エクセル 行 削除 ショートカット。 Excelショートカットメモ:行や列の挿入と削除

【Excel エクセル】行・列の挿入、削除のショートカットキー

エクセル 行 削除 ショートカット

1行飛ばしで行を削除する方法 では、やってみます。 まず隣の空いたセルに 「1」と「2」を入力します。 項目は抜かした データ部分の最初から、 セルを分けて入力します。 簡単に説明すると、 「1」の場所が残しておきたい行で 「2」の場所が削除したい行という意味です。 これを繰り返し設定すれば使えそうですね。 今入力した2つのセルを選択します。 必ず 2セルを選択してください。 オートフィル機能を使用して、空白行が存在する行まで 下にコピーします。 最後に集計行などある場合は、そこまでコピーしないように注意しましょう。 そのままだと連続番号でコピーされるので、すぐに右下に表示された [フィルタオプション]を押して、[セルのコピー]をクリックしましょう。 すると、「1・2」が連続でコピーされます。 ちなみに、 「Ctrl」キーを押しながらオートフィル機能でコピーすると、最初から連続番号ではなく「1・2」が繰り返しコピーされます。 これで、残しておきたい行には「1」、消したい行には「2」が入力されたことになります。 それぞれをまとめるために データ全体を選択します。 最初の項目名の場所など、データと関係ない場所は選択しないように注意してください。 ここから操作が分かれます。 結果は同じになるのですが、並び替えを使用する方法と、フィルター(抽出)機能を使用する方法2つを紹介します。 並び替え機能を使ったやり方 並び替え機能を使用して、残したい「1」のデータと「2」のデータをひと固まりに、まとめてしまいます。 連続番号を振った「G列」で並び替えたいので、[最優先されるキー]には、最後に表示された (列G)を選択します。 (列G)が選択されたのを確認して、 [OK]をクリック。 データの並び替えが行われ、「1」のデータが上に「2」のデータが下に移動しました。 後は、削除したい「2」のデータ行を 行番号の上をドラッグして行選択して、 右クリックのショートカットメニューから[削除]。 余計な行が削除されてスッキリしました。 さらに、もう必要無くなった右側の 「G列」も削除です。 これで作業終了です。 フィルター機能を使ったやり方 フィルター機能とは、抽出機能のこと。 削除したい「2」の行だけを抽出して削除します。 赤枠の場所に注目。 「2」にだけチェックを入れたいので、 他の場所のチェックを外します。 設定できたら [OK]をクリック。 一瞬、全て消えたように見えますが、「G列」を見ると「2」の行だけが抽出されているのが分かります。 また、左の行番号を見ると、番号が飛び飛びになっていて、他の場所が隠されているだけなのも分かりますね。 では目の前にある行を削除しましょう。 行番号の上をドラッグして、行選択してから 右クリック。 ショートカットメニューから [削除]です。 あれ?また消えた? いえ、必要無い行が消えただけです。 フィルター機能を解除しましょう。 フィルター設定時と同じ場所 [並び替えとフィルター]ボタンをクリックすると、[フィルター]の場所が押された状態になっています。 この場所を もう一度押すと、 フィルターは解除されます。 隠されていたデータが元に戻りました。 後は、もう必要無くなった右側の「G列」を 列番号の上で右クリックして[削除]。 作業完了です。

次の

[039496]ショートカットキー一覧(文字の挿入・削除)

