家康 コーポレーション。 コロナショック 苦渋の解雇の裏で ~密着・あるバス会社の3か月~

株式会社 家康コーポレーション

家康 コーポレーション

所長の西田さんは解雇を言い渡さなければなりません。 中には、小さな子どもを抱える従業員もいます。 大阪営業所 西田和浩所長 「ひとりの乗務員だけ(の問題)じゃない。 家族もいる。 いまの状況、どうしても整理せないかん人が出てくると思う。 それはもう決まっているけれど、それを決めていいものか。 もうちょっと、この人の背景を知らないといけない。 悩む、むちゃくちゃ悩む。 」 この日、解雇される従業員が事務所に集められました。 大阪営業所 西田和浩所長 「役員の給料、管理者の給料、事務職の給料をカットしてきたけれど、それでも追いつかない。 もう本当、事業の継続が厳しくなった。 きょうは解雇通知を渡します。 」 1人1人におよそ1か月分の賃金と慰労金10万円が渡されました。 解雇を通告された従業員 「不安がありすぎて、どれが不安なのか分かりません。 私個人としてはもう年齢も年齢ですので、いまから違う職種に就けと言われても、なかなか就くのは難しい。 言葉が見つからないけれど、このコロナウイルスが無かったらなと。 それしかない。 」 大阪営業所 西田和浩所長 「つらいだろうなと思います。 頑張ってきたのに。 なんとも言えない。 お疲れ様です、しかない。 」 中には、みずから退職を申し出る人もいました。 西田さんとともに幹部として会社を支えてきた小森哲也さんです。 沖縄営業所で所長を務めてきました。 沖縄でも13人中7人の解雇が決まり、小森さんは本人たちにそれを伝える役目でした。 沖縄営業所 小森哲也所長 「『何人か肩をたたいてくれ』と連絡がございまして。 断腸の思いで従業員さんに声をかけたんですけれども、どうしても言われた本人としてみれば、いい感触じゃない。 」 家康コーポレーション 海江田 司社長 「雇用を守れなかったことは経営者として非常に責任を感じております。 雇用調整助成金の特例措置に関しても、2月から先んじて申請しましたけれども、実際、私どもに給付されるのに2か月かかります。 早くても大型連休明けではなかろうか。 」 武田:そのタイムラグという点なんですけれども、1か月、あるいは2か月でも、やっぱり持ちこたえるというのは難しいわけですか。 家康コーポレーション 海江田 司社長 「中小企業はやはり、2・3か月というのは大変大きいです。 好き好んで社員を解雇しようと思う経営者はそんなにいないと思います。 」 武田:行政に対して、どんなことを求めていきたいと思っていらっしゃいますか。 家康コーポレーション 海江田 司社長 「長期的展望といいますか、政府から援助策が出ているから何とかやっていけるだろうと、個人も企業も思える支援策を出していただきたい。 」 武田:今、何を大切にして一日一日の仕事を進めていらっしゃるんでしょうか。 