太ももの付け根 湿疹 かゆい。 太もも

太もも・足の付け根がすっごく痒い!かゆみの原因や改善方法は?

太ももの付け根 湿疹 かゆい

二ヶ月前から、左太ももが痒くなりよく掻くようになりました。 一週間ほどで赤みが出始めたので皮膚科へ行くと 「かぶれですかねぇ?塗り薬で様子見ましょう」 ……と言われ、サイベース軟膏というモノを貰って塗っていました。 確かに塗ると、痒みや赤みは引いていくのですが、 でも、しばらくすると、忘れた頃にまた痒くなります。 【 症状 】 ・左太ももの内側だけに出来る ・四六時中痒いわけではなく、たまに無性に痒い感じ もう一回皮膚科に行こうとも思っているのですが、 おじいちゃん医師だったので、少し頼りない気もして医院を変えようとも思っています。 もし、こういった症状に心当たりがある方は教えて頂けると嬉しいです。 左太ももの内側だけに、何か特定のものが触れたりしてないですか? いつも左太もものに何か置いたり、何か触ったりしてないですか? もしくはそちらのポケットにだけ特定のもの入れたりしてません? 例えば金属やゴム、シリコンとか。 いつもはいてるズボンの左内側にだけ、金属とかシリコンが肌に触れる位置にあったりとか。 アレルギーが酷いと、布越しでも症状が出る場合もあります。 自分は猫アレルギーですが、ハーフパンツであぐらかいてるときに、 猫が足の上に乗るので、肉球が触る内腿とふくらはぎの内側にだけ湿疹ができたりします。 布団越しなら大丈夫かと思い、猫を抱っこしていたら、お腹に湿疹ができたこともあります。 左太ももだけっていうのは、限定的なので、 なにか特別触れているものがないか考えてみてはどうでしょう。 A ベストアンサー こんにちは 確認です。 これが出始めたころに、何か新しい衣類を身に着けましたか? それとも、肌が弱っていて擦れたとか・・・。 痒くないのだとすると、衣類に擦れて被れているのかもしれません。 接触性皮膚炎です。 私も腕の内側とか半そでで歩いていると、擦れて写真のようになることがあります。 ただくれは推測なので、皮膚科で診て貰ったほうが いいと思います。 ご参考になれば幸いです。 php? hifunokoto. html A ベストアンサー 私も,アトピー性皮膚炎で数回入院(2回は,紅皮症化しました=皮膚炎のもの凄い症状で,凄い痒みと疲労感,皮膚の剥脱などとても我慢できるものではありません。 全身ですから)しました。 今も,原因は不明です(アトピーの意味は,奇妙な病気=皮膚炎。 アレルギー反応が皮膚に出たのが,いわゆるアトピー性皮膚炎で,左右対称に皮膚炎の症状が出ます。 それ原因不明の以外の皮膚炎は,一般に湿疹と総称されます)が,皮膚炎の方の苦しさは,今もって痒い私には,もの凄く理解できます。 さて,回答ですが,夕方以降に多発するのなら,恐らくは慢性湿疹の可能性があります(体内の副腎皮質ホルモンは,夜間に掛けて減少していきますから)。 小さな赤い発疹ならば,虫やダニ類の可能性があります。 詳しくは,大学病院(できれば国立の)での診察をお勧め致します。 それと,かゆみ止めですが,市販品にもステロイド(合成副腎皮質ホルモン)含有の(これは,厚生労働省の怠慢と薬業界との腐れ縁です。 こんな,ステロイド剤が市販されている国は,本邦くらいです)ものがありますし,抗ヒスタミン剤の入ったムヒ・ラナケイン・レスタミンなどは,やがてかぶれる時期が来ることが少なくありません。 間違っても,自己判断で決めないで下さい。 それと,取り急ぎ大学病院へ受診に行きましょう。 痒みをもの凄く味わっている,小生からの回答です。 御参考になれば。 私も,アトピー性皮膚炎で数回入院(2回は,紅皮症化しました=皮膚炎のもの凄い症状で,凄い痒みと疲労感,皮膚の剥脱などとても我慢できるものではありません。 全身ですから)しました。 今も,原因は不明です(アトピーの意味は,奇妙な病気=皮膚炎。 アレルギー反応が皮膚に出たのが,いわゆるアトピー性皮膚炎で,左右対称に皮膚炎の症状が出ます。 それ原因不明の以外の皮膚炎は,一般に湿疹と総称されます)が,皮膚炎の方の苦しさは,今もって痒い私には,もの凄く理解できます。 さて,回答です... Q 変な質問ですません,2,3ヶ月前から,両方のももの内側が炎症を起こしています。 具体的には,かゆくて掻きむしってしまい,ベトベトする液のようなもとがでてきます。 範囲はももの内側全体で,最近では,下腹や足の付け根にまで及んでいます。 液のにおいは,少し臭い感じです。 