ホワイトニング通販。 本八幡で激安ホワイトニング!|5000円の安さで最新ホワイトニング体験

歯のホームホワイトニングジェルおすすめランキング16選【通販含む】

ホワイトニング通販

近年、歯科医院やエステサロンなどで、期間限定のお試しホワイトニングの広告や、歯が白くなる歯磨き粉の宣伝、はたまた重曹などの使用によって歯を白くする方法などがニュース番組などで紹介されるなど、歯のホワイトニングに対する世間の意識が高まってきています。 しかし、歯のホワイトニングについて興味を持って、調べたところ膨大な種類の方法や費用の違いに戸惑う方も少なくありません。 今回は、歯のホワイトニングに関する方法をできるだけわかりやすく整理していこうと思います。 その中でも、特にお家で手軽に行うことができる、ホームホワイトニングジェルについて焦点を絞って、まとめていきたいと思います。 ホームホワイトニングジェルと一言でいっても、実は各商品によって含まれている成分が大きくことなってきます。 あなたがご自身で購入して、ご自宅で使用できるホワイトニングジェルは大きく3つに分ける事ができます。 1つ目は国内のインターネットの通販サイトなどで紹介されている物で、ここでは国内市販品として紹介しておきます。 この商品はどんな方でも手軽に購入することができます。 2つ目は、歯科医院で、いわゆる「ホームホワイトニング」用として処方されるホワイトニングジェルです。 この商品は実際に歯科医院に来院し、ホワイトニング治療を開始し始めて使用することができます。 3つ目は海外で市販されているホワイトニングジェルで、個人輸入で取り寄せたりして使用するものです。 この3つのうち、2つ目と3つ目の商品に関しては『過酸化水素』という成分が含まれていています。 しかし、1つ目の国内市販品に関しては、日本の薬機法の関係で、過酸化水素が含まれておらず、他の2つのグループの商品と大きくその作用メカニズムが異なります。 この過酸化水素は、いわゆる歯の脱色作用を目的としてホワイトニングジェルに配合されています。 歯の色は本来真っ白ではなく、少し黄色がかったりするなど、個人個人でも元々の歯の色は異なります。 過酸化水素で歯を脱色することによって、本来の歯の色そのものを白く変化させることができます。 また、過酸化水素は、歯の表面の組織の構造を変化させて、歯の内部の黄色い色が外から見えにくいようにします。 これは、マスキング効果と呼ばれていますが、この事によって、脱色された歯がよりいっそう白く見える歯に変化するという事になります。 残念ながら、過酸化水素が配合されていない国内生産の商品には、この脱色作用やマスキング効果がありません。 国内生産のホワイトニングジェルは、脱色作用がないために、歯の表面についた着色汚れを強い研磨力を持った成分で磨き落とすか、独自に配合された特殊な成分で歯の表面の汚れを浮かせてとっていくものなどがほとんどとなります。 いずれにせよ、国内で販売されている製品では歯そのものの色を白くするということはなく、歯についた着色汚れをいかに落としていくというのが、その作用メカニズムとなります。 使用するホワイトニングジェルが、歯磨き粉のように歯ブラシに塗布して歯の表面をこするようなタイプの場合、研磨力の大きさに注意することが必要です。 あまりにも、硬い研磨剤が配合されている場合、歯の表面の組織ごとに削られる場合があり、使用後に歯の表面がでこぼこになり、逆に着色がしやすい状態になったり、歯がしみたり、歯肉に炎症が起こってしまう場合などもありますので、十分に注意してください。 研磨剤のサイズが小さく、配合量も少ない方が、長い目で見ると歯には優しく、おすすめです。 研磨剤の硬さの一例として、硬い順にリン酸カルシウム、水酸化カルシウム、フッ化カルシウム、炭酸カルシウム、水酸化アルミニウムの順になりますので、参考にしてみてください。 また、ホワイトニングジェルの裏の成分表には、この研磨剤の配合量が表記されていないので、なかなか確認が難しいという問題があります。 ところが、この成分表は配合量が大きい成分から表記されるという法則があります。 よって、研磨剤が最初の方に表記されている歯磨き粉は多量の研磨剤が含まれている恐れがありますので、こういったものを避け、できるだけ、研磨剤が最後のほうに記載されているホワイトニングジェルを選択するのが得策といえるでしょう。 