ゆうちょ 銀行 から 三井 住友 銀行 振込 手数料。 銀行振込手数料の比較!UFJ・ゆうちょ・みずほ・りそな・三井住友

振込手数料を徹底比較!他行宛てでも無料でお金を振り込む方法|@DIME アットダイム

ゆうちょ 銀行 から 三井 住友 銀行 振込 手数料

ゆうちょ銀行から他の銀行へ振り込む際のやり方を解説します。 まずはポイントからご説明します。 まずは、赤く丸をつけた「ご送金」というボタンを押します。 次に、どういうった種類の口座に送金しますか、と選ぶ画面になります。 他の銀行に振込む手続きなので「他行口座へのご送金」 というボタンを押します。 次に、タッチパネルでは「自分の通帳かカードを入れてください」という風に変わりますので、ATMに通帳かカードを入れます。 カードの挿入口はタッチパネルの上にあります。 緑でランプのようなものが光っています。 僕はカードを使いました。 カードを入れ終わると、タッチパネルで暗証番号を求められました。 入力し終わると、振込みする相手の銀行と口座番号の入力になります。 まずは銀行を選びます。 下でそれぞれの探し方を画像付きで解説しています。 僕は三菱UFJに振り込みたかったので、ボタンを押し、 次に支店名を探します。 五十音順で支店名を探すようになっています。 振込先の支店名の最初に始まる文字を選ぶようにします。 預金の種類はほとんどは相手から「普通預金」と指定されると思います。 口座番号の入力です。 終わったら「確認」を押します。 振込する金額の入力です。 金額を入れたら、「円」のボタンを押します。 終わると、振込する金額が間違いないか、確認の画面が出ます。 問題なければ、緑色の「確認」のボタンを押し 振り込む際の自分の名前は口座名義の名前でいいか、という画面が出ます。 ここも何か特に指定されてなければ、「はい」で進めます。 「名前の前に番号をつけて」と、時々相手から指定されることもありますが、変え方は下で解説しました。 進めると、自分の電話番号の入力、そして振込みの最後の確認画面が出ます。 振込先の相手の名前や口座番号、金額を確認して間違いがないかチェックして「確認」を押します。 そうすると、自分が入力した相手の振込先を登録しておきますか、と出ます。 僕は特に必要がないので「いいえ」を押しました。 これで相手への振込が実行されます。 明細表とカードがATMから出てきますから、受け取って終わりです。 スポンサーリンク くわしく ゆうちょのATMでは、現金だけの振込みはできない 多くの銀行では、口座がなくとも現金だけでATMで振込めますが、残念ですがゆうちょATMではそれができません。 理由は定かではありませんが、ゆうちょ独自のシステムを利用しているため、とも言われています。 公式サイトでも、できないと書いてありました。 手数料 ゆうちょATMから他の銀行への振込は、5万円未満の振り込みで220円、5万円以上で440円となっていました。 口座があれば、ほとんどの銀行にATMで振込が可能 日本には、都市銀行・地方銀などをあわせればたくさんの銀行があります。 ゆうちょの口座があればゆうちょATMから一応、ほとんどの銀行に振込みができます。 都市銀行 地方銀行・第2地方銀行 ネット銀行・信託銀行 信用金庫・JAバンク などの金融機関にゆうちょATMから振込ができます。 日本にある銀行は、「全銀ネット」というシステムにほとんどが加入していて、資金の決済を円滑に進めているためです。 