お手数おかけしますが、。 「お手数ですが」「お手数おかけしますが」の意味と使い方

「お手数をおかけしました」の意味や使い方を解説【お礼のメール例文】

お手数おかけしますが、

「お手数をおかけしますが」とは、「労力や時間を使わせてしまいますが」という言葉の尊敬語です。 ビジネスシーンで使うことが多い言葉で、相手が自分のためにわざわざ労力や時間を割いてくれることに対して、 お詫びと感謝の念を込めた言葉です。 「お手数」とは「時間・労力」の意味で、「おかけします」は自分が相手に対して手数を求めていることを意味しています。 「お手数をおかけしますが」の使い方と例文 「お手数をおかけします」は、「お手数をおかけしまして申し訳ありません」など謝罪やお詫びの意味で使いますが、「が」とつく場合には大抵、 相手にお願いをする意味で使います。 「お手数をおかけしますが申し訳ありません」では少し変です。 正しい例文としては、「お手数お掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします」、「お手数お掛けしますが、ご確認お願いいたします」等になります。 クッション言葉の意味もある「お手数をおかけしますが」 「お手数をおかけしますが」は謝罪やお詫びを表すだけではなく、クッション言葉として意味の使い方があります。 クッション言葉とは「恐れ入りますが」や「恐縮ですが」など、後に続く言葉の前にワンクッションを置くことで印象をマイルドに伝える言葉のことです。 ビジネス上の付き合いでは、クッション言葉により印象をぼかしたほうが円滑に進むことが多いのです 「お手数をおかけしますが」は汎用性が高い 相手にお願いをするときに、相手に対して必ずなんらかの時間・労力を使わせることが想像できます。 汎用性が高い意味の言葉なので、ビジネスシーンでは良く使われる表現です。 そういう面では意味が形骸化している言葉でもありますが、単に「よろしくお願いします」と言うよりは、「お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」と言った方が好印象を持たれやすいのです。 面接力診断で、苦手分野を見つけよう 面接では言葉づかい以外にも、 対策すべきポイントは多くあります。 たった一つの見落としが、致命傷になりかねません。 そこで活用したいのが、です。 面接力診断は24の質問に答えるだけで、 自分の弱点をグラフで見える化できます。 ぜひ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。 「お手数をおかけしますが」の誤用に注意 「お手数をおかけしますが」は尊敬語なので、自分が相手に「手数」を求める場合に使用します。 よくある誤用としては、自分に対して使ってしまうことです。 わざわざ相手のために、自分が労力を割いてやっている、という意味になるので、大変失礼にあたります。 時間がかかることを表現するのであれば、「お急ぎのところ恐縮ですが」「大変恐れ入りますが」などの言葉を使いましょう。 「お手数をかけさせますが」という誤用にも気をつける 「お手数をおかけしますが」と間違って「お手数をかけさせますが」としてしまう誤用もしばしばあります。 お手数を「かけさせる」と言うと、相手が自分に「お手数」を求めていることになり、まったく逆の意味になります。 「~される」「~なさる」という敬語表現と混同してしまっているのが原因ですが、失礼にもあたる誤用ですので気をつけてください。

次の

「手間をかける」の敬語表現・の使い方と例文・別の敬語表現例

お手数おかけしますが、

英訳1:troubleは動詞で、「迷惑をかける」という意味なので、「面倒をおかけしてすみません」と先に謝るパターンです。 Could I ask you to... は、「~していただけますでしょうか?」という丁寧な依頼の言い回しです。 英訳2:a big askは、「相手に負担をかけたり、無理をさせてしまう依頼」を表します。 英訳3:「ご面倒をおかけしてすみません」という一言です。 その他の表現: - I know it will take some time, and I appreciate you doing it. 「ちょっと時間がかかってしまうと思います。 やっていただくことを感謝します」 - I hope it's not too much trouble. I appreciate your efforts. Thank you for your cooperation. e-mailやメッセージで最後に使えるフレーズです。 どちらかというと丁寧な言い方でビジネスライクです。 I understand this is a big ask. Thank you so much for doing this. こちらはややインフォーマルでカジュアルな感じです。 会話で言うと良いですね。 例えば、レポートと早めに終わらせてくれた同僚に: I understand it's a big ask. Thanks so much for doing this. You're a champion! ご参考になれば幸いです。

次の

お手数をおかけ致しますがよろしくお願いしますって英語でなんて言うの?

お手数おかけしますが、

「お手数をおかけしますが」とは、「労力や時間を使わせてしまいますが」という言葉の尊敬語です。 ビジネスシーンで使うことが多い言葉で、相手が自分のためにわざわざ労力や時間を割いてくれることに対して、 お詫びと感謝の念を込めた言葉です。 「お手数」とは「時間・労力」の意味で、「おかけします」は自分が相手に対して手数を求めていることを意味しています。 「お手数をおかけしますが」の使い方と例文 「お手数をおかけします」は、「お手数をおかけしまして申し訳ありません」など謝罪やお詫びの意味で使いますが、「が」とつく場合には大抵、 相手にお願いをする意味で使います。 「お手数をおかけしますが申し訳ありません」では少し変です。 正しい例文としては、「お手数お掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします」、「お手数お掛けしますが、ご確認お願いいたします」等になります。 クッション言葉の意味もある「お手数をおかけしますが」 「お手数をおかけしますが」は謝罪やお詫びを表すだけではなく、クッション言葉として意味の使い方があります。 クッション言葉とは「恐れ入りますが」や「恐縮ですが」など、後に続く言葉の前にワンクッションを置くことで印象をマイルドに伝える言葉のことです。 ビジネス上の付き合いでは、クッション言葉により印象をぼかしたほうが円滑に進むことが多いのです 「お手数をおかけしますが」は汎用性が高い 相手にお願いをするときに、相手に対して必ずなんらかの時間・労力を使わせることが想像できます。 汎用性が高い意味の言葉なので、ビジネスシーンでは良く使われる表現です。 そういう面では意味が形骸化している言葉でもありますが、単に「よろしくお願いします」と言うよりは、「お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」と言った方が好印象を持たれやすいのです。 面接力診断で、苦手分野を見つけよう 面接では言葉づかい以外にも、 対策すべきポイントは多くあります。 たった一つの見落としが、致命傷になりかねません。 そこで活用したいのが、です。 面接力診断は24の質問に答えるだけで、 自分の弱点をグラフで見える化できます。 ぜひ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。 「お手数をおかけしますが」の誤用に注意 「お手数をおかけしますが」は尊敬語なので、自分が相手に「手数」を求める場合に使用します。 よくある誤用としては、自分に対して使ってしまうことです。 わざわざ相手のために、自分が労力を割いてやっている、という意味になるので、大変失礼にあたります。 時間がかかることを表現するのであれば、「お急ぎのところ恐縮ですが」「大変恐れ入りますが」などの言葉を使いましょう。 「お手数をかけさせますが」という誤用にも気をつける 「お手数をおかけしますが」と間違って「お手数をかけさせますが」としてしまう誤用もしばしばあります。 お手数を「かけさせる」と言うと、相手が自分に「お手数」を求めていることになり、まったく逆の意味になります。 「~される」「~なさる」という敬語表現と混同してしまっているのが原因ですが、失礼にもあたる誤用ですので気をつけてください。

次の