今後ともよろしくお願いいたします。 【定型文あり】「今後とも」の意味と正しい使い方、類語や英語表現を解説!

「今後とも」の意味・使い方と例文

今後ともよろしくお願いいたします

今後とも。 今後ともお付き合いの程よろしお願いします。 今後ともお引き立てのほうよろしくお願いいたします。 今後ともご愛顧(ごあいこ)の程よろしくお願いいたします。 今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。 「お引き立て」や「」は、「する」という意味の丁寧な表現で、常日頃からお世話になっていたり、よくしてもらっている相手に対して使う言葉です。 例えば、取引先の会社がいつも自分の会社の商品を注文してくれているという場合などは、「これからもどうぞうちの商品をご贔屓にしてくださいね。 」というニュアンスを込めて挨拶しましょう。 また、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」は、特に上司や社長さんなどビジネス上での先輩、指導をしてくれている人に使います。 上司などにも「今後ともよろしくお願いします。 」と使うことはできますが、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」の方が、より丁寧な言い方です。 2-2.結びの言葉(手紙を締めくくるための言葉) 「今後とも」は、口頭でも使う言葉ですが、手紙やメールなどの書き言葉として使われることが多く、一番最後の結びの言葉として使われます。 本来、ビジネスメールや丁寧な手紙文書などは、初めの挨拶と終わりの挨拶を入れるのが基本です。 初めの挨拶は「いかがお過ごしでしょうか」や「はありがとうございました。 」など、過去や現在のことに触れた挨拶をします。 そしてメール・手紙の本題に移り、 最後に「今後とも」というフレーズで、これからの未来もよろしくお願いします、というように結ぶと非常にスムーズな流れ。• 1回だけのお付き合いの相手には、「 また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。 」などといった「次回またお付き合いすることがあれば」というニュアンスで締めましょう。 」と締めるのは非常に違和感があります。 相手によっては、今回のミスをに受け止めていないのではないか、と不快な思いをさせてしまう可能性もあるので、使わないようにしましょう。 トラブル対応などで迷惑をかけている時には「 この度は大変でした。 」「 重ねて。 」など、しっかり反省していることを伝えるフレーズにしましょう。 また、問題などが既に解決した時には、「この度は誠にありがとうございました。 」など感謝の気持ちを伝えることも大切です。• これから先も仲良くしていこう。 将来的にもいい関係が気づけたらいいと思っています。 以後も同様の手順で進めることとします。 ビジネスのメールや挨拶などではこれらの類語よりも 「今後とも」の方がフォーマルな言い方で使いやすいですが、「今後とも」を使うとかえって不自然になる場合もあります。 そんな時は、同じニュアンスで使える類語を使ってみてください。 4.「今後とも」の英語表現 英語で「今後とも」と表したい時には、 continued(引き続いた)のワードを用いることが多いです。 ビジネスメールの締めのフレーズとして、「今後ともよろしくお願いいたします。 」をそのまま直訳した英語はありません。 しかし、同じようなニュアンスで書きたい時には、以下のフレーズを使うことができます。

