なかしま しほ ツイッター。 なかしましほのバナナタルト

なかしましほさん直伝!手作りあんこのレシピと“推し”あんこスイーツ4選

なかしま しほ ツイッター

【なかしましほTwitterレシピ】50音順 コーヒーゼリー コーヒーゼリー 1. ドリップバッグ(10g)をセットし、熱湯80mlを蒸らしながらぽたぽたゆっくり注ぐ。 しっかり混ぜてゼラチンを溶かす。 冷蔵庫で冷やし固め、アイスクリームを添える。 鍋に材料を入れ強火にかけ、沸騰したら弱火で15分煮つめる。 さつまいも小1本 250g)は皮をむいて一口大に切り、牛乳をひたひたに加えて柔らかくゆで、潰す。 残りの卵黄をぬりオーブントースターで焼き色をつける。 ボウルにAを入れ、湯を加え箸でほぐす。 油も加え、触れる熱さか確認して1分こねる。 ラップして15分おく。 生地を3等分して付きな具を包む。 強火で15分蒸す。 — なかしましほ nakashimarecipe 豆漿(トウジャン) リクエストいただいたので。 毎朝食べてる豆漿(トウジャン)レシピです。 好みで香菜やごま、万能ねぎなどトッピングしてもおいしいです。 — なかしましほ nakashimarecipe 豆花 豆花 粉ゼラチン 大1+水 大1をふやかす。 A 豆乳 300ml 絹ごし豆腐 100g(フープロorざるで漉してなめらかに) きび砂糖 大さじ1 鍋にAを入れ火にかけ、鍋肌がふつふつする直前に火を止め、ゼラチンを入れ溶かす。 粉を振り1cm厚さに伸ばして一口大に切り、170度の油できつね色になるまで揚げる。 砂糖ときなこをまぶす。 — なかしましほ nakashimarecipe バターカステラ バターカステラ 材料(18cm丸型) 卵(大)3個 砂糖、薄力粉 各90g A(湯煎して混ぜる) バター 30g、蜂蜜、ヨーグルト各大1 卵と砂糖を人肌まで湯煎し、リボン状に跡が残るまでハンドミキサーで泡立てる。 粉を3回に分けて加えツヤが出るまで混ぜ、Aをさっと混ぜる。 油、ちぎったバナナの順に加えて混ぜ、Aも加えさっと混ぜる。 170度のオーブンで40分焼く。 — なかしましほ nakashimarecipe バナナマフィン バナナマフィン A 卵1個+砂糖50g 生クリーム100g バナナ1本(約100g)*1cm角に切る B 薄力粉120g+BP小1 …… Aを1分間泡立て、生クリームを加えてよく混ぜる。 Bをふるって粉気がなくなるまでさっと混ぜ、バナナをへらでさっと混ぜる。 5倍になるまで置く 軽く混ぜて5分置き、お玉1杯ずつ弱めの中火で両面焼く(4枚分) — なかしましほ nakashimarecipe ビスケット ビスケット A 薄力粉120g、BP小1、砂糖 大1. ラップに牛乳にくぐらせたビスケットを置き、クリームをのせサンドする。 繰り返して横に寝かせる。 溶き卵1個+油をたらりと入れ、へらで粉気がなくなるなるまで混ぜる。 粗く砕いた板チョコ1枚、ナッツ80gを混ぜる。 なまこ形にして180度のオーブンで15分焼き、10分ほど冷まして1cm幅に切る。 切り口を上に150度で30分焼く。 Bを加えへらでまとまるまで混ぜ、暖かい場所で45分発酵させる。 6等分してCを包み、多めの油でヘラで押しつけながら両面弱火で焼く。 — なかしましほ nakashimarecipe ホットケーキ 3時のホットケーキ A 薄力粉 140g BP 小さじ1. 5 塩 ひとつまみ B 卵 1個 砂糖 大5 油 大1 生クリーム 50ml 牛乳 80ml Aを泡立て器でぐるぐる混ぜる。 Bをぐるぐる混ぜ、Aに加え、粉気がなくなるまで混ぜる。 弱火で両面じっくり焼く(4枚分) — なかしましほ nakashimarecipe プリン おおきなプリン 🍮15cm丸型 A グラニュー糖大3+水 小2 B 卵2個、卵黄2個、砂糖大3 牛乳 350ml … Aを中火にかけ時々ゆすり、茶色く焦げたら火を止め、型に流して粗熱をとる。 Bを泡立て器ですり混ぜ、ふつふつするまで温めた牛乳を混ぜ、型に濾し入れる。 天板に湯を張り160度のオーブンで30分焼く — なかしましほ nakashimarecipe プリン ふつうのプリン 1. 砂糖大さじ1. 5+水小さじ1を中火にかける。 時々ゆすり、茶色く焦げたら火を止め、湯大さじ1をそっと加える。 器に3等分する。 卵1個+卵黄1個+砂糖大さじ2を混ぜる。 牛乳1カップをふつふつするまで温めて混ぜ、器に濾し入れる。 160度のオーブンで天板に湯を張り30分焼く。 — なかしましほ nakashimarecipe 抹茶ババロア 抹茶ババロア ゼラチン大1+水 大2(ふやかす) A 生クリーム 100ml B 抹茶 大1. 5+砂糖 大5、牛乳250ml Aを柔らかめに泡立て冷やす。 Bを混ぜて鍋に濾し、中火にかけて鍋肌が沸々したら火を止め、ゼラチンを溶かす。 ボウルに移し氷水にあてトロみがつく迄混ぜる。 Aを順に加え、その都度混ぜる。 Bをふるいさっと混ぜ、型に入れ20分蒸す。 器に濾し粗熱を取り、 冷蔵庫で1時間以上冷やす。 きなこ&黒蜜 黒糖、砂糖各30g、水50mlを弱火で溶かし沸騰後少し煮詰める と。 — なかしましほ nakashimarecipe ゆべし ゆべし A 白玉粉 100g 水 120ml 黒糖 80g しょうゆ小さじ2 刻んだくるみ 40g Aを滑らかになるまで混ぜ、レンジ 600W に2分かけ、均一になるまで混ぜる。 くるみ40gを加え再び3分かけて混ぜ、片栗粉をふった皿にとり、粗熱を取って切る。 — なかしましほ nakashimarecipe ヨーグルトチーズケーキ ヨーグルトチーズケーキ:ヨーグルト450gをコーヒーフィルターで200gになるまで3時間水切り。 室温にしたクリームチーズ100g、砂糖60g、卵1個、生クリーム100ml、ふるった薄力粉大2を順に加え(全部ミキサーでも)15cm型に入れ160度のオーブンで1時間焼く。 バター生地のみ30分冷やし、4mm厚さにして型で抜く。 170度のオーブンで14分焼く — なかしましほ nakashimarecipe レモンリゾット レモンリゾット お米(洗わない)1合 水2cup+スープの素(薄味に) オリーブ油 大1、塩 A(国産🍋の皮 、黒胡椒、粉チーズ) 小鍋に油、米を入れ中火にかけ、1分炒める。 水分と米の芯が少し残る位で火を止め塩で味を調える。 Aをふる。 — なかしましほ nakashimarecipe 【なかしましほTwitterレシピ】まとめ なかしまさんのレシピは簡単で、身近な材料で作れるので大人気。 Twitterには作った人の投稿も多数あり、それを見るのもすごく楽しいですよ!.

