ニキビ に 効く 食べ物。 ニキビを早く治す!ニキビができにくくなる効果のある食べ物とは?

しつこい大人ニキビや肌荒れ対策に!ニキビに効く効果的な食べ物11選

ニキビ に 効く 食べ物

なにを食べるかでニキビのできやすさは変わる 言うまでもありませんが、私たちの体は食べ物で作られます。 自分で口にしたものが血や肉となり、私たちの体の調子を整えるわけです。 つまり何を食べたかでニキビができやすくなるか、できにくくなるかも左右されるんですね。 理想のキレイな肌をつくり、維持するためには バランスの良い食生活が理想です。 肉・魚・野菜をきちんと3食とれば、そうそう肌の調子が乱れることはありません。 とはいえ現実問題として難しいですよね。 「食生活を大きく変えるなんて無理!野菜あんまり好きじゃない」 「いちいちどの食材にどの成分が入ってるか調べるのめんどくさい」 「てか自炊する時間も暇もそんなにないし…」 食生活が乱れている人のほとんどが、このように文句を言うと思います。 そこでオススメしたいのが「 ちょっとずつ食生活を変えつつ、 ニキビサプリ を飲む」方法です。 ニキビサプリは、ニキビに効果的なビタミンやミネラルなどの成分が入ったサプリ。 飲み続けることで、内側からニキビになりにくいキレイな肌づくりをサポートしてくれます。 筋トレでいうところのプロテインだと考えれば、なんとなく想像がつくでしょう。 普段の食生活で不足した栄養も、ニキビサプリでサポートすればカンタンにニキビに効果的な成分は摂れます。 なかなか食生活を改善するのが難しそうな方は検討してみるのがオススメです。 中々すべてをバランス良く摂るのは難しいと思いますが、意識してみてください。 ビタミンAは油ものと一緒にとるのがおすすめ ビタミンAは油ものとの相性がバツグンです。 一緒にとることで、栄養素の吸収を高めてくれます。 ただし油ものをたくさん食べすぎると、皮脂の過剰分泌につながるので注意しましょう。 ビタミンB群 ビタミンB群は、主に動物性食品に含まれています。 肌の生まれ変わり ターンオーバー や、皮膚に栄養をあたえる助けをしてくれるのです。 特にビタミンB2・B6は、ニキビの原因である皮脂の分泌を抑えてくれるので、進んでとるといいでしょう。 甘いもの、糖質をとりすぎると、それを分解するためにビタミンB群が使われます。 とりすぎたと思ったら、ビタミンB群を特に意識してみてください。 【ビタミンB群が豊富な食べ物】• 玄米(ビタミンB1・B2・B6)• 鶏、牛、豚レバー(ビタミンB2・B6)• わかめ(ビタミンB2)• うなぎ(ビタミンB2)• 納豆(ビタミンB2)• マグロ(ビタミンB6)• カツオ(ビタミンB6)• にんにく(ビタミンB6)• バナナ(ビタミンB6) ビタミンC ビタミンCは、主に淡色野菜や、フルーツに含まれています。 肌にうるおいをあたえる• 色素沈着を防ぐ 美白効果• 肌の老化を抑える 活性酸素の撃退• 肌にハリをあたえる もう「美肌といえばビタミンC!」と言っても良いくらいたくさんの効果が期待できます。 実際にサプリメントなどでビタミンCを飲んでいる方も多いのではないでしょうか。 ただビタミンCは体内にとりこむことができないので、 たくさんとりすぎても尿として出てしまいます。 フルーツの場合、糖分も多いのでなおさらとりすぎには注意ですね。 【食物繊維が豊富な食べ物】• さつまいも• キノコ類• レタス• キャベツ ミネラル ミネラルは 亜鉛、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅などの栄養素のこと。 主に海藻類、野菜、ナッツ類、きのこ類、などに含まれています。 免疫機能や、新陳代謝と深い関わりがあり、体には必要な栄養素です。 特に亜鉛には、アンチエイジング効果や、美白効果も効果も期待できます。 ただし亜鉛な1日の上限目安量が30mgと決められているので注意しましょう。 オーバーすることはあまりないと思いますが、もしオーバーしてしまうと頭痛や吐き気などの副作用がでる恐れがあります。 