次の

「今後とも」を使ったビジネスメールの結びの挨拶例文

今後ともよろしくお願いいたします

A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. <そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?> 正しくないとは言えないと思います。 「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、 「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞 「に」:時を示す格助詞 という働きをしています。 このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。 例: 「にて」「とも」「ども」「ば」など ご質問文は述部が省略された口語表現です。 本来は 「ご参考までに(目を通して下さい)」 といった、動詞句が省略されています。 口語(話言葉)では、リズムやテンポ、語呂を整えるために、わかりきった動詞、長い述部を省略して明確に要件が伝わるようにすることがあります。 例: 「また明日(会いましょう)」 「それではまた(お会いしましょう)」 「お陰様で(元気です)」 また文語(書き言葉)でも、こうした省略が起こることはあります。 例: 「友情のしるしに」 「感謝の気持ちを込めて」 「に」「て」はそれぞれ格助詞・接続助詞ですが、この場合は、テンポというよりは、「粋」な締めくくりを意図しての省略用法になると思います。 以上のように、こうした省略用法は、素早く要件を伝えるため、粋な表現のために工夫された、言葉の便宜上の用途ですから、正しくないとは言えません。 「便利な語法」として、TPOや必要に応じて使い分ければいいと思います。 特に敬意を払う相手に対しては、口語での省略表現は失礼にあたることがあるので、語尾まで敬語で修辞した方がいいでしょう。 例: 「ご参考までにお目通し下さい」 「ご参考までにご拝読下さい」 ちなみに、私もこのサイトでの回答の末尾に「ご参考までに」「ご参考になれば」といった助詞止め表現をよく使います。 この省略には、一種の謙譲(献上?)の気持ちを込めて使っております。 この省略の背後には、「お役に立てるかわかりませんが、ご参考程度にしていただければ幸いです」という謙譲の意味が込められています。 ただこのような長い文章をだらだら書いて、余計な装飾文にするのを避けた、一種の配慮と思っております。 以上ご参考までに。 (笑) はじめまして。 <そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?> 正しくないとは言えないと思います。 「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、 「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞 「に」:時を示す格助詞 という働きをしています。 このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。 例: 「にて」「とも」「ども」「ば」など ご質問文は述部が省略された口語表現です。 本来は 「ご参考までに(目を通して下さい)」 といった、動詞句が... A ベストアンサー ご理解なさっている内容で間違いありません。 が、もし言葉の読み方や意味で悩んだら、一度辞書で調べてみては、と思います。 ネット上でもyahoo辞書などがあり、十分調べられます。 「旨を伝える」ですが、「伝える」の意味はご存じのようですから、 「旨」を調べてみて下さい。 ネットなら読み方が分からなくてもコピー&ペーストでいけますね。 「旨」は(述べたことの)中心や趣旨となります。 単に中心という意味もありますし、質問者様のおっしゃるように「内容」という意味もあります。 ですから、例えば電話を受けていた人が「上司にその旨を伝えます」と言っていたら、電話の相手の言っていた内容を上司に伝えるということですね。 Q こんにちは。 ある方にお礼状を書きます。 その中で、連絡が迅速だったことに対しての御礼の一文を入れたいです。 」 です。 でも違和感が…。 「ご連絡をする」は謙譲表現ですよね。 そこにプラス「いただく」とするのはおかしいような気がします。 どうでしょうか? 他に候補として思い浮かんだのは 「迅速にご連絡いただき」 「迅速な(に)ご連絡をいただき」 「迅速にご連絡くださり」 「迅速な(に)ご連絡をくださり」 です。 過去ログで「くださる」と「いただく」の違いも見たのですが、いまいちわかりません。 どう書けばいいでしょうか? A ベストアンサー 二重敬語という言葉をご存知でしょうか? 一つの文の中で、一つの対象物に対して用いる敬語は一つでよい、というものです。 」の場合ですと、『ご連絡』と『いただき』が敬語に当たります。 ここはどちらか一つで良いのです。 で、次にどちらの敬語を残すか?が問題となってきます。 名詞の頭に「お」や「ご」は付けないのが、本来の敬語の在り方です。 」とするのが、作法にかなった敬語表現となります。 」くらいの簡潔な表現が好みです。 ただし、すでにテレビのアナウンサーや新聞、雑誌でさえ、二重敬語が当たり前のように使われるようになってきました。 (特に皇室報道では、三重敬語、四重敬語が頻出しています) 正しい敬語がすでに死語となりつつありますので、使うのは今のうちかもしれません。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー 私個人の感覚では、それは漢字が多すぎる気がします。 つまり、いかにも取ってつけたようなというか、わざとらしいと受け取られる危険がないともいえないような気がします。 むしろ、素直に 「よろしくお願いいたします」 くらいの方が好感が持たれるかもしれない。 「有難う御座います」 に至っては、「どうせワープロで漢字変換できるから漢字にしただけだろう」 という受け止め方をされるかもしれない (もちろん、いちいちそんな意地悪なことを考えるものかどうかは疑問ですけれども、あえて意地悪な受け止め方をすればの話です)。 「ありがとうございます」 というように仮名で書くと、言葉がそのまま聞こえてきそうで、和語のやわらかさがあり、好感の度合いは高くなるのではないかと思います。 もちろん、漢字にして悪いというわけのものではありませんし、あまりにも仮名ばかりだと、読みづらいという場合もあるでしょう。 ただ、挨拶の言葉ですから、そのあたりはやわらかく表現されてもいいんではないかな、という気がします。 Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. A ベストアンサー No. 4再補足します。 各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。 各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。 または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。 フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の 使い方といえるでしょう。 以上がコメントです。 結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、 関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。 個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか 「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは 「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。 個人的こだわりです。

次の

中国語で「よろしくお願いします」をなんと言う?

