相模原 市 コロナ 福祉 施設。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う市社協からのお知らせ | 相模原市社会福祉協議会

公益財団法人 相模原市まち・みどり公社

相模原 市 コロナ 福祉 施設

24日、相模原市の会見で、22日に感染が確認された50代の男性は、 JR東日本の相模原駅に勤務している事がわかりました。 【JR東日本が発表】相模原駅の社員が新型コロナに感染 駅で勤務する50代の男性社員が感染したと発表。 事務室で当直の事務作業を担当し、接客業務はしていないという。 — ライブドアニュース livedoornews 感染した男性は事務室で事務作業を担当し、乗客と接触する業務はしていないとの事です。 また、男性と接触した駅に勤務する9人については、25日以降に検査を行う予定との事ですが、1名微熱があった為自宅待機させています。 今回感染が確認されたJR相模原駅勤務の男性ですが、どうやら 上溝駅、 原当麻駅にも勤務していたそうです。 感染者勤務のJR相模原駅、上溝駅、原当麻駅の場所はどこ? それでは、感染者が勤務しているJR相模原駅、上溝駅、原当麻駅の場所はどこか確認していきたいと思います。 JR相模原駅 住所: 神奈川県相模原市中央区1 JR上溝駅 かみみぞええき 住所: 神奈川県相模原市中央区上溝7丁目19 JR原大麻駅 はらたいまえき 住所: 神奈川県相模原市南区当麻 JR相模原駅勤務のコロナ感染者 終わりに ニュースによると、感染した男性が勤務したJR相模原駅、上溝駅、原大麻駅は駅構内を消毒作業を行い、市では駅の一般の利用者の感染の可能性は極めて低いとした認識をしています。 駅の職員が感染したという事で乗客への感染が心配されましたが、どうやら濃厚接触する機会は無かったようですね、駅に勤務する9人に関しても感染が広がっていない事を祈ります。 コロナウイルス関連 まとめ 新型コロナウイルスに関する情報で、感染者が訪れた場所などテレビでは報道されないものを含め、様々な事柄を更新しています、是非読んで頂いて、感染対策に役立てて頂けたら幸いです。 一部推測や噂に関する記事もございますが、何卒ご容赦願います。

次の

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた相模原市施設の休止期間の延長について

相模原 市 コロナ 福祉 施設

外出自粛期間中に川をきれいにしようと活動を始めた人たちの活動場所は東京と神奈川の境を流れる境川の中流域、町田市や相模原市の辺り。 ここでは川沿いの緑地を長年守っているNPOの人たちも活動を再開している。 境川の中流域で、特に緑豊かな場所。 5年前、人が水辺に親しめるよう整備された。 斜面の手入れをするのは、25年にわたり川辺の緑地を守ってきたNPO。 新型コロナウイルスの影響で活動を自粛していたが、緊急事態宣言の解除後に再開した。 この日は水辺の草刈りをした。 草刈りの手伝いをしていたのは、自粛期間に川の掃除を始めた女性グループの根津。 根津は最近、彼らの活動を知り、会いたいと思っていた。 川で活動する者同士、世代を超えて話に花が咲いた。 NPOの人からは、根津たちの活動に期待をする声も上がる。 根津加奈子、NPO法人・境川の斜面緑地を守る会・太田浄子のコメント。

次の

新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

相模原 市 コロナ 福祉 施設

相模原市でコロナウィルスの感染者が出た福祉施設がニュースで報道されてましたね。 相模原市といえば、相模原中央病院で、入院患者がコロナで死亡。 その担当をしていた看護師が感染して重症化してますよね? 病院は公開されたのに、なぜか福祉施設は公開されてません。 福祉施設は売上が激減して倒産するなど、そういう風評被害はないわけですから、本来は公表すべきですよね。 で、相模原市で 新型コロナウィルスの感染者が出たとされる福祉施設ですが、 すでに情報がちらほら出てきてます。 相模原市も国も曖昧な対応するばかりで、我々の身を守ってくれませんから、 自分の身は自分で守るためにも、情報を得て用心しておきましょう。 【相模原市】コロナウィルスの感染者が出た福祉施設の名前と場所が判明? 相模原市で新型コロナウィルスの出た福祉施設ですが、 下記のような情報が出てますね。 今日相模原で出た感染5名は、相模福祉村の通所利用者と送迎のドライバーです。 実際、相模福祉村は複数の事業所を運営しますが、 ノジマ電気の近くとの情報を元に調べて見ると、 該当するのは、 「 相模福祉村の照手 」という通所の事業所になるかと思います。 相模福祉村のどの事業所から、感染者が出たのかはっきりしません。 いずれにせよ、SNS上の情報としては、新型コロナの感染者が出たのは、相模福祉村の説が有力のようです。 上記地図の相模福祉村の事業所はかなりの大所帯なので、ここの通所で感染者が出ているとなると、感染は拡大しているかもしれません。 ただ、SNSの情報はデマも含まれており、絶対ではありません。 トイレットペーパー、マスク騒動もそうですよね? とは言っても、 相模原市も国も曖昧な対応で守ってはくれません。 ですから、SNSの情報は鵜呑みにはしないまでも、警戒はしておくべきでしょう 実際、今回感染者が出たとされる、相模福祉村の照手という通所の事業所は、感染者が出た相模原中央病院と極めて近いです。 現在、感染者が出たとされる相模原の福祉施設は、休止し、利用者も外出を控えているそうです。 ですが、通所の施設の利用者が感染したとなると、家族はその利用者を見ないといけない。 もしくは、近くのグループホームなどに入居している可能性もあり、その場合職員の感染の可能性も高い。 福祉施設、特に障害者関連の事業所は、高齢者施設と比べると、利用者も職員も衛生観念が低く、感染が出ると拡大しやすいです。 よって、その関係者から感染が広がる可能性もあるので、付近の人は注意しておくべきでしょう。 ちなみに、 今回の名前が出た 相模福祉村は、現議員の赤間二郎の父親である、元神奈川県議会議員の 赤間一之が運営していた法人です。 現理事長は、赤間源太郎。 恐らく赤間二郎のお兄さんだと思われますが、議員の関係施設ということで、公表されなかったのかもしれませんね。 相模原の感染者、赤間二郎議員のご家族説が地元で囁かれています… 過去ツイへのリプ失礼しました。 saltlake15air 確かに、程度の低い人がコロナ差別のようなことをするかもしれませんし、隠す一定の正当性はあるようにも思えます。 ですが、一方で市民の知る権利もある。 実際、他の施設は公開していますからね・・・・。 政治が絡んでるとしたら、やはりこの国の議員の大半は自分の利益しか考えてないんですかね。 現政権もご存知の通り、我々を守ってくれません。 今の政治家は大企業と金持ちの味方ですから。 国民の命よりも金が大事なんですよね。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様は下記ので、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される 検索広告 360 を無効にできます。 また のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、をご覧ください。

次の