ふたば☆ちゃんねる ドラ えも。 ドラえも

ふたば☆ちゃんねる 勢いランキング

ふたば☆ちゃんねる ドラ えも

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 目次• 掲示板の構造としては、後述するアップローダー以外の全掲示板においての体裁を取っている。 一般的なテキスト主体のBBSの他にもが投稿可能な「」、画像やテキスト以外のファイルを投稿する「」、ブラウザ上で直接絵を描いて投稿する事が出来る「お絵かき板」などの各種掲示板群から構成されており、特にカテゴリー別に設けられた画像投稿掲示板上における活動が最も活発である。 これは公開もされていることから、現在はふたば以外のアングラ系・系の画像掲示板でも使用されている。 インターネット上のオタク系サブカル世界ではしばしば、(BBSの)「ふたば」と言えば二次裏を示す文脈として用いられていることも見受けられる。 現在は、img・dat・may・nov・jun・decの6板が二次元裏の名を付けられている(かつてはcgi板 ・携帯二次元裏板 も存在していた)。 二次元裏の名を冠さないものの、二次元ID・二次元ネタ・てすとjun・decてすとなども二次裏のカテゴリで語られることが多い。 may・nov・jun・decサーバの名前は開設した月の英語名にちなんでいると言われる。 同じ「二次元裏」という名称を持ちながらも、成立時期、システムや管理体制、利用者数の違いなどの為、それぞれのサーバでは多少の文化的な違いが見られるようになっている。 貼られる画像や傾向の違いに加え、中には独自のマスコットキャラクターやオリジナルキャラクターを所持しているサーバも存在する。 2ちゃんねる等の匿名掲示板と最も際立った違いは、「スレッドが一定期間で削除され保存されない」ことである。 板によって異なるが、板全体で6,000、10,000レスといった保存数が規定されており、書き込み数がそれを超えると古いスレッドから順に消えていく。 このため2ちゃんねるやVIPのような、盛り上がったスレッドにリンクを貼って紹介するまとめサイトが成立しづらく、実際にその場に居る住人たちのインタラクティブ的な盛り上がりが重視される雰囲気の要因となっている。 但し主要なネタや盛り上がったネタに関しては「保管庫」と称したログや画像、文章のまとめが作られることもある。 二次裏の成立については、本来絵画やイラスト等の二次元の画像を貼る目的で設置されていた「二次元画像掲示板@ふたば」掲示板("二次表")が目的外使用者等の大量流入によって荒らされてしまったことにより、2002年3月頃に隔離板として設置。 対症療法的に彼らを移民させ、緩衝地帯として誕生させた事がその始まりである。 二次裏に貼られる画像は特にジャンルなどは決まっておらず、面白ければ、受けが取れれば良しとされている。 主利用者層の興味の指向性から、既存の・・等からのキャプチャ画像やスキャン画像、キャラクターをコラージュした画像などが多く貼られる傾向にある。 24時間流れが止まることはなく、深夜や明け方にも同じ時間に同じ画像を貼るミニイベント(定時、定時貼り)が定番行事としてしばしば行われている。 非常に投稿数が多いことから、先述のように画像を貼っても数十分~数時間で流れて消えてしまう。 当初は、アニメ・漫画・ゲーム等に興味を持ち、また1980年代後半頃から続く既存のネットワーク及びBBS文化を醸成してきた中核世代とも言える、いわゆるオタク系の学生(大学生)や社会人らがその主体であった。 しかし、活動が活発化しメジャー化が進むうちに次第に中高生が呼び寄せられ、その比率を増している。 逆に、六十歳を超える老年ユーザも存在するとされる。 様々なオタク的な傾向を持つ人間に好まれている点では相変わらずではあるが、利用者の価値観や世代間の意識の違いによって軋轢が生じつつある点では明確な懸念が存在し、また増大しつつある。 するように、ふたばの雰囲気を知らない人が流入し空気を乱すことを嫌うため、ふたば外で二次裏や二次裏のネタについて喧伝することはあまり好まれない。 外部で2ch発祥ニコニコ動画発祥などといった間違った記述を発見しても、あえて訂正はせず笑いものにして楽しむ空気が一般的になっている。 誰でも見られるオープンな掲示板であるにも関わらず、住人たちの空気は非常に閉鎖的である。 おちんちんランド この節は執筆中です。 加筆、訂正して下さる協力者を求めています。 方針についてふたばユーザの意見を集めることもない。 ふたば内で管理人としての書き込みが行なわれるときは、「[管理人]」 文字は赤色 という管理者ネームが表示される。 呼び名がない為、ふたば住人たちからはそのまま「管理人さん」と呼ばれている。 ふたば内で管理人名義において何らかの主義主張などを行うことはまれであり、管理方針も気まぐれ。 長期間完全に管理を放棄したこともあり、その間好き放題に荒らしに荒らされるという事態も発生した。 の積極的な導入、del機能の追加、decサーバ導入、プロバイダ規制など、現在では往時のような活発な活動を見せている。 祭り 特定キャラの絵や、コラージュ、スクリプト(台本的な意味でのスクリプト)などが複数投下される現象。 または、特定のレスを引用し、一定の趣旨に添ったスレッドを立てることを指す。 二次裏では何のひねりもない雑談が嫌われる傾向にあるが、ネタや偏愛や自虐を含めた雑談に導くことで、掲示板全体を巻き込む祭り現象を肯定しつつ雑談の話題を探している。 連続投稿を肯定するだけでは荒らしに利用されてしまうので、敢えてキャラネタを含ませることで荒らしの連続投稿と区別する作用もある。 としあき と 「」 「としあき」とは、かつての二次元裏掲示板の投稿者のデフォルトネーム(既定の名前、名無し)であった。 二次元裏掲示板の成立当初のデフォルトネームは「名無しさん」であったが、ある日「としあき」と名乗る人物が「回転ソムリエ 15回転」等の同人誌のアップロードを要求するなど、執拗な荒らしを繰り返し猛威を振るった折、匿名掲示板であることから他の二次裏住民も便乗して「としあき」名のを使用し、荒らしに便乗したり大本の「としあき」をからかったりするようになり、一時は手のつけようがないほどにまで「としあき」が増殖し、紛糾する事態が発生した。 またこの流れで、掲示板に投稿して新規のを立てた人物を"スレあき"、の投稿者を"女子あき"などと呼称する者が誰ともなく現れ、程なく全体に定着するようになった。 名を得たことによってアイデンティティに目覚めた「としあき」たちは、その名のもとに結束と帰属意識をより強固なものとする。 これは活発な活動の原動力となった反面、仮面を得たことによる無責任な振る舞い等の望ましくない結果をも招くこととなり、功罪の両面においてその名をネット上に轟かせることになる。 やがて「としあき」発祥の場である"二次元裏掲示板"の「としあき」たちは虹裏の伸展とともに凶暴性を増し、同コミュニティ内の秩序を破壊し、その被害が他コミュニティまで及ぶ兆候を見せていた。 