・希生・啓・圭偉 けんた 賢太・健太・謙汰・堅太・顕大 じゅんき 純貴・潤樹・純希・准輝・淳基 しょうた 彰太・祥太・翔太・昌大・渉太 なおき 直紀・直樹・尚樹・尚希・七央樹 はる 晴・悠・遥琉・陽・晴瑠・桜 まさき 将生・大樹・直己・政樹・仁紀 りょうた 涼太・凌太・亮太・綾汰・龍太 雄大な響きの男の子の名前 雄大な響きの名前は、堂々としていて男の子にぴったり。 大きな心を持った人に育ってほしい、と願うパパやママにもおすすめです。 よみ 漢字 かいせい 佳正・海征・翔星・櫂成 ・魁惺 かなた 奏・遥・翔太・永遠・奏多・叶汰 こうだい 航大・幸大・光大・広大・孝大 たいへい 泰平・太平・大平 だいき 大希・大輝・大貴・大毅・太樹 ようすけ 陽介・洋輔・洋祐・庸介・葉介 りゅうが 琉雅・龍和・隆我・竜臥.

次の

【男の子の名前・二文字編】珍しい・かっこいい漢字厳選一覧!

男の子 名前 響き が いい

響きが柔らかいだけでなく、使う漢字も柔らかいイメージのものを組み合わせることで、より優しい男の子のイメージが強くなる人気の名前です。 春のように周りの人をポカポカとした優しい気持ちにしてくれるような男の子に育ってくれるはずです。 また、漢字も複雑でないため、どんな方でも1回で名前を正しく読んでもらえるというのも嬉しいポイントです。 優しい男の子のイメージをそのまま現す「優」という字が入っているため、優しい男の子に育ってくれること間違いなしの素敵な名前です。 「弥」という字には、大きいや、ますますなどという意味があるため、優しい男の子らしい大らかな性格も表わすことができるでしょう。 また、3月の和名である「弥生」という字の1つでもあるため、3月生まれの男の子の名前にもぴったりです。 まず、悠という時には、ゆったりとしている・気が長いなどといった意味があるため、優しい男の子の名前にぴったり。 大らかで優しく、人のことを思いやる男の子に育ってくれるでしょう。 そんな大らかな「悠」という字に、真実の「真」という字を合わせることで、まっすぐで優しい男の子といったイメージを与えることができます。 「悠」という字の下には「心」という字も入っているため、優しい心を持った男の子になってくれるはずです。 「そうた」という名前は一般的ですが、「想」という漢字を使っている方は少ないため、少し違った名付けをしたいという方にもおすすめ。 「想」という字には「心」という字も含まれているため、優しいイメージを与えてくれます。 優しいイメージの「想」という字に、「太」という字を合わせることで、優しいながらも力強い男らしいイメージも与えることができます。 響きだけでなく、使う漢字も柔らかいイメージを与えてくれるため、優しい男の子の名前にぴったりです。 1月の和名である「睦月」は、1月生まれの男の子にぴったりの素敵な名前です。 そもそも1月が「睦月」と呼ばれるようになった背景には、1月のお正月シーズンには、家族が集まって仲「睦」まじく過ごすということがあるようです。 そのため、家族や友人と仲睦まじく過ごしていける優しい男の子に育ってほしいということから、「睦月」という名前を付けることができるでしょう。 古風なイメージもあるため、和の心を重んじる方へおすすめの名前です。 「純」という字は、「純真」「清純」といった清潔感や誠実さのあるイメージもありますので、優しい男の子の名前にぴったりです。 しかし、響きは柔らかすぎないため、男の子らしさも同時に与えてくれるでしょう。 強く男の子らしい響きでありながらも、「貴」という漢字を使用しているため、どこか上品なイメージも与えてくれる名前です。 気品のある優しい男の子に育ってほしいという気持ちがある方に、特におすすめの名前です。 古風ではないながらも、人気の男の子の名前なので、誰でも読める名前にしたいという親御さんにおすすめです。 「亮」という字には、「明るい」「助ける」「まこと」といった誠実で優しい意味があります。 そのため、人を助けることに長けた明るく優しい男の子に育ってほしいという気持ちを込めることができるでしょう。 「太」という字は、男らしいイメージを与えるため、「亮」と「太」を合わせることで、強い響きでありながらも優しい男の子のイメージを与えることができます。 「かい」だけでなく、「うみ」という読み方もできる名前ですが、男の子らしい強い響きを与えたい場合は、「かい」という読み方の方が良いでしょう。 古風ながらも新しいイメージもある名前なので、どんな方にもおすすめです。 海のように広くおだやかで、力強いイメージもあたえてくれる名前です。 海沿いで生まれた男の子や、サーフィンなど海でのスポーツを楽しむ家族に生まれた男の子の名前として人気のようです。 まず、「航」という字には、舟で海を渡る・空中を飛び回るといった意味があるため、世界で活躍してほしいという想いを込めることができるでしょう。 男の子らしい強い響きでありながらも、どこか優しいイメージも与えてくれる響きなのが素敵です。 また「大」には、大きい・立派という意味があるため、器の大きい男らしい優しい男の子に育ってくれはずです。 子どもでも発音しやすい名前なので、どんな方にも名前を呼んでもらいやすいというのもおすすめのポイントです。 古風な名前でありながらも、どこか新鮮なイメージも与えてくれるとして、長年愛されている男の子の名前です。 「龍」という字を使うことで、龍のように力強く活発なイメージを与えることができます。 龍という漢字は書く際には少し難しいですが、漢字自体は馴染み深いものなので、どんな方にも読んでもらいやすいでしょう。 