今後ともよろしくお願いいたします

「今後とも」の意味 「今後とも」とは「これからも」「この先も」「今この瞬間の後も引き続いて」という意味です。 「今後」の「今後」が指しているのは「これから先」という時間のことで「とも」という部分で「今と変わりなく」「これまでのように」ということを表しています。 そのため「今後とも」という言葉で表されるのは「時間」と「その内容」です。 「今後とも」は一般的には「とも」と平仮名で書きますが「今後共」と漢字で書いても間違いではありません。 しかしほとんどの場合「とも」は平仮名で書かれるため「今後共」だと違和感があり、何か違う言葉なのかと相手が考えてしまう可能性があります。 手紙やメールなどで使う場合は「今後とも」と書いた方が誤解がないでしょう。 「今後とも」の使い方 ビジネスで使われる「今後とも」 「今後とも」という言葉はビジネスの場面で頻繁に使われています。 目上の方や取引先の方に対して「これまでと変わりのないお付き合いをお願いしたい場合」などに「今後ともよろしくお願いいたします」と伝えます。 ビジネスで「今後とも」が使われるのは、主に会話の終わりや手紙・メールの締め文です。 用件を話し終わった・書き終わった後に「それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます」などとして会話や文章を終えます。 「今後ともよろしくお願いいたします」という言葉はビジネスの場面では定型文のようなもので、具体的に「何を今後ともよろしくなのか」ということについては明言しないことがほとんどです。 しかし「今後とも~」と言った方も言われた方も特に深い意味として捉えることはないので、問題ありません。 もちろん、何かこれからお願いしたいことを話し合った後や、文字で示した後に「今後ともよろしくお願いします」と使うこともあります。 多いのは契約の締結時や、新しく取引や関係が始まるときです。 お互いの意思を確認した上で、問題がなさそうだと思えば「それでは、今後ともよろしく」という言葉で、これから先の関係についてお願いするニュアンスを持たせて使います。 ビジネス以外で使う「今後とも」 「今後とも」という言葉はビジネス以外の場面でも良く使われています。 近所付き合いや、友人関係、何かのコミュニティでの関係など、そのシーンはさまざまです。 使い方としてはビジネスの場合とほぼ同じで「これからもよろしく」という意味で「今後ともよろしく」と使われることが多いでしょう。 ビジネス以外の場面での「今後とも」は比較的フランクに使われることもあり「じゃあ今後ともよろしくね」などと砕けた言い方をすることもあります。 「今後とも」という言葉自体は目上の方にしか使えない表現ではないため、「今後とも」以外の部分を変えることでどんな立場の方にも使うことが可能です。 「今後とも」は「よろしく」以外とも使える 「今後とも」と言えば「よろしく」と多くの人が連想できるほど「今後ともよろしく」という言葉は頻繁に使われています。 しかし「よろしく・よろしくお願いします」以外の言葉も「今後とも」と併せて使われています。 「今後ともお引き立てのほどお願い申し上げます」「今後ともご指導のほどお願いいたします」「今後とも末永いお付き合いのほどお願い申し上げます」などです。 「今後とも」の後に来るのは、話している側が「これから先も相手にお願いしたいこと」であればどんな内容でも構いません。 「今後とも」の類語 「これからも」 「今後とも」の類語としてとてもシンプルに使えるのが「これからも」です。 「これからも」という言葉は「今以降も」という意味で、現状が継続する様子を表します。 「今後とも」と言うと、やや固い印象がありますが「これからも」だと適度にやわらかい印象として受け取ってもらいやすいでしょう。 ビジネスの場でも自分の同僚や部下などに対して使うのであれば「これからもよろしく頼むよ」「これからも頼りにしてるから」など自然な言葉とすることができます。 目上の方にも「これからも」は使えないわけではなく「これからもご指導のほどお願いします」などと使っても特に失礼にはなりません。 ただし、相手が目上の方の場合は人によって受け取り方が異なり、中には「これからもという表現は少し子どもっぽいな」と思う方もいるかもしれません。 相手によって「これからも」を使って良いのかを考えてから使った方が良いでしょう。 「引き続き」 「今後とも」とほぼ同じ温度で使えるのが「引き続き」です。 「引き続き、どうぞよろしくお願いいたします」などと使い「今のこの状態がこれからも続く」ということを「今後とも」よりもやや具体的に相手に伝えます。 「引き続き」は「今後とも」に比べると「何が引き続くのか」ということが明確な場合が多いです。 相手と今まで話していたことについて、これからも続けていくという意味で使われます。 「今後とも」の例文• 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」• 「今後ともお引き立てのほどお願いいたします」• 「今後ともご指導賜りますようお願い申し上げます」• 「今後とも末永いお付き合いのほどお願い申し上げます」• 「今後とも精一杯努力いたします」 スポンサードリンク.

次の