秋篠宮家。 秋篠宮家、不当なバッシング報道の全真相…一丸となり熱心にご公務に勤しまれていた

小室圭さんの“私欲”で秋篠宮家の信頼低下、ついに「愛子天皇待望論」浮上の事態に

秋篠宮家

スポンサードリンク 秋篠宮家悠仁さま 現在障害がある噂の真相【秋篠宮家のお噂】 そんな秋篠宮悠仁さまに関してこれまでこんな噂をよく耳にします。 『 悠仁さまには障害があるのでは?性格異常か何かでは? 』 と数ある秋篠宮家のお噂で話題になってますよね。 秋篠宮家にはお噂が色々あって別記事でしっかり取り上げてます。 >> それにしても、 悠仁さまには本当 に性格異常なんてあるのでしょうか。 そしてあるとすれば、 現在はどうなんでしょうか。 悠仁さまに関して、性格異常の他にも 発達障害では?とも言われています。 >> 悠仁さまが性格異常があるのでは? と言われている原因こんなことがあったようです。 なぜかというと、 眞子さまが 27歳で、 悠仁さまが 12歳。 こんなに年齢が離れていたら、世間一般ではあまり兄弟の中が険悪になるって聞いたことがないですよね。 佳子さまかわえぇ・・・・ 年の差が兄弟の関係性を良好に保つとは、一概に言えないにしても、 この年齢が離れているにも関わらず 悠仁さまが眞子さまによろしくない態度をとる。 このことが 意味するところとはなんでしょうか。 悠仁さまが噂にある通り、 現在も 性格異常からくる感情を抑えられないことなどが原因か、 それとも逆に、 最近の 眞子さまの問題が悠仁さまの学校生活にまで影響し、 眞子さまのことを敵視したり嫌悪感を抱く対象になっているのかもしる可能性もあるのではないでしょうか。 佳子様についてはこちら >> >> というか悠仁よ、佳子さんという超絶可愛い姉がいるだけで幸せと思いなさい。 ってかやっぱ俺と代われ。 篠宮家悠仁さまに対する小室圭と姉眞子さまの影響 先ほどの性格異常とみられる行動の原因の1つとして、 眞子さまの問題が影響しているのではと仮定しましたが、 どういうことなのか考えてみたいと思います。 眞子さまと小室圭の婚約問題はおそらくもうある程度は 国民の既知の事実としてあるかと思います。 ということは、 悠仁さまの通う学校の中でも十分広まっているはずです。 そのことが原因で、先生や家族の知らぬところで、嫌味とまでは行かないまでも、 「 イジリ」のような形で 同級生から眞子さまのことを触れられている可能性もあり得るはずです。 皇室の人間である悠仁さまをいじれる器の人間がそういるとは思えないですが、 子供だからこそ、大人よりもその境界線は甘いはずです。 実際学内でも悠仁さまは あまり友達がいないという事も言われていますので、現実的に考えられると思っています。 その学校で 溜まった鬱憤を、家の中で 職員や眞子さまに向けているとすれば、 性格異常というよりかは、 年頃の男の子としては致し方ない気もしますね。 眞子さまと小室圭の問題は、弟である悠仁さま自身にも、悠仁さまの周りのにも十分影響していることが考えられます。 悠仁さまの性格異常の噂の真相は、 姉である眞子さまが原因で引き起こされたと言われています。 皇室御用達の学習院ではなくお茶の水女子大付属を選択された背景には、 学力に不安があることが理由なのではとされているからです。 女子は65) 開きが少しあるようで、このことが 「あら。 悠仁さま、頭良くないんじゃない?」 と言われている 大きな理由かと思います。 ちなみに眞子さま、佳子さま、愛子さまは学習院です。 さらに愛子さまは現在 偏差値が70以上あって東大行けるのでは?とも言われています。 >>> 愛子さま、優秀すぎます。 悠仁さまが将来天皇に? 現在今後皇太子さまが天皇に即位された後は、父の秋篠宮殿下についで、 皇位継承順位が2番目となる悠仁さま。 つい最近秋篠宮殿下は 「 天皇になることは考えていない」 と、 まさかの発言をしたことも相まって、 このまま順当に行けば悠仁さまが将来天皇になる予定です。 しかしながら、 これまで上げてきた数々の悠仁さまのお噂などの影響で、 悠仁さまの将来天皇に関して 不安視・疑問視する声が多数出ている状況。 反対に 愛子さま天皇を待望する声が高まっているのが現状と言えます。 >> このことから悠仁さまが天皇になることが、揺らいでいるかもしれせんね。 今後秋篠宮家を含め、 悠仁さまが成長した姿を見せることができれば、国民の理解・信頼は得られるでしょう。 まとめ ・ 秋篠宮悠仁さま 現在障害 性格異常 がある噂の真相は主に眞子さま、小室圭の影響が及ぼしている可能性がある ・ それに拍車をかけるように、入学直後に事件が起きた ・ 家庭内で感情を爆発したりするのは、外でのストレスがたまりすぎた結果かもしれない ・ このまま性格異常や成績不振の噂が続けば、天皇になるための壁となる 秋篠宮悠仁さまは現在12歳。 これから反抗期なども迎えることにも十分なり得ます。 2019年4月29日追記更新:冒頭で話していた「秋篠宮家 5つの謎」について追加します。 結局のところ、 悠仁さまが現在障害あるとか 性格異常あるとか言われるのって 小室圭の影響があるんですよね・・・ >> 2019年5月16日追記更新:悠仁さまが『 刃物事件の時、実はスキー旅行で欠席してた疑惑 』についてです たまたま教室にいなかったとされてますが、実は 早めのゴールデンウィークをとって欠席していたとも・・・ >> 話は戻り、その時にまた、この 性格に関する新たな情報が出てくるのではないでしょうか。 落ち着いてくるのか、さらにひどくなるのかは 注目したいところです。 秋篠宮家に関するお噂・小室圭関連! これからも色々と注目される記事を書いていきますので、引き続き宜しくお願い致します!.