悩みとして,夜布団の中でかいてしまうことです。 抑えたくてもものすごく痒くかいてしまいます。 カサブタができてもすぐにかいてしまいます。 また,炎症を起こして,歩くときに擦れてしまい,痛いのです。 考えられる原因は,3ヶ月前からアルカリ性の水を一日2リットルくらい飲んでいるので,それによって体の毒がでてきているのか・・・と考えています。 ただ,あまりにも痒くつらいので,何が原因で,どういう現象なのか教えていただければ幸いです。 お願いします。 A ベストアンサー まったく同じ症状になりましたが、早めに皮膚科に行って診てもらわないと、どんどん広がりますよ。 私の場合は金属アレルギーによるもので、最初はクビだけだったのですが、お腹、太もも、仕舞いにはお尻辺りまで広がっていきました。 何かの拍子に手に残ったアレルゲンを、色々な場所に無意識のうちに持っていってしまったというものです。 最初はあせもみたいな感じだったので、すぐ治るだろうと思い、 適当にかゆみ止めを塗っていましたが、一向に治る気配なし、寝ている間に掻き毟っちゃいました。 鳥肌みたいにプツプツしてるんですよね。 で、そのうちもっとかいて体液が出てきてかさぶたになる。 かさぶたが出来ても、痒くてかいてかさぶた取れて又かいての繰り返しになります。 原因がアルカリ性の水によるものなのかは、素人ですのでわかりませんが、皮膚科に行かないと治りませんよ。 早めに行って治さないと、場合によっては治るのにたいへん時間がかかりますよ。 お大事に。 Q 教えて頂けましたら幸いです。 2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。 既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。 2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。 おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。 赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。 掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。 一度病院に行きましたが、外用副腎皮質ホルモン剤「アンテベート」を処方され、毎日きちんと塗っています。 また、飲み薬「タリオン錠」も頂き、毎日2回しっかり飲んでいます。 が、治るどころかむしろ広がって行くんです。 これってなんの病気なのでしょうか? じんましん?アレルギー? 2か月前にインドネシアに行った際、虫にさされたのが原因ですかね?過去にストロフルスにかかったこともあります。 毎日痒いうえ、薬を全身に塗ってガーゼをするのがかなり面倒で、早く治したいのですが… 詳しい方、教えてください!!困っています… 教えて頂けましたら幸いです。 2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。 既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。 2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。 おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。 赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。 掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。 A ベストアンサー 私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。 (長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい) 単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。 日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。 今から8年くらい前にパン屋で働いていました。 丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さい水泡ができ、潰すと中からトロっとした水のような物が出てきました。 