急性 骨髄 性 白血病 原因 ストレス。 急性骨髄性白血病(AML)の原因とは?|白血病大事典

白血病の初期は検査でチェック、慢性骨髄性白血病の症状やなりやすい人とは

急性 骨髄 性 白血病 原因 ストレス

先日、『 めざましテレビ』の 大塚範一キャスター(63)が突然 白血病で入院し、世間を驚かせました。 実は、 芸能人には一般人よりも白血病にかかる人が多いそうなのです。 その理由は、まだはっきりとは分からないといいますが、 電磁波と ストレスに原因がありそうなのだとか。 (以下引用) 「 どんなに忙しくても、5時間の睡眠と1時間の仮眠、を心がけていました。 毎朝3時に起き、頭がしっかり回転するよう朝食をしっかり取り、ヨーグルトを欠かさず食べていた」(フジテレビ関係者) また大の嫌煙家でもあり、 「 タクシーが禁煙になるまでは、送迎のタクシーも、前に乗った人がタバコを吸っていなかったかを気にするほどだった」 (以上引用 週刊ポスト) 睡眠、食事だけでなく、 時間があれば体もマメに動かすようにしており、特にゴルフが大好きで、番組を体調不良で休む直前の2日間もコースに出ていたのだそうです。 直前まで本当にお元気だったんですね。 7日には入院先の病院から『めざましテレビ』に生電話出演。 (以下引用) 「 完全復帰が可能なのは、やっぱり3月、4月になるんじゃないかと思いますけれども、その間、元気な、ヒマな時期もありますので、またご報告の電話を差し上げたいと思います」 (以上引用 週刊ポスト) と復帰への思いを語っていました。 現在は、すでに抗がん剤投与による治療が始まっているそうです。 無事完治して早く戻ってきていただきたいですよね。 それを見ると、ちょっと怖くなってしまうのですが…。 名前 発症した年 病名 故 夏目雅子 1985年 急性骨髄性白血病 渡辺謙 1989年 急性骨髄性白血病 故 元関脇・蔵間 1989年 慢性骨髄性白血病 吉井怜 2000年 急性骨髄性白血病 故 アンディ・フグ 2000年 急性骨髄性白血病 故 桂文治 2004年 急性骨髄性白血病 市川團十郎 2004年 急性骨髄性白血病 故 カンニング中島忠幸 2004年 急性リンパ性白血病 故 本田美奈子 2005年 急性骨髄性白血病 (データ引用 週刊ポスト) 実に、9人中6人が故人なんです。 白血病の5年生存率は25%~40% 白血病という病気は、 5年生存率が約25~40%しかないんだそうです。 日本人の場合、その 患者の割合は10万人に6~7人なのだそうですが、この表だけ見ても、芸能人に限ってみるとそれよりは患者さんが多いように見受けられます。 その理由は、 不規則な生活が免疫力を低下させる、収録中の照明や放送機器などの電磁波が影響しているなど諸説あるそうなのですが…。 実際、 白血病のはっきりとした原因はいまだに不明なのだそうです。 しかし、 ストレスや過労が一因であるとみる医学者は少なくないのだとか。 (以下引用) 「 過労やストレスは、体内の免疫力を監視する『NK細胞』を減らす可能性があるといわれています。 免疫力が低下することによって、白血病をはじめとするがん細胞の増殖を止められなくなるという可能性は考えられる」(名古屋医療センター 堀田知光院長・腫瘍内科) (以上引用 週刊ポスト) 芸能人という仕事は、時間も不規則ですし、ストレスも相当たまりそうな職業です。 職場環境にも原因が? それに加えもう一つ、 職場環境にも原因がありそうだという説もあるのだそうです。 職場であるテレビ局のスタジオや舞台には、大型の照明器具、テレビモニターやカメラをはじめとする放送機材、さらにワイヤレスマイクなどが使われています。 これに関しては各国で疫学調査が行われているそうで、 アメリカやドイツでは電磁波による所に白血病患者の増加率がそれぞれ4倍、14倍になったという結果も出ているそうです。 日本でも同じような調査が行われ、 低周波電磁波を平均4. 4ミリガウス(日常生活平均の4倍)以上浴びている子供は白血病の発症率が2倍以上、という結果が出たそうです。 影響を受けるのが子供だけとは限りませんし、大人であっても過剰な電磁波にさらされ続けていると何らかの影響があるとも考えられます。 しかし、これらの可能性はあくまで可能性でしかなく、まだ明確には証明されておらず、専門家でも意見が分かれているとか。 つまり、 諸説あれど原因はほとんどわからないのが白血病、という病気なのです。 (以下引用) 「放射線被爆やベンゼンなどの化学物質が発がんリスク要因として挙げられるが、普通の生活をしている限りではこれといった原因はわからない。 めざましのメンバーは同じように食べていたんでしょうから、大塚さんだけ発症したのをこれが原因とは言えないとは思いますが、まさに交通事故みたいなものだったんですね。 それでも、かつては不治の病だった白血病が、今では40%も生存率があるんです。 抗がん剤治療は本当に辛いという話をよく聞きますが、頑張って白血病を克服して、また元気な姿を見せてもらいたいですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 これからはカラーバス効果でさらにそう感じる人が増えるでしょう。 白血病の中にも急性と慢性、リンパ性と骨髄性、ウイルス性のT型などがあり 急性骨髄性白血病の中だけでもM0からM7まで種類がありますし それぞれ生存率にも治療法にもかなりの差があります ひっくるめて生存率を語ってもあまり意味がないです.