振り込みしたい銀行の探し方 たくさんの銀行があるので、大手銀行以外だと、振り込みたい銀行を探すのに少し苦労する場合があります。 探し方を解説します。 ゆうちょのATMの銀行選択の画面は下のようになっています。 これらの最初の画面に出てくるのは、ほんの一部の銀行で、ほとんどの銀行は検索して自分でボタンを押して探さないといけません。 種類ごとに説明します。 大手銀行 みずほや三井住友銀行や三菱UFJなどの大手は最初の画面で選べます。 ネット銀行 最初の金融機関の選択画面の次のページにいきます。 赤丸をつけた「次の表示」を押して 「その他」を押します。 そうすると、五十音順で銀行名を探すページになります。 (英語で始まる銀行はアルファベットで選ぶ) 探し方は、銀行名の最初の文字を、五十音で選ぶようにします。 例えば、楽天銀行なら「ラ」を選びます。 ジャパンネット銀行なら「シ」を選んで押します。 [ ラ」を押すと、下のように楽天銀行が出てきました。 銀行名を選択した後は、支店を選ぶ画面に移ります。 こちらは、上で解説した通り、五十音で支店名を選んで入力していきます。 地方銀行 やり方はネット銀行の場合と同じです。 地方銀行は、最初のページで、「地方銀行」のカテゴリーを選択するボタンがありますから、押すと ここも五十音に出てきます。 例えば福岡銀行を探すなら「フ」を押します。 選ぶと、支店名を探す画面へと進みます。 ちなみに、自分の振込先が地方銀行かどうかを調べるには、下のような一覧で探すこともできます。 みずほやUFJなどの全国展開してないで、店舗がある銀行は地方銀行であることが多いです。 信用金庫 金融機関を選ぶ最初のページに「信用金庫」がありますから、ここを選びます。 そして、五十音順で探す画面になるので信用金庫の最初の文字が何かで探します。 上田信用金庫なら「ウ」を押します。 限度額の上限は、別に手続きを取れば、上げることができます。 平日の15時までで、システムのトラブルやあまりにギリギリなどでなければ、通常であればその日に反映されると思われます。 振込は「予約」の扱いとなって、翌営業日に処理が完了されて、相手に反映されます。 ゆうちょ同士での振り込みであれば、即時反映ですが、他の銀行への振込だと、相手の銀行の営業時間に合わす形となります。 振込先の名前を、一部変更して振り込む方法 ときどき、振込先の相手から 「名前と一緒に注文番号を入れてください」 「会員番号と名前を入れてください」 などと、名前にプラスの情報を入れて振込んでほしい、と言われることがあります。 名前を一部変えて、振り込むことも可能です。 手順にしたがって、振込先の銀行名・口座番号・金額などを入力して進めていくと 「ご依頼人(自分)の名前」を変更できます。 という画面が出ます。 ここで「いいえ」を押すと、変更ができます。 五十音、英数字を入力して、自分の名前の前に 番号を付けたりすることもできます。 くわしくは下の記事で解説しました。 ファミリーマートのゆうちょATM コンビニのファミリーマートに、ゆうちょのATMを設置している店舗もあります。 こちらからも、ゆうちょのキャッシュカードを用いて、他の銀行への振り込みも可能です。 区別しておく点としては、 ファミマにあるゆうちょから出してるATMで、ゆうちょのキャッシュカードを使って他行への振り込みができますが ファミマによくある「イーネットATM」からは「引き出し・預け入れ」のみで、他行への振り込みができない点は理解しておくといいかもしれません。

