シーフード パスタ。 【あさイチ】「シーフードミックスで魚介のパスタ」作り方、イタリアンシェフ片岡護さんのレシピ《ゴハンだよ!5月19日》

冷凍シーフードとアンチョビの和風パスタレシピ

シーフード パスタ

シーフードミックスパスタを作ってみましょう! 【材料】1人分• パスタ・・・・・100g• シーフードミックス・・・・・120g• オリーブオイル・・・・・大さじ1• にんにく・・・・・1かけ• 鷹の爪・・・・・1本• ドライパセリ・・・・・適量 味付け調味料• 酒・・・・・大さじ1• 黒こしょう・・・・・適量• 塩・・・・・一つまみ• バター・・・・・小さじ1 5g シーフードミックス解凍用の塩水• 塩・・・・・大さじ1 15g• 水・・・・・500cc 作り方• ボウルに解凍用の塩水を作って分量のシーフードミックスを解凍します。 戻し終わったらざるにあげて軽く流水で洗い水気を切っておきます。 パスタを袋に表記の時間通りに茹でます。 フライパンを使うと簡単ですよ! 参考記事• 鷹の爪は種を取り除き小口切りに、にんにくは薄くスライスします。 フライパンにオリーブオイル大さじ1とにんにくを入れて中火にかけます。 にんにくの香りが出たら一旦火を止めて鷹の爪を入れ鍋を傾けて熱した油に浸ししばらく置きます。 鷹の爪の色が変わったらにんにくと一緒に取り出します。 一旦取り出したにんにくはカリカリにして仕上げのトッピングにしてもよいと思います。 解凍しておいたシーフードミックスを入れ中火で炒めていきます。 全体に油が回ったら、塩一つまみ、酒、黒こしょうをいれ更に炒めたら 一旦火を止めます。 茹でたパスタと茹で汁大さじ1をフライパンに入れて強火でシーフードとよく混ぜ合わせたら火を止めてバターを全体に絡めたら出来上がりです。 お皿に盛り付けてドライパセリを振ってください。 ポイント• パスタを茹でている間に具材を炒めていくというのが同時進行が本来のやりかたなのですが、具材を一旦炒め終えてから火を止めてパスタを茹でるというやり方でもだいじょうぶです美味しく仕上がります。 ボウルに作った塩水で解凍することでシーフードミックスの生臭さ水っぽさが無くなり身がプリプリになります。 スポンサーリンク まとめ 今回は市販のシーフードミックスを使ったパスタメニューをごしょうかいしましたがいかがでしたでしょうか。 美味しく作るポイントは使う具材の凍ったシーフードを塩水で解凍することです。 この解凍の仕方は冷凍もののエビ、ホタテ、あさりなどにも応用できるので是非活用してみてください。 この作り方で歯ごたえプリプリの美味しいシーフードスパゲティを作ってくださいね。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 131•

次の

【あさイチ】シーフードミックスで魚介のパスタの作り方。イタリアン片岡護シェフのレシピ(5月19日)

シーフード パスタ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

シーフードパスタ人気レシピ!簡単で本格的なおすすめソースを紹介!

シーフード パスタ

パスタ:100g• オリーブオイル:大さじ2• にんにく:1かけ• トマト:小1個• シーフードミックス:100g• 唐辛子:お好みで。 パセリ(タイムやオレガノもいい感じ):適量。 なしでもOK• 塩:パスタを茹でる時用。 お湯の量の1. パスタ パスタは何でもいいですが太めのスパゲティーやフェットチーネ、リングイネがおすすめ。 フリンジやペンネなどのショートパスタでもOKです。 オリーブオイル オリーブオイルはエキストラバージンでもピュアでも大丈夫です。 エキストラバージンオイルの風味がキツイと思ったらピュアかブレンドの方がいいかもしれません。 唐辛子 生でも乾燥唐辛子でもOK 風味がいいのは生。 唐辛子は種が辛いので、辛いのが苦手なら種を除いて輪切りにして入れるか、丸ごと入れるのがおすすめです。 皮膚の弱い人が種を触るとヒリヒリ痛くなることがあるので手袋があると安心。 めっちゃ痛い! シーフードミックス シーフードミックスは使い道が豊富なので業務用サイズを冷凍庫に常備しておくと便利。 割安だし パスタだけじゃなく、グラタンやアヒージョ、チャーハンやかき揚げなどにも使えてとても重宝します。 前日に使う分だけ冷蔵庫に入れて解凍させておくとすぐに使えます。 にんにく:みじん切りorスライス• トマト:適当に角切り• 焦がさないようにフライパンを傾けてにんにくと唐辛子を泳がせながら熱します。 4 大鍋に塩とパスタを入れて茹で始める 塩はお湯がしょっぱいスープ位の辛さになるまで入れます。 お湯の量の1. お湯3Lなら45g前後 パスタとソースにいい感じの塩味をつけるためなので、思い切って入れて下さい。 5 フライパンに茹で汁とトマトを投入 にんにくからプツプツ泡が出て香り立ってきたら、パスタの茹で汁をお玉1〜2杯とトマトを投入します。 オイルと汁が白っぽく混ざるようにフライパンをよく振って下さいね! 6 フライパンにシーフードミックスを投入 解凍したシーフードミックスを投入してさらにフリフリします。 オレガノとタイムを使う時はここで入れちゃえばOKです。 風味が格段に良くなります 7 水分を切ったパスタを投入 8 フライパンを振りながら合わす パスタを投入してからもフライパンを振りながら、手際よくソースと絡めます。 9 パセリを投入 細かくしたパセリをアクセント程度に入れてパスタに絡めます。 スイマセン。 トップにパセリを飾るとオシャレ度が増します。 ちょっとアレンジしたい時は… パスタではないんですが、このソースを使ったアレンジレシピを1つご紹介します。 それは工程 6の時にご飯を入れてリゾット風にするというもの。 この時ですね。 大きいフライパンだと煮詰める内にソースが蒸発していくので、小さめのフライパンやスキレットに移した方が焦げ付きません。 アヒージョの後のリゾットみたいな感じでアウトドア感も出るのでおすすめです。 おわりに ペペロンチーノの延長線上のレシピですが、シーフードの旨味とにんにくオイルのコンビは最強です。 トマトを入れることによって甘みと酸味がプラスされてさらに旨さが増します。 ポイントはペペロンチーノと同じで絶対に にんにくを焦がさないことと、 茹で汁にしっかり塩味をつけること!.

次の