温野菜 サブスク。 サブスクの波はカフェから牛角まで拡大!元は取れる?お得度は?

店舗のサブスクポータル「MONSTER PASS(モンスターパス)」リリースのお知らせ|お知らせ|株式会社インサイトコア

温野菜 サブスク

月額4,000円で毎日飲み放題が無料!月額300円で毎日トッピングが1品無料! といった店舗へのリピート集客を実現するサブスクを簡単に開始でき、店舗オリジナルのお得な月額定額制サービスで来店頻度を爆発的に増加させることが可能となります。 ・今すぐコスト0で、話題のサブスクを活用した集客を開始したい! ・自社のWEBサイトやアプリにサブスク機能だけをリンクさせたい! といった店舗企業様に大変おすすめで、MONSTER PASS(モンスターパス)なら初期導入費用0円で店舗のお得なサブスクの販売が開始可能となります。 また、既にお持ちのWEBサイトやアプリにリンクを設定するだけで簡単にサブスクを導入することも可能です。 それに伴いインサイトコアでは、今年3月から自社で既にサービスローンチしている店舗集客に特化したアプリCRMプラットフォームサービス「Insight Core(インサイトコア)」に店舗向けのサブスク機能を追加し、店舗企業様がアプリを通じて自社のサブスクを実現できるソリューションを提供してきました。 代表例として、株式会社三光マーケティングフーズ様の居酒屋ブランド「金の蔵 公式アプリ」で展開している月額4,000円の「プレミアム飲み放題定期券」などがあります。 リリース後は非常に大きな反響があり、多数の店舗企業様にサブスクを御導入いただくと同時に、 ・自社で既に運営しているWEBサイトやアプリ上で、まずはライトにサブスクを導入したい。 ・1店舗からでも、気軽にサブスクを導入したい。 といったお声も多くの店舗企業様から頂いたことで、そのような御要望にお応えすべく、インサイトコアではMONSTER PASS(モンスターパス)をローンチするに至りました。 MONSTER PASS(モンスターパス)を御活用いただければ、現在運営しているアプリやWEBサイト内にMONSTER PASS(モンスターパス)へのリンク導線を設けることで、自社のWEBサイトやアプリの1コンテンツとして簡単にサブスクを追加することができます。 また、初期費用0円から開始可能なため、大変気軽にサブスクをご実施いただけます。 今後もお客様からの声を積極的に取り入れ、店舗企業様からもユーザーからも満足いただけるようなサービスを目指して参ります。 会員登録をする MONSTER PASS(モンスターパス)のサイトにアクセスし、会員登録を行う。 パスを購入する クレジットカード情報を入力後、各店舗が販売しているサブスク型のパスを購入する。 店舗でパスを提示する お店のスタッフにパスを提示してお得にサービスを受ける。 お申込みを希望される店舗企業様は、下記サイトのお問合せフォームより必要情報を御入力いただき送信ください。 2〜3営業日以内に担当者よりご連絡いたします。

次の

店舗集客×サブスクの決定版!株式会社インサイトコアがお店の月額定額制を実現するポータルサービス「MONSTER PASS(モンスターパス)」をリリース:イザ!

温野菜 サブスク

牛角 赤坂店では食べ放題や飲み放題の月額定額制サービスを開始した レインズインターナショナル(横浜市)は、自社が運営する飲食店で使えるサブスクリプションプラン(定期券)を2019年11月5日にサブスクポータルサイト「MONSTER PASS(モンスターパス)」で発売した。 定期券は、都内などの一部店舗でまず導入し、販売状況を見ながら順次他の地域へも展開する。 「頻繁に来店するほどメリットがある定期券を用意することで、各ブランドのファンを増やし、来店頻度を高める狙いがある」(同社広報企画課)。 同社が定期券を導入したのは、焼肉店「牛角」、しゃぶしゃぶ店「しゃぶしゃぶ温野菜」、居酒屋「土間土間」「かまどか」「ぶっちぎり酒場」の5ブランド、11店。 例えば、「牛角 赤坂店」では、3828円(税込み、以下同)の食べ放題コースを半額の1914円で毎日1回利用できる定期券を月額3300円で、通常、1628円のアルコール類の飲み放題を毎日1回利用できる定期券を月額1628円で販売する。 しゃぶしゃぶ温野菜 馬込店では、通常5880円の黒毛和牛の食べ放題コースを月額2万円で毎日1回、土間土間 阿佐ヶ谷店では、通常1800円の飲み放題コースを月額3000円で毎日1回利用できる定期券などをそれぞれ販売する。 これらの定期券では、グループで来店した場合、定期券を持っていない人は通常料金を支払う必要がある。 牛角の食べ放題コースの定期券を購入した場合、客が月に2回以上利用すれば得する計算だ。 店は、これらの定期券のお得感をアピールすることで、月額の固定収入を確保できるほか、月に複数回来店する常連客を増やせるメリットがある。 有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん•

次の

飲食店のサブスクについて

温野菜 サブスク

牛角 赤坂店では食べ放題や飲み放題の月額定額制サービスを開始した レインズインターナショナル(横浜市)は、自社が運営する飲食店で使えるサブスクリプションプラン(定期券)を2019年11月5日にサブスクポータルサイト「MONSTER PASS(モンスターパス)」で発売した。 定期券は、都内などの一部店舗でまず導入し、販売状況を見ながら順次他の地域へも展開する。 「頻繁に来店するほどメリットがある定期券を用意することで、各ブランドのファンを増やし、来店頻度を高める狙いがある」(同社広報企画課)。 同社が定期券を導入したのは、焼肉店「牛角」、しゃぶしゃぶ店「しゃぶしゃぶ温野菜」、居酒屋「土間土間」「かまどか」「ぶっちぎり酒場」の5ブランド、11店。 例えば、「牛角 赤坂店」では、3828円(税込み、以下同)の食べ放題コースを半額の1914円で毎日1回利用できる定期券を月額3300円で、通常、1628円のアルコール類の飲み放題を毎日1回利用できる定期券を月額1628円で販売する。 しゃぶしゃぶ温野菜 馬込店では、通常5880円の黒毛和牛の食べ放題コースを月額2万円で毎日1回、土間土間 阿佐ヶ谷店では、通常1800円の飲み放題コースを月額3000円で毎日1回利用できる定期券などをそれぞれ販売する。 これらの定期券では、グループで来店した場合、定期券を持っていない人は通常料金を支払う必要がある。 牛角の食べ放題コースの定期券を購入した場合、客が月に2回以上利用すれば得する計算だ。 店は、これらの定期券のお得感をアピールすることで、月額の固定収入を確保できるほか、月に複数回来店する常連客を増やせるメリットがある。 有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん•

次の