だんだんと他の指にも出来始め、急いで皮膚科に行きました。 皮 膚科では、仕事や家事で水を多くつかっている事が原因の主婦湿疹ですね。 と言われステロイドの塗り薬をもらいました。 使い始めてすぐに一度、良くなり、 あぁ~治ったか、と安心していたのもつかの間、また新しい水泡が出来て、痒くてかくと皮がやぶれ。 といった事の繰り返しで、どんどんと悪化していきまし た。 ネットで調べたところ、ステロイドを使うと一瞬は治っても次に出来る皮が薄くなるとのこと。 皮が薄くなった分、水泡ができた時にやぶれやすくなると思い、すぐに使用を止めました。 それからは極力、水に直で触れないように食器を洗う時、料理をする時、お風呂に入る時、常にゴム手袋をし、寝る時にはワセリンを塗って、手袋をして保湿して寝る。 という生活が始まりました。 その後、パン屋でのバイトを辞めるとだんだんと状態が良くなってきました。 やはり水仕事が原因だったか。 とその時は思いました。 完治することはなく、2008年に留学のためアメリカに移り住むことになりました。 丁度、アメリカに来て2年目の夏くらいにまた、再発したのです。 以 前は指だけだった水泡が手のひらや手の甲にまで広がり、とにかく痒くて痒くて、夜も眠れない事もありました。 水仕事はしていないのに、おかしい。 と疑問を 抱きながら生活をしていたある日、チャイナタウンにある小さな漢方のお店が目に入りました。 中に70歳くらいのおばぁちゃんが座っているのが見えました。 もしかしたら?と思い、中に入って手を見せました。 おばぁちゃんは何も言わずに小さな箱を投げてきたのです。 ずいぶんぶっきらぼうだな。 と帰ろうとも思い ましたが、ワラにもすがりたいような状態だったので、とりあえず試してみる事にしました。 使い始めてから2週間で、一気に治ったのです! その薬の成分の所に『ケトコナゾール』と書いてありました。 そ こから、私のリサーチが始まりました。 ケトコナゾールとはフケや脂漏性皮膚炎、水虫などに効く抗真菌薬と書いてありました。 それらの原因である真菌に効果 がある塗り薬のようです。 その中でカンジダ菌という文字が目につきました。 もっと調べていくうちに、このカンジダ菌とはパンを作る時に使う『イースト菌』 の一種だというところまで辿りつきました。 『イースト菌』という文字を見た時に、すべての事が繋がっていきました。 8年前にパン屋で働いていた時は仕事が ら一日3食パンを食べていたこともあった。 一時は米食に戻っていたが、アメリカに来てから、またパンを食べる事が増えた、などです。 このケトコナゾールは 以前に使っていたステロイドのクリームとは違い、治った後に皮が薄くならないように私は感じました。 ネットでもステロイド剤のような副作用が無い。 と書い てあります。 このクリームを使うようになってから、水泡が手に広がる事もなくなり、とても楽になりました。 しかし、それでも水泡が手からまったく無くなるという事はありませんでした。 そこで、今度はカンジダ菌を身体の中から追い出す方法はないものか?と探しはじめたのです。 そして見つけたのがアシドフィルス菌(Acidophilus というプロバイオティクスでした。 これはヨーグルト等に入っているビフィズス菌のような物です。 この良い菌を身体のなかで定住させると、カンジダ菌が住みずらい環境になるそうです。 それを飲み続ける事と、カンジダ菌であるイースト菌の摂取をやめました。 約1ヶ月ほどで手のひら、指から一切の水泡は消え、とてもキレイになりました。 アシドフィルスは薬とは違い、腸内環境を保つのに良い菌です。 なので、サプリメントとして今でも飲んでいます。 ちなみに、アシドフィルスは日本の薬局などでは販売されていないようなので、ネットからの注文しかないと思います。 カンジダ菌はストレスや、疲れている時など、抵抗力が下がった時に繁殖するそうです。 また、人間の免疫細胞の約80%は消化器官にあるそうです。 つまり、日頃から腸内環境を良い状態にしておく事、ストレスが溜まった時に上手に発散する(ストレスが身体に与える影響は予想以上に大きいと思います)事が病気にならない一番の秘訣なのだと私は思います。 以上、長々と書きました。 すべてが私の経験と、ネットなどのリサーチをもとに出てきた考えでありますので、もちろん、医学的に証明された物ではありません。 病気の名称もわかりません。 また、あなたの水泡の原因は、別のものかもしれません。 