キツネ値段。 キツネはペットとして飼育できる?販売値段と種類は何があるの?

フェネックギツネの値段(販売価格)と飼い方やしつけ方法と寿命!

キツネ値段

しっかしマァ~相変わらずデタラメを書いてる人が居ますねぇ。 感心してしまします。 まず、現在の日本国内に「養狐場」なんてありません。 タヌキの時は「養狸場」って書いていましたね。 キツネに関しては、数年前まで国内にブリーダーが居ましたが、現在はいません。 また、キツネは「特定動物」に指定されていませんので、許可・手続きといったものは不要です。 食事は犬と一緒で、ドッグフード+野菜・果物を与えています。 臭い?ハイ、全くありません。 犬程度の臭いはしますが、それ以上ではありません(我が家のキツネはシャンプーのかほりです)。 散歩をしていますよ。 ウルサイと近所から苦情も来ませんし、部屋の中は何処も齧られていません。 旅行に行く時には、ペットショップに預けます。 次に「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」についてです。 当法律に則れば、誰でも対象野生鳥獣の捕獲ができます。 ・時期:本州では11月15日~2月15日 ・場所:各自治体が指定(地図をもらえます) ・方法:気合いで落す・手づかみ・石を投げる、、、他 これに、公道では捕獲禁止、おびき寄せてはならない他のルールが加わります。 *狩猟とは厳密には銃などの法定用具を用いた捕獲を指しますが、上記方法であれば免許もなく捕獲が可能です。 従って、上記期間にご自分でキツネを捕獲する事ができれば、飼育は可能です。 (捕獲した鳥獣を食べようが飼育しようが制限はない) 質問者様、最初から大きく横道にそれてしまって申し訳ありません。 皆さんのおっしゃるように、フェネックが無難かと思います。 前記のようにネットで検索して下さい。 相場は50万円前後(ブリーダー)ですが、高く売りつけようとするフェネックブリーダーも居ますので、注意して下さいね。 *私はキツネ(シルバーフォックス)・タヌキ他を飼育しており、また鳥獣保護活動を行っています。