そのため、あるいは夏休み期間が迫る中で毎年繰り返される、暇を持て余した無責任な中高生の大量流入による荒れ対策を予測したものとも言われているが、2004年7月15日、「管理人(美人)さん」氏の手により、当時の投稿時のデフォルトタイトルである「無念」とともにデフォルト名「としあき」は削除され、代わりに無名・無音を示す"「」"(の組)が二次元裏掲示板の投稿者を示す呼称として定着した。 その後10ヶ月近く「」が使用され続けたが、にはmay鯖()で「としあき」が復活した。 これ以降に新設されたnov鯖、jun鯖に於いても、「としあき」がデフォルトネームとして採用された 但し、dat鯖、img鯖では逆に「」がそのまま使用され続けている。 尚、初期の二次元裏掲示板から分離したとされる"えろげ板"、"やおい板"、"避難所"等の一部掲示板では、投稿者のデフォルトネームとして「としあき」の設定が残り、「」が使用されていた時期にも引き続き使用され続けた。 この他にも、系の画像を扱う"ゆり板"のデフォルトネームで、全ての会話をお嬢様言葉で行っている「ゆりあき」や、に突如として約一日間dat鯖のデフォルトネームとなった「しもんきん」などの派生形も存在する。 スレッド・レスの右上に「del」というテキストのハイパーリンクが作られ、そこをクリックすると「削除依頼のフォーム」ページが開かれる。 削除依頼の理由はラジオボタンで選ぶ形式であり、画像・画像・など法による取り締まり対象となる可能性がある項目のほか、中傷・脅迫・連投・嫌がらせといったいわゆる行為も理由として報告できる。 フォームからの報告を元に、管理人または削除人が判断し、スレッド・レス・画像の削除を行なう他、報告されたスレッド・レスを投稿した人物のIPを公開したり(赤い文字で表示されることから赤字と呼ばれる)、より悪質と判断された場合はアクセス禁止処置を行なう。 アクセス禁止処置をされた場合、そのと日時・理由なども公開される。 管理人からのコメントによると、del機能で依頼を行なった側の記録も取っているらしい。 処置の基準は公布されておらず、del機能で送付された依頼からいかに判断するかのプロセスも公開されていない。 猥褻画像・児童ポルノ画像などは素早く厳格な対応が行なわれるようである。 導入当初は「制度ではないか」「で任意の相手を潰せる」など批判が多かった 削除人 del機能と同時期に導入されたらしい、管理人に代わって画像・スレッド・レス等の削除を行なう人物。 管理人によると7~8人いるとのことだが、その後のアナウンスがないため、削除人の選定基準・削除基準・削除権限の詳細・そもそも本当に存在するのかなど、詳細不明のままである。 この節は執筆中です。 加筆、訂正して下さる協力者を求めています。 携帯ふたば 携帯ユーザー向けに作られた閲覧・投稿コーナー。 紹介ページとメインメニュー以外は携帯からしか見ることができない。 削除キーやdel機能、ID・IP閲覧は今のところ利用できない。 一部の板には対応していない。 専用の投稿フォームやメールから投稿することができるが、投稿フォームには名前・メールアドレス・本文の3つの欄しか無いため題名や削除キーが書き込めず、画像の添付もできない。 逆に、メールを利用すれば画像を添付しての投稿や題名の書き込みが可能だが、今度は名前やメールアドレスが書き込めない。 尚、メールでレスする場合の宛先は 板名とスレ番号 サーバー名. 2chan. netになる(例:abc. 2chan. htmならxyz0000000777 abc. 2chan. net)。 また、スレを立てるには板名0000000000 サーバー名. 2chan. net宛のメールとして投稿すれば良い。 主な掲示板 二次元裏@ふたばについてはを参照のこと。 ふたばの代名詞ともいえる二次裏ともまた違った住人が存在しており、独特の文化が広がっている。 もちろん重複する住人も多数存在し、ネタの交換や流出も盛んである。 投稿者の多くに自分のテリトリーを定めている傾向がある。 お絵sql以外の板では、同じ投稿者が連続で投稿する事が疎まれる傾向にあり、1日に1枚の制限が大雑把な現在の慣習となっている。 そのため、投稿者によっては複数の板をまたいで投稿するという行為も見られる。 お絵かき 板名や並び順からすれば本流はこのお絵かき板の筈なのだが、ゴミ絵(この場合本来の意味での落書きで、便所の落書きレベルの絵)の投稿が多くて敬遠され、傍流に成り下がっている。 ただ、その一方で上手な絵を投稿する人も居住していて、奇妙な雰囲気を醸し出している場所である。 端的に言えば「玉石混淆」。 お絵かき系板の中で最も流れが遅く、特別な事が無ければ一週間以上絵が保存されている。 お絵sql 管理にを用いているのテスト板。 率が他の絵板より高い。 流れが速く、他の絵板の中で一番活発である。 標語は「カケバイイ、カクノタノシイ」。 投稿作品の質や面白さよりも、とりあえず絵を描くことが重要視される。 絵の連投 連続投稿 が可能であり、しばしば同一人物による連投祭りが発生する。 「SQL鉄の掟」が存在するが、別に絶対のものではない。 基本殺伐、たまに馴れ合い。 喧嘩のあとは笑って手を取り合おう。 基本コテハン。 他板のどんな荒らしも受け入れる。 性器は描かない。 その名前に反して投稿作品の質は高い。 ただ、その集客力の分だけ利用者レベルも低下していて、「保管庫どこ」などというレスがほとんどのスレに付けられ、煙たがられている。 このため投稿者がメール欄に自サイト(保管庫)のアドレスを貼り付けている場合が多い。 もっとも、そうやって書いていても「保管庫どこ」のレスは付く場合が多い。 複数の投稿者が同じテーマで絵を描きあういわゆる「祭り」の発生率が高く、普段の流れもお絵sqlに次いで速い。 落書き裏 落書きの裏ということで連想されるアダルト的なイメージ通り、18歳未満お断りな絵の投稿が多い板である。 流れは比較的ゆったりしていて、落ち着いている。 そのためか落書き板よりはシリーズや連載が多い傾向がある。 しかし、偶に「祭り」が発生して投稿が急増する事があり、一気にログが流れることもある。 自主規制な部分を外した「しおから版」がセットで投稿される事が多い。 2008年5月未明、管理人により荒らし絵の一斉除去と一部のIPが規制される。 巻き添えを貰った絵師もいるようだが、概ね平安を取り戻している模様。 噂の域を出ないが、「双葉学園祭」にて関係者に一部の絵師が嘆願した事によるものとされている。 テレビ 元々は「三次ネタ」板だったのが分裂して生まれた掲示板。 や名前欄、表記がなくスレッドの寿命も短いので、自演やなどが横行しやすいが、これを嫌う利用者と楽しむ(楽しめる)利用者が存在する。 貼られる画像はテレビ番組のキャプチャ、女性アイドルの、ヌード画像、漫画のスキャン、風景画像、動物の画像、食べ物(飲み物)の画像、グロテスクな画像、gif画像、独自に加工したコラージュ画像等様々。 画像を貼り付けずにコメントのみのスレッド(字スレ)が立つことも多い。 世間の注目度が高いテレビ番組やスポーツが放送される時は、その番組のキャプチャ画像が貼られる為一時的に利用者数が上がることがある。 