エクセル 行 削除 ショートカット

「必要な部分だけを表示したいのに、望んでいる結果が得られない」 「マウスで一つずつ行を削除していて、大変…」 「条件に一致するデータを抽出したい」 という悩みはありませんか? ここでは、企業でパソコン講師を務めた私が、必要な行だけを残して、不要な行を処理する方法を紹介します。 手動でサッとやる方法から自動で一気に処理する方法まで、使いどころも含めて、紹介していきます。 ぜひ読んで実践してみてください。 なお、エクセルマクロを使って自動化する方法も紹介します。 エクセルマクロを使えば、ボタン一つで不要な行を削除できます。 ただ、マクロとかVBAと聞くと、「よくわからない…」という方も多いはず。 このブログの中で、エクセルマクロVBAについても記事を書きましたので、あわせてお読みいただくと、より理解が深まるでしょう。 不要な行を消したい|データが少ないなら、この2つ ショートカットキーを使う方法を2つ紹介します。 マウスを使うより、断然ラクに不要な行を削除できるようになります。 使いどころ ここで紹介するのは、手動で効率よく削除していく方法です。 ですので、削除したいデータの行数が10~50行程度です。 それを超える行数の場合は、後述していますので、そちらをご覧ください。 削除法1|行をショートカットキーで消す マウスを使うより、ショートカットキーを使うとラクに行を削除できます。 まずは、ショートカットキーで行を削除する方法から紹介します。 使いどころ 対象となるデータの行数が10~20までは、この方法は効果を発揮します。 しかし、行数が増えると面倒になってきます。 単純作業で、ミスも増えてしまうので、対象が20行を越えるなら、他の方法を試しましょう。 削除法2|マクロで一行ずつ削除する| カンタンに作れるマクロを設定して、不要な行を1つずつ手動で選択しつつ、不要な行を削除するやり方です。 マクロの設定は、以下のコードを使います。 Row Rows i. Select Selection. たとえば、セルB8を選択していたら、8行目を1行分削除。 セルC11を選択していたら、11行目を1行分削除します。 このマクロにショートカットキーを割り当てることで、キーボードだけで削除できるようになります。 ショートカットキーを割り当てる方法はコチラの記事で紹介していますので、合わせて読んでみてください。 紹介しているのは、あくまで目視で確認しながら、削除する方法です。 行数が多い場合は、おすすめしません。 不要な行を「まとめて」一括削除したいときの方法4つ 不要な行を一気に削除したい場合は、ここで紹介する方法を試してみてください。 ただ、あなたが削除したい条件に応じて、「いいやり方」と「わるいやり方」があります。 ぜひこのまま読みすすめていって、あなたに適した方法をチョイスしてみてください。 一括削除1|重複した行だけを削除したい|「重複の削除」を使う 「重複の削除」という機能を使って、削除する方法です。 「重複を削除したい」には、これがオススメです。 たとえば、行ごとに列Bと列Cに含まれる値を比較して、一致している行があれば、削除することが可能です。 手順は以下 [1] セル範囲を選択 [2] 重複の削除を選択 [3] 列Bと列CのチェックボックスをONにする ここでは、列B:カテゴリー、列C:キーワード [4] OKを押す 動画での解説 無音なので、音を気にせず再生できます 使いどころ この方法は、チェックをいれた箇所が完全に一致しないと削除されません。 たとえば、「ABC」と「ABCD」は一致しないので、削除対象になりません。 このように部分一致も削除したい場合は、あまり使えません。 一括削除2|条件にあった行を削除したい|フィルターを使う フィルターとは、条件に合致したものだけを表示する方法です。 フィルターを利用して、不要な行を削除する方法を紹介します。 すると、削除したい行が除去されたデータに作り替えることができる。 というカンジです。 具体的な手順は以下の通りです。 [1] フィルター機能を付ける [2] 削除したい条件だけを表示 [3] 表示された行を削除 [4] フィルターの条件をもとにもどす 動画での解説 無音なので、音を気にせず再生できます 使いどころ データの中で、特定の条件だけを削除したい場合にかなり効果を発揮します。 しかし、フィルターでの抽出は、単語だけに適応されるので、色のついた部分だけを削除したい場合、セルの中の一部の単語が含まれる場合だけを削除したい場合は、使えません。 そういった場合は、次の方法をオススメします 一括削除3|条件を細かく振って削除|マクロVBAで一括削除 マクロで自動化する方法です。 マクロってなに?と思われた方は、こちらの記事で詳しく紹介していますので、あわせてよんでみてください。 では、具体的なやりかたを紹介します。 Value "仕事" Then Rows i. Select Selection. ここでは、B列に"仕事"が含まれるときだけ、削除するコードを紹介しています。 しかし、「AかつB」、「AもしくはB」といった条件で処理したい場合もありますよね。 そんなときは、if を上手に使えば、コードを自分流にアレンジ・編集できます。 エクセルマクロVBAのifについては、以下の記事でまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。 いくつかやり方を紹介してきましたが、マクロでの自動化がもっともオススメです。 理由は、この3つです。 理由1. 膨大なデータ 10000行 があっても、処理が数秒で終わる 理由2. 細かい条件設定ができる "仕事"が含まれるものを削除できる。 つまり"仕事 術"も削除するようにできる、部分一致も削除可 複数の条件を入れ込める 理由3. 一度、設定すれば、次からはボタンを押すだけ ぜひ、マクロを使えるようになることをおすすめします。 一括削除4|フィルター機能とマクロの自動記録で高速削除 実は、削除法5で紹介したコードで処理する場合、厄介な場合があります。 それは、処理する行数が10000行を超えると、数十分程度かかることです。 理由は、マクロでselectを使うと、処理に時間がかかってしまうからです。 ですので、もし、処理したい行が10000行を超える場合は、削除法4で紹介した「フィルター」で削除する方法を「マクロの自動記録」で記録すると、高速処理できるようになります。 