小柳 ルミ子 宝塚。 小柳ルミ子の若い頃画像!宝塚時代から現在まで

小柳ルミ子の宝塚時代の若い頃かわいい!歌唱力も紅白出場の実力派!!

小柳 ルミ子 宝塚

小柳ルミ子!宝塚時代の若い頃は最高にかわいい!! 現在65歳にも関わらず相変わらずの 美貌を保ち続けている小柳ルミ子。 これまで歌手でありながら、 女優業もマルチにこなしていた。 そんな小柳ルミ子が若い頃に 宝塚に所属をしていた事は ご存知だろうか? その若い頃の宝塚時代の小柳ルミ子は オーラに満ちていて、なおかつ 非常にかわいいのだ。 今現在の平成の時代から見ても かわいいと思える、宝塚時代の 若い頃の小柳ルミ子について 確認してみよう。 若い頃の小柳ルミ子は元々 宝塚歌劇団に入団するよりも、 単純に歌手として活躍をしたかった。 だが、歌手としてデビューをさせると 約束をしていた渡辺プロダクションが 小柳ルミ子に、舞台経験を経てから 歌手になる様にと指示をした。 それを受けて、小柳ルミ子は何と 宝塚音楽学校を首席で卒業をしたのだ。 首席で卒業とは、何ともすごい事だ。 若い頃の小柳ルミ子がよほど 歌手としてデビューをしたかった という気迫が非常に感じられる エピソードだ。 そして、渡辺プロダクションの 指示通り無事宝塚歌劇団に入団。 しかし、驚く事に小柳ルミ子の 宝塚時代は2ヶ月という非常に 短い期間だったのである。 これは、歌手として早くデビューを したいという事から、その指示通り 初舞台を早々に経験した後に、 すぐに退団をしたのだ。 退団後直ぐは、NHKの朝ドラで 女優として芸能界デビューを したものの、直ぐに念願の歌手 デビューをした小柳ルミ子。 では、そんな小柳ルミ子の宝塚時代の 若い頃の写真を見た事があるだろうか? それが、何ともかわいいとしか 言い様が無い位に容姿端麗なのだ。 どことなく上戸彩似である 宝塚時代の小柳ルミ子。 セクシーな雰囲気もありつつも、 どことなく感じるかわいい感じが 何とも素晴らしい。 確かに、若い頃これ程までに かわいい容姿だったので、 今現在の年齢でも小柳ルミ子が 美貌を保ち続けているのも納得である。 それにしても、こんなにもかわいい 若い頃の小柳ルミ子を是非とも リアルタイムで、テレビで 拝みたかったものである。 スポンサード・リンク 小柳ルミ子の歌唱力!!紅白にも出場経験有り!! 19歳で歌手デビューをした 小柳ルミ子は宝塚時代に身に つけた歌唱力を武器に、 様々なヒット曲をリリースした。 ついには、紅白に出場をするまでに なった訳である。 だが、歌手としてデビューしていた 頃の小柳ルミ子の曲は、歌唱力を 全面に押し出した曲というよりも、 どちらかと言えばアイドル路線の 曲をリリースしていた。 デビュー曲の「わたしの城下町」に 始まり、最も有名な曲が 「瀬戸の花嫁」である。 宝塚時代仕込みの歌唱力を活かしつつも 若い頃の小柳ルミ子のアイドルらしさを ミックスした名曲である。 そうして、小柳ルミ子は歌手デビューを して10年ほど経つ1970年後半、 つまり小柳ルミ子が20代後半の時期には 今までのアイドル路線からは舵を 切り替えて、歌唱力を前面に押し出した 曲を多数リリースする様になった。 「来夢来人」や「お久しぶりね」 と言った、宝塚の様なダンスシーンと 持ち前の歌唱力をふんだんに活かした 感じが何とも小柳ルミ子らしい。 そんな小柳ルミ子はデビューをした 1971年から1988年までの、 18年連続で紅白に出場をしたのだ。 デビュー以来から、継続的に紅白に 出場をしたというのはやはり、 とんでもない事である。 スポンサード・リンク しかし、小柳ルミ子は1988年 からは紅白には出場をしていない。 だが、噂によるとNHKの大河ドラマ 「西郷どん」に小柳ルミ子が 出場する事が決まっているので、 なにかしらの形で小柳ルミ子が 再び紅白に出るのでは?との事だ。 小柳ルミ子の昭和の名曲を聞きたい という視聴者も多いだろうから、 小柳ルミ子の紅白再出場には 期待したいものだ。 livedoor. wikipedia.