次の

SMBCダイレクトとゆうちょダイレクトの比較、振込手数料はどちらが安い?

ゆうちょ 銀行 から 三井 住友 銀行 振込 手数料

三井住友銀行の他行宛振込手数料は、インターネットバンキングを使うと、3万円未満で220円、3万円以上で440円かかります。 わずか数百円とはいえ、毎月の3万円以上の振込を1回するだけで、年間5,000円もかかることになりますね。 「SMBCポイントパック」の特典を見ても、他行宛振込手数料が無料になる条件はありません。 三井住友銀行の他行宛振込手数料は、無料にできないものでしょうか? 実は、 送金方法を工夫すれば、振込手数料を無料にできるんです! そこで、三井住友銀行から他の銀行への送金を 無料で行う方法を送金先別にまとめました。 2019. 20 三井住友銀行・三菱UFJ銀行のATM共同利用に伴い、ATMによる送金方法を追記しました。 2020. 16 イオン銀行への送金方法を追記しました。 2020. 28 送金アプリpringによる送金方法を追記しました。 三菱UFJ銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、 条件付きで無料になります。 三菱UFJ銀行で 給与を受取っている、もしくは定期預金などで 預金残高が30万円以上ある場合には「シルバーステージ」となり、コンビニATM利用手数料は月2回まで無料となります。 三井住友銀行から三重銀行・名古屋銀行への送金を無料化する 三重銀行もしくは名古屋銀行のATMで入出金 「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 三重銀行ATMもしくは名古屋銀行のATMで、 「三井住友銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 その後、同じATMで 「三重銀行もしくは名古屋銀行のキャッシュカード」を使い、 現金を入金します。 平日8:00~18:00までの間なら、三重銀行・名古屋銀行ATMを使った三井住友銀行からの出金は 無料です。 三井住友銀行から住信SBIネット銀行への送金を無料化する pringで送金する 住信SBIネット銀行の 自分名義の口座に送金するときに使える方法です。 送金アプリpringを使い、三井住友銀行から住信SBIネット銀行へ送金します。 三井住友銀行からpringにチャージします。 pringにチャージされたお金を住信SBIネット銀行に送金します。 コンビニATMで入出金 「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 EネットATMやセブン銀行ATM・ローソンATMで、「三井住友銀行のキャッシュカード」を使って現金を引き出します。 三井住友銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、 条件付きで無料(月3回まで)になります。 「 Web通帳の申し込み」「預金残高30万円以上」のどちらかで、 SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしておきましょう。 その後、 同じコンビニATMで「振込先の住信SBIネット銀行のキャッシュカード」で入金します。 住信SBIネット銀行のコンビニ入金手数料は無料。 夜間や土日も手数料がかかりません。 定額自動入金サービスを利用 口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。 毎月一定額を住信SBIネット銀行に振り込む場合なら、 定額自動入金サービスが便利です。 これは入金先の住信SBIネット銀行が提供しているサービスになるのですが、 他の銀行の自分の口座から毎月一定額を入金できるという内容です。 たとえば、三井住友銀行に振り込まれる給与のうち、毎月3万円を住信SBIネット銀行で積み立てたいというような用途に使えます。 手数料はかかりません。 さらに定額入金と言いつつも、 入金する金額は毎月変更できるので、使い勝手が良いです。 注意点としては、引き落とし日が毎月5日もしくは27日となり、入金日がその4営業日後になること。 また、 入金は1万円以上という制限もあります。 振込に取って代わるサービスで、画期的ですね。 三井住友銀行からソニー銀行への送金を無料化する 三井住友銀行のATMで入出金 「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 まず、三井住友銀行のATMで現金を引き出します。 続けて同じATMを使い、 「ソニー銀行のキャッシュカード」で現金を入金します。 ATMからソニー銀行への入金は 無料です。 おまかせ自動入金サービスを利用 口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。 ソニー銀行の 「おまかせ自動入金サービス」を利用すると、毎月一定額を三井住友銀行からソニー銀行に振り込むことができます。 手数料はかかりません。 三井住友銀行からジャパンネット銀行への送金を無料化する pringで送金する ジャパンネット銀行の 自分名義の口座に送金するときに使える方法です。 送金アプリpringを使い、三井住友銀行からジャパンネット銀行へ送金します。 三井住友銀行からpringにチャージします。 pringにチャージされたお金をジャパンネット銀行に送金します。 まず、三井住友銀行のATMで現金を引き出します。 続けて同じATMを使い、 「ジャパンネット銀行のキャッシュカード」で現金を入金します。 ATMからジャパンネット銀行への入金は 月1回まで無料、2回目以降は3万円以上なら無料です。 SMBCダイレクトで振込 口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。 SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしている場合、三井住友銀行のインターネットバンキングSMBCダイレクトで、ジャパンネット銀行の本人名義口座へ振込む場合に限り、 振込手数料が無料になります。 定額自動送金サービスを利用 こちらも、口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。 ジャパンネット銀行の 「定額自動入金サービス」を利用すると、毎月一定額を三井住友銀行からジャパンネット銀行に振り込むことができます。 手数料はかかりません。 三井住友銀行から楽天銀行への送金を無料化する pringで送金する 楽天銀行の 自分名義の口座に送金するときに使える方法です。 送金アプリpringを使い、三井住友銀行から楽天銀行へ送金します。 三井住友銀行からpringにチャージします。 pringにチャージされたお金を楽天銀行に送金します。 コンビニATMで入出金 「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 セブン銀行ATMやローソンATM、ファミリーマートやスーパーに設置されている E-net ATMで、「三井住友銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 ただし、 3万円未満の入金の場合は手数料がかかってしまうので、楽天銀行のに申し込んだうえで、楽天銀行の口座残高が常に10万円を上回るようにしておきましょう(定期預金で10万円預金しておくのが確実)。 こうすると、楽天銀行への入金時の ATM利用手数料が月1回無料になります。 三井住友銀行から「ゆうちょ銀行」への送金を無料化する pringで送金する ゆうちょ銀行の 自分名義の口座に送金するときに使える方法です。 送金アプリpringを使い、三井住友銀行からゆうちょ銀行へ送金します。 三井住友銀行からpringにチャージします。 pringにチャージされたお金をゆうちょ銀行に送金します。 E-net ATMで入出金 「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 ファミリーマートやスーパーに設置されている E-net ATMで、「三井住友銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 三井住友銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、 条件付きで無料(月3回まで)になります。 「Web通帳の申し込み」「預金残高30万円以上」のどちらかで、SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしておきましょう。 その後、同じATMで 「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使って入金します。 ただし、入金手数料が無料なのは、 平日8:45~18:00と、土曜日9:00~14:00のみです。 それ以外の時間帯や日曜祝日は入金手数料220円がかかってしまうので、ご注意を。 三井住友銀行からイオン銀行への送金を無料化する pringで送金する イオン銀行の 自分名義の口座に送金するときに使える方法です。 送金アプリpringを使い、三井住友銀行からイオン銀行へ送金します。 三井住友銀行からpringにチャージします。 pringにチャージされたお金をイオン銀行に送金します。 三菱UFJ銀行ATMで入出金 「振込先のイオン銀行のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 まず、 「三菱UFJ銀行のATM」で三井住友銀行のキャッシュカードを使い、 現金を引き出します。 その後、同じATMで 「振込先のイオン銀行のキャッシュカード」を使い、 現金を入金します。 三菱UFJ銀行との店舗外ATM共同利用開始により、2019年9月22日以降、この方法が利用が利用可能になりました。 なお、朝8:45以前もしくは夜9時以降は現金引出時にATM利用手数料110円がかかります。 自動入金サービスを利用 口座が同一名義の場合にのみ、使える方法です。 イオン銀行の 「自動入金サービス」を利用すると、三井住友銀行の口座からイオン銀行への振込を毎月自動で行うことができます。 手数料は無料です。 三井住友銀行から複数銀行口座への送金を無料化する 三井住友銀行の口座から複数の口座へお金を分散して移動する必要がある場合、 住信SBIネット銀行をハブ銀行として利用する方法がお勧めです。 まず、「三井住友銀行から住信SBIネット銀行への送金を無料化する」で紹介した方法のいずれか(コンビニATMでの入金もしくは定額自動入金)で、住信SBIネット銀行へ入金します。 その後、住信SBIネット銀行からネットで振込を行います。 住信SBIネット銀行からの振込は、 月末残高が30万円以上あれば、月3回まで無料です。 ちなみに、振込先が多い我が家ではこの方法を使って、振込手数料を0円にしています。 月3回振込手数料無料をキープするために、住信SBIネット銀行に定期預金で30万円を預けておくのが確実です。 三井住友銀行から毎月定期的に振込する場合 三井住友銀行の自動送金サービスも、住信SBIネット銀行を利用することで無料化できます。 提携銀行と無料特典、ネットをフル活用しよう 以上のように、銀行口座間でお金を移動するには、様々な方法があります。 最近は特に、提携銀行のATM無料化や、コンビニATMの無料サービス、無料入金サービス、送金アプリなどを利用することで、個人の口座間の資金移動はほぼ0円でできます。 毎月、振込手数料に330円を払っていたら、1年で何と3,960円! 振込手数料のかからない送金にぜひチャレンジしてみましょう。