また、画数が多いため、苗字の画数も多いという場合は少し注意が必要かもしれません。 1文字でありながらも、発音にすると3文字になるため、苗字が3文字であったり画数が多い時にぴったりの名前です。 「翔」という字は、字面がかっこよいということで、人気の高い漢字の1つです。 「翔」という字には、空を翔る・飛び回るなどといった意味があるため、世界レベルで活躍してほしいという想いを込めることもできます。 「翔」は「しょう」とも読めますが、より綺麗な響きの名前にしたいという時は「かける」にすることをおすすめします。 「こはく」という響きで優しく優雅なイメージを与えながらも、漢字にすることで力強さも与えることができます。 琥珀はパワーストーンの1つで、幸運などの運を与えてくれる効果があります。 そのため、自分だけでなく家族や友人に幸せを与えてくれるような優しい男の子の名前にぴったりです。 また、琥珀には、心を落ち着かせる効果もあるため、周りの人を癒してくれるような男の子に育ってほしいという想いも込めることができます。 「弦」だけでも「ゆづる」と読めますが、「結」という字を加えることで、より上品で素敵なイメージを与えてくれる名前にすることができます。 「結」という字には結ぶという意味があるため、人と人を結べるような人の中心となれる男の子に育ってほしいという想いも込めることができます。 「弦」という字には、真っすぐという意味もありますので、真っすぐと自分を信じて生きていく男の子の名前にぴったりです。 読みやすいことはもちろん、漢字もそれほど難しくないため、誰でも読める名前にしたいという方におすすめ。 響きは綺麗ですが、「壮」という字には大らか・勇ましいといった男らしい意味があるため、男の子の名前にぴったりです。 また、「太」という字には、大きく豊か・ゆったりとしたさまという意味があるため、「壮」と合わせることで、男らしく堂々としながらもゆったりとした優しい男の子という意味の名前にすることができます。 落ち着いた雰囲気でながらも男らしい男の子になってほしいという方におすすめの名前です。 誰でも読むことができる漢字を使用しているため、読みやすい名前にしたいという方におすすめ。 朝日のように明るく爽やかなイメージを与えることができます。 また、朝日には1日を始める力強さのあるイメージもあるため、綺麗な響きではあるものの、明るい男の子らしい雰囲気もあります。 読み方も簡単で、使っている感じも難しくないため、どんな苗字にもあわせやすい名前と言えるでしょう。 優しいイメージを与える男の子の名前の例をもっと知りたいという方は、男の子に合う花の名前の漢字を紹介しているこちらの記事もぜひ参考にしてみてください。 優しい男の子にぴったりの素敵な名前の漢字を見つけることができるはずです。 例えば、苗字が画数が多かったり、漢字3文字で会ったりする場合は、バランスをとるために、漢字1文字の名前にしてみたり、画数が少ない漢字にしてみるとよいでしょう。 また、どんなに気に入った名前でも、その名前に使っている漢字が苗字にも入っているという場合は、他の漢字を使用した方が良いかもしれません。 名付けを考える時は、名前だけで考えがちですが、苗字と合わせて響きが良いのか・字面が良いかなども確認することが大事です。 画数が多かったり、難しい旧字を使用してしまうと、名前を書く際や名前の漢字を他の人に伝える時に苦労することが多いようです。 苗字が既に画数が多い場合は、名前の画数に注意しておきましょう。 また、画数だけでなく文字数も多いと、苦労することが多いようです。 3文字の漢字を使った名前を付けたいと思っても、苗字が漢字2文字や3文字であったら、フルネームで見ると漢字がすごく多くなってしまいます。 苗字が漢字3文字であれば、名前は漢字1文字にするなど工夫すると良いでしょう。 どんなに親御さんが気に入って名付けた名前でも、子どもにとって発音しづらいと、子どもは自分の名前に対して良いイメージを持ちにくいようです。 他の人と違った名前にしたいと、個性的な名前を名付けるのも大事ですが、やはり誰でも発音しやすく呼びやすい名前にするのが大事です。 どうしてもユニークな名前にしたいという場合は、使う漢字を少し違うものにしてみると良いかもしれません。 苗字と名前の最初や最後の字が同じになってしまうと、発音がしづらくなってしまいます。 そのため、苗字の最初と最後の音を意識しながら、名付けるのが大切です。 また、濁点が多いのも発音を難しくしてしまう原因です。 濁点が入っている名前を付けたい時は、苗字にも濁点があるのかを確認してからにしてみましょう。 苗字と名前を合わせて、濁点は2音までがバランスが良いようです。 既に苗字に濁点が入っているのなら、名前には濁点は1音までにしておきましょう。 優しい男の子になることを願って素敵な名付けをしよう! 子供にあげる初めてのプレゼントとなる名前は、その子の人生を左右するとても重要なものです。 こんな子に育ってほしいという気持ちを込めて、素敵な名付けをしてあげましょう。 今回紹介した名前を参考に、優しい男の子になってくれるような名前を付けてみてはいかがでしょうか。 こちらの記事では、子供の名前の人気ランキングのTOP10を紹介しています。 人気の名前だけでなく、名付け方のポイントなども紹介していますので、男の子の名付けに迷っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

次の