うずら 卵 の 茹で 方。 うずら豆知識

うずら卵は栄養の宝庫?!ゆで方やゆで時間は?冷凍保存できるの?

うずら 卵 の 茹で 方

ガッテンでも紹介された!うずらの卵の美味しい茹で方 中華丼などの中に入っているうずらの卵を見つけるとちょっと得した気にもなりますよね。 あるとちょっと嬉しくなるうずらの卵。 一口サイズで食べやすいうずらの卵ですが、茹で時間って知っていますか?茹で時間わからないから、水煮で売られているうずらの卵を買っちゃう人も多いですよね。 でも、 うずらの卵は茹で方、茹で時間でとっても美味しくなるんです!人気のテレビ番組の『ためしてガッテン』でも、茹で方、茹で時間を紹介されて話題にもなりました。 テレビで紹介された茹で方は、トロトロ半熟になる茹で時間でした。 簡単にテレビで話題となったトロトロ半熟のうずらの卵の茹で方と茹で時間をご紹介しましょう。 黄身が出てしまわない程度に軽く叩きつけましょう。 蓋をして強びで茹で時間は2分50秒。 殻をむいたらプチトロうずらの卵の出来上がりです。 この茹で方、茹で時間で簡単に美味しい半熟うすらの卵ができちゃいます。 ぜひお試しください。 程よいい味の濃さが癖になります。 はじめの1分は菜箸で優しくかき混ぜて、黄身が卵の中心に来るようにします。 冷えた卵をタッパーに入れて蓋をし、10回程度軽く振り、ひびが入ったら殻をむきます。 沸騰したら火を止めて十分冷まし、おろし生姜を投入。

次の

うずらの卵レシピ!簡単過ぎる5選!【速攻おやつ、おつまみ】

うずら 卵 の 茹で 方

うずらの卵の栄養成分 うずらの卵は1つが10~12gと小さいですが、鶏卵よりもビタミン類などの栄養成分が豊富な卵です。 美味しくて栄養成分豊富なうずらの卵の茹で方には固ゆでと半熟があります。 うずらの卵の茹で方の固ゆでや半熟を自在にできれば、美味しいうずらの卵を楽しめますね。 うずらの卵を半熟にしたときには殻の剥き方にも注意が必要です。 うずらの卵にはビタミンB12が豊富に含まれています。 うずらの卵に含まれているビタミンB12は鶏卵よりも多く、卵類ではトップクラスの含有量だとされています。 100gで比較すれば、鶏卵の約5.2倍のビタミンB12が含まれています。 ビタミンB12の働きには造血作用があります。 ビタミンB12は葉酸と共に赤血球をつくる働きがあります。 造血作用で血液量が増えれば貧血やめまいを予防できます。 うずらの卵に含まれている葉酸は鶏卵の約2.1倍です。 うずらの卵に含まれているビタミンB12や葉酸には貧血やめまい予防に役立ちそうです。 葉酸にはDNAやタンパク質の合成を促す働きがあるので、妊婦さんには大切な栄養になります。 うずらの卵に含まれているビタミンB2は脂質の分解を促して、過酸化獅脂質を分解する働きがあります。 ビタミンB2が豊富なうずらの卵は動脈硬化などの生活習慣病予防に効果がありますね。 次に、うずらの卵の茹で方の固ゆでと半熟をつくる簡単な方法とうずらの卵の殻の剥き方 の紹介をします。 うずらの卵の茹で方 うずらの卵の茹で方には、水から茹でる方法とお湯から茹でる方法があります。 水からとお湯から茹でる方法で固ゆでと半熟ができます。 水から茹でる方法のステップは、 ステップ1・うずらの卵を、ひたひたに被るぐらいの水を入れた鍋に入れる。 ステップ2・鍋を火にかけて箸で卵を転がしながら加熱します。 ステップ3・お湯が沸騰したら2分間加熱します。 ステップ4・2分加熱したら火を止めて2分間放置します。 ステップ5・冷水にさらして、完全に冷ませばOKです。 お湯から茹でる方法のステップは、 ステップ1・お湯から茹でる前に、うずらの卵を常温に戻します。 冷たい卵をお湯に入れると、割れてしまうので注意してください。 ステップ2・ 鍋にたっぷりの水を入れ沸騰させます。 ステップ3・お玉やスプーンを使って沸騰したお湯の鍋の中にゆっくりと、うずらの卵を沈めてゆっくりと転がします。 ステップ4・3分~3分半茹でます。 ステップ5・茹で上がったら冷水に放して冷まします。 次に、うずらの卵の茹で方の半熟のつくりかたとうずらの卵の剥き方の紹介をします。 半熟のうずらの卵 半熟のうずらの卵の茹で方を紹介します。 うずらの卵の茹で方は茹で時間で変わります。 お湯から茹でる場合の茹で時間を紹介します。 2分間の茹で時間では、かなり黄身がとろとろに仕上がります。 2分半の茹で時間では、まあまあ半熟に仕上がります。 3分の茹で時間では、やや固ゆでに仕上がります。 固ゆでに仕上げるには3分半の茹で時間が必要です。 うずらの卵を半熟にしたいときには、茹で時間をきっちり計ることが大切です。 半熟のうずらの卵を作るときには、だいたい2分~2分40秒位と覚えておけば間違いありません。 うずらの卵の殻の剥き方は卵の殻を粉々に割ることです。 鍋に入れてカシャカシャ振れば殻を細かく割れます。 蓋つきのお椀に入れて振って割る方法もあります。

次の

うずらの卵の茹で時間&茹で方!半熟・かたゆでなら?