腸がよくなると他にもこんないいことが 腸内の環境が整っていると「セロトニン」という幸せを感じるホルモンが分泌されます。 セロトニンは ストレスの発生を抑えたり、やわらげる効果があります。 ストレスもニキビの原因となるので、できるだけ腸内環境を整えておきたいところですね。 ニキビの原因・悪化させる食べもの いくらニキビに効く食べものを食べていても、悪いものを同じくらい食べていたら意味がありません。 お互い打ち消し合って効果がなくなってしまいます。 ニキビを良くするためには、ニキビの原因になり得る食べものにも注目しましょう。 ケーキ、チョコレートといった甘いもの• 揚げ物などの油っこいもの• スナック菓子、インスタント食品などの食べ物• 辛味の強いもの• アルコールの強いもの 流石にまったく食べないのは無理なので、食べる量や頻度をおさえたりして上手につきあうことが大切です。 ケーキ、チョコレートといった甘いもの ケーキやチョコレートなどの甘いものには「糖質」がたくさん含まれています。 糖質を取りすぎると、それを分解するために たくさんのビタミンB群が消費されます。 しかも分解されなかった糖質は脂肪として体の中に溜まってしまうんですね。 ようするに糖質を摂りすぎると、• ニキビに効くビタミンB群がたくさんなくなる• 脂肪が溜まって皮脂が過剰に出てくる というダブルでニキビに良くない結果になるわけです。 脂肪が溜まって皮脂がどんどん出てくると、毛穴づまりの原因になってニキビができやすくなります。 甘いものの誘惑は耐え難いですが、食べ過ぎはよくありません。 フルーツを食べて代用するのがオススメ 流石にまったく甘いものを食べないのは地獄ですよね。 そこで甘いものを食べたくなったときにオススメなのが「 フルーツ」を食べること。 ケーキやチョコレートには糖質はもちろんですが、脂質もたくさん入っています。 糖質と脂質が両方入っているために、皮脂がたくさん出てしまうんです。 しかし フルーツなら糖質も少ない上に、油分はほとんどありません。 チョコレートとバナナで比べてみると、• チョコレート:糖質48g、脂質40g• バナナ:糖質12g、脂質0. もちろんフルーツにも糖質が入っているので食べ過ぎはNGですが、ちょっと小腹が空いた時はカットフルーツを食べるようにするだけでも全然変わってきますよ。 揚げ物などの油っこいもの 油やバターをつかった料理、ポテトチップスなどの食べ物にも注意。 これらをたくさんとってしまうと甘いものと同様、 皮脂の分泌を促してしまいます。 甘いものと同時にとることで、さらに皮脂を増やすことになるので、可能な限り控えたいところ。 また揚げ物などの、 使いまわして汚くなった油にも注意です。 そうした油ものをとれば、体の中の健康な細胞にまでダメージを与えます。 老廃物を出す働きが鈍くなり、それがニキビとして現れかねません。 とにかく油にこだわるべし! どうしても油ものをとりたくなったら、以下のことに気をつけてください。 きれいな油で揚げたものを食べる• 衣が薄いものを食べる• 使う油にこだわってみる 油は空気に触れすぎると酸化し、様々な悪影響を及ぼします。 また衣の多い揚げ物は、油の量も多いため、粉の細かいものを使うなり素揚げにするなど、工夫してみてもいいかもしれません。 使う油は ごま油や、オリーブオイルがおすすめです。 少し値段が張るかもしれませんが、美肌になるために意識したいところですね。 スナック菓子、インスタント食品などのジャンクフード ジャンクフードというと、なぜかハンバーガーを思い浮かべる人が多いですが、以下のものすべてがジャンクフードです。 スナック菓子• 冷凍食品• インスタント食品 これらには毒素となる添加物はもちろん、「 トランス脂肪酸」と呼ばれる油がたくさん使われています。 トランス脂肪酸をたくさん摂ると、体内でミネラルやビタミンを大量に消費して分解しようとします。 しかし完全に分解することはできず、そのまま皮脂として肌から出てくるんですね。 ビタミン・ミネラルを消費したあげく、ニキビの原因にまでなっては目も当てられません。 