福島 フィフティ。 福島の上映スケジュール:イオンシネマ

Fukushima 50|イオンシネマ

福島 フィフティ

原発の問題は海外でもかなり注目され、各国でもどうなることかと推移を見つめている様子です。 50人ほどの作業員が炉心溶融を防ぐため、交代で決死の作業を続けていることもニュースになっており、ありとあらゆる問題が考えられる中、どうやって冷やすか、放射線レベルをどうやって低下させるかと命がけの状況が続いています。 海外の専門家によれば、どのような防護服を着ていても現場では何らかの健康に支障が出る可能性があるといった見方をしています。 ノースキャロライナ大学の疫学のデイビッド・リチャードソ教授は、「現在福島にいる作業員が1時間にさらされる放射能の量は、米国の原子力発電所に勤務する作業員が一生をかけて受ける放射能の量と同じである」とBBCに伝えています。 また香港大学の毒物学者のリー・ティン・ラップ氏は、「現在の放射能のレベルはすぐに危険というレベルではない」と伝えながらも「長期的には影響が出る可能性もある」とロイターに伝えています。 「呼吸により肺や、皮膚、目、口などから吸収されることによって、長期的にはどんな影響が出るか未知数である」とも付け加えています。 英語メディアでも、それぞれの建物の爆発や、どんな量の放射線が計測されているかまで事細かく報道されていますが、この50人の作業員たちの記事は、「彼らこそが真のヒーローであり、称えるべきである」と言った論調で、フェイスブックや掲示板などを中心に脚光を浴びています。 海外掲示板の反応を、抜粋してご紹介します。 ・今把握していることは、これらの作業は引き返せないってこと。 彼らは勇気がありヒーローだよ。 マスコミが彼らの写真と名前を公表してくれたら称賛できるのに。 本当にリアルなヒーローだ。 全員がだよ。 ・自分のことを冷静な人間だと思っている。 だけど今、日本で起きていることはオレに涙を流させる。 オレは日本人も日本の文化も本当に好きなんだ。 心が潰れそうだよ。 ・日本を訪れた経験があるオレからも言わせてもらうと、ほとんどの人は日本って国がどれだけ偉大であり、文化を持っているのか過小評価していると思う。 日本を去ってから、もう一度行きたくてしょうがないよ。 ぜひチャンスがあったら文化を学んで、基本的な日本語を学んで、少なくとも東京を経験してみて欲しい。 今まで経験したこともないことが、そこにあると保証する。 そしてオレは次に行くまで待てない。 ・彼らにとってかなり厳しいことになると思う。 警察、消防士、その他注目を受けている人々が勇気がないと言っているわけではないけど、ほとんどの人間は苦しまずに急に死が訪れる分、まだマシだと言える。 この50名は違うんだ、病気などによって生命が激烈に短くなってしまう。 ・かなり大きなリスクで、彼らは本当に勇気ある人々だ。 ・もしかしたら突然変異でスーパーパワーがついて、寿命が劇的に伸びるかもしれない。 毎日ステーキと女を一生約束してやるんだ。 ・みんな大げさすぎる。 まだ問題となる放射線量よりずっと低いんだ。 だがこの日本人たちは全く違うレベルにいる。 みんな彼らがやっていることを想像してみてくれ。 