うずら 卵 の 茹で 方

うずらの卵とは?どんな栄養がある? うずらの卵とは、うずらという可愛い鳥、学術的に言うと、鳥綱キジ目キジ科ウズラ属に属する鳥の卵です。 乱獲が過ぎて数が激減したので、以前は狩猟の対象になっていました。 現在は、採卵用に養殖されているうずらがほとんどで、オスは食用になります。 ペットとして飼われている事もあります。 うずらの卵は、小さいけれど、栄養価は、私達が日常的に食べている鶏の卵より若干高いんです。 表で比較すると、 うずらの卵 鶏の卵 1個あたりのカロリー 23kcal(約13g) 91kcal(約60g) 100gあたりのカロリー 179kcal 151kcal 腹持ち指数 3 2. 5 栄養価 3 3 特筆すべき栄養素 ビタミンB12、セレン セレン、ビオチン 共通して豊富に含まれているのはセレンという栄養素です。 セレンは、体にたまる毒素(有害金属・水銀・カドミウムなど)の働きを阻害する働きがある事が近年判明し、注目されている栄養素です。 必須ミネラルの一つでもあり、アンチエイジングや更年期障害、ガンの予防の効果が期待できます。 ビタミンB12は、葉酸と結びついて正常な赤血球を製造する働きがあり、貧血、特に悪性の貧血を予防する効果があります。 また、ストレスの緩和、精神状態の安定を助ける効果もあるので、積極的に摂ったほうが良い栄養素です。 植物には含まれていないタイプのビタミンのため、野菜中心の食生活をしている人は、うずらの卵を食べるようにするとほどよくビタミンB12の摂取が出来ます。 うずらの卵のゆで方やゆで時間は? うずらの生卵は普通にスーパーで売られているので、手軽に手に入れる事が出来ますが、小さいので処理が難しく感じてしまいますよね。 でも、いざやってみると、そんなに大変な作業ではないので、以下の方法でうずらのゆで卵を作ってみて下さい。 うずらの卵のゆで方とゆで時間 1. お鍋に水を入れ、うずらの卵を入れる。 水は卵全体が浸かるような量で。 中火で、お湯が沸騰してから 3分半待つ。 冷水に漬ける。 この時、沸騰してから何分待つかで黄身の固さが代わるのは、鶏の卵をゆでた時と同じです。 うずらの卵を半熟で食べたい場合は、沸騰した後2分待ってから冷水に取りましょう。 殻をむく時のコツ ゆで終わった卵の粗熱をさっと冷水でとった後、蓋付きのお椀またはタッパーなどに卵を入れ、10数回シェイクしてひびを入れましょう。 その後に冷水に入れ、4分ほど待ってから殻をむくと、ひびから空気と水が入っているので、するりと綺麗にむけます。 ゆで卵を作る時は、鶏の卵と同様、冷水から作るのが一般的ではありますが、お湯から作る場合は、うずらの卵を冷蔵庫から出し、常温に戻しておいてからゆでましょう。 後の手順は、水からゆでる時と同じです。 うずらゆで卵の賞味期限は? 卵は、鶏の場合もそうですが、生のほうが保存期間は長くなります。 生の状態だとまだ卵が生きているからです。 なので、ゆでたり焼いたりして火を通した後は、早めに食べきる必要があります。 殻付きのゆで卵は、冷蔵庫に入れている場合 2~3日保存が効きます。 それ以降になると自己責任になりますので、なるべく3日以内に食べましょう。 うずらゆで卵の保存方法は?冷凍保存できるの? うずらのゆで卵を保存する場合は、必ず冷蔵庫に入れておきましょう。 前述の通り、殻付きのゆで卵なら2~3日保存が効きますが、もう少し持たせたい、という場合は、殻をむいたゆで卵を醤油漬けにしておくと、もう数日保存期間が延びます。 それでも1週間以内に食べきるのが安全です。 うずらのゆで卵の冷凍ですが、鶏のゆで卵と同様、あまりお薦めできません。 白身がスカスカになって食感も風味も落ちてしまうからです。 ただ、鶏の卵よりはうずらの卵の方が、白身部分が薄い分、味の再現性は高いです。 あらかじめ調味している場合は、かなり冷凍前に近い味を再現できます。 この場合は、うずらのゆで卵を1個1個使いやすくサランラップなどにくるんで分けて、タッパーやフリーザーパックなどに入れて冷凍しましょう。 解凍は、電子レンジで行なうと破裂する場合があって危険ですので、食べる半日前に冷蔵庫に入れるなどして自然解凍しましょう。 まとめ うずらの卵は、栄養価も高いですし、お弁当のおかずは勿論、野菜スープや肉野菜炒めに入っていると高級感をアップさせる事が出来る、ナイスな食材です。 ゆで卵も簡単に作れますので、消費期限には気をつけつつ、毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

次の