次の

フェネックは尻尾がフサフサ!値段は?ペットとしての飼い方は?性格や寿命、特徴、餌まとめ

キツネ値段

昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。 ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。 北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。 とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。 そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。 TravelBookママ部 TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。 幼児から中学生までのママ達で構成。 世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。 キツネってどんな動物?生態を紹介! 最初に紹介するキツネの情報は「生態」。 北海道などにいるイメージの強いキツネ。 犬やオオカミと同じイヌ科に属しており、北海道以外にも本州、九州、四国にも存在しています。 ペットとして身近に見ることはありませんが、キツネは特定動物に指定されていないので、ペットとして飼える動物です。 ただし、犬や猫のように飼い方が確立されていないため、簡単に育てることができるわけではありません。 また、キツネはイヌ科ではありますが、犬とは違い、飼い主に媚びる性質がないため、一人の家族を迎えると言う気持ちで飼うほうがいいといわれています。 自然の中では、小型の齧歯動物・とり・卵・爬虫類・昆虫を捕食しているキツネですが、雑食であるため、餌は、猫や犬と同じでよいところは育てやすいポイントです。 なつきにくい動物ではありますが、しっかりと愛情をもって接することで友達のような良い関係が築けるでしょう。 キツネの寿命はどのくらい? 次に紹介するキツネの情報は「寿命」。 キツネの平均寿命は、10年ぐらいといわれています。 しかし、野生で生きているキツネの場合、天敵に襲われたり、病気などのために早く命を落としてしまうことも多いのが事実です。 そのため、なかなか寿命を全うすることができないため、寿命はあまり長くないと言えます。 ただ、ペットとして環境を整えて育てた場合は、15年くらいが平均寿命であるといわれています。 キツネは、よく動き、大変きれい好きな動物といわれています。 そのため、よく運動をさせてやり、気候を整え、常に清潔に保ってあげ、病気に注意してあげることで長く付き合うことができます。 キツネをペットショップで買うときの値段は? 3番目に紹介するキツネの情報は「値段」。 キツネを実際に飼うとなると、いったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 現在ペットショップでは、90~100万円くらい、ブリーダーから直接買うと言う場合で60~90万円くらいになっています。 いずれにせよ、なかなかの高額であると言えるでしょう。 広告 キツネの鳴き声は?うるさい?動画で紹介 4番目に紹介するキツネの情報は「鳴き声」。 「コンコン」などとよく表現されるキツネの鳴き声ですが、実際に聞いてみると「キューン」や「クニャー」といった感じの高い声を発します。 キツネはネコ目イヌ科に属する動物で、約5オクターブの音域で様々な鳴き方をすると言われており、幅広い声がでます。 キツネの種類は? 5番目に紹介するキツネの情報は「種類」。 いざ、キツネを飼おうと考えた時、どのくらいの品種がいるのか気になるところです。 日本に野生で生息するホンドギツネも飼育をしようと思えば可能ですが、販売しているところがありません。 販売されており、入手可能なキツネはごくわずかで、国内で販売が確認されているのは、フェネックをはじめ、ごくわずかと言えます。 フェネック 6番目に紹介するキツネの種類は「フェネック」。 ペットとして販売されている中で、メジャーなのがフェネックです。 大きな耳が特徴の北アフリカの砂漠地帯原産のキツネです。 平均的なフェネックの成獣の大きさは、30~40cmで、小型犬のチワワとほぼ同じくらいになっています。 野生のフェネックは10年くらいが平均寿命になっていますが、ペットとして大切に育てると、15年くらい生きるようです。 警戒心が強く、臆病な性格なので、なつくのには時間がかかります。 基本的に夜行性で甲高い声で鳴く性質があるので、それなりの対策なども必要になっています。 アカギツネ アカギツネは最も一般的に見られるキツネで、北半球全域に広く生息しているキツネです。 一般的に思い浮かべるキツネは、ほとんどアカギツネの系統になっています。 7番目に紹介するキツネの種類は「アカギツネ」。 尾のつけ根などに臭腺があり、ツンと鼻を突く臭いがするのが特徴です。 犬と猫の特徴を併せ持っているため、時速50kmもの速度で走り、木登りや泳ぎにも堪能です。 45~90cmくらいの大きさになり、肉食寄りの雑食でネズミ、鳥などの小動物、果実などを食べます。 ストレスに弱く、臆病な反面、好奇心が強いのも特徴です。 また、父親が子育てをすることでも有名です。 キツネの餌(エサ)は? 広告 8番目に紹介するキツネの種類は「餌(エサ)」。 野生のキツネは、肉食寄りの雑食で、ネズミや鳥をはじめとする小動物や果物などを食べています。 飼育をする場合は、市販のキャットフードが望ましいといわれています。 イヌ科なのにキャットフードというのは不思議な気もしますが、キャットフードの中には、タウリンが含まれているので、キツネが欠乏症になるのを防いでくれるといわれています。 その他、基本的には、犬や猫に与えるような食事で大丈夫です。 ただし、犬と同様ネギ類とチョコレートは与えないようにしてください。 キツネの性格。 ペットとしてなつくの? 9番目に紹介するキツネの種類は「性格」。 キツネの性格は、一般的に憶病で用心深い性格です。 人になつきにくいといわれており、どんなに長くいてもなつくことがないということもありえます。 ただし、とても賢い頭を持っているので、安心できる相手であると感じることができれば、野生であっても餌を求めて人里に降りてきたり、大胆に餌をねだったりする一面も持っています。 犬のように主従関係を築くことはできませんが、長く愛情をもって接することで、友達のような存在になってくれることも多いようです。 犬と同じくらいの寿命を持つキツネなので、じっくりと向き合っていれば気持ちも通じてくるようです。 大人になったキツネをなつかせるのは難しいですが、小さなころから愛情をかけてあげることで、信頼関係を築くことができるといわれています。 