どんな風に死ぬかがわかるんだぞ。 ・このニュースが掲示板の一番人気になることは、彼らに対しての祈りになると思っている。 一票を投じたい。 ・彼らこそがヒーローの定義である。 ・まさに本物だ。 歴史で読むような内容だ。 大きな人間だ。 もう他に言うことがない。 彼らは本当にヒーローだよ。 ・チェルノブイリのドキュメンタリーで封鎖担当の科学者が事故の直後に「この手の災害を招かない方法は原発を持たないことだ」と発言している。 これは1988年のことで、彼はこうも言った。 「放射能に対応する知識やテクノロジーを我々は欠いている」。 当時は遠隔操縦のブルドーザーで損壊した瓦礫を片付けていたが、未来にはそういった無人の手段が人に被害を負わせないために出てくるかもしれない。 ・アルファ粒子は紙によって止められ、ベータ粒子はアルミニウムによって止められる。 ガンマ放射線は驚くほど周波数が高い(それより高いものがないほど)。 そのため透過率が高い。 宇宙服は少しは防護になるかもしれないが、完全ではない。 ・宇宙服の保護は雨の日の紙みたいなもんだ。 ・とにかく放射能から守るには鉛による保護とたくさんの水だ。 放射線バンカーが周りに作られていると思うが、そこら中で実行されているわけじゃない。 とにかくどうやって生き残るか、どうやって放射線から身を守るかを忘れないでいて欲しい。 放射線にさらされる時間を短く、距離を長く、保護を大きく(時間、距離、保護)だ。 ・ヤマトダマシイは生き続ける。 ・一歩間違えば、命がけのホットゾーンに入ることを思えば、彼らは勇気がある。 だけどあまりセンセーショナルに捉えないようにしよう。 248ミリシーベルトは平均的な人間が40年に自然に受ける被曝量だ。 原発の作業員はさらに400〜800ミリシーベルトが20〜40年の間に上乗せされる。 もし彼らが1時間に248ミリシーベルトを被曝したなら、すでに死んでいるはずだ。 ・さらに200人くらいが当たっているとも聞いた。 ひとりあたりの被曝量を最低限に抑えるために。 また、水を撒くヘリコプターのパイロットや、水を放水する警察がいることも記述しておく。 全員がヒーローだ。 だが帰還できないミッションではない。 ハイレベルの放射線に体を投げ出しているわけではない。 詳しいことはここに書かないが、彼らがひどい死に向かっているとは思わない。 オレは生き残るということに関しては楽観的だ。 ヒーローになるのに死ななくても良いはずだ。 ・現時点の放射線がどんなに低量か理解されていない。 まだ長期的にも問題が出ない程度だ。 ソビエトのチェルノブイリと比べものにならない。 ・別のソースから見た内容からすると、原発の放射線からガンになるまで15〜30年ほどかかるそうだ。 ほとんどの作業員は別の理由で亡くなることが考えられる。 ・心のどこかで彼らが超能力を持って出てくるんじゃないかと願ってる。 冷静に判断する人や、称賛する人の声などいろいろですが、遠い国の彼らから見てさえも、現場で作業する方々には頭が下がる思いのようです。 志願して現場の応援に向かった職員もいるとのことですが、見守るしかない我々は、報道されてるように危険ではないレベルの被曝で済むよう祈るばかりです。