家康コーポレーション 海江田 司社長 「今も細々と仕事をいただいております。 2万円、3万円のお仕事です。 当社の1か月の売り上げは1億円前後ですが、1億円分の1万円だとか2万円だとか思わずに、一つ一つの仕事を大事にやろうと、社員一同 心がけています。 」 ゲスト 斎藤太郎さん(ニッセイ基礎研究所 経済調査部長) 斎藤さん:経済が落ち込めば、残念ながら失業者は増えてしまいます。 この数字は、今後予想される実質GDPの見込みをもとに私が試算したものですが、緊急事態宣言の期間が仮に延長されるようなことがあれば、この270万という数字はさらに大きくなってしまうということを心配しています。 武田:斎藤さんが今の局面で強調されたいことが「命か経済かの選択ではない」。 これは失業者と自殺者の関係を表したグラフなんですが、バブル崩壊後、失業者が急激に増えるとともに自殺者も増えましたが、その後、2010年以降は景気の回復に合わせて、ともに減っていきました。 そこを新型ウイルスが直撃した形となっているわけですが、斎藤さん、「命か経済かの選択ではない」、これはどういうことでしょうか。 斎藤さん:私が申し上げたいのは、「新型コロナウイルスの感染拡大」「経済を止める」、これは両方とも命に関わる問題だというふうに考えているということです。 武田:両立していかなくてはいけないということですね。 斎藤さん:そうですね。 新型ウイルスによる死者を減らすことが仮にできても、経済的な死者を増やしてしまっては失敗だということになると思います。 武田:それでは、今どんな支援が必要だとお考えでしょうか。 斎藤さん:まず、スピード感というのが大事だと思います。 政府は国民一人一人に10万円を配るということを決めました。 これは決して多い額ではありませんが、スピーディーにやることによって、国民の手にすぐに行き渡るようにすれば、それは1つの成功だというふうに思います。 武田:まずはスピードということですね。 斎藤さん:はい。 武田:一人一人の暮らしを支えていく。 海江田社長は「長期的な支援も必要だ」というふうに訴えていらしたんですが、斎藤さん、その点についてはどういうふうにお考えでしょうか。 斎藤さん:経済活動をこれだけ止めてしまっているわけですから、個人への給付もそうですし、企業を倒産させてしまうと失業者が急増してしまうので、やはり企業への給付、休業補償という形で、企業の支援というのを今後 より強めていく必要があると思います。 武田:まず今の局面は、一人一人の暮らしを支え、中長期的には倒産を防ぐ。 斎藤さん:そうですね。 それが大事だと思います。 先ほども申し上げましたけれども、経済を止めるということは命に関わる問題ですので、やはり企業を倒産させないということに全力を尽くすと。 今回の経済対策では恐らく足りないということになると思いますので、これから先も迅速かつ大胆な政策を打っていく必要があると思います。 武田:ありがとうございました。

