年末ジャンボミニ 確率。 「ミニ」なら当たりやすい?覚えておきたい年末ジャンボミニの当せん本数と賞金|@DIME アットダイム

年末ジャンボ宝くじの期待値やミニとの比較は?控除率や還元率は?

年末ジャンボミニ 確率

2019年も 年末ジャンボプチの季節がやってまいりました。 ・・・が、 今年は発売予定がありません! 私は毎年楽しみにしていた方なので、この発表は残念です。 今年の年末ジャンボ宝くじは• この2種類が発売します。 ですので、年末ジャンボプチの1等賞金や当選確率などの情報は無いのですが、参考のために昨年の情報をそのまま掲載しておきますので、何かの比較に使われるなどのために使ってみてください。 ------------ ----------------------- ------------------------------------- その中でやっぱり気になるのは 1等賞金額や 当選確率ですよね。 もうすでに年末ジャンボプチ1000万というネーミングでの販売なので、1等賞金額は1000万円というのはわかりますね。 その1等以外の2等や3等などの気になる各賞についても、2017年から比べてどのように変わったのか。 当たる確率や本数、賞金額などを詳しくまとめました。 そして最後にそれらを表にして当選確率など見やすくしたので、ぜひ最後までご覧ください。 (*ミニロトは一口200円ですが) そして2017年は1等賞金700万円でそこから300万円アップしたわけですが、当選本数は変わっていないというのも魅力的です。 このように発表されます。 前後賞は年末ジャンボと年末ジャンボミニ• 組違い賞は年末ジャンボのみ このように覚えておくといいでしょう。 年末ジャンボプチの1口の値段はいくら? 年末ジャンボプチは1等1000万円で、年末ジャンボに比べると規模は小さいですが 1口の値段は300円です。 これは年末ジャンボもミニもプチも同じ300円です。 「1等賞金少ないのに同じ値段なの~?」 って思うかもしれません。 ただ、普通に考えると1ユニットの中に1000万円が100本入ってるので、1等賞金として用意されてる額は10億円なんですね。 それを1人でとるか、100人で分けるかといった差です。 年末ジャンボやミニと比べ等級は少ないですし、賞金額も低いですが「1000万円を狙う!」という人にはかなりチャンスの宝くじとなっています。 2018年の年末ジャンボプチでは2等の当選金額は10万円となっており、その本数は1ユニットに1000本です。 これは2017年の2等の数から大幅に減り、 3000本あったのが1000本に減少しました。 1等1000万円になった影響がこの2等に現れています。 2018年の年末ジャンボプチでは3等の当選金額は1万円となっており、その本数は1ユニットに1万本です。 こちらも2017年の3等の数と大きく変更があり、2017年は 2万本の本数があったものが2018年は半分の1万本です。 こちらも1等賞金の影響が色濃く出ています。 2018年の年末ジャンボプチでは4等の当選金額は300円となっており、その本数は1ユニットに100万本です。 この等級が一番下です。 寂しいですが、年末ジャンボプチは4等までしかないという事は覚えておきましょう。 ただし、その影響が2等や3等の本数に現れているので、本当にピンポイントで1000万円を狙いたい人に向いているのが年末ジャンボプチ1000万でしょう。 もうちょっと賞金額を上げたかったり、もっと等級の幅を増やしてほしい人は、年末ジャンボやミニを狙ってみましょう。 ぜひ、年末ジャンボプチ以外の賞金額や当選確率も確認してみてください。 1等を当てたいなら西銀座チャンスセンターが人気! 宝くじと聞くと真っ先に思い浮かぶ 「ジャンボ宝くじ」 そんな宝くじで毎回高額当選がでて、常にニュースなどでも話題に上るのが 西銀座チャンスセンター ここで購入されている方も多いのではないでしょうか。 でも、西銀座チャンスセンターで購入してみたいけど、いろんな理由で購入できない人もたくさんいると思います。 例えば、• 大安とかの日に買いたいけど時間が合わない。 東京が遠すぎて、地方に住む自分には関係ない事だと思っていた。 並んで買う気にならないからあきらめていた。 こういう人って多いと思うんですよね。 でも、こんな 面倒なことをあなたの代わりに全部引き受けてくれる 「宝くじ購入代行サービス」というものがあります。 もし「西銀座チャンスセンター」で一攫千金を狙ってみたかったけど、いろんな理由で断念していた人はこちらのページをぜひご覧になって下さい。

