テスラ オート パイロット。 オートパイロット

オートパイロット

テスラ オート パイロット

横転した大型トラックが道路の内側車線を塞いでしまい、後続の車はそれを避けて通り過ぎていたが、しばらくしてやって来たテスラ モデル3だけは直進を続け、トラックに突っ込んだ。 現場を捉えた監視カメラの映像が、ツイッターでシェアされている。 🚨🚨🚨 Tesla Model 3 plows info overturned truck on highway. — Fred Lambert is never getting his Roadster 🐓 jsin86524368 オートパイロットで走行していた 事故が起こったのは、台湾の国道1号「中山高速公路」上。 現地メディアによれば、横転したトラックは食材を運ぶ保冷車で、横転そのものは単独事故だった。 ドライバーが中央分離帯に立って牽引車両の到着を待っていたところ、やって来た白いテスラ車が、そのままトラックに突っ込んだ。 テスラ車は、ボックス型のトラックに突き刺さるような形で止まった。 ドライバーは無事で、同乗者はいなかった。 テスラ車を運転していた男性は、警察からの事情聴取に対して「運転のアシストシステムをオンにしてあり、時速110kmで走るように設定してあった」と話している。 「障害物があれば(システムが)感知し、自動でブレーキをかけると思っていたが、車はスピードを落とさなかったので驚いた」とのことだ。 監視カメラの映像を見ると、衝突寸前のテスラ車のタイヤから白煙が上がっている。 この時にブレーキがかかったようだが、自動運転によるブレーキなのか、ドライバー本人が踏んだブレーキかは分かっていない。 自動運転によるブレーキならば、遅すぎて間に合わなかったことになる。

次の

テスラの所有者がオートパイロットのデバッグモードをハックする

テスラ オート パイロット

2020年02月19日 10時52分 テスラ・モデルXのオートパイロット機能によって8人の命が救われる テスラが発売する自動運転対応の電気自動車 EV である の オートパイロット機能が「ドライバーを含む乗員8人の命を救った」と報じられています。 Tesla Autopilot saves family's lives after tree crushes car in Storm Dennis - Mirror Online 2020年2月、金融コンサルタントのローレンス・サンダーソン氏は、妻と3人の子どもを連れて、イングランド南西部の へ家族旅行に出かけました。 しかし運の悪いことに、サンダーソン氏一家の家族旅行と同じタイミングで大型暴風雨「デニス」がブリテン諸島を直撃。 イングランド全域で交通機関の混乱が見られ、政府によって されました。 まさにデニスが上陸した2020年2月15日の夜、家族を乗せたテスラ・モデルXをサンダーソン氏が運転していたところ、樹齢400年という大木が暴風によって突如目の前に倒れてきたとのこと。 通常ならばブレーキが間に合わず、倒れた木に猛スピードで激突してしまうところだったのが、急ブレーキが自動的に発動。 結果として車は木に衝突はしたものの、サンダーソン氏の奥さんは頭と胸をぶつけた程度で、3人の子どもは全くの無傷と、家族全員が無事でした。 テスラのモデルXには外部カメラや超音波センサー、レベル2の自動運転を可能にする が搭載されています。 レベル2の自動運転は「システムがドライビング環境を観測しながら、アクセルやステアリング、ブレーキングを行える」というもので、ドライバーは常にハンドルを握って運転状況を監視する必要はありますが、ある程度はシステムに運転を委ねることが可能になります。 今回、このオートパイロット機能による緊急ブレーキが発動したというわけです。 サンダーソン氏は「倒れてくる木に対して時間内に反応することができなかったので、間違いなく押しつぶされてしまっていたでしょう。 モデルXは間違いなく私たちの命を救ってくれました。 モデルXのオートパイロットがなければ私たちは死んでしまっていたでしょう」と語っています。 さらに、建設会社に勤めるジョシュ・ホワイトロック氏が運転する対向車も同じ大木に激突しており、まったくの偶然ながらホワイトロック氏の車もテスラ・モデルXでした。 ホワイトロック氏は恋人と母親を乗せて家に帰る途中で、倒れた大木が電力線を引きちぎって火花を散らすのを目撃した瞬間、突然運転するモデルXが急ブレーキをかけたとのこと。 倒木に激突した後、ホワイトロック氏は「自分の恋人と母親が大木につぶされてしまったのでは」と心配したそうですが、全員無事だったとのこと。 以下の画像はホワイトロック氏が運転席から出た直後に撮影した写真です。 サンダーソン氏とホワイトロック氏は家族を車から出したあと、お互いの無事を確認し、テスラ・モデルXのオートパイロット機能が8人の命を同時に救ったことを理解したそうです。 サンダーソン氏は「ほんの一瞬で人生は終わってしまうことがありますが、今回はそうなりませんでした。 素晴らしい車を作ったテスラのおかげです」とコメント。 また、サンダーソン氏は、サンダーソン氏一家とホワイトロック氏一家を助けてくれた地元住民にも感謝の意を示しています。 なお、サンダーソン氏とホワイトロック氏のモデルXはどちらも廃車になってしまったそうですが、倒れた大木が生えていた土地の所有者からを提供されたそうです。