ジャンクフードは制限するか手作りしよう 今ではファーストフード店も増えましたし、おいしい冷凍食品・インスタント食品もたくさんあります。 さすがにすべてのジャンクフードを避けるのは不可能でしょう。 現実的にできる対策としては以下の2つになります。 食べる回数を意識して減らす• 手作りする 1番カンタンにできるのが自分で食べる回数を減らすことでしょう。 1週間に1回、3日に1回など、自分なりのルールを決めて制限するだけでも変わってきます。 ただジャンクフード大好きな方がいきなりきつい制限をするとストレスの原因になりかねません。 ストレスもニキビの原因になりかねないので、まずは 少しずつ耐えれる範囲で制限しましょう。 またハンバーガーなどのジャンクフードは手作りするのも1つの手です。 その場合は使う油を「 えごま油・ごま油・オリーブオイル」などにするのがオススメ。 皮脂の原因になる脂肪を燃やしてくれたり、肌荒れを抑える効果が期待できます。 辛味の強いもの 辛いものは一概にニキビに悪いとは言い切れません。 むしろ 体の代謝機能をアップさせて、肌をキレイにしてくれることもあります。 しかし悪化させる場合もあるので注意しましょう。 あまりにも辛すぎるものを食べた場合 世の中にはあり得ないくらい辛い食べ物がありますよね。 ハバネロや唐辛子• 中本の蒙古タンメン• ココイチの10辛カレー などなど。 どれもおかしなくらい辛さに強い人じゃないと食べれないものばかりです。 もしあまりにも辛いものを食べた場合、痛覚が刺激されて脳に「痛み」として信号が送られます。 すると脳が「早く消化しろ」と体に命令して、過剰に胃液を分泌させるんですね。 大量に分泌された胃液は、小腸まで流れて、 小腸を荒らしてしまいます。 小腸は食べ物の消化・吸収にかかわる器官ですから、化や吸収がスムーズに行えなくなってしまうのです。 結果として、肌に必要な栄養もいきわたりにくくなる上、体内の毒素や便がいつまでも排出されません。 そうしてたまった毒素が、ニキビとして肌に出てきます。 そもそも辛いものが苦手なのに辛いものを食べた場合 またそれほど辛くないもの、キムチや中辛カレーくらいでも、「そもそも辛いものが苦手な人」には上で説明した現象が起こります。 辛いものに対する耐性が低すぎて、 わずかな辛さでも「痛み」として認識してしまうんですね。 無理して食べるとニキビの原因になりかねないので、苦手なまま食べないことをオススメします。 アルコール類 お酒 「百薬の長」と呼ばれることもあるお酒ですが、過度な飲酒は肌によくありません。 アルコールには糖質がたくさん含まれています。 適度な量におさえるのならまだいいですが、飲み過ぎるのは危険。 アルコールは分解するのに大量のビタミンB群が消費されます。 毒素としてもたまりやすいため、ニキビが一気にできるなんてことにもなりかねません。 【20gのアルコールが含まれるお酒の量】 お酒の種類 度数 お酒の量 ビール 5度 中ビン1本 500ml 日本酒 15度 1合 180ml 焼酎 25度 0. 5缶 約520ml 参考: もちろん今までこれ以上ガブガブ飲んでいた方にとっては少ないかもしれませんが、ニキビ対策のために少しずつ飲む量を抑えることを意識してみてください。 食生活を見直してニキビを改善しよう ニキビの原因は1つに絞れるわけではなく、たくさんあります。 しかし1つ1つ見直していくのがニキビ改善には1番の近道。 正直めんどくさいですけどね。 でも「急がば回れ」です。 まずはその第一歩として食生活が乱れている自覚があるなら見直してみましょう。 ビタミンやミネラル、食物繊維など、ニキビに効果的な食べものを避けつつ、ニキビに悪い食べものを避けるだけでも全然変わってきます。 もちろんすぐに変化が現れるものではありませんが、毎日継続して食べることでどんどん美肌に近づいていくのを実感できるでしょう。 特別企画• 人気ランキング• 注目コンテンツ• 新着記事• カテゴリー•

次の

【栄養士監修】ニキビ良い!コンビニの食べ物11選|甘いものもOK!