次の

株式会社家康コーポレーション(福岡県大野城市)の企業詳細(旧:株式会社家康観光)

家康 コーポレーション

所長の西田さんは解雇を言い渡さなければなりません。 中には、小さな子どもを抱える従業員もいます。 大阪営業所 西田和浩所長 「ひとりの乗務員だけ(の問題)じゃない。 家族もいる。 いまの状況、どうしても整理せないかん人が出てくると思う。 それはもう決まっているけれど、それを決めていいものか。 もうちょっと、この人の背景を知らないといけない。 悩む、むちゃくちゃ悩む。 」 この日、解雇される従業員が事務所に集められました。 大阪営業所 西田和浩所長 「役員の給料、管理者の給料、事務職の給料をカットしてきたけれど、それでも追いつかない。 もう本当、事業の継続が厳しくなった。 きょうは解雇通知を渡します。 」 1人1人におよそ1か月分の賃金と慰労金10万円が渡されました。 解雇を通告された従業員 「不安がありすぎて、どれが不安なのか分かりません。 私個人としてはもう年齢も年齢ですので、いまから違う職種に就けと言われても、なかなか就くのは難しい。 言葉が見つからないけれど、このコロナウイルスが無かったらなと。 それしかない。 」 大阪営業所 西田和浩所長 「つらいだろうなと思います。 頑張ってきたのに。 なんとも言えない。 お疲れ様です、しかない。 」 中には、みずから退職を申し出る人もいました。 西田さんとともに幹部として会社を支えてきた小森哲也さんです。 沖縄営業所で所長を務めてきました。 沖縄でも13人中7人の解雇が決まり、小森さんは本人たちにそれを伝える役目でした。 沖縄営業所 小森哲也所長 「『何人か肩をたたいてくれ』と連絡がございまして。 断腸の思いで従業員さんに声をかけたんですけれども、どうしても言われた本人としてみれば、いい感触じゃない。 」 家康コーポレーション 海江田 司社長 「雇用を守れなかったことは経営者として非常に責任を感じております。 雇用調整助成金の特例措置に関しても、2月から先んじて申請しましたけれども、実際、私どもに給付されるのに2か月かかります。 早くても大型連休明けではなかろうか。 」 武田:そのタイムラグという点なんですけれども、1か月、あるいは2か月でも、やっぱり持ちこたえるというのは難しいわけですか。 家康コーポレーション 海江田 司社長 「中小企業はやはり、2・3か月というのは大変大きいです。 好き好んで社員を解雇しようと思う経営者はそんなにいないと思います。 」 武田:行政に対して、どんなことを求めていきたいと思っていらっしゃいますか。 家康コーポレーション 海江田 司社長 「長期的展望といいますか、政府から援助策が出ているから何とかやっていけるだろうと、個人も企業も思える支援策を出していただきたい。 」 武田:今、何を大切にして一日一日の仕事を進めていらっしゃるんでしょうか。 家康コーポレーション 海江田 司社長 「今も細々と仕事をいただいております。 2万円、3万円のお仕事です。 当社の1か月の売り上げは1億円前後ですが、1億円分の1万円だとか2万円だとか思わずに、一つ一つの仕事を大事にやろうと、社員一同 心がけています。 」 ゲスト 斎藤太郎さん(ニッセイ基礎研究所 経済調査部長) 斎藤さん:経済が落ち込めば、残念ながら失業者は増えてしまいます。 この数字は、今後予想される実質GDPの見込みをもとに私が試算したものですが、緊急事態宣言の期間が仮に延長されるようなことがあれば、この270万という数字はさらに大きくなってしまうということを心配しています。 武田:斎藤さんが今の局面で強調されたいことが「命か経済かの選択ではない」。 これは失業者と自殺者の関係を表したグラフなんですが、バブル崩壊後、失業者が急激に増えるとともに自殺者も増えましたが、その後、2010年以降は景気の回復に合わせて、ともに減っていきました。 そこを新型ウイルスが直撃した形となっているわけですが、斎藤さん、「命か経済かの選択ではない」、これはどういうことでしょうか。 斎藤さん:私が申し上げたいのは、「新型コロナウイルスの感染拡大」「経済を止める」、これは両方とも命に関わる問題だというふうに考えているということです。 武田:両立していかなくてはいけないということですね。 斎藤さん:そうですね。 新型ウイルスによる死者を減らすことが仮にできても、経済的な死者を増やしてしまっては失敗だということになると思います。 武田:それでは、今どんな支援が必要だとお考えでしょうか。 斎藤さん:まず、スピード感というのが大事だと思います。 政府は国民一人一人に10万円を配るということを決めました。 これは決して多い額ではありませんが、スピーディーにやることによって、国民の手にすぐに行き渡るようにすれば、それは1つの成功だというふうに思います。 武田:まずはスピードということですね。 斎藤さん:はい。 武田:一人一人の暮らしを支えていく。 海江田社長は「長期的な支援も必要だ」というふうに訴えていらしたんですが、斎藤さん、その点についてはどういうふうにお考えでしょうか。 斎藤さん:経済活動をこれだけ止めてしまっているわけですから、個人への給付もそうですし、企業を倒産させてしまうと失業者が急増してしまうので、やはり企業への給付、休業補償という形で、企業の支援というのを今後 より強めていく必要があると思います。 武田:まず今の局面は、一人一人の暮らしを支え、中長期的には倒産を防ぐ。 斎藤さん:そうですね。 それが大事だと思います。 先ほども申し上げましたけれども、経済を止めるということは命に関わる問題ですので、やはり企業を倒産させないということに全力を尽くすと。 今回の経済対策では恐らく足りないということになると思いますので、これから先も迅速かつ大胆な政策を打っていく必要があると思います。 武田:ありがとうございました。