ホワイトニングジェルの中には、研磨剤のほかにも様々な成分が含まれていますが、各歯磨き粉のキャラクターを特徴づけているものとして補助成分と呼ばれるものがあります。 この補助成分の中には、歯の表面の電解質を変化させ、プラ-クやステインが歯の表面に付着しにくい環境をつくるものや、歯の再石灰化を促進して、虫歯になりにくい丈夫な歯をつくるのに手助けとなる、フッ素や各種のミネラルなどがあります。 あるいは、コラーゲン、ビタミンCなどを配合させて、歯肉を歯周病から守るのに効果的なものなどもあります。 前述の歯の再石灰化は、歯の表面をツルツルになるのに貢献しますので、歯のホワイトニングに関心がある方は、フッ素などの再石灰化を促す成分が入っているかどうかを確認するのも重要になってきます。 やはり、購入する立場なので、値段は気になるところです。 あまりにも高いホワイトニングジェルを購入しても、結局継続して使用する事ができなければ、一時の満足で終わってしまいます。 歯磨き粉の値段は製品によってかなり差があります。 実際に高価な成分をホワイトニングジェルに配合していたり、海外から商品を輸入している事によってその分の料金がかさんだり、はたまた品質管理を徹底するとそれだけコストもかかってきます。 しかし、必ずしも値段が高いからといって、ホワイトニング効果が優れているというわけでもありませんので、注意して下さい。 例えば、歯磨き粉に高価な香料を配合している場合は、ホワイトニング力には直接関係がないところに、コストがかかっています。 値段に惑わされないようにするには、購入を検討しているホワイトニングにはどんな成分が入っていて、値段が高い場合にはなぜ高いのか、そういった事をご自身で見極める知識をもつことが大切です。 それぞれのホワイトニングジェルがどのようなメカニズムで歯を白くするのか、他のホワイトニングジェルと比べて大きな特徴はなんなのか、実際の評判はどうなのかなど、チェックする事が何項目かあります。 多くの種類の歯磨き粉が市販されていて、専門用語も時々でてきますので、自身でチェックするのが難しいと感じてしまう方も多いかもしれません。 しかし、歯を白くするメカニズムにしても、配合されている成分にしても各歯磨き粉で共通している部分も結構あり、興味をもってみていけばそんなに大変ではないので、心配なさらないでください。 新発想の着色除去法を利用しています。 従来の歯磨き粉による着色(ステイン)除去は研磨剤によって、磨き落とすというのがそのメカニズムでしたが、リュミエールはその研磨剤が配合されていません。 それではどうやってステインを除去するのでしょうか。 本剤にはカルシウムイオンが配合されているのですが、そのカルシウムイオンと、ステイン中の脂肪酸を反応させて、化学的にステインを歯の表面から剥離させるというのがそのメカニズムです。 この商品はこの剥離させる能力がかなり大きく、白く、着色の少ない歯を生み出すことができます。 研磨剤を使用していないので、歯に傷をつける心配がないのも大きなメリットの1つです。 基本的にむし歯や歯周病の予防には、歯磨き粉を使用していなくても、歯磨きやフロスが適切に行えば充分と言われていますので、研磨剤が入っていないからといって、汚れがきちんと落ちないかどうか心配する必要はないでしょう。 多くの芸能人が使用しており、また多少値段がはりますが、歯の黄ばみを気にされている方には、一度試してみる価値がある商品ではないでしょうか。 歯科医院で実施するいわゆるオフィスホワイトニングの商品です。 過酸化水素の濃度を3.5%と低濃度に抑えているのと、pHも6.0の弱酸性の薬剤ということで、歯の表面のエナメル質や歯肉を痛めたりする心配がありません。 漂白効果は薬剤に含まれている過酸化水素と二酸化チタンの働きによっておこります。 漂白剤は歯科医院でレーザーを照射することによって、漂白作用を発揮します。 二酸化チタンは、レーザーの光の働きを開始させる働きがあります。 また、二酸化チタンは歯磨き粉や食品などの添加物として扱われる安全な物質です。 エナメル質へのダメージを抑えるという本商品の特長によって、ホワイトニング後に新たに着色汚れがついてくるのを抑えることができます。 レーザーは機器の種類によって1-5分程照射します。 まずは、日本にいても簡単に購入できる高濃度の過酸化水素が配合されたホワイトニングジェルをあげます。 この商品は、ホワイトニングジェルのついたシートを歯の表面に30分間貼り付けて、20日間継続して使用するものです。 