でも、何件も医者を回ってもなかなか治らない。 いったいコレはなんだろう?と辛い思いをしている方が居ましたら、是非とも試してみて下さい。 私の説明では解りづらい点もあると思うので、『カンジダ』『イースト菌』『アシドフィルス』などのキーワードでより詳しく調べてみることをオススメします。 一人でも多くの方が、あの辛い症状から解放される事を祈ってます。 私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。 (長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい) 単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。 日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。 今から8年くらい前にパン屋で働いていました。 丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さ... Q 足のももの内側、足のつけねあたりのかゆみに困っています。 性器の近くまでかゆくなったりもします。 「かゆみ」「かゆい」でここで検索した結果、おそらく 私は女性ですが、 男性ならば「いんきんたむし」に相当するかゆみのようです・・・(恥) 市販の薬(メンソレータムの「デリケートな部分のかゆみ用軟膏」)を塗ると 一時的にかゆみは止まりますが、なかなか完治には至りません。 場所が場所だけに、できれば医者にいきたくないため、 市販の薬で何かいいものを知っている方がいたら教えて下さい。 また、薬局に相談するにも「いんきんたむし」かもしれないのですが なんて、どうもいいづらくて・・・ うまい相談の仕方はないでしょうか? A ベストアンサー 病院に行ったり薬局で相談するのが恥ずかしいというお気持ちはわかり ますが・・・. 皮膚病の判別は難しいので,それが股部白癬(こう言いましょう.「い んきん」よりかっこいいでしょう?(笑))かどうかもわかりません.カ ンジダとかもありますから. 私は昨年秋,足の付け根に粉瘤(ふんりゅう)というのができて,皮膚 科に行きました.その時,股部白癬にもなっていたのでその治療も受け, 1ヶ月もしない内に完治です. ああ,そうそう,意外と皮膚科は女性の先生が多いのですよ.私が行っ たのは大学病院でしたが全員が女性スタッフでした. お答えになっていませんね.もし,白癬菌によるものということがはっ きりしているならば,ダマリンクリームなんかいいですよ.クリーム系が いいでしょう. でも,また最初に戻ってしまいますが,本当に白癬菌によるものなのか その判別はどうしても医師に診てもらわないと.皮膚を少し削って,顕微 鏡で見てもらっての菌の判別が必要です. 痒くてつらい状態,私にも伝わってきます. Q 半月ほど前から、両足のふくらはぎの内側と太ももの内側に、内出血のような赤いぷつぷつが広範囲にわたって出ています。 初めは左足のふくらはぎの内側、それから他の場所へと出ました。 痛みもかゆみも全くなく、肌表面の凹凸もないので、直に治るだろうと放っておいたのですが、少しづつ範囲が広くなってきているようなんです。 お風呂上りには、鮮やかな赤色になります。 ちょうど、強く掻きすぎてしまった後に出る内出血に似た感じなのですが、ぶつけたり、こすったりしたわけではありません。 これは、何かアレルギーなどによって起こる皮膚の症状なのでしょうか? ちなみに、一部の果物を生で食べると口の中などがかゆくなる、というアレルギーは持っています。 あとは動物アレルギーもあります。 ですが、これといって、その二つのアレルギーのせいであるような原因は考えられません。 ちょうどこの赤いぷつぷつの出る少し前に、左足薬指の爪の脇を化膿させてしまいました。 しばらく病院に行けず、長く膿の出る状態が続いたのですが、もしかしたらそのせいかと外科での受診の際、軽い感じで訊いてみたところ、関係ないだろうとのことでした。 左足薬指はほぼ治っていますが、赤いぷつぷつは一向に消える気配がありません。 かといってかゆみなどもないので、どうしてよいか困っています。 皮膚科に行くべきなのでしょうか? ご回答、どうぞよろしくお願いいたします。 半月ほど前から、両足のふくらはぎの内側と太ももの内側に、内出血のような赤いぷつぷつが広範囲にわたって出ています。 初めは左足のふくらはぎの内側、それから他の場所へと出ました。 