また、頻繁にサーバーが落ちるのも特徴のひとつで、管理人に改善を求める利用者も少なくない。 しかしその一方で、ごく希に特定ドメインによるアクセス禁止や書き込み禁止が実行される事があり、管理人が完全に管理を怠っているわけではない。 軍 主として軍事関係の画像が投稿されるが、軍事関係のみにとどまらず軍事に関係するから・・ ・など非常に幅広い分野も網羅する掲示板である。 利用者には鉄道板や外部の101ふりーうぇいと両用する者も多く、特に鉄道板とは友好関係にあるため、荒らしに対して共同対処する事もある。 他板と大きく違う特徴としては、画像にボケのコメントを載せて投稿し、これを見た利用者がツッコミのレスを入れるという漫才の一定のセンスが求められる点にある。 最近では自動スクリプトによる荒らしが相次いでいる。 従軍していた家族のアルバムなどから資料的価値の高い旧軍の写真が転載されることがある。 また管理人が関わりたがらない板のひとつであるとされ、ネタ的な存在の板(スピグラ板など)にでさえ設置されている準備板へのリンクが存在していない。 ただ、あまりにも悪質な荒らしが出現した場合は行動を起こす。 より荒らし対策として、del機能等の追加が行われた。 同年22時20分ごろより、表示を導入。 これらにより、板違いを除いた荒らし等が殆ど見られなくなった。 また、や世界情勢なども扱っていた軍板であったが、「政治」「経済」「韓国経済」などの新たな板の設置により、それら時事やニュースといったそれまで見られたスレが分散されていった。 0時20分ごろ、トップページからのアクセスが不可能になる。 板自体は存続したものの、投稿フォーム下部に「この板は縮小中です」と表示されているほか、投稿した画像の保持期限がかなり短く設定されていた。 その後暫くして板自体が削除されたが、11月28日に軍裏が新たに設置され、には軍板が復活した。 軍裏 に新たに設置。 軍板と異なりIP表示はない。 IP表示、del機能追加後の軍板に板違いや二次元ネタが殆ど貼られなくなったのに対して、軍裏はそれらに対して比較的寛大な傾向にある。 この節は執筆中です。 加筆、訂正して下さる協力者を求めています。 少女 かつて存在していたが消滅。 当時はネット上の取り締まりがゆるく、児童ポルノがほぼ黙認状態で盛況していた。 この為、 yotsuba-channel という類型の画像掲示板群が作られた(管理者は双葉の非公認姉妹サイトとしている)。 これは双葉で用いられている画像掲示板スクリプトを流用した物で、主としての人間を対象として作られたサイトである。 なお、かつては転送量軽減の目的で、日本からの画像掲示板スクリプトへの接続を規制していた。 現在、日本のからのアクセスは禁止されていない。 ネットランナー問題 ふたばについて語るとき必ず関わってくるのは雑誌『』の存在である。 ネットランナーはふたばを効率的に利用するための手法や二次裏発のキャラクターを利用したコンテンツを掲載するのだが、その手法はかなり強引なものであり、ふたば発祥のネタをネットランナー発であるかのように宣伝したり、半ば著作権無視や、ふたばの管理運営に影響を与える事もあった。 そのためふたばとその周辺では反ネットランナーの姿勢が基本であり、反ネットランナー的なバナーなどをしばしば目にすることができる。 しかしながら、ネットランナーの行為にあまり影響を与えることは出来ていない。 これは、実質的に著作権フリーに近い形で創作作品が生まれるためか作品の権利が追求し辛いことや、ふたば自体が著作権にルーズなところ等から来ていると考えられている。 2ちゃんねるとの関係 の避難所として設立されたため当初ユーザーのほとんどは2ちゃんねる住民であった。 そのためや2chの書き込み、ネタの相互的なやりとりが頻繁に行われ、かつて2ちゃんねるとは姉妹的な関係にあった。 しかし、反2ch的性格を持つや、等からの住民流入、あるいは2chに失望した元住民の移住などが増え、ネットランナー事件以降にじわじわと排他的空気が膨らんでいたことも影響し、「ふたばの空気が乱れる」と反2ちゃんねるを声高に叫ぶユーザーが増加した。 そのため、2chを「壷」、2ch住民を「チャンコロ」と呼び、ふたばでの2ch的な語の使用の是非等を巡る激しい言い争いが見られる時期もあった。 現在でもそうした火種は残っており、2ちゃんねる寄りの文化やふたばの空気を解さない人の流入を強く拒絶する住民も存在する。 アスキーアートや語尾の 笑いや嘲笑を意味する など、使う者は荒らしや嫌がらせと認知され無視されることが多い。 2ちゃんねるの文化を色濃く反映しているについても、強い拒否反応を生じる住民もいる(ただし各板の文化による)。 を基本的に嫌っているとされている板についても、例えばシューティングゲームスレッドにおいて YouTubeにはない貴重なプレイ動画や、同じく YouTubeにはないマイナー格闘ゲームの高レベルな対戦動画の話題の流れになった場合 は、 「ニコですまんが」との一文を沿えリンクが貼られることも多々見受けられる。 逆にそれらの外来的な文化に対して拒絶反応を起こす人間には注意を受けるという、二次裏独特の光景も日茶飯事の如く目にする。 「ニコですまんが」との文も沿えずリンクを貼るだけの住人に対しては、基本的に完全に無視されるか槍玉に挙げられてニコニコからふたばちゃんねるを知り、最近になって二次裏を閲覧するようになった、所謂「お客様」のレッテルを貼られることもあるが、そのスレッドを閲覧している住人の主観とそのスレッドの流れによってはこの限りではない。 また、本来ふたば発祥でブームとなった作品・キャラであるにもかかわらず、2ch発祥と混同されたり、全く発祥が認知されない場合もあった。 あまりにもふたばの手を離れ、ふたば特有の味付けも為されないほどブームになると、逆にふたばでは下火になるという現象も発生している。 ふたば住人自身がふたば外で発祥を声高に宣伝するような動きは少ない。 前述のように、流入したユーザが板の雰囲気を乱すことを嫌う為、逆に外ではふたば 二次裏 の名前を出さないようにしようとする空気のある板もある。 ドメインを所持しているマリオネットコーポレーション社は2ちゃんねる及びの広告代理店であり、2ちゃんねるへの広告についても募集を行っている。 二次裏のキャラクターと元のキャラクターは造形が似通っている以外ほとんど別物に等しく、程度に差はあるが、二次創作とオリジナルの中間的な存在であると言える。 そこから派生したふたば独自の文化は、ふたばを利用しない人間にとってはもはや意味不明なものだが、利用しさえすれば自然に馴染んでしまう。 また、二次裏以外にも複数のオリジナルキャラクタが生まれている。 なお、このサイトの「落書き板」には、の「ドラえも」や、「」、日本ののキャラクターをモチーフとした「じゃぱホラ。 」などの漫画も連載されている。 主な例として、画像掲示板にその板の主旨とは全く違う画像や投稿、を貼り付け執拗にage(上げ行為)を繰り返す、特定個人を連想させる画像を用いての個人叩き、同じ画像を何度も使い日記スレッドを乱立させる、特殊なソフトを使って同じ画像を連続的に貼り付けサーバーに負担をかけて落としてしまう等がある(特にID表記のない一部の掲示板に多く見られる)。 