キツネは臭い? 10番目に紹介するキツネの種類は「臭い」。 キツネをペットとして飼う際に気になってくることの一つが臭いではないかと思います。 キツネは体臭事態は犬と同じようなもので、さほどひどくはありません。 ただ、糞尿は大変な臭いを発するので、こまめに取り換えてやることが大切になってきます。 キツネをペットとして飼うために必要なもの 最後に紹介するキツネの種類は「飼うために必要なもの」。 いざ、キツネをペットとして迎え入れるとなると必要になってくるものがあります。 室内で飼うならまずはゲージです。 犬を飼うのと同じイメージで、ある程度動くことができる大きさのものを用意してあげましょう。 そしてゲージの中には、餌箱、水箱、トイレを用意してください。 キツネは基本的になかなかトイレを覚えてくれないので、汚れたらすぐにシートなどを取り換えてこまめに手入れをしてあげてください。 そして、キツネはよく動く動物であるため、犬以上に運動をさせてあげることが必要です。 家の中では走り回らせることができないことが多いので、散歩をさせてあげるためのリードなどを用意しておきましょう。 その他は、基本的に犬や猫と同じようなイメージで準備をするとよいと言われています。 キツネのまとめ いかがでしょうか。 キツネを実際にペットとして飼うとなるといろいろと大変な面が出てくるのは確かです。 もし、キツネを飼いたいと考えているのなら、病気などになった場合にも見てくれる病院が少なかったりするので、きちんと家族に迎え入れる環境と気持ちを整えてから温かく迎えてあげてください。 日本 - ペット ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。 一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。 飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。 毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。 そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。 これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。 日本 - ペット 背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。 でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。 TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。 針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。 そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。 日本 - ペット ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。 かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。 ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。 また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。 もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。 そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。 日本 - ペット 水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。 実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。 ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。 哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。 つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。 そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。 日本 - ペット 小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。 小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。 飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。 なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。 ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。 モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。 愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。 日本 - ペット テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。 人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。 動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。 また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。 日本 - ペット つぶらな瞳とフサフサのしっぽが可愛らしいリス。 近年の小動物ペットランキングにも登場する人気ぶりです。 ただ犬や猫に比べポピュラーではないし、小動物の中でも馴染は薄く「飼うにはどうかな?」と興味はあってもなかなか飼うまでに至りませんね。 でも、リスは人間と共存できるので飼い方をしっかりマスターすればペットとして一緒に暮らすことができます。 なつけば肩に上ったり、手から餌を食べたり時にはパーカーのフードの中でお昼寝もしたりその愛くるしいい姿に心奪われるなんてことも日常に起こり得るんです。 リスをもっと身近に感じられるよう種類や生態・飼い方まで紹介していきます。

