ジャンバリ tv ban。 『ジャンバリ.TV』のYouTube誤BAN事件は解決したのか?

【ch復活済み】ジャンバリのチャンネルがBANされたと思い即座に煽り動画を出すシバター

ジャンバリ tv ban

【重要】 YouTubeのJANBARI. TVチャンネルが停止され、現在、YouTubeでの動画閲覧ができない状況となっております。 確認を行っておりますので、ご面倒ではございますが、解消されるまではにてご視聴ください。 〇JANBARI. TV — ジャンバリ. TV NEXT」の動画が表示。 チャンネル名の「janbaritv」をクリックすると、 こちらが表示。 凍結されているようです。 一度失った信用はなかなか取り戻せません。 Googleは特にね。 垢BANされたYouTuberは新しくチャンネルを変えてやってるくらいだし。 俺も垢BANされたからよくわかる。 — rasta ondray 大将だ! ondray4351 結局、畑はYouTube Google だから種や苗は文句言えない。 またGoogleAIの誤検知かな・・.

次の

【理由は?】ジャンバリTVチャンネルがBANされたのはなぜ?

ジャンバリ tv ban

パチンコ・パチスロ系You Tubeチャンネルの中でも人気で、登録者数が80万人を超える『ジャンバリ. TV』。 それが4月1日に停止となり、翌日復活するという事件が起こった。 2020年4月1日、『ジャンバリ. TV』のYou TubeチャンネルがBAN(チャンネルを停止・削除)された。 【重要】 YouTubeのJANBARI. TVチャンネルが停止され、現在、YouTubeでの動画閲覧ができない状況となっております。 確認を行っておりますので、ご面倒ではございますが、解消されるまではにてご視聴ください。 〇JANBARI. TV — ジャンバリ. しかし翌日の4月2日「謝BAN」であったことが発覚し、一部見られないコンテンツがあるもののチャンネルは復帰した。 【重要】 YouTubeのチャンネルですが、復帰し、動画を閲覧できる状況であることを確認いたしました。 お客様には大変なご迷惑をお掛け致しましたことを、深くお詫びいたします。 〇YouTubeチャンネル — ジャンバリ. 80万人もの登録者を抱えるパチンコ・パチスロ系番組が誤りとはいえBANするというのには少なからず原因あるのではないだろうか? 原因はYou Tube側のAI? BANされたのは『ジャンバリ. TV』だけではなく、他のチャンネルでもBANは多発しているという。 原因はコロナウイルスの影響で人員が減っており、チャンネルを取り締まるのがAIに依存している部分が多いからだという。 このAIだが、手作業で取り締まるのとは異なり、かなり手厳しく取り締まっている(というより融通がきかない)のが「謝BAN」に繋がっていると言われている。 今の時代、パチンコホールを経営されている方々の中にも、チャンネルを運営されている方は少なくないだろう。 人気チャンネル『ジャンバリ. 今回のような事件が起こったときのためにどの様に対処してゆくべきなのか。 コロナウイルスが蔓延する中、ホール経営だけでなくYou Tube運営も真剣に考えてゆかなければならない時分なのかもしれない。

次の

【ch復活済み】ジャンバリのチャンネルがBANされたと思い即座に煽り動画を出すシバター

ジャンバリ tv ban

パチスロライターがオンラインカジノを推奨する動画に出演したことがネットで話題に。 各所で論争を巻き起こしている。 今、「オンラインカジノ」がネットで話題となっている。 オンラインカジノとは、インターネットを利用して、海外のギャンブルで遊ぶことである。 カジノ法案(IR法案)が成立したとはいえ、 オンラインカジノは一般論として「賭博罪」が成立すると、カジノの専門研究者である木曽氏は警鐘を鳴らしている。 事実、過去にオンラインカジノで逮捕者が出ており、木曽氏の見解がそれを裏付けるものだと推測出来るのではないだろうか。 なぜ「オンラインカジノ」が取り沙汰されているのか。 事の発端は、存じ上げない パチスロライターがオンラインカジノ紹介動画に出演したことだ。 オンラインカジノに関する見解が纏まりきっていないのにも関わらず見切り発車で出演してしまったこと。 そして、ライターであるにも関わらず、言葉を選ばずツイッターに投稿してしまったため、悪い意味で時の人となってしまった。 この前あったことについて説目します。 自分の認識不足ならびに軽率な行動によりご迷惑をおかけした方、すみませんでした。 今後ともパチスロと共に生きる、不肖しんのすけを宜しくお願い致します。 IRへの参加を表明したセガサミーグループにとって、時代の流れを読み取ることができないリスキーなライターが姿を消すのは当然のことであろう。 【参考資料】 衆議院議員階猛君提出賭博罪及び富くじ罪に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する 一から三までについて 犯罪の成否については、捜査機関が収集した証拠に基づいて個々に判断すべき事柄であることから、政府として、お答えすることは差し控えるが、一般論としては、賭博行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条の賭博罪が成立することがあるものと考えられ、また、賭博場開張行為の一部が日本国内において行われた場合、同法第百八十六条第二項の賭博開張図利罪が成立することがあるものと考えられる。 出所: シンプルかつ必要最小限のお答えありがとうございました。 繰り返しますと、我々サイドから問うた質問一から三までについて、あくまで一般論としてと断わった上で、 ・ 賭博行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法第百八十五条の賭博罪が成立することがある ・ 賭博場開張行為の一部が日本国内において行われた場合、同法第百八十六条第二項の賭博開張図利罪が成立することがある これが政府の公式見解となります。

次の