次の

秋篠宮家のうわさがヤバい!評判や闇、問題点について調べてみた!

秋篠宮家

立場逆転だ。 皇后陛下となって評価急上昇中なのが 雅子さまだ。 これまで「適応障害」に苦しみ、週刊誌などでは皇族しての資質を問う声も上がっていたが、先日、国賓として来日した ドナルド・トランプ米大統領夫妻を歓待した姿に、手の平を返したかのような賞賛記事が並んでいるのだ。 例えば「女性セブン」(小学館)ではこう書かれている。 「驚かされたのは、その様子を見ていたメラニア夫人の名残惜しそうな表情だ。 その日の午前中、同じ宮殿南車寄せで初めて両陛下と顔を合わせた時のクールな顔つきとは打って変わって、親しみの表情を浮かべて、雅子さまに声をかけて歩みよった。 その瞬間、雅子さまは自ら夫人の手を握り、顔を寄せられた。 雅子さまは、そこまで察した上で親愛の情を示したのだという。 宮内庁担当記者の話。 「トランプ外交の鍵を握るのは、実はメラニア夫人。 世界各国を回っていますが、わずかな時間であそこまで夫人と打ち解けたのは 雅子さまが初。 メラニア夫人と談笑しながら歩く雅子さまの姿を 紀子さまがじっと眺める姿は印象的。 形勢逆転の元凶は秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚問題以外にない。 小室さんは年明けに実母・佳代さんの金銭スキャンダルについて〝解決済み文書〟を配布しただけで、音沙汰無し。 昨夏の米国留学以来、1度も帰国せず、肝心の借金問題も進展しているとは言い難い。 「この問題がくすぶり続けている以上、秋篠宮家には国民の厳しい目が向けられることになる。 ヘソを曲げた眞子さまは両親とは口も聞かない状況で、家庭崩壊の1歩手前。 一部では、秋篠宮殿下の酒量は日増しに増え、夜は睡眠導入剤なくして寝られないという報道もあった。 紀子さまも心労から肌荒れがひどく、静養を申し出ているという話もある」(前出担当記者) そんななか、ついに見かねた宮内庁関係者が渡米するという情報がまことしやかに流れている。 目的は小室さんに眞子さまとの結婚を諦めてもらうことに他ならない。 別の宮内庁関係者は「もうこれ以上、この問題を先延ばしにはできないということ。 2人の結婚の意志は堅いが、国民から信任されるとは思えない。 いくらか手切れ金を支払ってでもいいから、小室さんに身を引いてもらうしかない」と話す。 雅子さまに追いつくためには、まずは〝病巣〟を排除する必要があるようだ。 文=菱田智則.

次の

秋篠宮家が紡いだ医療従事者への500着のガウン、直筆の激励メッセージも!