ニキビ に 効く 食べ物

・赤みが残り色素沈着したニキビ跡• ・茶色く残り色素沈着したニキビ跡• ・クレーター状に残ったニキビ跡• ・ケロイド状に残ったニキビ跡 などがあります。 一番治し方として簡単なニキビ跡とは? 一番治りやすいニキビ跡が一番上の 赤みが残り色素沈着したニキビ跡になります。 赤みがあるということは炎症が起こってからあまり時間が経過していないため 比較的治療しやすいそうです。 つまり、上で挙げたニキビ跡ですが、 下のニキビ跡になるほど治りにくいといえるのです。 ケロイド状のニキビ跡は治らない? 一番治りにくいニキビ跡が ケロイド状に残ったニキビ跡です。 何度も同じ場所に繰り返し炎症を起こしニキビができてしまい起こるのですが、毛穴が完全に潰されてしまい 火傷の跡のように隆起して跡になります。 治すのはとても難しく、ほとんどの医者が匙を投げてしまうほど治すのは難しいようです。 ニキビ跡は早期治療を! ニキビ跡といっても赤みを帯びたニキビ跡ならば治る確率が早く治しやすいようです。 色素沈着が始まったばかりであれば、段々と赤みが薄くなることも多いです。 できたニキビを潰してしまうとクレータ状のニキビ跡になったり、繰り返すことでケロイド状のニキビ跡になってしまうこともあります、 ニキビ跡にならないようにも 早期治療を心掛けるようにしましょう。 赤みを帯びたニキビ跡の治し方 ニキビが炎症してしまうと、肌を正常に戻そうとニキビ菌などの細菌と肌の免疫が争いを起こします。 一度の争いであれば、皮膚も元通りに修復しますが 繰り返し争いが起きてしまうとダメージを残したままになってしまいます。 特に顔のほっぺや顎のラインなどは、皮膚が薄いため傷ついた 毛細血管がうっ血してしまうと赤みが残りニキビ跡へとなってしまいます。 うっ血した毛細血管は時間を置くことで徐々に薄くなることもありますが、何か月も残ってしまったり、黒ずみ色素沈着が進行してしまったりもします。 治し方としてまずは、 肌のターンオーバーを促進させるために保湿を行うことと、古い角質を取り除くこと。 そして傷ついた毛細血管を治すために マッサージを行い血行をよくしましょう。 茶色く色素沈着したニキビ跡の治し方 ニキビ菌を退治しようと肌は活性酸素を生成し攻撃します。 しかし、この 活性酸素はニキビ菌だけでなく肌細胞も傷つけてしまう諸刃の剣なんです。 活性酸素で肌が傷つかないようにホルモンが働き メラニンを生成してしまいます。 紫外線から肌を守ろうとメラニンが生成されることと同じですので、茶色く色素沈着したニキビ跡は放っておくと シミの原因になってしまいます。 治し方は赤みを帯びたニキビ跡と同じくできるだけ 肌のターンオーバーを活性化させて色素沈着した肌を取り除きましょう。 クレーター状になったニキビ跡の治し方 肌の表皮だけでなく、その下の真皮にまで炎症が進みダメージを追ってしまうとニキビ跡がクレーター状になり凹凸した肌になってしまいます。 ニキビの間違った処理方法を行うことでなりやすく、特にに ニキビを潰してしまうと、真皮にまでダメージを与えてしまいニキビ跡になってしまいます。 治し方として赤みや茶色の色素沈着した場合と同様に ターンオーバーを心掛け新しい肌へと活性化させること。 しかし、 クレーター状までになったニキビ跡はなかなか改善しないでしょう。 皮膚科による治療で多いのは レーザーによる治療です。 レーザーにも種類があり、どのレーザーが一番効くのかは医師と相談して決めていきましょう。 