次の

急性骨髄性白血病 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

急性 骨髄 性 白血病 原因 ストレス

症状 血球のもとになる細胞の発育が悪いために、正常な白血球がつくられなくなる一方、発育不全の異常細胞ががん化して増殖する病気です。 増殖する細胞の種類によって 急性骨髄性白血病と 急性リンパ性白血病に分けられます。 骨髄性白血病では、白血球(とくに顆粒球)に発育するはずの芽球(血球のもと)が正常に発育せず、がん化して異常増殖します。 リンパ性白血病では、未熟なリンパ球が異常増殖します。 その結果、正常な白血球の数が減り、白血球が本来担うべき生体の防御機能が衰えて、感染症にかかりやすくなったり、原因不明の発熱が起こったりします。 また、正常な造血機能が働かないため、赤血球や血小板も減少し、貧血症状(動悸、倦怠感など)や出血傾向(皮下、粘膜、臓器における出血)もみられます。 リンパ性白血病では、リンパ節の腫れや関節痛をともなうこともあります。 原因 骨髄性、リンパ性とも、原因はわかっていません。 成人では、骨髄性白血病のほうが発生率が高く、急性白血病の8割を占めています。 治療法 骨髄性、リンパ性とも、通常は抗悪性腫瘍薬を用いた化学療法を行います。 白血病細胞が脳や脊髄に浸潤している場合は、放射線療法が行われることもあります。 また、骨髄移植が必要となるケースもあります。

次の

白血病の原因となりうる14のリスク(危険因子)を知っておこう!

急性 骨髄 性 白血病 原因 ストレス

【 急性骨髄性白血病の症状】 急性骨髄性白血病の症状は、造血障害から始まります。 造血障害が起こると白血球減少による感染症、赤血球減少による貧血・動悸・息切れ、血小板減少による出血・自然出血が起こりやすくなります。 次に白血病細胞が増殖するとその細胞が骨髄から漏れだしてしまい、発熱、倦怠感などをもたらし最終的には多臓器不全を起こしてしまうことがあります。 【 急性骨髄性白血病の原因】 急性骨髄性白血病の原因はまだ決定的なものは現代では分かっていません。 一般的にがんというすべての病気についてその発病に何が大きく起因しているのかがわかっていないのと同じことです。 がん治療のための抗がん剤や放射線などの治療を行った後に発症する二次性のものもありますが、人々に広く認知されている白血病についてはこれからの研究が待たれます。 【 急性骨髄性白血病の検査と診断】 急性骨髄性白血病の検査方法は日頃の生活のなかで何かおかしいと感じる体の不調の聞き取りや、血液検査です。 また、このような血液の病気は体の内出血などが消えにくかったりする傾向があるので体のようすをみます。 血液からは沢山のことが分かるのですが、さらに詳しく骨髄液をとって検査する場合もあります。 程度によっては家族など身近な方も話を聞いたり検査をするので協力してもらいます。 【 急性骨髄性白血病の治療方法】 急性骨髄性白血病の治療法は骨髄中に増殖した白血病細胞を死滅させて、正常な血液細胞を増加させる化学療法を行います。 抗がん剤を使用することはこの病気の1番の治療のやり方になります。 化学療法は抗がん剤を投与したあと、自然に白血球が増加するのを待つ寛解導入法を行います。 そして寛解状態であるか調べます。 寛解が認められたら次に強力な抗がん剤を使用し、白血病細胞を死滅させる地固め療法に移ります。

次の