秋篠宮家

Contents• 文/編集部 隙間風吹く秋篠宮家 秋篠宮家に吹く吹きま風は、秋の深まりとともに一層冷たくなりそうだ。 すでに一部報道で、秋篠宮家の家庭事情が円満ではないことが報じられている。 特に秋篠宮殿下は「家に帰りたくない」と胸中を零され、知人宅で深酒されることが多いという。 自宅で紀子さまと「顔を合わせたくない」ためだそうだ。 ある全国紙社会部記者は次のように秋篠宮ご夫妻の夫婦仲を語る。 先の欧州親善訪問では秋篠宮殿下は紀子さまとの腕組を拒否され物議を醸しました。 さすがにまずいと思ったのでしょうか、報道陣にカメラ撮影が許可される機会がそもそもほとんどありませんでした」(全国紙社会部記者) また宮内庁関係者も秋篠宮家のバラバラ状態を懸念している。 「特に秋篠宮殿下の孤立が際立っています。 紀子さまとは喧嘩が絶えないそうです。 そして眞子さまと佳子さまは、紀子さまと言葉を交わすことがあっても、殿下のことを居ても居ないように振舞われるとか…」(宮内庁関係者) 顔を合わせないで済む間取り、部屋割り 小室圭さん問題をきっかけ、その一挙手一投足が注目を浴びている秋篠宮家。 殿下ご自身が眞子さまと会話することがないと吐露するなど、その家庭事情の複雑さは隠しきれないというのが現状だ。 この家族のバラバラぶりは、現在建設中の「新秋篠宮邸」の間取りにも表れているという。 先の宮内庁関係者は、その特異な間取りを次のように説明する。 「現在秋篠宮ご一家は御仮寓所にお住まいですが、秋篠宮邸の改修工事が終わり次第そちらに引っ越される予定です。 秋篠宮殿下と悠仁さまを抱える皇嗣家になられたということもあり、東宮御所と同じだけの設備をそなえる予定となっています。 ですがこの間取りと部屋割りが特殊です。 というのも現在の予定ですと、 秋篠宮殿下の私室と、紀子さまの私室が離れた場所に置かれるからです。 また、出入り口が複数設けられ、表玄関を通らずとも裏玄関から私的空間に直接行けるようになっています。 下世話な表現ですが、紀子さまのゾーンと、秋篠宮殿下のゾーンを独立させることが可能な部屋割りになっています」(同前、宮内庁関係者) なぜこのような特殊な間取りになっているのか、そしてその問題点は何なのだろうか? 「宮邸の間取りが特殊になってしまうことは致し方のないことです。 将来、眞子さまや佳子さまが出ていかれ、悠仁さまがお妃を迎えたときに『二世帯住宅』として、プライベート空間を分離できるような間取をご希望されました。 問題なのは、まだ皆様いらっしゃる今の時点から『二世帯住宅』として機能させようとしていることです。 この部屋割りでは、紀子さまが家庭内別居したいと主張しているようなもの です」(同前、宮内庁関係者) 将来の悠仁さまのために「二世帯住宅」を設計したのに、秋篠宮殿下と紀子さまの「家庭内別居」のためにその間取りが用いられているというのだ。 話によれば将来の悠仁さまご一家のために作ったゾーンを紀子さまが私室として使う予定らしい。 まさにこの頃の夫婦仲を象徴するような出来事だろう。 バラバラの秋篠宮家 秋篠宮家のバラバラぶりを伝える報道は多い。 眞子さまと秋篠宮ご夫妻の断絶。 その夫婦仲の隙間風。 父親と反対の意見を堂々と表明し、眞子さまと小室圭さんの結婚を応援する佳子さま。 悠仁さまの反抗期。 などなど…。 事態の深刻さは、このような報道を受けて秋篠宮家や宮内庁が火消しに走るのではなく、秋篠宮ご夫妻や宮内庁の当事者たちがこれを追認するかのような発言をしていることだ。 宮内庁関係者から漏れ伝わる現状も、メディア報道が大筋で正しいことを証明してしまっているという恐るべき事態だ。 再び秋篠宮家が国民から祝福を受け、笑顔が戻ることはあるのだろうか? 何気ない間取りと部屋割りの問題であるが、その根深さは計り知れない。 秋篠宮さまの理想は、若い頃の、紀子さまの顔。 容姿だけならともかく、性格も悪い。 中身が、薄っぺらい女性を 夫として 誰が愛しますか?同情致します。 離婚したいけど、それは不可能なので、.

次の