次の

ゆうちょ銀行から他銀行への振込手数料を無料にするには?

ゆうちょ 銀行 から 三井 住友 銀行 振込 手数料

目次 更新日: 2019-10-05• 0. ゆうちょ銀行は送金手段のパターンが豊富で便利なのですが、一般的な銀行と比べ若干用語が特殊だったりします「振込(ふりこみ)」「振替(ふりかえ)」「払込(はらいこみ)」の違いって分かりますか? 用語の違い・手数料について整理してみました。 ゆうちょ銀行の振込手数料・振替手数料の一覧 郵便振替手数料は、以下の通りです。 一般的な銀行と用語・言葉遣いが違うところがあり、初めて使う人は戸惑うかもしれません。 「振替(ふりかえ)」、「振込(ふりこみ)」、「払込(はらいこみ)」の意味をそれぞれ押さえておくとよいです。 ゆうちょ銀行の総合口座・一般振替口座を持っている人同士の間で送金するケースです。 ゆうちょ銀行の総合口座・振替口座から、郵貯銀行以外の銀行口座に送金するケースです。 払込には、「通常払込」と「電信払込」の2種類があり、送金タイミングの違いがあります。 通常払込は送金が完了するまで数日かかりますが、 電信払込であれば即座に送金が完了します。 決して安くはないのでメインバンクとして利用しつつも、ネット系銀行のや、 のような 振込手数料が無料の銀行をサブ銀行として組み合わせると全体的な使い勝手が向上します。 ゆうちょ銀行ATMの利用について 新生銀行の口座を持っている場合 ゆうちょ銀行のATMを使っての口座から引出しを行った場合、いったん手数料がかかるが、1ヶ月分をまとめて翌月初旬にキャッシュバックされるため、実質無料でゆうちょ銀行ATMが利用できる。 また入金・残高照会は初めから無料。 トピック 2016年10月からゆうちょ銀行間のATMによる送金「電信振替」が無料から有料化に 2016年10月からは、月3回まで無料。 4回目からは123円の有料化の予定(2016年8月16日の日経新聞より)。 いままでATMからのゆうちょ銀行間の送金 「電信振替(でんしんふりかえ)」が何回でも無料でしたが、一部の利用者(ネットオークション業者など)が月に1,000回以上も送金を行うといった無茶な使い方をしていることや、日銀のマイナス金利政策で資金運用では収益が上がらない中、手数料収益を確保せざるを得ない状況になった事が原因のようです。 郵便局のネットショップ 民営化した日本郵政グループの郵便局株式会社が運営する総合通販ショップ。 表示価格はすべて送料込みの値段で遠方ほどお得になる 郵便局通販ならではの商品、日本各地のお取り寄せグルメをはじめとし、 Youチョイス、ふるさと小包、ちょこっとプラス、ふるさと味倶楽部商品、産地直送の名産品、父の日や母の日の贈り物、お中元・お歳暮・お年始などのご挨拶ギフト商品。 さらに郵便局ならではのフレーム切手やオリジナルグッズ等を取り扱っている。 銀行を使いこなす• 銀行振込手数料比較•

次の