ケロイド状になったニキビ跡の治し方 クレーター状のニキビ跡と同様の結果をおくることで、ケロイド状のニキビ跡にもなったりします。 肌を再生しようと 組織が過剰に生成させてしまうと患部が盛り上がってケロイド状のニキビ跡になってしまいます。 ケロイド状のニキビ跡になってしまうと、スキンケアでの対策は不可能になってしまうので皮膚科やクリニックで治療を行うことになります。 治し方は レーザーや外科手術、ステロイドを注射するなどがあります。 また、単純ではありますが、 柔らかいスポンジなどの素材で患部を圧迫させる治し方も意外に有効です。 ニキビ跡の食べ物は効く? 体の外から対策するだけではなく、 体の内部(食べ物)からも対策を行いましょう。 普段人が生きているのも毎日の食べ物が栄養源となっているから。 どんな食べ物がニキビ跡に効くのか探しました。 タンパク質を摂取する 皮膚を形成するためには タンパク質は欠かせません。 筋肉の栄養でもありますね。 できるだけ脂質の少ない 鶏肉や魚類がおすすめです。 良質な脂質を摂取する 脂質を取らないことも重要ですが 良質な脂質は摂取しましょう。 青魚やゴマ・クルミなどに多く含まれるオメガ脂肪酸は血液をサラサラにし美肌効果も高いです。 亜鉛やビタミンを摂取する ミネラル成分である 亜鉛やビタミンは肌のターンオーバーを活性化させるので積極的に摂取しましょう。 特にビタミンBやビタミンCなどはおすすめです。

次の

医師に聞いた「ニキビに良い食べ物」甘いものはNG?コンビニで買えるものも

ニキビ に 効く 食べ物

ニキビをつくる元になっているアクネ菌は、皮脂があって空気に触れない場所を好んで生息します。 皮脂の詰まった毛穴は、そんなアクネ菌の格好の餌食になっているのです! 毛穴に皮脂が詰まってしまうのは、• 皮脂が過剰に分泌されている• 自律神経の乱れで睡眠不足やストレス過多が起き、ホルモンバランスが崩れている• 便秘によって溜まった老廃物や毒素が皮膚を通じて排出されるため、肌に悪影響が出る• 脂分の多い食事で皮脂が余計に分泌される といった様々な原因から構成されています。 これらの原因のほとんどは、実は食生活で改善することができるのです! ニキビの予防・改善に有効な栄養成分 ニキビの出来る原因は、食べ物に含まれている栄養成分によって予防・改善することができます。 特にニキビに対して効果のある栄養成分は次の通りです。 ビタミンB群 ビタミンB群は細胞の生まれ変わりを促す働きがあるため、ニキビなどで傷ついた肌を早く修復してくれます。 また、ビタミンB2には脂質を分解する働きがあるため毛穴に皮脂が詰まるのを防ぐ効果も期待できます。 ビタミンA ビタミンAには、身体の粘膜や皮膚の健康を守る働きがあります。 このビタミンAが不足することで肌はカサカサに乾燥しやすくなり、あらゆる肌トラブルに繋がります。 ビタミンC 美容について調べると必ずと言って良いほど目にするのがビタミンC。 ビタミンCにはコラーゲンの生成を助けたり、肌を構成するためのたんぱく質を生成する働きを持っています。 また、ストレスを和らげる効果もあるので自律神経を整えるためにも活躍してくれます。 ビタミンE 「若返りのビタミン」とも呼ばれているビタミンEは、抗酸化作用で有名です。 抗酸化作用とは、身体の細胞を酸化させて弱らせてしまう活性酸素を除去してくれる働きのことを言います。 肌の細胞を守ることでニキビなどの肌トラブルも早く修復し、また事前に肌トラブルを予防することができます。 ミネラル類 カルシウムや亜鉛などのミネラル類は、肌のターンオーバーを整える上でとても重要な働きをします。 