次の

宮城蔵王キツネ村

キツネ値段

ロシアでは家畜化を目指して ペット用の繁殖場まであるという キツネ。 犬や猫にはないワイルドな見た目が魅力的なキツネですが、 一般家庭でペットにすることは可能なのでしょうか? この記事では、 キツネの飼育方法や ペットとして飼えるキツネの種類や値段、 必要なものやおすすめの餌などについて紹介していきます。 スポンサーリンク キツネをペットとして飼育できるの? 『 そもそもキツネってペットとして飼っていいの?』 という疑問をお持ちの方も多いかと思います。 現状、種類を問わずキツネを飼育する場合に 特別な資格は 必要ありません。 特にエキノコックスはキツネやタヌキ、 犬を宿主にしている場合は、 何の症状もありません。 ですが、人間が寄生された場合は 肝臓を破壊される可能性もある、恐ろしい寄生虫なのです。 そのため、キツネをペットにしたい場合は ペットとして繁殖されたものを迎える必要がありますね。 キツネをペットとして飼育する時に許可は必要? 野生動物を飼う際や一時的に保護する場合は 保健所に届け出が必要ですよね。 ではキツネをペットとして飼う場合も 申請が必要なのでしょうか? キツネを飼育するのには 行政の許可や届け出は必要ありませんよ。 また、特定外来生物に指定されているわけでもないため ペット用にキツネを海外から輸入することについても 罰則があるわけではないのです。 しかし、検疫を通過することが困難であるため 個人でキツネを輸入することは不可能に近いでしょう。 ペットとして飼うのは、やはり 国内でペット用に 繁殖されたものに限られるといえますね。 ペットとしてのキツネの飼い方は? キツネは犬と違いトイレを覚えるということはありません。 また、野生の習性で床を掘ったり齧ったりすることや 誤飲、誤食も多くあります。 近種とはいえ犬のようにしつけが できるわけではありません。 なのでキツネを飼う場合は、 家の中をフリーにするのではなく 基本的には大きめのケージで生活させることになります。 ケージの底にはすのこを敷いて、 足の裏が安定するようにしてあげましょう! 穴を掘る性質があるため、新聞紙やペットシーツ といったものを床に敷くことはおすすめできませんね。 ケージ飼いが基本とはいえ、 キツネは 運動要求も非常に高いので ケージに閉じ込めておくと強いストレスを感じてしまいます。 そのため、キツネが活動を開始する夕方以降に しっかり時間をとってケージの外で運動させてあげましょう! 庭があれば、リードをつけて遊ばせると良いですし、 穴掘りができるのでキツネのストレス軽減にも繋がりますね。 犬のように外に散歩に連れて行くのは 縄張りの外に連れて行かれることに恐怖を感じ、 個体の性格によってはストレスにもなり兼ねないため あまりおすすめはできません。 食性は犬に近いため、 ドッグフードをメインに 野菜や 果物、 そして犬と違って体内でタウリンを生成できないため 少量のキャットフードを与えます。 健康面では 最低でもフィラリアや犬ジステンバー、 狂犬病 といったワクチンを毎年接種する必要があります。 キツネを迎えたら、まず 診察ができる動物病院を探しましょう! スポンサーリンク ペットとしてキツネを飼う時の注意点は? キツネを飼う場合に覚悟しておきたいのが 声と臭い。 キツネは 夜行性のため夕方から活動を始めますが 鳴き声も活動音もうるさいため 集合住宅での飼育は避けた方が良いかもしれません。 キツネは群れの仲間と鳴き声で コミュニケーションを図りますから、 遠くまで良く通る声を持っています。 そのため野生のキツネが生息する地域では 深夜、キツネの鳴き声がうるさいことに 頭を悩ませている人も多いのも事実。 また、キツネ自身の獣臭以上に 気になるのが 排泄物の強烈な臭い。 猫の尿も独特の刺激臭がありますが、 キツネの便臭はそれを上回るとも言われているんです。 しかも、猫と違って決まったところで排泄をする習慣がないので 気が向いた時に、気が向いたところで用を足します。 キツネをケージから出している間は 排泄物との闘いになること必至ですね。 悪臭や騒音といったペット問題は ご近所トラブルの元になり兼ねません! 犬や猫を含めてペット可、ペット共生型を 謳っているマンションであっても キツネを飼うことは避けた方が良いでしょう。 建具を齧ったり、床を掘ったりという習性もあるため 特に賃貸マンションであれば尚更です。 個体によっては懐いてくれる子もいますが 犬や猫のように飼い主に寄り添ってくる動物ではありません。 根気強く接することで必ずなついてくれる、 ということも残念ながら無いです。 ペットとしての歴史も浅く、 飼育方法も確立されていない部分が多いキツネ。 『外見がかっこよくて好きだから』 『人が飼っていない動物を飼いたいから』 といった 安易な気持ちで迎えるのは おすすめできない動物であることは確かです。 診察可能な動物病院が少なく、 病気に対する治療法が 確立されていないことも注意が必要。 