アメリカでは、一般的に広く普及されている商品で、その効果もかなり期待できます。 ただし、やはり強い薬剤が含まれているために、歯肉につけたり、使用方法を無視して長時間使用すると、歯肉が炎症を起こしたり、歯が知覚過敏を起こしたりするので注意が必要です。 シートを歯に張る作業が最初は慣れないかもしれませんが、数回使用すると、すぐに慣れてくると思います。 この商品には5回分のものもありますので、初めて使用する方で、効果や安全面で不安のある方は、試しにそちらの方から使用するのもいいでしょう。 ホワイトニングを始めたあとに、歯や歯肉がしみだしたらすぐにホワイトニングを中止して、歯科医院に相談しに行きましょう。 虫歯や歯周病がホワイトニングによって悪化している場合もありますし、ホワイトニング剤の刺激が強すぎて、歯が知覚過敏になっていたり、歯肉に炎症が起こっている場合もあります。 知覚過敏になっている場合は、症状が悪化すると歯の神経に強い炎症が残ってしまい、根の治療が必要になる場合もありますので、注意が必要ですし、歯肉に強い炎症がのこってしまうと、痛みで歯ブラシも十分に行えず、かえって歯の表面に汚れが残ってしまう場合もありますので、何か問題があるような場合は、ご自身で判断せずに歯科医師に相談されるのがいいでしょう。 前述したように、歯科医院で使用されるホワイトニングジェルと、お家で使用されるものとでは、含まれる過酸化水素の濃度が異なるか、過酸化水素自体が購入できるホワイトニングジェルには含まれていない場合があります。 お家におけるホワイトニングであまり効果がないような場合は、やはり歯科医院で相談されるのがいいでしょう。 また、ホワイニング開始後、歯や歯肉がしみたり、痛みが出るような場合は、何らかの問題があると考えられるので、すぐに歯科医師に相談しましょう。 歯に人工のかぶせ物や詰め物をしていると、ホワイトニングをしてもその材質以上に白くはなりませんので、注意しましょう。 よって、ご自身の歯の治療状態を把握していない場合は、一度歯科医院でチェックしてもらってからホワイトニングを始めるのがいいでしょう。 実際の歯科医院で行ういわゆるオフィスホワイトニングでは、最初にお口の中の写真撮影、マウスガードの作製を行い、ホワイトニング剤を塗布していきます。 ホワイトニング剤の種類によっては、レーザー照射を行うものもあります。 1度の治療は20分から1時間位で、来院回数は歯の状態にもよりますが、1回から3,4回くらいになると考えられます。 「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の違いについても触れておきましょう。 ホワイトニングに興味がある方はこの2つの言葉を聞いたことがあるかもしれません。 通常歯科医院でホワイトニング治療を開始すると、実際に歯科医院内でホワイトニング剤を歯に塗布して、ホワイトニングを行っていく「オフィスホワイトニング」と呼ばれる方法と、歯科医院からホワイトニング剤を受け取って、実際のホワイトニングは自分のお家で行っていく「ホームホワイトニング」と呼ばれる方法の2つの方法があることが分かります。 通常、「ホームホワイトニング」で使用されるホワイトニング剤は、「オフィスホワイトニング」に使用されるものに比べて、含まれる過酸化水素の濃度が低く、一見「オフィスホワイトニング」の方が有利のように見えますが、実は「ホームホワイトニング」にはいくらかのメリットがあります。 まず、「ホームホワイトニング」では、ほとんどのホワイトニング作業を自分の手でお家で行うために、費用を歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」よりも比較的安く抑えることができます。 また、自分自身でホワイトニングを行うので、作業の煩わしさや、管理の面倒くささなどを除けば、自分で好きな時間に行うことができ、結果的にホワイトニングを実施できる期間が十分にとれる事が多いです。 また、ホワイトニングの作業自体も、慣れてしまえば、誰でも行える簡単なものですので、大きな問題にはならないでしょう。 さらに、「ホームホワイトング」のジェルは、薬剤の濃度は歯科医院で行うそれに比べて低いのですが、その分長期間の塗布を行うことができるため、結果的により白い歯を得ることができる場合が多く、また、白くなった歯が元の歯の色に戻る「後戻り」という現象も緩やかに抑えることができるというメリットがあります。