中にはこれらの行いによって、すっかり形骸化してしまったコミュニティも見受けられる。 荒らしのパターンは「板違い」「主旨違反(実況が禁止されている板での実況行為など)」「画像の連続貼り」「特定の人物に対する晒し・叩き」「人種差別」などである。 一時期よりは積極的になったとはいえ、メジャーな掲示板の中でも管理人の荒らし等への対処はかなり消極的で、良く言えば寛容、悪く言えば無責任な掲示板である。 サーバーによっては完全放置されている。 (但し、準備テストと呼ばれる掲示板があり、そちらの書き込み次第では対応してくれる場合がある) del機能の導入以降は、一部の執拗な荒らし以外はある程度鎮静化したようである。 当初は転送量の限界に直面していたの閉鎖騒動に関連し、その避難先として設立された。 注 現在は避難先としては扱われていない。 2002年• 二次元画像板(二次表)の利用が活発化、キャプチャ画像や漫画・同人誌の連貼り等が横行したため、二次元裏掲示板 二次裏 を分離。 画像掲示板に愉快犯的にグロテスクな画像を貼るが横行した為、グロ画像掲示板を設置。 二次元画像と三次元画像の取り扱いをめぐる小競り合いが頻発したことから、二次元画像板と三次元画像板を分離。 2003年• 、等、初期の二次裏ネタが隆盛する。 荒らしが名乗った「としあき」の名が、二次裏掲示板の投稿者のデフォルト名となる。 雑誌『』が付録として、二次裏でやりとりされていた「パックリマンシール」のアイディアと企画を無断で借用したことが発覚。 後のネットランナーとの確執の原点となる。 が初めて貼られる。 2004年• さん誕生。 掲示板の仕様変更に伴い、二次元裏掲示板から投稿者のデフォルト名「としあき」の名前が消える。 2005年• 二次裏掲示板がimgとdatに分離、トップページからのリンクはdatに張られる。 新サーバ may が投入され、二次裏掲示板のトップページからのリンクはmayに張られる。 新規投入されたmayサーバ上の二次裏掲示板において、投稿者のデフォルト名として「としあき」が復活する。 前日の時点でユーザーをターゲットとした、キンタマウィルスに二次may板をターゲットとするものが現れ、高負荷が掛かったことから、二次裏may掲示板のURLを変更する。 画像収集ツールによって、虹裏may掲示板に高負荷が掛かったことから、虹裏nov掲示板が新設される。 mayは存続。 同時に二次元実況裏掲示板も新設。 新設直後は三次元実況板という名前だったが、一日足らずで変更された。 2006年• 二次裏junサーバが投入されるが、これまで通り新サーバの投入によって既存のサーバが撤去されることはなく、6月末現在でトップページからリンクされた二次裏掲示板は2つ、二次裏を自称する掲示板は計5つ img、dat、may、nov、jun が存在することとなる。 二次裏がハッキングされ全員のホスト名が赤字で表示される。 img板のサーバがimgからnovに移動。 imgサーバは文字板にのみ運用されることになり、img板はアドレスと俗称としてのみ残ることになった。 これによって二次裏を運営しているサーバは4つ dat、may、nov、jun 、二次裏を自称する掲示板は5つ img、dat、may、nov、jun となった。 ばら板が閉鎖し、やおい板の接続が不可能となる。 2007年• テレビ板が閉鎖。 頃 削除依頼、アクセス禁止依頼などの受付を行っていた準備テスト板、ラウンジ板などが消失。 ただし、管理自体は為されている模様。 頃 文字板の大半が消失。 活気や荒らしによる人数減少が影響と思われる。 現在は半角、アニメなどが残っている。 2008年• del機能が追加される。 三次元実況板が開設。 新サーバ dec が投入され、二次元裏 dec が開設。 decは既存サーバより負荷に強いとされる 管理人のアナウンスより 2009年• 日時不明 二次元裏のmayサーバーにて、「del蓄積による削除」が機能する。 これは特定数の削除申請があった場合、スレッドの書き込み分の真下(またはレス本文の真上)に「このスレッド(レス)に対する削除申請があります」と赤字で表示されるようになる。 このことに対しては、以前より乱立するようになった二次元裏での政治スレッドに対して叫ばれていた機能であり、実装されて以来は一定数の蓄積で削除されるようになった。 二次元裏のmayサーバーにて、民主党の話題を扱ったスレッドの一斉削除・アクセス禁止処理が行われる。 これは常日頃より乱立している政治スレッドに対する行動であり、民主党のみならず政治に関する話題は大きく削除されている。 この行動に対し、不満を持った一部ユーザーは「管理人による言論弾圧だ!」「金で買収(洗脳)されている!」と反論、更に過剰にスレッドを乱立させることとなる。 この行動は非常に過激なものとなっており、「アニメ・ゲーム画像で偽装した政治スレッド」「『小沢』と書き込んで何秒で削除(アク禁)になるか」など、管理体制に対する挑戦状と思わしきスレッドがこの日だけでも30以上乱立していった。 2010年• 二次元裏mayサーバーにて「スレッドを立てた人間(通称・スレあき)」がそのスレッドのレスポンスを削除出来る権限をテスト機能として実装。 この機能はパスワードを相手が設定していても一方的に削除出来る機能となっている。 この機能が実装された詳しい理由は不明。 これにより、自分の意見に反するレスポンスが削除出来るようになった為、一部のスレッドでは「このレスはスレを立てた人間により削除されました」という表記が目立つようになってしまった。 二次元裏mayサーバーにて「メール欄に特定文字を入れるとIDが表示される」機能をテストとして実装。 スレあきがスレッドを立てる際に入力すれば、以降のレス全てにIDが表示されるようになった。 一部の見解では「自作自演の防止」「荒らしの抑制ではないか?」と言われているがこれも詳しい理由は不明となっている。 上記の機能共に言えることだが、「自分の気に入らないレスポンスを消し」「自作自演を隠す為にID表記をしない」と言うことが可能になってしまった為、賛成派と反対派に意見が分かれている。 二次元裏junサーバーにて、IEを使用すれば誰でもスレやレスを消すことができるようになっている事を、誰かがスレを立てて明らかにした。 このシステムの問題は直ちに荒らしに利用され、二次元裏datサーバーを除く、二次元裏の各板と、東方板にて、大量のスレやレスが削除される事態となる。 特に二次元裏junサーバーと東方板での被害が深刻であった。 この問題は5日まで解消されない。 二次元裏mayサーバーにて突如としてカタログ(現存しているスレッドを表示する機能)の画像だけが消える騒ぎとなる。 管理側でのバグを悪用した荒らし行為であり、ある特定の方法を踏むことでスレッドを立てた「スレあき」でなくてもスレッドが消せるようになってしまった。 