次の

2018年年末ジャンボ宝くじの確率は?当選金額と本数から期待値を計算した

年末ジャンボミニ 確率

年末ジャンボ宝くじは昨年同様の1等前後賞あわせて10億円です。 同時発売の年末ジャンボミニは別記事にします。 今年はプチはないです。 第818回年末ジャンボ宝くじの確率など 販売期間:2019年11月20日 水 から2019年12月21日 土 まで 単価:1枚300円 抽せん日:2019年12月31日 火 抽選結果は夕方頃にが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。 等級 当せん金 当せん確率 分の1 売上配分 本数 1 等 700,000,000 20,000,000 11. 23ユニットの予定なので、総本数は23倍です。 ポイント1:1等7億円は2000万分の1 1等前後賞あわせて10億円、4年連続の2000万本に1組です。 トトビックは1等約478万分の1と4倍ほど当たりやすく、たまに最大10億円。 年末ジャンボは1等を最大規模の賞金額にしなきゃだし、宝くじは1等以外も充実させなきゃだから、しょうがないとも言えますけどね。 その代わりにミニやプチで特徴だしてもらいたかったけど、売れないですね。 前賞や後賞のみ1. 5億円もあれば、私のこれからの生涯手取り額の倍はあるので、バラで少ない枚数にします。 ポイント2:1万円の本数増の宣伝!低額を充実させる 今までは 10万円の本数増えたって宣伝してましたが、年末ジャンボからは 1万円の本数増って宣伝するそうです。 そのせいで、から10万円の本数を減らし、1万円の本数に充てています。 昨年から10万円を2000本減らして、1万円を20000本増やしています。 本数は増えていますが、ここで賞金総額が増えている訳ではないです。 (低額の)本数が増えたからって、騙されているようで嫌ですね。 宝くじは配当率が低いけど、高額賞金でも税金不要なのがメリットです。 なのに、税金の意味ない1万円の本数が増えてもちっとも嬉しくない。 年末ジャンボの10枚3000円で1万円が当たってもって気がしません? ポイント3:年末ラッキー賞を設定し配当総額を改善! 年末ジャンボは賞金への配当が50%でしたが、 昨年は49. 2%でした。 今年は年末ラッキー賞の0. 67%を追加して、 49. 8%に改善しました! できれば4等10万円と同じ2000本ではなく、2500本で50%にして欲しかった。 もっと言えば1万円の本数を増やして低額ばかりだから、500万円を10本とか高額の賞金にして欲しかったけど。 年末ジャンボの売上は? 2018年は年末ジャンボが940億円、ミニが315億円、プチが148億円でした。 2017年は年末ジャンボが983億円、ミニが337億円、プチが169億円でした。 2016年は年末ジャンボ1076億円、ミニが366億円、プチが262億円でした。 着実に毎年、毎年販売額がどれも落ちてますね。 ネット会員は150万人を超えたみたいだけど、売上減を止めるほどは? なったので売れて欲しかったけど、他よりも減少率が高いぐらいでした。 すごく残念で、そのせいでプチがなくなりました。 高額賞金に偏った配分の宝くじは売れないんですかね。 残念です。 計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。 輝美 小口の1万円が1000分の2ですが、むしろ歓迎ですよ。 ジャンボ宝くじの売り上げ低迷が続いているのも 頭と尻ばかり大きくて中間部分がスカスカな事が原因ですよ。 税金でどっさり持っていかれるくらいなら 景品として配る宝くじは経費扱いで節税にもなるし 商品も売れるし、更には会社のPRにもなっていい事ずくめです。 大型当籤で気が大きくなるのか、 はったりで多く吹聴する傾向があるとの事です^^ ——— コメントに対する返信 ——— 1万円を増やしたといっても500分の1。 15万円分でようやく1万円が当たる確率。 パチンコとか競馬とかに比べてあまりにも1万円のハードルが高すぎる。 これだと「1万円が増えたっていうから30枚買ったけど1万円も当たらなかった」って人がほとんど(50人中47人)。 「 たった1万円でも 宝くじはやっぱり当たらないや」って人が増えるだけのような気が。 まぁ、50人中3人が1万円当たるんならって考えもありか? 私が高額賞金を増やして欲しいだけで、アンケートとか見ると少額賞金の300円、3000円もなくさないでくれっていう方が多いみたいですね。 森 理想的な年末ジャンボはこうなりますね。 ——— コメントに対する返信 ——— 他のくじとの関係からも年末ジャンボで10億円未満にはできないんだろうけど、 2000万分の1にするぐらいなら7億円ぐらいに抑えてほしいなぁ。 森 理想的な年末ジャンボはこうなりますね。 2020バージョン 1等:7億円 2000万分の1 、前後賞:1億5000万円 1000万分の1 、組違い賞:10万円 約10万分の1 、2等:1000万円 約667万分の1 、3等:100万円 50万分の1 、4等:5万円 約3333分の1 、5等:1万円 500分の1 、6等:3000円 100分の1 、7等:300円 10分の1 ——— コメントに対する返信 ——— 2019から3等100万円を減らし、年末ラッキー賞2万円をなくし、4等を5万円にした分で4等を当たりやすくするんですね。 私は1等を1000万分の1にして欲しい! 1等前後賞あわせて10億円からは下げないとしたら、末等をなくして! 1等:7億円 1000万分の1 、前後賞:1億5000万円 500万分の1 、組違い賞:10万円 約10万分の1 、2等:1000万円 200万分の1 、3等:100万円 25万分の1 、4等:10万円 1万分の1 、5等:1万円 1000分の1 、6等:1000円 50分の1 (の方にも是非、コメントを!!) 森 理想的な年末ジャンボはこうなりますね。 1等:7億円 2000万分の1 、前後賞:1億5000万円 1000万分の1 、組違い賞:10万円 約10万分の1 、2等:1000万円 100万分の1 、3等:100万円 25万分の1 、4等:5万円 約3333分の1 、5等:1万円 1000分の1 、6等:3000円 100分の1 、7等:300円 10分の1 ミニは1等:1億円 約143万分の1 、2等:100万円 10万分の1 、3等:10万円 1万分の1 、4等:1万円 約333分の1 、5等:300円 10分の1 これならバランスがとれますね。 ——— コメントに対する返信 ——— 年末ジャンボは2等がこのぐらいがいいですよね。 ミニは1等1億円あるといいですよね。 今年は新型コロナ復興を祈念して、特別なものにして欲しいです。 1等:7億円 2000万分の1 、前後賞:1億5000万円 1000万分の1 、組違い賞:10万円 約10万分の1 、2等:1000万円 100万分の1 、3等:100万円 約33万分の1 、4等:10万円 10万分の1 、5等:5万円 約3333分の1 、6等:1万円 1000分の1 、7等:3000円 100分の1 、8等:300円 10分の1 ミニは1等:8000万円 約143万分の1 、前後賞:1000万円 約714286分の1 、2等:100万円 10万分の1 、3等:10万円 1万分の1 、4等:1万円 約333分の1 、5等:300円 10分の1 ただ1万円を最大にすると1等:7億円 2000万分の1 、前後賞:1億5000万円 1000万分の1 、組違い賞:10万円 約10万分の1 、2等:1000万円 約667万分の1 、3等:100万円 50万分の1 、4等:5万円 1万分の1 、5等:1万円 約333分の1 、6等:3000円 100分の1 、7等:300円 10分の1 ミニは1等:1000万円 100万分の1 、2等:100万円 10万分の1 、3等:1万円 100分の1 、4等:300円 10分の1 これは今年やりそうですね。 ——— コメントに対する返信 ——— 上の方の案はバランス良く、2等も期待できていいですね! でも、今年は1万円重視で、下の案のようなのになりそうですね。 ミニ1000万円ってプチと変わらないです。 ジャンボとの差が。