痛みもかゆみも全くなく、肌表面の凹凸もないので、直に治るだろうと放っておいたのですが、少しづつ範囲が広くなってきているようなんです。 お風呂上りには、鮮やかな赤色になります。 ちょうど、強く掻きすぎてしまった後に出る内出血に似た感じなのですが、ぶつけたり、こすったりしたわけではありません。 これは... Q 正確には良く覚えてないのですが、10日ほど前から発疹が出始めました。 もしかするとそれよりも前かもしれません 初めは両方の手からひじの間に数個出来ていて、 「汗疹とかなんかだろ」とすぐ治ると思い放置していたのですが、日がたつにつれて数個ずつ増えていったんです。 1週間ほどたつと違う部分にまで発疹が出るようになりました。 特に風呂上りがひどいです。 今現在、結構な痒みが体中にきてます。 痒くてのたうちまわってます。 陰部と首から上だけにはまだ出ていませんが、時間の問題のような気がします。 昨日皮膚科に行き、ウイルス性の~だろうと風邪の一つの症状だと言われました。 体から発疹が出る風邪もあるんだとか。 その際にアレグラというアレルギー性の物を抑える薬と塗り薬ももらいましたが、効果あるようなないような微妙な結果です。 飲んでからも、体の発疹が徐々に広がってます。 いったいなんなんでしょうか。 初めての症状で治る気配がなく、戸惑っています。 年は19ですが腎臓とか肝臓とかに関連していたりするんでしょうか。 内科行って血液検査とか行ってきた方がいいと言われたんですが、内科で良いんでしょうか。 知識ある方是非回答お願いします。 助けてください。 正確には良く覚えてないのですが、10日ほど前から発疹が出始めました。 もしかするとそれよりも前かもしれません 初めは両方の手からひじの間に数個出来ていて、 「汗疹とかなんかだろ」とすぐ治ると思い放置していたのですが、日がたつにつれて数個ずつ増えていったんです。 1週間ほどたつと違う部分にまで発疹が出るようになりました。 A ベストアンサー 風呂上りにひどくなるのは痒みのことだと思いますが、体温が上昇すると痒みは増強してしまいます。 痒みが軽減するまでは、入浴はぬるめの湯で短時間で済ませるほうが良いでしょうし、 睡眠中も必要以上に身体が温まらないようにしないと、痒くて更に眠り辛くなります。 もちろん(とても辛いでしょうが)掻かないこと。 内科的な原因があってのことなのかどうかを確認するためですので、 内科で血液検査を受けて下さい。 皮膚科で血液検査しても構わないのですが、内科的に問題があった場合に対処がスムースです。 尚、昨日(もう一昨日ですね)の受診以降、発疹が拡大しており、痒みも強くなっているとのことですので、 本日もう一度、皮膚科受診することをお勧めします(前回と同じ皮膚科で良いです)。 その際、G. W期間に入りますので、症状の改善が見られなかった場合はどうすれば良いか医師に確認して おくと良いです。 発疹の原因は特定できないケースは非常に多く、初めに貰った薬では効果が得られないという場合も 全く珍しくありません。 大変お辛いとは思いますが、あまり不安にならず、少しでも身体を休めて下さい。 どうぞお大事に。。。 風呂上りにひどくなるのは痒みのことだと思いますが、体温が上昇すると痒みは増強してしまいます。 痒みが軽減するまでは、入浴はぬるめの湯で短時間で済ませるほうが良いでしょうし、 睡眠中も必要以上に身体が温まらないようにしないと、痒くて更に眠り辛くなります。 もちろん(とても辛いでしょうが)掻かないこと。 内科的な原因があってのことなのかどうかを確認するためですので、 内科で血液検査を受けて下さい。 皮膚科で血液検査しても構わないのですが、内科的に問題があった場合に対処がスム... Q 私は毎年ある時期になると原因不明の湿疹ができます。 病院にはこれまで何度か行きましたが、どの医者もはっきりと分からないようでした。 そこで、皆さんでどなたかこの病気がわかる方がいらっしゃらないかと思い質問させていただきました。 はっきりと病名がわかればそれに対する対処も事前にすることができ、毎年2ヶ月ほど悩まされずに済むと思うので、知りたいのです。 専門家の方や、私と似た症状を経験した事のある方、どうかよろしくお願いします! ある時期とは梅雨頃から夏の間の湿気が多い時で、どうやら蒸れが原因のようなのです。 たいてい腕や肘などに湿疹ができます。 初めは小さなポツポツなのですが、それがだんだんと大きくなり数も増えて広がっていき、ひどい時は10センチ四方にまで広がっていきます。 