次の

新型ウイルス 景気の行方は? ~広がる経済への影響~

家康 コーポレーション

所長の西田さんは解雇を言い渡さなければなりません。 中には、小さな子どもを抱える従業員もいます。 大阪営業所 西田和浩所長 「ひとりの乗務員だけ(の問題)じゃない。 家族もいる。 いまの状況、どうしても整理せないかん人が出てくると思う。 それはもう決まっているけれど、それを決めていいものか。 もうちょっと、この人の背景を知らないといけない。 悩む、むちゃくちゃ悩む。 」 この日、解雇される従業員が事務所に集められました。 大阪営業所 西田和浩所長 「役員の給料、管理者の給料、事務職の給料をカットしてきたけれど、それでも追いつかない。 もう本当、事業の継続が厳しくなった。 きょうは解雇通知を渡します。 」 1人1人におよそ1か月分の賃金と慰労金10万円が渡されました。 解雇を通告された従業員 「不安がありすぎて、どれが不安なのか分かりません。 私個人としてはもう年齢も年齢ですので、いまから違う職種に就けと言われても、なかなか就くのは難しい。 言葉が見つからないけれど、このコロナウイルスが無かったらなと。 それしかない。 」 大阪営業所 西田和浩所長 「つらいだろうなと思います。 頑張ってきたのに。 なんとも言えない。 お疲れ様です、しかない。 」 中には、みずから退職を申し出る人もいました。 西田さんとともに幹部として会社を支えてきた小森哲也さんです。 沖縄営業所で所長を務めてきました。 沖縄でも13人中7人の解雇が決まり、小森さんは本人たちにそれを伝える役目でした。 沖縄営業所 小森哲也所長 「『何人か肩をたたいてくれ』と連絡がございまして。 断腸の思いで従業員さんに声をかけたんですけれども、どうしても言われた本人としてみれば、いい感触じゃない。 」 家康コーポレーション 海江田 司社長 「雇用を守れなかったことは経営者として非常に責任を感じております。 雇用調整助成金の特例措置に関しても、2月から先んじて申請しましたけれども、実際、私どもに給付されるのに2か月かかります。 早くても大型連休明けではなかろうか。 」 武田:そのタイムラグという点なんですけれども、1か月、あるいは2か月でも、やっぱり持ちこたえるというのは難しいわけですか。 家康コーポレーション 海江田 司社長 「中小企業はやはり、2・3か月というのは大変大きいです。 好き好んで社員を解雇しようと思う経営者はそんなにいないと思います。 」 武田:行政に対して、どんなことを求めていきたいと思っていらっしゃいますか。 家康コーポレーション 海江田 司社長 「長期的展望といいますか、政府から援助策が出ているから何とかやっていけるだろうと、個人も企業も思える支援策を出していただきたい。 」 武田:今、何を大切にして一日一日の仕事を進めていらっしゃるんでしょうか。 家康コーポレーション 海江田 司社長 「今も細々と仕事をいただいております。 2万円、3万円のお仕事です。 当社の1か月の売り上げは1億円前後ですが、1億円分の1万円だとか2万円だとか思わずに、一つ一つの仕事を大事にやろうと、社員一同 心がけています。 」 ゲスト 斎藤太郎さん(ニッセイ基礎研究所 経済調査部長) 斎藤さん:経済が落ち込めば、残念ながら失業者は増えてしまいます。 この数字は、今後予想される実質GDPの見込みをもとに私が試算したものですが、緊急事態宣言の期間が仮に延長されるようなことがあれば、この270万という数字はさらに大きくなってしまうということを心配しています。 武田:斎藤さんが今の局面で強調されたいことが「命か経済かの選択ではない」。 これは失業者と自殺者の関係を表したグラフなんですが、バブル崩壊後、失業者が急激に増えるとともに自殺者も増えましたが、その後、2010年以降は景気の回復に合わせて、ともに減っていきました。 そこを新型ウイルスが直撃した形となっているわけですが、斎藤さん、「命か経済かの選択ではない」、これはどういうことでしょうか。 斎藤さん:私が申し上げたいのは、「新型コロナウイルスの感染拡大」「経済を止める」、これは両方とも命に関わる問題だというふうに考えているということです。 武田:両立していかなくてはいけないということですね。 斎藤さん:そうですね。 新型ウイルスによる死者を減らすことが仮にできても、経済的な死者を増やしてしまっては失敗だということになると思います。 武田:それでは、今どんな支援が必要だとお考えでしょうか。 斎藤さん:まず、スピード感というのが大事だと思います。 政府は国民一人一人に10万円を配るということを決めました。 これは決して多い額ではありませんが、スピーディーにやることによって、国民の手にすぐに行き渡るようにすれば、それは1つの成功だというふうに思います。 武田:まずはスピードということですね。 斎藤さん:はい。 武田:一人一人の暮らしを支えていく。 海江田社長は「長期的な支援も必要だ」というふうに訴えていらしたんですが、斎藤さん、その点についてはどういうふうにお考えでしょうか。 斎藤さん:経済活動をこれだけ止めてしまっているわけですから、個人への給付もそうですし、企業を倒産させてしまうと失業者が急増してしまうので、やはり企業への給付、休業補償という形で、企業の支援というのを今後 より強めていく必要があると思います。 武田:まず今の局面は、一人一人の暮らしを支え、中長期的には倒産を防ぐ。 斎藤さん:そうですね。 それが大事だと思います。 先ほども申し上げましたけれども、経済を止めるということは命に関わる問題ですので、やはり企業を倒産させないということに全力を尽くすと。 今回の経済対策では恐らく足りないということになると思いますので、これから先も迅速かつ大胆な政策を打っていく必要があると思います。 武田:ありがとうございました。

次の