次の

歯科医が教える自宅のセルフホワイトニング方法16選

ホワイトニング通販

返品について 不良品 初期不良の場合、商品到着日より7日以内であれば返品・交換を承ります。 また、返品・交換の際の送料はお客様でご負担下さい。 返品期限 初期不良の場合、商品到着日より7日以内であれば返品・交換を承ります。 また、返品・交換の際の送料はお客様でご負担下さい。 また郵便局の保管期限の7日間を超えますと、弊社に返品されます。 その場合にも無料での再発送サービスはおこなっておりませんので、ご注意下さい。 返品送料 初期不良の場合、商品到着日より7日以内であれば返品・交換を承ります。 また、返品・交換の際の送料はお客様でご負担下さい。 詳しくは問い合わせフォームよりお聞きください。 コンビニ・ATM・ネットバンキング(ペイジェント) 下記の3つの支払い方法が選択できます。 コンビニでのお支払い 2. 主要メガバンクをはじめ、全国1,000行以上対応 銀行振り込み(前払い) 手数料はご負担ください。 銀行振り込み確認後の発送になります。 注文後5日以上経過して振り込み確認がとれないと注文はキャンセル扱いになりますのでご了承ください。

次の

歯 ホワイトニング セルフ 自宅 マウスピース 自分の型ができる 2個セット 自宅で簡単 送料無料 :N231:NS

ホワイトニング通販

歯医者さんの提供するホワイトニングは安全? 知識を持った歯科医師によって正しく施術が行われれば、歯科医院で取り扱う薬剤の使用は基本的に安全だといえます。 それでは、ホワイトニングで用いられる薬剤についてご説明していきましょう。 1-1 ホワイトニング剤の主成分は過酸化水素 ホワイトニングは大きく分けると、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングの2つがあります。 それらで使用されるホワイトニング剤は、過酸化水素や過酸化尿素が含まれるものが一般的です。 消毒用のオキシドールと含まれる成分が同じなので安全に思われがちですが、不用意に口の中に入れると火傷をしてしまう恐れがあります。 過酸化尿素は酸化反応をする際に過酸化水素に変化します。 1-2 オフィスホワイトニングで使われる薬剤の濃度 オフィスホワイトニングで扱う薬剤の多くは、過酸化水素の濃度がおよそ35%以下のものです。 安全と言っても皮膚につくと炎症を起こしてしまうこともあるため、歯科医師は歯以外の部分に薬剤が触れないよう注意を払って施術をします。 1-3 ホームホワイトニングで使われる薬剤の濃度 ホームホワイトニングの薬剤としては、過酸化尿素を成分としているものが一般的です。 過酸化尿素は、使用時に過酸化水素に分解されるので、漂白する主成分としてはオフィスホワイトニングと同じものです。 濃度の目安としては、過酸化水素に換算すると10%~21%程度となります。 1-4 オフィスホワイトニングでは唇や歯茎の保護が必要 オフィスホワイトニングで扱う薬剤は用法・用量を守って正しく使用すれば危険性は少ないですが、唇や歯茎に付着するとただれてしまうこともあるので、薬剤が歯以外の部分に付着しないよう、施術前に保護をおこないます。 また、ホームホワイトニングでも、マウストレーにホワイトニング剤を塗布して、自分でトレーを装着しますが、トレーからはみ出して歯茎に付着した薬剤は拭き取るようにしましょう。 ホワイトニングを控えた方が良いケースとは? 過酸化水素を成分としたホワイトニング剤は、前述したものを使用すれば、基本的には安全ですが、それは、あくまで歯の健康状態が良く、ホワイトニングができる条件をクリアしている場合のみです。 下記のような方は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングどちらの場合でも、ホワイトニングを控えたほうが良いケースです。 ・知覚過敏、虫歯、歯周病、ヒビのある歯 このような歯の状態でホワイトニングすると、薬剤がしみたり痛みが生じたりする危険があるので、治療して歯の健康を取り戻してから、ホワイトニングを行うことが無難です。 ・ まだ歯の形成が終了していないお子さん 永久歯への生え替わりが完了していなかったり、まだ永久歯が成長途中にあったりするお子さんの場合、歯の成長を妨げるなどの理由から一般的なホワイトニングの薬剤では対応ができません。 どうしても気になるという場合には、子どものホワイトニングに対応している歯科医院もあるので、相談してみるのもいいでしょう。 ・妊娠や授乳中の期間 ホワイトニング薬剤による、具体的な悪影響は報告されていませんが、安全性も証明されていないので、控えた方が無難です。 ・無カタラーゼ症 過酸化水素の分解ができない体質が、無カタラーゼ症です。 口腔壊死などを引き起こす恐れがあります。 わからない時には事前に歯医者さんで診断をしてもらうのがいいでしょう。 ・光過敏症 オフィスホワイトニングでは、薬剤の反応を促進するため、強い光を照射する方法を取ることが一般的です。 そのため、光過敏症(強い光の照射によって、皮膚に紅斑や水疱ができる疾患)の方は、光を照射しないタイプのホワイトニングを選ぶのが無難です。 ホワイトニングの痛みについて 3-1 ホワイトニング後に歯が痛くなるのはなぜ? オフィスホワイトニングなどで高濃度の薬剤による施術をおこなう場合、痛みを感じることがあります。 これはエナメル質の下の象牙質まで薬剤が浸透して神経を刺激し、知覚過敏が起こるためです。 虫歯があったり、歯がひび割れていたり、詰め物や被せ物の治療箇所に隙間があったりすると、そこからホワイトニング剤が入り込むことで、より刺激を感じやすくなることもあります。 3-2 ホワイトニング後の痛みはどれくらい続くの? このような痛みはホワイトニングの薬剤によって一時的に出ているもので、個人差はありますが、基本的には一時的な症状で数時間~数日で収まるものです。 もし痛みがひどかったり、長く続いたりするようであれば歯医者さんに相談しましょう。

次の