同じような現象がnovサーバーでも発生した。 既に虹裏cgi板としての稼働は終了しており、現在はzip板と共にdat板のミラーの役割を担っている。 携帯二次元裏@ふたばはmayサーバーに付随するものの、現在機能停止中である。 decサーバは「鯖名は12月にちなんでdecとなった」と管理人の発言がある。 ふたばの同人イベント「ふたば学園祭」において、「今会場に着いた」とスレッドを立てたことがある。 会場で管理人として名乗ったわけではなく、素顔も真相も不明である。 「としあきと「」」の項にもある「datサーバのデフォルトネームが「しもんきん」に変わった」事件の際は、「デフォルトネームをしもんきんにしてください!」という書き込みに対して、短時間だが本当にそう変更してしまった。 また、「ラーメン板を作ったのは何故ですか?」という質問に対し「友人がラーメン好きだからです」と答えたのも一部で有名。 板など、ふたば住人が首をかしげるような板を設置することもある。 男性中心の為、女子あきは存在しない事になっているので注意が必要である。 これは、文化による権を拡大解釈した部分もあり、掲示板の独自文化にも繋がっている。 管理人が管理を原則放置としている板の特徴として、トップに管理板へのリンクが無い。 ただ、あまりに度を越した荒らしが発生した場合は、管理人が介入することが稀にある。 関連項目• Wikipedia:ウィキペたん• 外部リンク• - 元「ふたば避難所」。 - としあき達のお笑いマンガ劇場「助けてとっしー」の保管庫。 -のの際、避難所として設けられた。 Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の

ドラえも (どらえも)とは【ピクシブ百科事典】

ふたば☆ちゃんねる ドラ えも

掲示板の構造としては、後述するアップローダー以外の全掲示板においての体裁を取っている。 一般的なテキスト主体のBBSの他にも画像が投稿可能な「画像掲示板」、画像やテキスト以外のファイルを投稿する「アップローダー」、ブラウザ上で直接絵を描いて投稿する事が出来る「お絵かき板」などの各種掲示板群から構成されており、特にカテゴリー別に設けられた画像投稿掲示板上における活動が最も活発である。 これは公開もされていることから、現在はふたば以外のアングラ系・系の画像掲示板でも使用されている。 当初は転送量の限界に直面していたの閉鎖騒動に関連し、その避難先として設立された。 注 現在は避難先としては扱われていない。 二次元画像板(二次表)の利用が活発化、キャプチャ画像や漫画・同人誌の連貼り等が横行したため、二次元裏掲示板 二次裏 を分離。 画像掲示板に愉快犯的にグロテスクな画像を貼るが横行した為、グロ画像掲示板を設置。 二次元画像と三次元画像の取り扱いをめぐる小競り合いが頻発したことから、二次元画像板と三次元画像板を分離。 、等、初期の二次裏ネタが隆盛する。 荒らしが名乗った「としあき」の名が、二次裏掲示板の投稿者のデフォルト名となる。 雑誌『』が付録として、二次裏でやりとりされていた「パックリマンシール」のアイディアと企画を無断で借用したことが発覚。 後のネットランナーとの確執の原点となる。 が初めて貼られる。 さん誕生。 掲示板の仕様変更に伴い、二次元裏掲示板から投稿者のデフォルト名「としあき」の名前が消える。 二次裏掲示板がimgとdatに分離、トップページからのリンクはdatに張られる。 新サーバ may が投入され、二次裏掲示板のトップページからのリンクはmayに張られる。 新規投入されたmayサーバ上の二次裏掲示板において、投稿者のデフォルト名として「としあき」が復活する。 前日の時点でユーザーをターゲットとした、キンタマウィルスに二次may板をターゲットとするものが現れ、高負荷が掛かったことから、二次裏may掲示板のURLを変更する。 画像収集ツールによって、虹裏may掲示板に高負荷が掛かったことから、虹裏nov掲示板が新設される。 mayは存続。 同時に二次元実況裏掲示板も新設 新設直後は三次元実況板という名前だったが、一日足らずで変更された。 二次裏junサーバが投入されるが、これまで通り新サーバの投入によって既存のサーバが撤去されることはなく、6月末現在でトップページからリンクされた二次裏掲示板は2つ、二次裏を自称する掲示板は計5つ img、dat、may、nov、jun が存在することとなる。 二次裏がハッキングされ全員のホスト名が赤字で表示される。 img板のサーバがimgからnovに移動。 imgサーバは文字板にのみ運用されることになり、img板はアドレスと俗称としてのみ残ることになった。 これによって二次裏を運営しているサーバは4つ dat、may、nov、jun 、二次裏を自称する掲示板は5つ img、dat、may、nov、jun となった。 ばら板が閉鎖し、やおい板の接続が不可能となる。 テレビ板が閉鎖。 頃 削除依頼、アクセス禁止依頼などの受付を行っていた準備テスト板、ラウンジ板などが消失。 ただし、管理自体は為されている模様。 頃 文字板の大半が消失。 活気や荒らしによる人数減少が影響と思われる。 現在は半角、アニメなどが残っている。 また、少なくとも掲示板上で管理人名義において何らかの主義主張などを行った例もなく、その一方で 準備テスト板に何かしらの要望やレポートを書くと的確に反応し、返答や障害対応などを行う為、オン/オフ問わず何かと出しゃばりな管理者が多いアングラ掲示板の世界では「最も管理人らしい管理人」との評価も一部で得ていた。 しかし、2007年現在では稀に違法画像の削除を行うのみで管理は殆ど行っておらず、準備テスト板どころか各板への対応も殆どままなっていない放置状態となっている為、個人で管理する事の限界を指摘する声もある。 稀に行われる管理は基本的に荒らしに屈服する形で行われ、今までにテレビ板、やおい板、ばら板など多くの板が荒らしに敗北する形で閉鎖を受けた。 規制はプロバイダー単位で行うため、大手プロバイダーがアクセス不可能になっている場合が多く、様々な点で時代遅れである。 インターネット上のオタク系サブカル世界ではしばしば、(BBSの)「ふたば」と言えば二次裏を示す文脈として用いられていることも見受けられるほどメジャー化していると言える。 二次裏の成立については、本来絵画やイラスト等の二次元の画像を貼る目的で設置されていた 二次元画像掲示板@ふたば掲示板( 二次表)が目的外使用者等の大量流入によって荒らされてしまったことにより、2002年3月頃に隔離板として設置。 対症療法的に彼らを移民させ、緩衝地帯として誕生させた事がその始まりである。 二次裏に貼られる画像は特にジャンルなどは決まっておらず、面白ければ、受けが取れれば善しとされている。 主利用者層の興味の指向性から、既存の・・等からのキャプチャ画像やスキャン画像、キャラクターをコラージュした画像などが多く貼られる傾向にある。 24時間眠ることはなく、深夜や明け方にも同じ時間に同じ画像を貼るミニイベント(定時、定時貼り)が定番行事として毎日行われている。 