次の

無料で公開されてるレシピ、なかしましほさんのバナナブレッドを作り比べしてみました

なかしま しほ ツイッター

そもそもバナナブレッドって? バナナブレッドとは、もともとアメリカのホームメイドのお菓子。 ずっしり、どっしりしたバナナケーキとはちょっと異なり、朝食にもいただけるような イメージです。 アメリカのママがガラス製のパウンド型とかに入れて作ってそうなイメージ! 通常はバターを使いますが、なかしまさんのレシピはどちらもバナー不使用。 植物油で作っています。 なかしまさんのレシピは、どちらもバナナは2本使用しています。 2つのレシピ、どう違うの? 使う材料はどちらも同じです。 でも、分量が違います。 あとは、砂糖と卵の混ぜ具合が違います。 砂糖と卵を、湯煎にかけてしっかり泡立てるのでふわふわで高さもあります。 ハンドミキサーやブレンダーがないと、泡立てるのが大変です。。 あとは混ぜるだけなので、卵さえクリアすれば簡単。 バナナを使ったお菓子はずっしり重たいイメージですが、これはふんわり食感。 生地のふんわり感は、冷めたあとも続きます。 バナナは2本ですが、小麦粉が120gと多め。 油は少なめなので、ほぼ日のレシピと比べると生地が固いです。 なので、型なしでオーブンシートに直接のせて焼き上げます。 焼くと横に広がるので、高さはありません。 大きい! このレシピは、砂糖と卵を混ぜ合わせるのは1分です。 泡立て器でぐるぐる混ぜるだけ! その後も、材料を入れてどんどん混ぜるだけなのでめっちゃ簡単でした。 オマケに型もいらないし、あっという間に完成です。 ほぼ日レシピよりも、粉が多いのでどうかなあと思ったのですがどっしりというほどでもなく。 外はかり、でも中はふわっとしていてとても美味しいです。 冷めたあとはそのままでも美味しいですが、オーブントースターで温めるとカリッとした食感が復活して美味しくいただけました! 2つのバナナブレッド、同時に作ってみて 使う材料は同じでも、分量や混ぜ方によって、こうも違いが出るのかと思いました。 カットしたものの断面図。 卵の泡立て方によって、こうも違いがでるとは。 お菓子づくりは奥が深いです。 個人的には、右のきょうの料理の方が好きでした。 カリッとした食感が良かったのと、作るのがとても簡単! こっちの方が、ホームメイドおやつって感じです。 ほぼ日の方は、ふんわり軽めのケーキで、 きょうの料理は、朝ごはんにもなるワッフルのような・・・ 型がないので、おもたせやおもてなしには不向きかも。 その場合は、ほぼ日レシピがいいですね。 コーヒーにも合うし、午後のティータイムに合うふんわりバナナブレッドです。 作ってみての感想 お菓子を日常に作るようになってまだ4年。 料理と違って、手順や分量の大切さをより一層実感できました。 普段は何気なく、レシピ本をみて作っているだけですが、たまには 作り比べて実験してみるのも面白いなあと思いました! 何がどういう役割をしているか知っていると、レシピのアレンジにも役立ちそうです。 なかしましほさんのおすすめレシピ本.