赤みは環状になり、中心部から治っていきます。 (下の写真は実際の私の現在の症状で、部位は肘です)軽い時は2週間ぐらい、長い時は1ヶ月くらいで治りますが、湿気の多い夏が終わるまでは二度三度と再発することも間々あります。 この症状が、「たむし」という白癬菌に感染することで発症する病気の特徴に酷似していることを私は今日知りました。 私の場合毎年必ず100%発生しますから、毎年毎年菌に感染しているということになりますが、そんなに簡単に感染するものなのでしょうか?それとも菌が体の中に常駐して湿気の多い時期だけ出てくるということでしょうか? もしくは、たむしではなく他の病気なのでしょうか? 読みづらい長文を読んでくださってありがとうございました! どなたか詳しい方ご回答願います!!m(_ _)m また、なにか疑問点がありましたらご指摘ください。 お答えいたします。 私は毎年ある時期になると原因不明の湿疹ができます。 病院にはこれまで何度か行きましたが、どの医者もはっきりと分からないようでした。 そこで、皆さんでどなたかこの病気がわかる方がいらっしゃらないかと思い質問させていただきました。 はっきりと病名がわかればそれに対する対処も事前にすることができ、毎年2ヶ月ほど悩まされずに済むと思うので、知りたいのです。 専門家の方や、私と似た症状を経験した事のある方、どうかよろしくお願いします! ある時期とは梅雨頃から夏の間の湿気が多い時で、どう... Q 蕁麻疹が発症し始めてからもう5ヶ月ぐらいになるけど全く治らない。 地元の皮膚科で貰った飲み薬【アレロック5mg】と【ニコルダ錠250mg】を飲んで、あと塗り薬【アンテベート軟膏】を塗ったりしている間は蕁麻疹は出ないけど、飲み薬と塗り薬を大体2日ぐらい止めるとまた蕁麻疹が一気に発症するのだ。 蕁麻疹の出方が半端ではなく、頭から身体全体と足にかけて凄い出方なのだ。 以前に地元の内科医院で内科的に診察をして貰ったけど全く問題が無かった。 原因は何だろう?。 凄い心配。 何が原因しているのか全く分からない?。 蕁麻疹が全く出なくなる方法ないかな?。 一度病院を変えるべきか迷っているのだ。 考えられるとしたら、私生活の方か普段の食事関係か生活状況しか考えられないけど・・・・・。 全国の皆様のご意見をお聞かせ下さい。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになります。 いままで体に入ってもストレスとはならずなんともなかったものにまで反応してしまうのです。 体内に入ってストレスになるものは食べ物(異種蛋白)だけではありません。 人間関係のストレスもあります。 何かが体にストレスとなったとき体はそれを体内に溜め込むことを拒否して体外へ排泄しようとします。 人によってはあまりにそのストレスが強い場合、吐き気や下痢となってしまいますし、そこまで至らなくても皮膚から排泄しようとします。 これが湿疹や蕁麻疹です。 これらはリンパ球の反応ですのでリンパ球が多いほど敏感に反応して症状は強くなります。 痒みや腫れなど辛い症状が続きますが、全て体にとって毒となるものを必死に排泄してる姿です。 これを対症療法の薬で抑えることは出すべきべきものを出さないようにしてるわけですからなかなか治らずどんどん治癒は遅れていきます。 症状の引き金になるものは食べ物や精神的なもの、温度、環境など色々なストレスがありますが、根本原因はリンパ球過剰体質です。 適正なリンパ球ですと少々のストレスでも一々反応することはないでしょう。 直ぐには体質を改善することは出来ませんが、過剰なリンパ球を減らすことが治療になります。 そのためにはさきほど書きましたが、その逆をすれば良いわけです。 例えば運動不足であれば屋外で日に当たったり、運動する機会を増やしたり過食気味であれば減らしたり、心身を鍛えることが必要でしょう。 そうすることで多過ぎるリンパ球は減らせます。 急にやるとストレスになりますので、少しずつすることが必要です。 リンパ球の数は多いほど免疫力が高いわけですが、過剰になるとその免疫力が仇となってアレルギーや一過性のアレルギー反応をおこしやすくなってしまうのです。 しかし、毒を出す反応ですので、それ自体は体の防衛反応です。 それを止めるのではなく血流をよくしてどんどん出すスタンスでいてください。 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになり...