次の

「被災者にはつらいシーンがある。それでも…」佐藤浩市が映画「Fukushima 50」で見せた福島復興への思い (1/2)

福島 フィフティ

最終更新日:2019年5月1日 映画「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」福島第一原発事故の最前線 佐藤浩市に渡辺謙 東日本大震災時の福島第一原発事故を描く映画「Fukushima 50」が2020年に公開されます。 原作は90人以上の関係者の取材をもとにした門田隆将のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」。 主演の佐藤浩市が福島第一原発1、2号機の当直長。 渡辺謙は亡くなった福島第一原発の吉田昌郎所長を演じます。 目次・Fukushima 50 (フクシマフィフティ) ・ ・ ・ ・ ・ あらすじ、2011年3月 福島原発で約50人の作業員が残り続けていた 2011年3月11日午後2時46分。 最大震度7という日本の観測史上、最大の地震が発生した。 巨大な津波が福島第一原子力発電所を襲う。 原子炉は冷却が不可能となり、建屋が次々に水素爆弾を起こしてメルトダウンが迫っていた。 原発の当直長の伊崎利夫は次々と起こる不測の事態に対応せざるを得ない。 所長の吉田昌郎は現場の指揮を執りつつ、混乱する本社とのやり取りに悪戦苦闘。 福島原発を放棄すれば、その影響は5000万人にも及ぶ。 自衛隊は緊急出動、米軍は「トモダチ作戦」を発動。 その中で、福島原発の現場には約50人の作業員が残り続けていた。 キャスト、佐藤浩市に渡辺謙 2011年3月11日の福島第一原発事故。 現場で戦い続けた約50人の作業員の姿を描く映画『』(フクシマ・フィフティ)の製作が決定しました。 主演・佐藤浩市、共演・渡辺謙、監督は若松節朗。 あの日、現場では何があったのか?報道だけではわからない真実を描きます。 公開は2020年です。 — 角川映画 宣伝部 kadokawaeiga 伊崎 利夫 — 佐藤浩市 福島第一原発1、2号機当直長。 吉田 昌郎 — 渡辺謙 福島第一原発所長。 Wikiwikiメモ ・若松節朗監督は「ホワイトアウト」(2000年)、「沈まぬ太陽」(2009年)などを手掛けた ・タイトルの「Fukushima 50」は福島第一原発で現場に残り続けた約50人の作業員を欧米メディアが呼称していた ・佐藤浩市が演じる伊崎利夫は仮名、渡辺謙が演じるのは亡くなった吉田昌郎元所長 公式ツイッター 映画『Fukushima 50』、2020年公開です。 2011年3月11日。 福島第一原発内に残った名もなき作業員たちの物語。 出演: 監督: 脚本: 音楽: — 映画『Fukushima 50』 フクシマフィフティ Fukushima50JP 令和元年5月1日。 全国で新聞広告を実施しました。 皆様にとって良い時代でありますように。 【北海道】北海道新聞 【福島】福島民友新聞 【関東】朝日新聞、読売新聞 【東海】中日新聞 【関西】朝日新聞、読売新聞 【九州】西日本新聞 — 映画『Fukushima 50』 フクシマフィフティ Fukushima50JP 概要とスタッフ 映画公開日:2020年 公式サイト: ツイッター公式アカウント: 監督:若松節朗 脚本:前川洋一 原作:門田隆将 映画発表日:2018年11月20日 映画撮影期間:2018年11月25日〜2019年1月末.

次の

Fukushima 50 (映画)