次の

とてもくわしいシフォンケーキのレシピ

なかしま しほ ツイッター

以前、なかしましほさんが、毎週金曜の夜に、の制限文字数140字内でお菓子のレシピをひとつ掲載し、それを見て作った人たちがをつけた写真をどんどんツイートし、最後になかしましほさんが詳しいレシピやお手本を発表し、の写真の中から大賞を決定する、という、の「」という企画がありました。 の文字数内なので、どのレシピもシンプル。 作りやすくて、それでいて出来上がるのは、シュークリームやケーキやなど、意外に本格的でおいしいものばかり。 金曜の夜に発表になるレシピを毎週楽しみにして、いざ週末、ワイワイ作ってみて、できたー!おいしいー!なんて写真をアップしつつ、超盛り上がる休日を演出してくれる、すこぶるハッピーな企画でした。 誰でもが、もっと気軽に、「おやつ」を作って、みんなで楽しんでほしい、というなかしましほさんのスタイルがキラキラと輝いた、名企画だったと思います。 それが今は一冊の本になっています。 巻末の、詳しい写真付きの、あんこの基本的な炊き方、しかも鍋いっぱいではなく、少量でおいしく炊ける方法が、企画の時には無かったすばらしい付録です。 業務用も売っているけど、微妙に225gだったり、もう1kgだったり。 ほぼ日の企画の中のヨーグルトチーズケーキのレシピは、水切りヨーグルトを足すことで、クリームチーズの量をぐっと減らしても、濃厚でおいしいチーズケーキが簡単に作れるように工夫されています。 なんかタイトルがカスタードプリンになっていますが、こちら、企画の中での、ヨーグルトチーズケーキのレシピです。 ちょうどひと箱の半分です。 生クリームも100ml。 これもひとパックの半分。 それにヨーグルトは、きっかりひとパック。 とっても作りやすい分量で、ヨーグルトさえ買い足せば、15センチ丸型なら、チーズケーキが2個でも作れてしまいます。 なかしましほさんのレシピに多い15cmの丸型は、2~3人にちょうどいいサイズです。 底取れでテフロンだと、手軽で扱いやすいです。 ボトムもなしでOKなレシピだし、混ぜて、最後に普段使うザルを型の上に置いて、上から生地を流し込むだけです。 パンが焼けるまでの15分ほどの間にじゅうぶん準備ができ、あったまったオーブンで、続けてすぐに焼くことができました。 お味も、おいしいです! ヨーグルトのさわやかさもどこかにありつつ、全卵に卵黄を一個プラスしていることもあり、十分濃厚で、食べやすく、一晩冷蔵庫で寝かしてあるので、しっとりなじんで、表面にはつるりと光沢が。 夫も、しっとりしてておいしい!とおかわりしました。 現代の小売事情を反映しつつ、おいしくてとても作りやすいチーズケーキです! 今日も夫が、豆から挽いて、おいしいコーヒーをいれてくれました。 我が家はベーシックなカリタのペーパードリッパーですが、コーヒースタンドの店主さんが勧めているこちらのクレバードリッパー、なんと、上からお湯を一気にジャーっと注ぎ入れておけば、おいしく入るように勝手にゆっくりお湯を落としてくれて、ほっとけば上手にドリップされているという、機械いらずの不思議なドリッパーらしいです。 挽きたていれたてのコーヒーの香りと、手作りのチーズケーキのさわやかな濃密。 そこにのホンモノな歌声が流れるだけで、なんだか、すごく、至福。 ちょっとしたカフェにでかけるよりも、ずいぶん上質な空間と時間を過ごすことができました。 アナログな音と音の間に聞こえる鳥の声が、田舎の特典、ボーナストラックです。 【読書記録】『サラバ!』と、。 褐色の質量。 二週間ほど前に読み終わっていた、さんの『』。 他の本を読んでいた関係もあり、やっと下巻を図書館で借りてきました。 昨夜は夫が疲れて早々と寝てしまったので、2時間ほどひとり、夜中に読書に没頭していました。 