次の

2018年年末ジャンボ宝くじの確率は?当選金額と本数から期待値を計算した

年末ジャンボミニ 確率

Contents• 宝くじの当選確率の出し方 宝くじで高額当選をする確率を計算するにはユニットが関係してきます。。 何枚買えば高額当選するのかという確率を出します。 当選確率の計算方法は以下の通りです。 宝くじ公式サイトでは2018年の年末ジャンボ販売発表がありました。 24ユニットに24本の当たりがあると記載されてますが1ユニットで1本の1等が存在するという事です。 年末ジャンボ宝くじ1等~末等までの当選確率 等級等 当たり本数 当選確率 2,000万枚に存在する 当たり本数 1等 24本 1本 1等の前後賞 48本 2本 1等の組違い賞 4,776本 199本 2等 72本 3本 3等 2,400本 100本 4等 96,000本 4,000本 5等 480,000本 20,000本 6等 4,800,000本 200,000本 7等 48,000,000本 2,000,000本 年末ジャンボミニの当選確率[ユニット編] 年末ジャンボ宝くじは01~200組まで存在しましたがミニでは01組~100組までとなります。 番号は10万通り。 名称にミニとつくだけあってグっと当たりやすくなりましたね。 年末ジャンボミニ宝くじ1等~末等までの当選確率 等級等 当たり本数 当選確率 1,000万枚に存在する 当たり本数 1等 75本 5本 1等の前後賞 150本 10本 2等 150本 10本 3等 1,500本 100本 4等 45,000本 3,000本 5等 150,000本 10,000本 6等 1,500,000本 100,000本 7等 15000000本 1,000,000本 年末ラッキー賞 30000 2,000本 年末ジャンボプチの当選確率[ユニット編] 年末ジャンボプチでは1ユニット1,000万枚にないますがミニ同様狙い目なので、当選確率をアップさせたい!1等を当てたい方はプチ目当てで購入される方もいます。 番号は10万通り。 1等が1ユニットに100本も存在します。 年末ジャンボプチ宝くじ1等~末等までの当選確率 等級等 当たり本数 当選確率 1,000万枚に存在する 当たり本数 1等 1,000本 100本 2等 10,000本 1,000本 3等 100,000本 10,000本 4等 10,000,000本 1,000,000本.

次の