次の

【動画】オートパイロット中のテスラ車が、減速せずトラックに突っ込む

テスラ オート パイロット

社の「」に乗っていたは、速度をkmに設定し、運転中だった。 車の回避機能をあてにしていものの、の状況にとまどった3はそのままに衝突。 幸いにも重傷者は出なかったが、見通しのよい道路で起きた車の衝撃的な映像がを巡っている。 翻攝畫面 動かない長方形にとまどってクラッシュ?モデル3が大破 早朝、台湾の嘉義県付近ので起きた衝突事故の映像だ。 単独で横転した大きな。 そこに3が走ってくる。 分離帯にいる人は牽引車を待つの運転手だ。 その人は3に気づき合図しているように見えるが… らしい白煙が上がるも結局に! がずれるほどの衝撃でつっこんでしまった この衝突は、にはだった「動かない大きな長方形の物体」の検知に遅れがでたためとみられている。 ただを作動させたのがかかはまだわかっていない。 よけるでもなく正面からにつっこんだ3。 横転したは食材を運んでいた保冷車だったという。 — Fred Lt is getting his Rster 🐓 jsin86568 幸いなことに重傷者はいなかったが大破した車は廃車に。 and a in the car e to h g. be the big — Fred Lt is getting his Rster 🐓 jsin86568 後方からの映像 — Fred Lt is getting his Rster 🐓 jsin86568 盛りすぎで消費者混乱?多数の警告を出しているテスラ 現地ではこのような報道がなされている。 衝突した車のは黄という名の53歳の男性だった。 彼は警察にをオンにしていたと主張している。 この車は障害物を検出して減速または停止する機能があったとみられる。 しかし車は一定の速度で走行しが間に合わず事故につながった。 この男性はをオンにして車の速度を時速kmで走るよう設定したままだった、もし障害物があれば車がよけると思っていたと話しているそうだ。 ただ3の機能のマーケティングには混乱を招く部分があり、消費者から盛りすぎという声もあるという。 とはいえはに注意をうながす警告を多数出しているため責任を問われる可能性は低いだろう。 カメラでは厳しい。 やっかいな不動物体検知 こうした不具合は以前も発生しており、特に動かない物体に関わる事故が報告されている。 のは主にに頼っており、前に起きた同様の事故では、晴天時の路上で明るい色の動かない大きな物体の判別が困難であることを示していた。 一般に、不動の物体は緊急と自律にとってやっかいなものだが、の代わりにを使うと危険な誤検知やの停止が増す傾向があるそうだ。 の車には全方向機能がある。 しかし、こうした大きな不動物体の範囲情報については、かつてが拒否したことで名高いLRのほうが勝っているという。 不完全なシステムをあてにしたドライバーが招いた事故か 今回の衝突もまたの不完全性を示唆するものだった。 また事故の映像を確認したによると、今回の3のはをよける他の車に比べてかなり遅かったという。 ter quality — Fred Lt is getting his Rster 🐓 jsin86568 しの事故では人間のが乗っていた。 少しでも注意を払う人がいればただちにをかけるか、回避行動をとるのが普通でこんな形の事故はまず起きないはずだ。 目の前に危険が迫っているにもかかわらず、先端の自動運転支援を過信していた。 真の原因は人間の不注意にあるといえそうだ。 現在売られている車すべてにいえることだが、重要なのは便利であっても完璧じゃない機能への理解だ。 こうした車のは、たとえ機能をオンにしても気をつけなければならないことを肝に銘じなくてはならない。 完全な自律性を備えた自動車は存在しない 現在のところ、一般に利用される車の中に完全に自律的なものは存在しない。 2の自律性でさえの注意が必須の不十分なもので、横倒しになった大きなのように特定の障害物を確実に回避できる車もない。 cit: この事故に関するからの公式なは出ていない。 だが今回は警告があっても車にまかせっきりだったのほうに責任がありそうだ。 いくら車とはいえありきの点は普通の車と変わらない。 そのへん間違っちゃうと危険だが、の3の場合は過去にもが話題になるなど無茶な運転事例がたびたび報じられている。 てかこっちの希望は車内で寝っ転がってても安全に目的地に着くスマートカーなんだけど、いっそ道路より障害物が少ないのほうがアリな気もしたり。

次の