次の

あなたの湿疹は大丈夫ですか?ヒゼンダニが寄生する「疥癬(かいせん)」かも。

太ももの付け根 湿疹 かゆい

まず、マットの使用を即刻やめました。 マットに大量のダニが繁殖にしていて、私の大量の汗に伴う湿度に引き寄せられたに違いないと判断。 ダニに、身体の汗をかいた柔らかい部分が狙われたのです。 過去の経験上、マットに住み着いたダニを駆除するのは、とても難しいです。 ダニ取りマットやバルサン(水タイプと差すタイプも使用)• 天日干し• 布団乾燥機(マットタイプ)• 乾燥後に裏表を掃除機 当時考えられる対策を色々と実行してみましたが、マットの厚みの為か、ダニが奥に逃げてそれ程駆除出来なかったのかもしれません(個人的な感想ですが、低反発のマットは、ダニの住処になりやすい感じがしました。 ) そのマットに寝ていると赤い斑点と痒みが増すばかり。 生き残ったと思われるダニの勢力が復活し、再び攻撃を開始するのだと思いました。 したがって、マットはもう捨てるしかないと判断しました。 勿体ないけど。 湿疹対策 CATEGORY カテゴリ 📂:外資系企業の転職,英語,面接,働き方 📂:北海道,屋久島• :嵐山,祇園,大原,紅葉ライトアップ• :ひらパー,アベノハルカス,海洋水族館• :千手観音,桜お花見,小鹿• :山梨,静岡,山中湖,河口湖,朝霧高原• :穂高岳,乗鞍岳,車山高原,上高地• :箱根ロープウェイ,芦ノ湖海賊船,箱根神社,箱根の展望台• :伊東,下田,中伊豆• お台場,高尾山,奥多摩,江ノ島,横浜 📂:スペイン,インド,台湾. 飛行機対策• :ニューヨーク,グランドキャニオン,カナダ・ナイアガラの滝• :シドニー観光,ブルーマウンテン• :マリーナベイサンズホテル,チャンギ空港 📂:胃痛,風邪予防,食,メンタル 📂:英語,育て方,旅行 📂:エンジニアの苦悩,効率化,Windowsのトラブル対応• :アクセス数,アドセンス,HTML・CSS• :サンプルコード等々• :SQL Server, Oracle関連• :Android,iPhone,ポケモンGO 📂:海外ドラマ・映画のレビューと感想 📂:海外のレンタカー,試乗レポート,軽自動車,等々 📂:新築一戸建て 申し込みから購入・引渡しまで色々あったこと PROFILE プロフィール.

次の

太ももの湿疹【かゆくないのはどうして?秘密とは?】

太ももの付け根 湿疹 かゆい

<目次>• 太もものかゆみの原因とは? 冬になると決まって同じ場所がかゆくなるということは、やはり季節が関係しているのだろうと感じますよね。 太もものかゆみといっても、内側だけであったり、表側全体というケースも考えられます。 原因1 気温差によるかゆみ 冬になると外気の温度もグッと下がりますから、どうしても身体は冷えがちです。 体温を守るための血管の収縮運動と皮膚が感知するかゆみの神経には関係があると言えます。 寒いと感じている時の血管は収縮状態となり、これ以上の熱を放出させないように縮こまっています。 そこから運動など身体を継続的に動かすことによって体温が上昇すると、貯えた熱を放出して血管が拡張します。 この時に かゆみの神経が刺激を受けることによって、 肌にかゆみを感じてしまいます。 学生時代に真冬の校庭で体育をする時や、寒いところから帰宅していきなりこたつに入った時など、経験のある方も多いのではないでしょうか? 原因2 寒冷蕁麻疹 じんましん によるかゆみ 気温差による刺激が強いと、皮膚上に赤いぽつぽつとしたできものが広がり、さらにかゆみが増していくことがあります。 そのままにしておくと、今度は蚊に刺された時のようにぷっくりと腫れ上がってしまうことも。 これは「寒冷蕁麻疹 じんましん 」の症状。 気温差が刺激になる点は原因1と同じですが、この刺激によって血管周辺のマスト細胞と呼ばれる細胞が敏感になり、ヒスタミンが分泌されるのです。 このヒスタミンがかゆみの元。 大量に分泌されると皮膚細胞に付着して炎症を起こすので、蚊に刺された時のような赤くぷっくりした発疹ができるのです。 暖房の効いた暖かい部屋から木枯しの吹く寒い屋外へ出ると、防寒具を付けていない部分だけかゆくなったことはありませんか? 反対に暑い夏の日、エアコンの冷風を直接浴びてかゆくなった時も同様です。 寒冷蕁麻疹によるかゆみが出ていたのかもしれません。 原因3 「乾燥」も見逃せません! 冬は何かと肌トラブルの多い季節ですね。 