非常に投稿数が多く、また画像を貼っても数十分~数時間で流れてしまう(新着記事・投稿によりプッシュアウトされ、ログが消去されてしまう)。 このような状況から、二次裏から生まれた秀逸なネタ・特定のキャラクター・各種コラージュ画像等を集積的に収集・保管する為のゲリラ的な「保管所」(「保管庫」とも呼ばれる)も何箇所か存在している。 当初は、アニメ・漫画・ゲーム等に興味を持ち、また1980年代後半頃から続く既存のネットワーク及びBBS文化を醸成してきた中核世代とも言える、いわゆるオタク系の学生(大学生)や社会人らがその主体であった。 しかし、活動が活発化しメジャー化が進むうちに次第に中高生が呼び寄せられ、その比率を増している。 様々なオタク的な傾向を持つ人間に好まれている点では相変わらずではあるが、主に世代間の意識の違いによって軋轢が生じつつある点では明確な懸念が存在し、また増大しつつある(中には故意に軋轢を生じさせて楽しむ火事場見物的な者もいるが)。 上記にあるように5つに分裂した二次裏だが、システムや管理体制、トップページからのリンクの有無に伴う利用者数の違いなどの為、同じ「二次元裏」という名称を持ちながらも、それぞれのサーバでは多少の文化的な違いが見られるようになっている。 貼られる画像や傾向の違いに加え、中には独自のマスコットキャラクターやオリジナルキャラクターを所持しているサーバも存在する。 祭り 特定キャラの絵や、コラージュ、スクリプト(台本的な意味でのスクリプト)などが複数投下される現象。 または、特定のレスを引用し、一定の趣旨に添ったスレッドを立てることを指す。 二次裏では何のひねりもない雑談が嫌われる傾向にあるが、ネタや偏愛や自虐を含めた雑談に導くことで、掲示板全体を巻き込む祭り現象を肯定しつつ雑談の話題を探している。 連続投稿を肯定するだけでは荒らしに利用されてしまうので、敢えてキャラネタを含ませることで荒らしの連続投稿と区別する作用もある。 としあき と 「」 「としあき」とは、かつての二次元裏掲示板の投稿者のデフォルトネームであった。 二次元裏掲示板の成立当初のデフォルトネームは「名無しさん」であったが、ある日「としあき」と名乗る人物が「回転ソムリエ 15回転」等の同人誌のアップロードを要求するなど、執拗な荒らしを繰り返し猛威を振るった折、匿名掲示板であることから他の二次裏住民も便乗して「としあき」名のハンドルを使用し、荒らしに便乗したり大本の「としあき」をからかったりするようになり、一時は手のつけようがないほどにまで「としあき」が増殖し、紛糾する事態が発生した。 またこの流れで、掲示板に投稿して新規のを立てた人物を スレあき、の投稿者を 女子あきなどと呼称する者が誰ともなく現れ、程なく全体に定着するようになった。 名を得たことによってアイデンティティに目覚めた「としあき」たちは、その名のもとに結束と帰属意識をより強固なものとする。 これは活発な活動の原動力となった反面、仮面を得たことによる無責任な振る舞い等の望ましくない結果をも招くこととなり、功罪の両面においてその名をネット上に轟かせることになる。 やがて「としあき」発祥の場である 二次元裏掲示板の「としあき」たちは虹裏の伸展とともに凶暴性を増し、同コミュニティ内の秩序を破壊し、その被害が他コミュニティまで及ぶ兆候を見せていた。 そのため、あるいは夏休み期間が迫る中で毎年繰り返される、暇を持て余した無責任な中高生の大量流入による荒れ対策を予測したものとも言われているが、2004年7月15日、「管理人(美人)さん」氏の手により、当時の投稿時のデフォルトタイトルである「無念」とともにデフォルト名「としあき」は削除され、代わりに無名・無音を示す 「」が二次元裏掲示板の投稿者を示す呼称として定着した。 その後10ヶ月近く「」が使用され続けたが、にはmay鯖()で「としあき」が復活した。 これ以降に新設されたnov鯖、jun鯖に於いても、「としあき」がデフォルトネームとして採用された 但し、dat鯖、img鯖では逆に「」がそのまま使用され続けている。 尚、初期の二次元裏掲示板から分離したとされる えろげ板、 やおい板、 避難所等の一部掲示板では、投稿者のデフォルトネームとして「としあき」の設定が残り、「」が使用されていた時期にも引き続き使用され続けた。 この他にも、系の画像を扱う ゆり板のデフォルトネームで、全ての会話をお嬢様言葉で行っている「 ゆりあき」や、に突如として約一日間dat鯖のデフォルトネームとなった「 しもんきん」などの派生形も存在する。 お絵sql• お絵かき• 落書き• 落書き裏 中でも最も活発なのが落書き板である。 投稿者の多くに自分のテリトリーを定めている傾向がある。 お絵sql以外の板では、同じ投稿者が連続で投稿する事が疎まれる傾向にあり、1日に1枚の制限が大雑把な現在の慣習となっている。 そのため、投稿者によっては複数の板をまたいで投稿するという行為も見られる。 お絵sql• 管理にを用いているのテスト板。 率が他の絵板より高い。 流れが速い。 ある意味で他の絵板の中で一番活発である。 標語は「カケバイイ、カクノタノシイ」。 投稿作品の質や面白さよりも、とりあえず絵を描くことが重要視される。 絵の連投 連続投稿 が可能。 そのためしばしば同一人物による連投祭りが発生する• 「SQL鉄の掟」が存在するが、別に絶対のものではない。 基本殺伐、たまに馴れ合い。 喧嘩のあとは笑って手を取り合おう。 基本コテハン。 他板のどんな荒らしも受け入れる。 性器は描かない。 お絵かき 板名や並び順からすれば本流はこのお絵かき板の筈なのだが、ゴミ絵(この場合本来の意味での落書きで、便所の落書きレベルの絵)の投稿が多くて敬遠され、傍流に成り下がっている。 ただ、その一方で上手な絵を投稿する人も居住していて、奇妙な雰囲気を醸し出している場所である。 端的に言えば「玉石混淆」。 お絵かき系板の中で最も流れが遅く、特別な事が無ければ一週間以上絵が保存されている。 その名前に反して投稿作品の質は高い。 ただ、その集客力の分だけ利用者レベルも低下していて、「保管庫どこ」などというレスがほとんどのスレに付けられ、煙たがられている。 このため投稿者がメール欄に自サイト(保管庫)のアドレスを貼り付けている場合が多い。 もっとも、そうやって書いていても「保管庫どこ」のレスは付く場合が多い。 複数の投稿者が同じテーマで絵を描きあういわゆる「祭り」の発生率が高く、普段の流れもお絵sqlに次いで速い。 落書き裏 落書きの裏ということでアダルトなものを連想するかもしれないが、まさにその通りで、18歳未満お断りな絵の投稿が多い板である。 流れは比較的ゆったりしていて、落ち着いている。 そのためか落書き板よりはシリーズや連載が多い傾向がある。 しかし、偶に「祭り」が発生して投稿が急増する事があり、油断禁物である。 自主規制な部分を外した「しおから版」がセットで投稿される事が多い。 2007年の10月前後から「セーラ」を連投する荒らしが出没。 お絵描き板などにも飛び火しており、関連住人や絵師がMixi等で苦言を呈している。 