肌のターンオーバーが乱れることで皮脂の分泌を上手く調整できずに肌トラブルの原因になります。 また、ミネラルはホルモンバランスを調整したり、免疫力を維持する働きもあります。 食物繊維 食物繊維は腸内環境を整えて身体の中にある老廃物や毒素を排出させる働きがあります。 身体の内側から調子を整えることで、肌も綺麗で健康な状態になります。 ニキビの出来やすい肌質を改革!ニキビを予防・改善する食べ物 ニキビを予防・改善するために摂りたい食べ物は次の通りです。 大豆イソフラボンと各種ビタミンが豊富な納豆 大豆を加工して出来た納豆には美肌効果がたくさんあります。 そのため、肌トラブルの一種であるニキビにも有効的です。 納豆がニキビを予防・改善してくれるのは次の理由があるからです。 ビタミンEによる抗酸化作用で肌の細胞が生まれ変わるのを手助けする• ビタミンB2が肌のターンオーバーを促進する• リノール酸が血行を良くし、代謝を良くして肌の修復を手伝う• 大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをして皮脂の分泌を抑制する• 発酵食品なので整腸作用がある 緑黄色野菜は抗酸化作用と整腸作用がある ニキビを撃退するのに欠かせない大切な栄養成分が、ビタミンA&Cです。 緑黄色野菜にはこのビタミンA&Cが豊富に含まれているため、是非とも摂取したいところです。 代表的な緑黄色野菜の例は次の通りです。 ピーマン• トマト• ブロッコリー• ほうれん草• にんじん• 野菜には食物繊維もたっぷり含まれているので腸内環境を整えるためにも大変有効的です。 スープやスムージーなどでなるべく毎日緑黄色野菜を摂取するようにしましょう。 こんにゃくがセラミド効果で肌質を改善する 低カロリーで腹持ちが良いことからダイエット効果で有名になったこんにゃくですが、実は美肌効果もあるのはご存知でしょうか? こんにゃくには食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境を改善して便通を良くして肌トラブルを防いでくれます。 しかしこんにゃくが美肌に効果的である理由は、実は食物繊維よりも「こんにゃくセラミド」と呼ばれる成分に秘められているのです! 貧血になると身体中を巡っている血液の量が減ります。 血液は身体中に栄養や酸素を運びながら巡っているため、血液の量が減ることは身体の栄養不足にも直結しているのです。 肌の調子はコラーゲンやビタミンなど、様々な栄養素で保たれています。 そんな栄養素が満足に運ばれなくなることで、肌にも影響が出てニキビや肌荒れなどのトラブルも招いてしまいます。 一見関係のない肌荒れと貧血ですが、実は間接的に繋がりがあったのです! 特に女性は月経などで貧血に陥りやすい身体ですから、しっかり鉄分を摂って貧血対策をしましょう。 ビタミンたっぷりの果物 果物にはたくさんのビタミンが含まれていて、美容や健康に欠かせない存在です。 中でもおすすめの果物は次の通りです。 キウイ 数ある果物の中でも、ビタミンCの含有量が飛びぬけて優秀なのがキウイです。 食物繊維もたっぷり含まれているため、腸内環境を整えるのにも向いています。 また、キウイに含まれている「アクチニジン」という酵素が胃腸の消化活動を手助けしてくれます。 イチゴ たくさんの料理に使えるイチゴは、ビタミンC、食物繊維、ポリフェノールと美肌効果のある栄養成分をたくさん含んでいます。 