また、キツネを迎える前には 近所に診てくれる動物病院があるのか確認してからが安心ですよ! スポンサーリンク ペットとしてなつくキツネの種類は? キツネをペットとして飼育する場合は、 まずなつかないと考えて挑む方が良いです。 少なくとも、犬や猫とのような関係は 期待しない方がいいかもしれませんね。 1:フェネック ペットとして飼えるキツネと言われて真っ先に 思い浮かぶのが フェネックですよね。 猫にも似た可愛らしい外見が魅力のフェネックですが キツネの仲間なんです! 寿命は10年程度と言われています。 フェネックはエキゾチックアニマルを専門に扱うショップや ブリーダーから直接迎えることになります。 一番人馴れしている個体を紹介してもらうようにしましょう。 飼育に必要な情報を得ることも難しい動物ですので 購入後も相談に乗ってくれるショップや ブリーダーを選ぶことも大切なポイントですよ。 価格は月齢や性別による差はあるものの 平均して 80万円~100万円と高額ですね。 2:ナレキツネ 残念ながら、 ナレキツネは 日本ではまだ繁殖されていません。 ギンギツネをペット用に改良したナレキツネは 名前の通り人馴れに重点を置いて作られた種類のキツネ。 寿命は飼育下では平均12年程度と言われていますよ。 ロシアでは一般家庭でもペットとして飼育されていますが 日本では エキゾチックアニマル専門のショップを通して 入手するしかありませんね。 では『検疫が通過できるのか?』といった問題もあります。 ショップにお願いしても必ず入手できるとは限らない 希少性の高い動物のため、値段も決まりがないんだとか。 少なくとも フェネックを下回る価格ではないと思われます。 3:アカキツネ 日本で一番見られる野生のキツネでもある アカキツネ。 ホンドギツネとも呼ばれて親しまれている 上記のアカキツネも 海外ではペットとして飼われているんですよ。 平均寿命は飼育下では12年程度です。 上にも挙げたように野生のキツネを捕まえて飼うのは 寄生虫などの危険から避けた方がいいです。 ナレキツネと同様に エキゾチックアニマルを扱うショップで 入手可能か相談する必要がありますね。 『これぞキツネ!』という 野生的な風貌が魅力のアカキツネですが 国内でのブリーディングはされていない様子で 入手は困難なんです。 ショップを通して輸入になる可能性が高いため 価格も定かではありませんが、 やはり 国内繁殖されているフェネックよりは高額になる と考えて良いでしょう! キツネなどのエキゾチックアニマル専門を扱う ペットショップは下記のサイトでチェックできますよ! 『』 キツネの購入を考えている方は一度、覗いてしてみてくださいね。 スポンサーリンク ペットとしてキツネを飼育する時に必要なものは? キツネを飼育する際に用意するものは 基本的に犬と同じものと考えてよいでしょう。 以下に、キツネを迎える前に必ず必要な 飼育グッズを2点紹介していきます。 大型犬用ケージ 最初に紹介するのは、どの種類のキツネでも 迎える前に必ず必要な 飼育ケージ。 例えば、大型犬用のものであれば フェネックなどの、キツネにも十分のサイズ ですょ。 大型犬用のゲージの良い点は、揺らしても 耐えられる強度があることも キツネの飼育ケージに適していて、おすすめのポイントですよ。 ハンモック 次のおすすめは、 猫用ハンモックです。 猫同様に、キツネも 隠れ家やベッドとして使います。 特にフェネックは暑さに強く、 寒さに弱いために、 冬場は暖かめの ボアなどの、 ハンモックをつけてあげると 喜びますよ。 ペットとしてキツネを飼育する時におすすめな餌は? キツネの食事は缶詰などの ウェットタイプのドッグフードを メインに与えることになります。 では、他にはどのようなものを与えれば良いのでしょうか? 以下にキツネの餌としておすすめのフードを 2点紹介していきます。 魚主体のフード 最初に紹介するのが 魚主体のキャットフード。 犬はタウリンを体内で生成できるため ドッグフードにはタウリンが配合されていないものも多いのです。 ですが、 キツネは食事から タウリンを摂取する必要があります! そのため、毎食ではなくて良いので キャットフードを混ぜてあげると良いですよ。 ただ、猫がたくさん水を飲むように キャットフードには、 塩分の強いものや 少量でエネルギーが得られるように 脂肪分が高いものが多いので 与えすぎないよう気をつけましょう! コオロギ 最後に紹介するのが コオロギです。 野生下のキツネは昆虫を食べる食性があるため、 おやつとしてコオロギやミルワームといった 栄養価の高い虫を与えると喜びますよ! 鮮度も高く、狩りの充実感も得られますので このような 生餌を与えることがおすすめですね。 毎日与える必要はありませんが、 定期的に与えてあげましょう。 スポンサーリンク この記事を読んだ方からは こちらの記事も人気です。 <関連記事>.

次の