マクロの自動記録について、詳しく知りたい場合は、こちらので解説していますので、あわせてよんでみてください。 おまけ|スクロールバーが短いなら、不要な行を削除して対処 エクセルのスクロールバーを見ると、短い。 データは100行もないのに。 おかしい… と感じたことはありませんか?これは、このまま放置しておくと、ファイルが重くなって、処理が重くなってしまいます。 「不要な行を非表示にしたい」ときの方法4つ 「不要な行を非表示して、見えないようにしたい!」。 そんなときは、今から紹介する方法を試してみてください。 非表示1|ショートカットキーで非表示にする ショートカットキーを使う方法を紹介します。 削除できます。 マウスを使うより、ラクに非表示にできます。 画像の通り、複数行を同時に非表示にすることも可能です。 使いどころ 手動なので、10~50行程度までの対処にとどめましょう。 それを超える行数なら、後述の方法を試しましょう。 同様の手順で、[3]で「再表示」を選択すると、非表示の行を再表示できます。 非表示2|マクロのショートカットキーで非表示にする マクロをショートカットキーに割り当てて対応することも可能です。 その場合は、こちらのコードを登録しましょう。 メリットは、単純にショートカットキーだけで対応するより、キーボードを触る回数が減るので、早くなります。 EntireRow. これにショートカットキーを割り当てることで、キーボードだけで削除できるようにします。 ショートカットキーを割り当てる方法はコチラの記事で紹介していますので、合わせて読んでみてください。 非表示3|フィルターで条件にあった行を非表示にする こちらは、条件に合致した行だけを非表示にする方法です。 数百行以上あるなら、この方法がオススメです。 具体的な手順は以下の通りです。 [1] フィルター機能を付ける [2] 非表示にしたい条件だけを表示 [3] 表示された行を非表示にする [4] フィルターの条件をもとにもどす では、一つずつ順を追って、説明します。 [1] フィルター機能を付ける 一番上の行に、フィルターを設置します。 [2] 非表示にしたい条件だけを表示 フィルターを利用して、非表示にしたい行だけを表示させます。 [3] 表示された行を非表示にする 表示された行をすべて選択して、非表示にします [4] フィルターの条件をもとにもどす フィルターの設定を解除すると、非表示に設定した行は、表示されません。 フィルターを使うと、カンタンに処理できるので、ぜひ試してみてくださいね。 非表示4|マクロで一括非表示 マクロを利用して、一括で自動処理する方法です。 マクロってなに?と思われた方は、こちらの記事で詳しく紹介していますので、あわせてよんでみてください。 では、具体的なやりかたを紹介します。 ここでは、10000行あるデータの中で、B列に仕事が含まれるものを非表示にする方法を紹介します。 Value "仕事" Then Rows i. Select Selection. EntireRow. そんなときは、if を上手に使えば、コードを自分流にアレンジ・編集できます。 エクセルマクロVBAのifについては、以下の記事でまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。 不要な行をグレー 灰色 に色付けして暗くしたいときの方法3つ 不要な行を灰色にして、見分けがつくようにしたいときってありますよね?ここでは、 カンタンに行の色をグレーに変更する方法を紹介します。 色付け1|ショートカットキーで色付け エクセルでセルの背景色をグレーに変更しようとすると、意外とメンドウです。 そこで、 選択しているセルを灰色にするマクロをショートカットキーに割り当てる方法を紹介します。 これを設定しておけば、キーボードを触るだけで、灰色に変更できます。 もし、この方法を使ってみたいなら、こちらのコードを登録しましょう。 Sub R灰色 Dim r As Range For Each r In Selection r. Interior. 色付け2|マクロで一括でグレーに色付け マクロを利用して、条件に合致した行をグレーにする方法です。 具体的なやりかたを紹介します。 ここでは、2行~10000行のデータの中で B列に仕事が含まれていれば その行のA~Fまでを灰色にする というコードを紹介します。 Interior. しかし、他の条件に書き換えたい場合もありますよね。 そんなときは、ifの部分を変更すれば、コードをアレンジ・編集できます。 エクセルマクロVBAのifについては、以下の記事でまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。 色付け3|プルダウンで選択したものをグレーにする ここで紹介するのは、対応が完了したものをプルダウンで選択して、行を灰色に変更する方法を紹介します。 プルダウンとは、以下のような選択形式のものを指します。 もし必要であれば、以下の方向性でエクセルを設定してみてください。 row If Target. Interior. Interior. Interior. しかし、条件付き書式は、エクセルが重くなるので、オススメしません。 「新しいファイルに必要データだけをうつす」ほうが便利 不要な行を処理するより、新しいファイルに必要なデータを移すほうが何かと便利です。 その理由は、以下の3つです。 ・ファイル名と中身が一致しなくなる ・データファイルが重くなり、破損する危険がある ・不要な行を削除すると、データの復元が分からない ですので、 新しいファイルに必要なデータを移すほうが何かと便利です データ量が多くても、マクロの自動記録を使えば、そこそこ使えるものが作れます。 マクロの自動記録に利用方法が知りたい方は、こちらの記事で紹介していますので、ぜひ合わせてよんでみてくださいね。 注意|不要な行を削除する前に、気を付けること 不要な行を削除する方法、非表示にする方法をいくつかの方法があります。 データ数や、削除する条件によって、やりかたを選択できるようになると、速度が上がります。 どんどん試して、仕事のスピードを上げていっていただければ、うれしいです。 しかし、不要な行を削除する前に、気を付けることがあります。 それは、 元に戻す方法を覚えておくことです。