次の

小柳ルミ子 宝塚時代の写真が可愛い! サッカー愛がスゴイ

小柳 ルミ子 宝塚

小柳ルミ子 経歴 宝塚 名前 小柳ルミ子 生年月日 1952年7月2日 身長 157cm 出身 福岡県福岡市早良区 小柳ルミ子さんは福岡県福岡市早良区生まれ。 父親は送業を営んでいたが、小柳ルミ子さんが2歳の時に病気で他界。 母親は歌手になるのが夢だったこともあり、小柳ルミ子さんは幼少期からバレエ、ダンス、歌、ピアノなど多くの習い事を習わせ、夢を託したそうです。 小柳ルミ子さんは中学卒業後、宝塚音楽学校に70人中5番目の成績で入学。 歌手になるのが夢だった小柳ルミ子さんは宝塚音楽学校在学中に先輩の知り合いの口利きで、渡辺プロダクションの社長に歌手にしてほしいと直談判。 小柳ルミ子さんは社長から、 「宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる」 との返答を貰い、 小柳ルミ子さんは宝塚音楽学校を首席で卒業。 小柳ルミ子さんは「夏川るみ」の名前で宝塚歌劇団に入団し初舞台を踏み、2ヵ月後に退団。 小柳ルミ子 歌手デビュー 1970年4月、小柳ルミ子さんが17歳の時、NHKの朝ドラ「虹」で女優デビュー。 小柳ルミ子さんが女優デビューしたのは、歌手デビューの前に顔を売るためだったそうです。 翌年の1971年4月、 小柳ルミ子さんが18歳の時、「みんなの恋人」というキャッチフレーズで「わたしの城下町」をリリースし歌手デビュー。 同曲は130万枚以上の大ヒットを記録。 1971年の年間シングルチャートの第1位となり、第13回日本レコード大賞の最優秀新人賞、第2回日本歌謡大賞の放送音楽新人賞など数々の新人賞を受賞。 同年の第22回NHK紅白歌合戦にも出場し、以降18年連続で出場。。 翌年の1972年の年間シングルチャートでも第45位にランクしました。 1972年4月、小柳ルミ子さんが19歳の時、4枚目のシングル「瀬戸の花嫁」をリリース。 同曲は80万枚の大ヒットとなり、小柳ルミ子さんのデビュー曲「わたしの城下町」次ぐヒット曲になりました。 小柳ルミ子さんは女優としても活躍し、1982年、萩原健一さん主演の映画「誘拐報道」で第6回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞。 翌年の1983年には映画「白蛇抄(はくじゃしょう)」で主演し、 第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しています。 小柳ルミ子の元旦那は大澄賢也? 小柳ルミ子さんは1989年1月に結婚。 結婚した旦那は、当時、無名のダンサーだった大澄賢也さん。 大澄賢也さんは1965年10月26日生まれで、小柳ルミ子さんの13歳年下。 結婚した時、 小柳ルミ子さんは36歳。 大澄賢也さんは23歳。 小柳ルミ子さんと大澄賢也さんの出会いは、小柳ルミ子さんのディナーショーで大澄賢也さんがバックダンサーを務めたこと。 小柳ルミ子さんと大澄賢也さんは、1988年11月末頃にディナーショーのリハーサルで初めて会い、クリスマスイブから交際が始まり、翌年の1月6日に交際期間14日で結婚するという、スピード婚だったそうです。 交際は大澄賢也さんの告白から始まり、プロポーズをしたのも大澄賢也さんだったそうです。 結婚披露宴の費用は総額3億とも言われました。 結婚を申し込んだことについて大澄賢也さんはトーク番組「じっくり聞いタロウ」に出演した際に、 「業界の経験も少なかった」 「紅白歌合戦でバックで踊って、不思議な高揚感があった」 「今思えば、ある意味、冷静な自分というものは見失っていたのかもしれない。 でも、それだけ走れたんですよね」 と話しています。 小柳ルミ子さんと大澄賢也さんは結婚11年目の2000年に離婚。 約3年の別居生活があり、実際の結婚生活は8年程だったそうです。 離婚の原因・理由については明確に語られていませんが、大澄賢也さんは前述の番組に出演した際に、「いろんな原因があるんですよ」と、前置きをしたうえで、 「23歳から34歳の間にいろんな仕事をして、『俺がやるんだ』『俺が守るんだ』という意識なっていった」 と話しています。 小柳ルミ子はサッカー好き? 小柳ルミ子さんはサッカーファンとして知られ、 年間2190もの試合を観戦するそうで、小柳ルミ子さんのブログにも「ルミ子の勝手にサッカー学」と題したサッカー関連記事も多く投稿されています。 小柳ルミ子さんがサッカーにハマッたのは2002年の日韓ワールドカップからだそうで、それからずっと、観戦記を付け続けて、そのノートは100冊を超えるそうです。 小柳ルミ子さんはその知識を買われ、2017年には副音声ながら、「浦和-ドルトムント」戦の解説を担当しています。 選手はアルゼンチン代表フォワードのリオネル・メッシが大好きで、TBS系のバラエティ番組「有吉ジャポン」の企画でリオネル・メッシと対面した際には号泣したそうです。 小柳ルミ子さんは当時、18歳でした。 小柳ルミ子の現在は? 小柳ルミ子さんは現在も歌手、女優、タレントとして活動しています。 第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した小柳ルミ子さんですが、女優の仕事はドラマなどには数年に一度出演しているだけのようです。 歌手としての仕事が多くは、毎年全国各地でコンサートやディナーショーを 開催しているようです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

小柳ルミ子は宝塚音楽学校を首席で卒業?歌劇団の同期は?若い頃のかわいい画像有!