イチゴには、カルシウムやマグネシウム、カリウムといったミネラル類も豊富に含まれています。 ミネラル類によってホルモンバランスやストレスを調整することができます。 バナナ バナナには、皮脂の分泌を調整するためのビタミンB2がたっぷり含まれています。 また、バナナの整腸作用は抜群です。 食物繊維だけではなくオリゴ糖が含まれているバナナは、胃腸内の善玉菌を増やして腸内環境をしっかり整えてくれます。 りんご 「1日1個のりんごが医者を遠ざける」という言葉もある通り、栄養満点なりんごは身体の調子を良くしてくれます。 カリウムが皮膚細胞の働きを活性化させることで、ニキビなどの肌トラブルが起きたときに肌の再生が促進されます。 また、ポリフェノールがあるので抗酸化作用によって肌の細胞が傷つくのを防ぎます。 みかん みかんにはビタミンA・C、食物繊維が含まれています。 また「ヘスペリジン」という成分が含まれています。 ヘスペリジンはビタミンCの働きを手助けしたり、新陳代謝を促してターンオーバーを正常化させる働きがあります。 魚介類は若返り要素が抜群 魚介類は昔から老化の防止に効果があると言われ続けています。 その理由は、• タウリン(肌を含め身体全体へのダメージを軽減する)• カルシウム(ストレスの軽減・肌のバリア機能を保つ)• コラーゲン(細胞と細胞の結合を固めて身体の部位を強くする) といった栄養成分が含まれているからです。 また、ヨーグルトにはビタミンAとビタミン2が含まれています。 ビタミンAが免疫力を高めてくれることでニキビの治りも早くなり、加えてビタミンB2が皮脂の分泌を抑制してくれるためニキビができにくくなります。 ニキビよりに有効的なヨーグルトはおやつのような甘いヨーグルトではなく、 砂糖などの添加物が少なくて乳酸菌たっぷりのプレーンヨーグルトがおすすめです。 食べるとニキビが出来やすく治りにくい肌質に。 ニキビを悪化させる食べ物 ニキビが食生活で改善できるということは、逆に食生活で悪化する可能性もあるということです。 ニキビを悪化させてしまう食べ物は次の通りです。 脂分の多い揚げ物やお菓子など 脂分があれば必ずと言って良いほどニキビが現れます。 脂分の多い食べ物は皮脂を多く分泌させてしまうため、ニキビの悪化に一役買ってしまいます。 よく「チョコレートを食べるとニキビができる」と言われているのもこのためです。 ニキビを悪化させないために避けたいのは次の通りです。 揚げ物• 照り焼き• スナック菓子• クリームやバターの使われたお菓子 カフェインのあるもの カフェインは自律神経を乱して、妙な興奮や睡眠不足の原因になってしまいます。 また、自律神経はホルモンバランスを大きく崩すため男性ホルモンが優位になれば皮脂の分泌も過剰になってしまいます。 肌の調子は自律神経に大きく左右されるため、自律神経を乱す要因をつくるカフェインの摂取は避けた方が無難です。 大人になるほど飲むのが習慣化してしまうコーヒーや紅茶ですが、飲む量を減らすなどしてなるべくカフェインを摂り入れないようにしましょう。 綺麗になるにはまず食べ物から!食生活を見直してニキビを撃退しよう テレビや雑誌などで、綺麗な女優さん・モデルさんが美容のために食べ物から気を使っているという話をよく聞きますよね。 実際、食べ物の影響はとっても大きいのです。 ニキビも食べているものに影響されやすい存在です。 ニキビが気になっている人は、一度食生活から見直してみてください。 「お肌は内臓の鏡」という言葉通り、食べ物で内臓環境を変えることはお肌も美しくしてくれますよ!.

次の