福島 フィフティ

原発の問題は海外でもかなり注目され、各国でもどうなることかと推移を見つめている様子です。 50人ほどの作業員が炉心溶融を防ぐため、交代で決死の作業を続けていることもニュースになっており、ありとあらゆる問題が考えられる中、どうやって冷やすか、放射線レベルをどうやって低下させるかと命がけの状況が続いています。 海外の専門家によれば、どのような防護服を着ていても現場では何らかの健康に支障が出る可能性があるといった見方をしています。 ノースキャロライナ大学の疫学のデイビッド・リチャードソ教授は、「現在福島にいる作業員が1時間にさらされる放射能の量は、米国の原子力発電所に勤務する作業員が一生をかけて受ける放射能の量と同じである」とBBCに伝えています。 また香港大学の毒物学者のリー・ティン・ラップ氏は、「現在の放射能のレベルはすぐに危険というレベルではない」と伝えながらも「長期的には影響が出る可能性もある」とロイターに伝えています。 「呼吸により肺や、皮膚、目、口などから吸収されることによって、長期的にはどんな影響が出るか未知数である」とも付け加えています。 英語メディアでも、それぞれの建物の爆発や、どんな量の放射線が計測されているかまで事細かく報道されていますが、この50人の作業員たちの記事は、「彼らこそが真のヒーローであり、称えるべきである」と言った論調で、フェイスブックや掲示板などを中心に脚光を浴びています。 海外掲示板の反応を、抜粋してご紹介します。 ・今把握していることは、これらの作業は引き返せないってこと。 彼らは勇気がありヒーローだよ。 マスコミが彼らの写真と名前を公表してくれたら称賛できるのに。 本当にリアルなヒーローだ。 全員がだよ。 ・自分のことを冷静な人間だと思っている。 だけど今、日本で起きていることはオレに涙を流させる。 オレは日本人も日本の文化も本当に好きなんだ。 心が潰れそうだよ。 ・日本を訪れた経験があるオレからも言わせてもらうと、ほとんどの人は日本って国がどれだけ偉大であり、文化を持っているのか過小評価していると思う。 日本を去ってから、もう一度行きたくてしょうがないよ。 ぜひチャンスがあったら文化を学んで、基本的な日本語を学んで、少なくとも東京を経験してみて欲しい。 今まで経験したこともないことが、そこにあると保証する。 そしてオレは次に行くまで待てない。 ・彼らにとってかなり厳しいことになると思う。 警察、消防士、その他注目を受けている人々が勇気がないと言っているわけではないけど、ほとんどの人間は苦しまずに急に死が訪れる分、まだマシだと言える。 この50名は違うんだ、病気などによって生命が激烈に短くなってしまう。 ・かなり大きなリスクで、彼らは本当に勇気ある人々だ。 ・もしかしたら突然変異でスーパーパワーがついて、寿命が劇的に伸びるかもしれない。 毎日ステーキと女を一生約束してやるんだ。 ・みんな大げさすぎる。 まだ問題となる放射線量よりずっと低いんだ。 だがこの日本人たちは全く違うレベルにいる。 みんな彼らがやっていることを想像してみてくれ。 どんな風に死ぬかがわかるんだぞ。 ・このニュースが掲示板の一番人気になることは、彼らに対しての祈りになると思っている。 一票を投じたい。 ・彼らこそがヒーローの定義である。 ・まさに本物だ。 歴史で読むような内容だ。 大きな人間だ。 もう他に言うことがない。 彼らは本当にヒーローだよ。 ・チェルノブイリのドキュメンタリーで封鎖担当の科学者が事故の直後に「この手の災害を招かない方法は原発を持たないことだ」と発言している。 これは1988年のことで、彼はこうも言った。 「放射能に対応する知識やテクノロジーを我々は欠いている」。 当時は遠隔操縦のブルドーザーで損壊した瓦礫を片付けていたが、未来にはそういった無人の手段が人に被害を負わせないために出てくるかもしれない。 ・アルファ粒子は紙によって止められ、ベータ粒子はアルミニウムによって止められる。 ガンマ放射線は驚くほど周波数が高い(それより高いものがないほど)。 そのため透過率が高い。 宇宙服は少しは防護になるかもしれないが、完全ではない。 ・宇宙服の保護は雨の日の紙みたいなもんだ。 ・とにかく放射能から守るには鉛による保護とたくさんの水だ。 放射線バンカーが周りに作られていると思うが、そこら中で実行されているわけじゃない。 とにかくどうやって生き残るか、どうやって放射線から身を守るかを忘れないでいて欲しい。 放射線にさらされる時間を短く、距離を長く、保護を大きく(時間、距離、保護)だ。 ・ヤマトダマシイは生き続ける。 ・一歩間違えば、命がけのホットゾーンに入ることを思えば、彼らは勇気がある。 だけどあまりセンセーショナルに捉えないようにしよう。 248ミリシーベルトは平均的な人間が40年に自然に受ける被曝量だ。 原発の作業員はさらに400〜800ミリシーベルトが20〜40年の間に上乗せされる。 もし彼らが1時間に248ミリシーベルトを被曝したなら、すでに死んでいるはずだ。 ・さらに200人くらいが当たっているとも聞いた。 ひとりあたりの被曝量を最低限に抑えるために。 また、水を撒くヘリコプターのパイロットや、水を放水する警察がいることも記述しておく。 全員がヒーローだ。 だが帰還できないミッションではない。 ハイレベルの放射線に体を投げ出しているわけではない。 詳しいことはここに書かないが、彼らがひどい死に向かっているとは思わない。 オレは生き残るということに関しては楽観的だ。 ヒーローになるのに死ななくても良いはずだ。 ・現時点の放射線がどんなに低量か理解されていない。 まだ長期的にも問題が出ない程度だ。 ソビエトのチェルノブイリと比べものにならない。 ・別のソースから見た内容からすると、原発の放射線からガンになるまで15〜30年ほどかかるそうだ。 ほとんどの作業員は別の理由で亡くなることが考えられる。 ・心のどこかで彼らが超能力を持って出てくるんじゃないかと願ってる。 冷静に判断する人や、称賛する人の声などいろいろですが、遠い国の彼らから見てさえも、現場で作業する方々には頭が下がる思いのようです。 志願して現場の応援に向かった職員もいるとのことですが、見守るしかない我々は、報道されてるように危険ではないレベルの被曝で済むよう祈るばかりです。

次の