すべてを忘れさせられてしまうほど、ぐいぐいと引き込まれ、次のページをめくる瞬間ごとに感謝したくなるような、まさにそんな時間。 ラストまで完走すると、久々に、ちょっと感動して涙してしまいました。 え?涙するの?という設定だし、とてもweirdというか、ヘンな濃いキャラの人たちばかりが出てくるのですが。 私の中で、の色は、褐色。 彼女は絵も描く人で、ほとんどの自分の小説の表紙は、彼女自身が描いています。 どれも、南を思わせる、原色を使った力強い色。 濃密で存在感があり、ポップにしたのような雰囲気も感じます。 さんは、イランの生まれ、エジプトで数年育ち、その後は大阪。 小説の中でもほとんどが関西弁をしゃべる人物たちで、自らの事も関西人と公言されています。 その、中東の暑い気候、大きな葉の樹木やラクダ、砂漠、濁った大河、行きかう砂漠の地に暮らす人々の、色。 秩序よりも生命の力が勝り、クールな都会よりももっと猥雑で、温度と存在感のある世界。 それが、私に、温度ある「褐色」を感じさせているのかもしれません。 それにプラスされたのが、彼女の、大阪。 って、ただの方言の違いにとどまらず、日本の中でもラテンというか、独特のソウルを持った文化の背骨みたいなものを感じさせます。 軽快に進む会話やテンポのいい展開の中に、いきいきとした躍動感と、身体に近い言葉の持つダイレクトな伝わり方がある事が、私が彼女の小説を一気にラストまで駆け抜けてしまう、一番の理由なのかもしれません。 『』『』の主人公は、男性ではありますが、時代背景はほぼ私の2歳ほど上であるさんと同じ。 そして、生まれはイランの、育ちはエジプトのカイロ。 その後は大阪、そして東京、という設定。 さながら自伝的な舞台設定です。 さすがに、この設定において、ディテールのリアリティや、音、色、匂い、微細な感覚の描写は、彼女の独壇場です。 だって、本当にそれを感じてきた人なのですから。 世代が近いので、途中で出てくる青春時代の映画や小説や音楽なんかにも共感でき、懐かしかったです。 そしてその中で、出てくるのです。 1965年の曲、Feeling Good。 ジャズ• provided courtesy of すがすがしい歌詞です。 It's a new dawn It's a new day It's a new life for me yeah 新しい夜明け。 新しい一日が始まる。 私の新しい人生がはじまる。 原語歌詞は、より。 対訳 kruashito) でも、がこれを歌うと、歌詞そのものに、ものすごい量の凄みがプラスされて、ただならぬ過去から生まれいでる、ただならぬ新しい人生の始まりのように聞こえてきます。 いや、どの人生も、ただならぬ凄みがある、といえばそれも納得なのですが。 2、3回でてきて、短い歌詞の引用があります。 それが、小説の中の主人公のえええっ?!という驚愕の展開からラストの「始まり」に、伏線としてガツンときいてきます。 、中東、大阪、東京、、まさに、褐色のエネルギーがらせん状にからまって生まれた、質量のある、ある人間の半生の話でした。 「自分の感受性くらい、自分で守れ、ばかものよ。 」 と、茨木のりこさんに後ろから思いっきりはたかれた後、 この『サラバ!』に、 「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ」 と、正面からまっすぐ見据えられて言い放たれる。 だから、の、薄っぺらくない声で、Feeling Goodを聞きたくなる。 そんな読後感でした。 ちなみに、私が初めてを知ったのは、監督の映画、『』を見た時でした。 エンディングで使われている、Sinnermanが、すごすぎて! サントラより、Sinnerman。

次の