2008年3月に「お絵かき」「落書き裏」共に新規サーバへの移転に伴い、一時的に混乱が回避される。 2008年4月現在、粘着気質の荒らしは続いており「空age」と言われる行為が現在進行形で不毛に続いている。 荒らしのIPはIPアドレス検索サイトで不正IPランキングに登録はされているとされているが、正確な情報とはされていないため未だ対応はされていない。 2008年5月未明、管理人により荒らし絵の一斉除去と一部のIPが規制される。 巻き添えを貰った絵師もいるようだが、概ね平安を取り戻している模様。 噂の域を出ないが、「双葉学園祭」にて関係者に一部の絵師が嘆願した事によるものとされている。 テレビ 元々は「三次ネタ」板だったのが分裂して生まれた掲示板。 や名前欄、表記がなくスレッドの寿命も短いので、自演やなどが横行しやすいが、これを嫌う利用者と楽しむ(楽しめる)利用者が存在する。 貼られる画像はテレビ番組のキャプチャ、女性アイドルの、ヌード画像、漫画のスキャン、風景画像、動物の画像、食べ物(飲み物)の画像、グロテスクな画像、gif画像、独自に加工したコラージュ画像等様々。 画像を貼り付けずにコメントのみのスレッド(字スレ)が立つことも多い。 世間の注目度が高いテレビ番組やスポーツが放送される時は、その番組のキャプチャ画像が貼られる為一時的に利用者数が上がることがある。 また、頻繁にサーバーが落ちるのも特徴のひとつで、管理人に改善を求める利用者も少なくない。 しかしその一方で、ごく希に特定ドメインによるアクセス禁止や書き込み禁止が実行される事があり、管理人が完全に管理を怠っているわけではない。 軍 主として軍事関係の画像が投稿されるが、軍事関係のみにとどまらず軍事に関係するから・・ ・など非常に幅広い分野も網羅する掲示板である。 利用者には鉄道板や外部の101ふりーうぇいと両用する者も多く、特に鉄道板とは友好関係にあるため、荒らしに対して共同対処する事もある。 他板と大きく違う特徴としては、画像にボケのコメントを載せて投稿し、これを見た利用者がツッコミのレスを入れるという漫才の一定のセンスが求められる点にある。 最近では自動スクリプトによる荒らしが相次いでいる。 従軍していた家族のアルバムなどから資料的価値の高い旧軍の写真が転載されることがある。 また管理人が関わりたがらない板のひとつであるとされ、ネタ的な存在の板(スピグラ板など)にでさえ設置されている準備板へのリンクが存在していない。 ただ、あまりにも悪質な荒らしが出現した場合は行動を起こす。 この為、 yotsuba-channel という類型の画像掲示板群が作られた(管理者は双葉の非公認姉妹サイトとしている)。 これは双葉で用いられている画像掲示板スクリプトを流用した物で、主としての人間を対象として作られたサイトである。 なお、かつては転送量軽減の目的で、日本からの画像掲示板スクリプトへの接続を規制していた。 現在、日本のからのアクセスは禁止されていない。 ネットランナー問題 ふたばについて語るとき必ず関わってくるのは雑誌『』の存在である。 ネットランナーはふたばを効率的に利用するための手法や二次裏発のキャラクターを利用したコンテンツを掲載するのだが、その手法はかなり強引なものであり、半ば著作権無視や、ふたばの管理運営に影響を与える事もあった。 そのためふたばとその周辺では反ネットランナーの姿勢が基本であり、反ネットランナー的なバナーなどをしばしば目にすることができる。 しかしながら、ネットランナーの行為にあまり影響を与えることは出来ていない。 これは、実質的に著作権フリーに近い形で創作作品が生まれるためか作品の権利が追及し辛いことや、ふたば自体が著作権にルーズなところ等から来ていると考えられている。 2ちゃんねるとの関係• 2ちゃんねるの避難所として設立されたため当初ユーザーのほとんどは2ちゃんねる住民であった。 そのため2ch語や2chAAの書き込み、ネタの相互的なやりとりが頻繁に行われ、かつて2ちゃんねるとは姉妹的な関係にあった。 そのため、2ch語等の使用を巡る古参との激しい言い争いがしばしば見られるようになった。 また、本来ふたばが発祥であるにもかかわらず、2ch発祥と混同されたり、全く発祥が認知されない場合もあったが、現在ではそういったことは少ない。 代表的なものは「」だが、あまりにもふたばの手を離れ、ふたば特有の味付けも為されないほどブームになると、逆にふたばでは下火になるという現象も発生している。 ドメインを所持している社は2ちゃんねる及びの広告代理店であり、2ちゃんねるへの広告についても募集を行っている。 その他 画像本位のシステムを採っており、文字本位の掲示板よりも視覚的に情報をやり取りしやすいためか、既存のキャラクターにコラージュなどによる独自の解釈が加わる事が非常に多い。 二次裏のキャラクターと元のキャラクターは造形が似通っている以外ほとんど別物に等しく、程度に差はあるが、二次創作とオリジナルの中間的な存在であると言える。 そこから派生したふたば独自の文化は、ふたばを利用しない人間にとってはもはや意味不明なものだが、利用しさえすれば自然に馴染んでしまう。 また、二次裏以外にも複数のオリジナルキャラクタが生まれている。 なお、このサイトの「落書き板」には、の「ドラえも」や、「」、日本ののキャラクターをモチーフとした「」などの漫画も連載されている。 主な例として、画像掲示板にその板の主旨とは全く違う画像や、を貼り付け執拗にage(上げ行為)を繰り返す、特定個人を連想させる画像を用いての個人叩き、同じ画像を何度も使い日記スレッドを乱立させる、特殊なソフトを使って同じ画像を連続的に貼り付けサーバーに負担をかけて落としてしまう等がある(特にID表記のない一部の掲示板に多く見られる)。 中にはこれらの行いによって、すっかり形骸化してしまったコミュニティも見受けられる。 一時期よりは積極的になったとはいえ、メジャーな掲示板の中でも管理人の荒らし等への対処はかなり消極的で、良く言えば寛容、悪く言えば無責任な掲示板である。 様々なムーブメントなどによる二次裏への人口流入によってサーバーが複数に分裂した今でも管理人一人による管理を行っており、サーバーによっては完全放置されている。 赤提灯()• あきらめ巫女• 朝はもちろん! サンダーLOVE! 明日田さん(・魔将軍アスタロット)• あつし() - 漫画家。 伊勢きりこ()• 井之頭五郎()• 先生()• 営業石(ローゼンメイデン)• おちんちんランド開園• 金田()• 期待ちゃん -• キモーイガールズ - のコミックが出典。 苦しい立場に追い込まれた中村• - で描かれたものである。 沙耶()• (、VOW)• 痔悪化() - 元は「機動戦士ガンダムSEED」の登場人物。 しーぽん(宇宙のステルヴィア)• しせいさん()• (ローゼンメイデン 翠星石)• しもんきんじゃないか! - ある時、自作絵を公開しあうスレにおいて「レモンまん」と言うキャラクターが発生したが、画像の中の文字が汚く「しもんきん」と読めた事から。 「じゃないか! 」と言うフレーズは『』が出典。 (性的な意味で) - 『』の同人誌が出典。 そんなことよりだ!• 駄メイドダンバい()• ちょいあ()• - 横山光輝三国志で描かれたものである。 ディフェンスに定評のある池上()• 年増園開園• ニーサン()• ネトラン厨()• 覇王翔吼拳を使わざるを得ない・お覇王翔吼拳()• ( バックベアード)• ( フォルテ)• ぴるす - ふたば二次裏のの1人。 ふたばの管理人に対して馴れ馴れしくレスをしたり、自らを管理人にしてくれるように頼むのが印象的。 ある時、age最高・鍵っ子・マジレスら他のコテハン達と共に写ったオフ会の写真とされる画像が出回り、それを元にしたが大量に作成された。 微妙に横を向いている顔を無理やり左右対称に編集した奇妙な正面画は「HIRAKI」と名付けられ、ぴるすのキャラクターとなっていると共に各種コラに用いられる。 ふたりはグロキュア(・)()• 舟木先生()• 陛下()• 元々は荒らしであり、連続でスレ立てをしてカタログ(ふたば各サーバ内にあるスレッドの一覧)を埋め尽くす等の行為を働いていたが、ある時「大人の男怒らせるなよオメーラ」「絶対に許さんからな」「三日後100倍だかんな、メモっとくからな」との迷言を残し、以後ふたば二次裏の住人達からネタにされるようになる。 上記のオフ会の写真とされる画像ではインパクトのあるポーズで中央に写っており、これを用いたコラはコテハンの中でも最も数が多い。 中でも『うま味紳士』と言うホモ系AVのパッケージにコラされた物が秀逸で有名になり、うま味紳士はマジレスの代名詞になった。 秀夫 - 『うま味紳士』に出演していたAV男優。 マジレスコラの材料であったというだけで本人はふたばとは何の関係も無いが、マジレスと共にコラに使用され、キャラクターとして定着するに至る。 マナマナ()• みそこなったぞ! ミント(ギャラクシーエンジェル)• むすー• もょもと(ドラゴンクエストII 悪霊の神々) - 裏技パスワードでのローレシアの王子の名前。 やよエな(やっぱりはエロいな)• 山田さん• 雪さん()• 百合バーサルスタジオ• よしなに( ) - ただし、コラに使われた画像の人物は。 米田さん()• リンファ(ギャラクシーエンジェル ランファ)• レスしづらい(ギャラクシーエンジェル ランファ)• ロスの人() - 「こんなことロスじゃ日常茶飯事だぜ!」• わはー(水月)• 赤さん - 辛辣なコメントをはく赤ちゃんの画像。 元ネタはの監督。 二次元ネタ• あっはん娘 - 下記「あんぱん娘」の姉。 あんぱん娘• 下衆侍( 蜷川新右衛門)• さやか• 社長()• ()(三国志)• タイヤ()• 店長( )• ( バウンド・ドッグ)• ネロ提督()• 母上 - 上記「あんぱん娘」の母。 ぷににゃにゃー()• リュウさん(機動戦士ガンダム )• わみ 落書き• 隊長(の「Parish J. Harvey」軍曹のこと。 彼の写った印象的な1枚の写真から数多くの生み出された。 現在でも「101ふりーうぇい」で新しいコラが投稿され続けている。 英国老人• コバトン• 勉強少女• めじろ• () 数学• h入れるか死ね• ぶっちゃけ、... なのですよ。 テレビ• おっさん祭りはまだですか? 俺の嫁(女性アイドルタレント)• 今日も暑かった(寒かった)ね• こんこん貼ってよ(、、など「コン」がつく著名人)• コンビニいてくる( ドン・チャック)• フライヤー スポーツ• デリヘルいてくる(きた) 「いいね」「俺も行きたいな」等と返すのが通例。 巨人優勝! - 完全に自虐ネタ。 コーボロ - 熱血宮本~コピペより派生。 幕田(元中日)• また負けちゃった、てへっ! (元監督の笑顔) - 巨人が負けると貼られる。 監督をベースに萌えキャラ化した「原辰のり」のバージョンもある。 ヨワス - アンチ巨人絵師によるもの。 (大阪の)お兄ちゃん 脚注.

次の

蒸し暑いからぬぐーとは (ムシアツイカラヌグーとは) [単語記事]

ふたば☆ちゃんねる ドラ えも

この記事の一部にはあんなことやこんなことが書かれています。 この記事を開いたまま席を離れたら大変なことになる可性があります。 蒸し暑いからぬぐーとは、ンによる連載である。 概要ー にて連載されている。 なお、誌でも連載が始まった模様。 「ぬ」という奇?奇音?とともにしてしまうと、そのリョータのドタバタ。 なお、だが フッツーにしてるなので、の人は後述の書籍版でないと見ちゃダメ。 登場人物ー の技「ぬ」を使うの(?)。 のことはなんとも思ってなかったが、普段からしまくっているため当然向こうはそうは思っておらず、結局流されてそういう仲になってしまう。 意外に様子。 一応なので、一線は越えてないらしい。 でもそれ以外のことは大抵やってる 脱ぐのは気だが脱がせられるのは恥ずかしいらしい。 リョータ の。 の「ぬ」は昔から見慣れていたものの、さすがにお年ごろなのでいろいろ暴発してしまった。 他にもサトミとしたり千弦さんと立ったりと羨ましすぎる存在。 するとほぼ別人の「リョーコちゃん」にする。 ン 二人の。 元祖「ぬ」の使い手で、そのはの数段上。 の関係を知っても本番行為以外はOKを出しちゃう人。 一応いるが、は薄い。 ンとは。 サトミ の友人。 なことからの「ぬ」及びの仲を知ってしまう。 基本的に巻き込まれ役。 リョータのことはどう思っているのか。 あとこのもなんだかんだでい。 のの噂を聞きつけてやって来た格闘。 顔がくどい。 重度ので、以外のにはない。 千弦 ので、の念をらすべくに勝負を仕掛けに来た武闘。 仲はなんだかんだで割と良い。 紆余曲折を経てなぜかリョーコちゃんに惚れる。 ンに何度も命を助けられたことがきっかけで、後にヌード「」として。 「」に登場する。 だが撮のたびにが反応してしまうため苦労している。 の場面も多々あるのだが、被り物は決して外れない。 界に来てよくわからずに暴れていたが、で成敗される。 以後のに住み着く。 普段はで小人化、魔界ゆえ性別・などいろいろ便利(的な意味で)な。 「」としたの。 でにも度200増しで出演するようになり気。 ひばり 部。 から「ぬ」のを奪い取ろうと画策するも失敗。 その後は様々なでするに。 っ気あり。 謎に満ちた技「ぬぐー」、その実態• 脱ぐというか弾け飛んでいる。 もになる。 出を上げると範囲攻撃になる。 応用してぬ波(?)を飛ばして物や他人をふっ飛ばしたりもできる。 当たると当然脱げる。 上達すると、にも止まらぬで脱げる。 も破れずそのまま畳まれる。 同士をしくぶつけると、一時的にが相手に移る• 実はでも使える。 実は全身どこからでも出せる。 慢しすぎると暴発する。 は最近好きらしい。 リョータは胸でされるのがらしい。 飲むのは理らしい。 ンはそれは凄いらしい。 サトミは「いいよ・・・かけて・・・」と口走ったことがあるらしい。 関連商品ー 一応書籍化されているが、そのままで拡大しているので荒い+がされているため薄い。 で「このをたい」と思っていてになるまで待てない方、およびへのおをする方以外はに版を見るのをオススメする。 関連項目ー• 外部リンクー•

次の