小柳 ルミ子 宝塚

小柳ルミ子の若い頃画像 小柳ルミ子さんは、1952年7月2日福岡県福岡市早良区で生まれました。 小柳ルミ子さんの母親は小さい頃から娘を歌手にさせたいという夢をもっており その期待から日本武芸・クラシックバレエ・ジャスダンスやタップダンスなど計8つも習い事に通っていたんですよ。 そして中学卒業後、小柳ルミ子さんはその期待からか宝塚音楽学校に入学し それ以降毎日朝9時~夜10時までと寮の門限すれすれまで学ぶという多忙な年月を過ごしていったんです。 ここで生涯の友人となる当時先輩の梓みちよさんと出会い在学中に歌手になりたいと打ち明けました。 ちなみ歌手として所属を希望したのが渡辺プロダクションであり、 渡辺プロ側も「宝塚学校を首席で卒業したら歌手としてデビューさせてあげる。 」と回答したんですよ。 なんと、小柳ルミ子さんはその言葉通り1970年(昭45年)に宝塚音楽学校を首席で卒業したんですよ、すごすぎますね! ちなみに、歌手デビューは約束されたのですが、せめて宝塚女優として初舞台は踏みなさいと言われ、 そのまま「夏川るみ」という芸名で宝塚歌劇団に約2か月間入団しました。 その後は退団し、そのまま歌手という職業につきます。 当時、宝塚歌劇団で活躍していた若い頃の小柳ルミ子さんの画像をのせておりますのでご覧ください。 女優&歌手デビュー! 小柳ルミ子の若い頃画像 宝塚歌劇団を退団した年、歌手デビュー前に顔を売る為NHK連続テレビ小説「虹」で女優として芸能界にデビューした小柳ルミ子さん、 翌年にはワーナー・ブラザーズ・パイオニアの邦楽部門初の歌手として契約したんです。 そして作曲家である平尾昌晃さんプロデュースの元「わたしの城下町」で歌手デビューを果たしました。 なんとこのレコード・・160万枚の大ヒットとなり、さらにオリコン年間シングル売上チャートで第一位を記録し その結果第13回日本レコード大賞最優秀新人賞をも獲得したんですよ。 芸能界デビューしたての小柳ルミ子さんの画像を載せておりますがめちゃくちゃ綺麗ですね。 1970年代前半を代表するアイドル時代! 小柳ルミ子の若い頃画像 女優・歌手として芸能界デビューを果たした小柳ルミ子さん。 若い頃から美しすぎる容姿、そしてすばらしい歌唱力を持ち合わせていたのですぐさま話題となり、 当時同じく人気があった天地真理さん・南沙織さんと共に「三人娘」と呼ばれる1970年前半を代表するアイドルになったんです。 ちなみに1972年(昭和47年)にリリースした「瀬戸の花嫁」という楽曲は、第3回日本歌謡賞を受賞したのでした。 若い頃から宝塚学校で学び首席として卒業した小柳ルミ子さん、さすがですね! ここでは、三人娘と呼ばれていたアイドル時代の小柳ルミ子さんの画像を載せておりますが 三人ともめちゃくちゃかわいい、こんな綺麗で可愛い三人組がいたなんてびっくりです! 小柳ルミ子の若い頃画像 アイドル路線で歌手活動をしていた小柳ルミ子さんなのですが1970年代後半~1980年前半に入ってからは、 持ち前の歌唱力を生かし正統派歌手として活動を開始するためアイドルというジャンルを卒業しました。 「冬の駅」「星の砂」「お久しぶりね」など正統派歌手として活動しはじめてすぐヒット曲を飛ばしました。 当時歌手してどのくらい活躍していたかをご紹介しておくとなんとデビューしてから1988年まで NHK紅白歌合戦に18年連続出場という実績を残すくらいなんですよ!すごいですよね。 ここでは、正統派歌手の小柳ルミ子さんの画像を載せておりますが たしかにアイドル時代と比べると雰囲気が違いますね、どこかクールな感じがしませんか? 現在までの活躍とは! 小柳ルミ子の若い頃画像 若い頃から宝塚に歌手・女優と様々な分野で活躍してきている小柳ルミ子さん。 2010年には芸能生活40周年記念パーティー(誕生日会を含め)を開催し親友や芸能関係者など なんと700人が集まるくらい盛大に行われたんですよ。 小柳ルミ子さんがどのくらい周りから愛されているかが分かりますよね。 また2014年には大人の女性が身に着けるのに相応しいエレガントで華やかなハイジュエリーを企画した ブランド「dancequeen」をプロデュースして販売するなど、芸能界とはまた違った分野でも活躍しているんですよ。 現在活躍する小柳ルミ子さんの画像を載せておりますがやはり若い頃から変わらない美しさです。 まとめ 今回は、小柳ルミ子さんについて若い頃に活躍していた宝塚歌劇団時代から現在までの画像を交えながら 振り返っていきましたがいかがでしたでしょうか。 こうやってふりえっていくと本当に小柳ルミ子さんは様々な場所で活躍してきたことがわかりますよね。 そして本当に若い頃から現在までうつくしさは一切衰えていないとこもすごいです。

次の