特に乾燥しやすい時期ですから、保湿についても気が抜けません。 乾燥するというのは、太ももも同じです。 乾燥状態にあれば、肌はとてもデリケート。 少しの刺激でも大きなダメージとなるかもしれません。 衣服の擦れから軽いかゆみを感じて少し掻いただけのつもりが、肌が真っ赤になるほど掻きむしってしまっていたり、乾燥から湿疹が出来てしまう事もあります。 さらにエアコンやこたつも乾燥を招きます。 こたつに入ったままうっかり眠ってしまうと脱水症状を引き起こしてしまう可能性もあるほど、暖房器具は身体の水分を奪っていきます。 皮膚が乾燥すると、肌の一番上の層である角質層の細胞が乱れて隙間ができます。 いわゆる「肌荒れ」の状態ですね。 肌が荒れるとバリア機能が低下して、さらに刺激を受けやすくなります。 刺激により皮膚の表面に炎症が起こると、C線維と呼ばれるかゆみを感じる神経が皮膚の表面近くまで伸び、さらにかゆみを感じやすくなってしまう悪循環に。 肌の乾燥をそのままにせず、早めの対処が必要です。 かゆみの対処法は何? 血管の収縮や乾燥によって太ももにかゆみが感じられる時は、どのように対処すればよいのでしょうか? かゆみを我慢するだけでは解決になりませんよね。 対処1 気温差への対処法 冬は気温差が大きく、昼夜の差はもちろん屋外・屋内の移動でもその差が刺激になりやすい季節です。 できるだけこの気温差を小さくしたり、あまり感じないように準備しておくことがおすすめです。 ・入浴前に、脱衣場が冷えるようなら小さなストーブで温めておく。 着替えを用意してすぐに着ることができるようにしておく。 ・外出時は、肌の露出部分をなくすようにする。 マフラーや耳当て、手袋などでしっかりとガードしましょう。 ・機能性インナーなど吸汗性の高い下着を身につける。 汗で身体が冷えてしまわないようにタオルなどでこまめに拭き取る。 ・冷たいものは少しずつ摂取し、体内を急に冷やさないようにする。 対処2 寒冷蕁麻疹への対処法 発疹の出た部分が熱をもったように熱い場合、冷やそうとしてはいけません。 かえって症状はひどくなり、逆効果です。 寒冷蕁麻疹がでてしまったら、冷やさずに「温めること」が大事です。 血行を促進することで血管の収縮を防ぐことができます。 なるべく掻かずに様子をみていくこと。 ぷっくりとした腫れは数時間で消えていきます。 また、あまりに強い痒みや湿疹が出来てしまったら皮膚科専門医にかかりましょう。 かゆみの元となるヒスタミンの分泌をおさえる抗アレルギー剤が処方される場合があります。 いわゆるかゆみ止めですね。 かきむしって肌を傷つけてしまうより、薬でかゆみをコントロールするのも一つの方法です。 対処3 乾燥への対処法 冬の乾燥はまさに肌の大敵ですから、 気になるところにはどんどん保湿していきましょう。 ボディクリームやオイルなどでしっかりケアをしていきながら、乾燥状態の肌に刺激を与えないように注意したいですね。 乾燥した太ももなどはお風呂でも優しく洗い、水分をとる時はタオルでも擦らずに 押さえるように吸い取ります。 少しの刺激からかゆみが引き起こってしまいますから、出来るだけ ソフトタッチでケアをするのがオススメです。 7種の良質な植物オイルを ブレンドした100%天然由来の 全身美容オイル かゆみを防ぐのに効果的な習慣 キーワードは「 血行促進」と「 保湿」です。 血行を良くすることで、体温のコントロールもスムーズに行う事が出来ますから、かゆみも感じなくなっていきます。 また血管の収縮によって起きるかゆみは、 脂肪の多いところがかゆくなるといった特徴があります。 太ももの他にお尻や二の腕辺りがかゆいと感じる場合は、血行促進となるような事を意識して行うと良いですね。 オススメは 半身浴や 適度な運動です。 身体全体からしっとりと汗が出る程度に身体を温めると、血行促進効果があります。 また食べ物もバランス良く、脂っこいものや甘い物に偏らないように気をつけたいですね。 血液がサラサラの状態をキープしましょう。 まとめ かゆみの原因と対処方法は? 太もものかゆみを引き起こす主な原因は急激な気温差でした。 この気温差をできるだけ小さくするように防寒対策をとり、血行を促進して血管が収縮しないように注意しましょう。 あまりに強いかゆみには抗アレルギー剤の服用や、保湿剤の使用も有効です。 寒い冬こそ潤いを意識してキープする事が大切ですね。 身体も芯から温めて、血行促進とツルスベの肌でかゆみ知らずを目指しましょう。

次の