次の

Excelの行と列を削除するショートカットキー(Win/Mac)

エクセル 行 削除 ショートカット

ショートカットキー• また、引いた『取り消し線』を削除するのも、同じ『CTRL』+『5』を使います。 ただし、 テンキーの5は使えないので、キーボードの『T』の上にある『5』を押してください。 文字や数字が入力されているセルを選択して、このショートカットキーを使うわけですが、複数のセルを選択して、 一括で『取り消し線』を引くことも可能です。 また、空白(スペース)しか入力されていないセルでも、このショートカットキーで取り消し線を引くことはできます。 エクセルの取り消し線は赤くしたり二重にはできない 取り消し線の注意事項• 取り消し線は色指定ができない(文字と同じ色にしかならない)• 取り消し線は太くできない• Wordのような『二重取り消し線』はエクセルにはない。 ただし図形で代用可能。 複数のセルをまたいで『取り消し線』を引いても、一本のまたいだ取り消し線にはならない この中でも、『取り消し線に色をつけたい』という利用者の要望が、エクセルの前のバージョンからあるようですが、未だに対応されていません^^ なので、 取り消し線を赤くしたりすることはできません。 どうしても、『取り消し線だけに色をつけたい』をつけたい場合は、図形(オートシェイプ)の赤い線を作って、文字の上に重ねる方法しかありません。 ちなみに、Wordでは複雑な手順ですが、取り消し線に色をつけることはできます。 また、二重取り消し線もWordで引くことは可能なので、取り消し線に色をつけたいとか二重取り消し線を使いたい場合は、Wordを使うしかありません。 下の画像は、Wordの取り消し線です。 エクセルで赤の二重取り消し線を図形で作ってみる エクセルの書式設定には二重取り消し線はないですが、図形を使って二重取り消し線を作ることは可能です。 これから、 赤の二重取り消し線を作る方法を紹介します。 まず、図形(直線)の挿入。 この時に、マウスが十字になるので『SHIFT』キーを押しながら水平方向にドラッグすればきれいな水平直線が作成できます。 次に、直線の色を赤に変更します。 これで、直線の色が赤に変わります。 次に、作成した直線から2つ目の直線をコピーします。 直線を『CTRL』+『SHIFT』キーを押しながらドラッグして、下の方(垂直方向)にちょっとだけずらして、ドロップします。 これで、二重取り消し線が完成します。 このままでもいいんですが、2つの直線をグループ化すると、コピーや移動が簡単になるのでグループ化してみます。 この状態で、作成した二重線を囲むようにドラッグします。 あとは、取り消したい文字の上にグループ化された直線を選択して移動なりコピーなりで上に重ねれば二重取り消し線の完成です。 取り消し線のボタンをクィックアクセスツールバーに追加する 取り消し線のボタンは、標準ではリボンに用意されていません。 ショートカットキーではなく、 ボタンで取り消し線を引きたい場合は、クィックアクセスツールバーに取り消し線のボタンを追加すれば、ボタン1つで取り消し線を引くことができます。 クィックアクセスツールバーにボタンを追加する方法は次の記事に詳しく書いているので、参考にしてください。

次の