ミイラ 展 上野。 【上野ミイラ展】展示を観た感想と、写真でミイラを少しだけご紹介

【レポ有】「ミイラ展」行く前に抑えればもっと楽しめる!混雑状況、見どころ、グッズ、お得なチケット、ランチ情報【まとめ】

ミイラ 展 上野

「ミイラ」とはいったい何なのか?。 その謎に科学的に迫る特別展「ミイラ ~ 『永遠の命』を求めて」が東京上野の国立科学博物館 科博 にて2019年11月2日から2020年2月24日にかけて開催される。 特別展「ミイラ」の会場は国立科学博物館 地球館地下1階 特別展示室 国立科学博物館 人類研究部 人類史研究グループ 研究主幹の坂上和弘氏は、今回の特別展について「ミイラに対して一般的に抱かれるイメージの多くは『気持ち悪い』や『怖い』だが、実はすごく壊れやすい。 ちょっとでも温度を上げると壊れるくらいもろい。 それを守ってきたのはどういった人たちなのか、死とは何か、そういったことを含めて、ミイラというものはいったい何なのかを知ってもらいたい。 ミイラということで、インパクトが強く、気分が悪くなる、というところもあるかもしれないが、すべてを通して見てもらえれば、特別展として、何を伝えたかったのか、を分かってもらえると思う」と概要を説明。 世界から集合したさまざまなミイラについて、科学の力を活用して見えた実像を通して、その存在の意義について理解を深めてもらいたいとする。 ミイラというと、中南米やエジプトのイメージが強いが、今回の特別展では、欧州や日本、オセアニアのミイラなども展示されている。 展示は大きく「南北アメリカのミイラ」「古代エジプトのミイラ」「ヨーロッパのミイラ」「オセアニアと東アジアのミイラ」の4章構成となっており、それぞれの地域でどのようにしてミイラが生み出されたのかといった文化的背景や、ミイラの作り方の変遷なども知ることができる。 また、科博 特別展おなじみの音声ガイド 有料 は、全編を通して大沢たかお氏が担当するほか、同特別展の監修者である坂上氏や同じく科学博物館の副館長 兼 人類研究部長である篠田謙も特別解説員としてミイラ研究についての説明に登場する。 音声ガイドでしか聞けない内容説明などもあるので、来場の際には借りて場内を回ることをお勧めする。 現在分かっている中で、世界でもっとも早く人工的にミイラを作っていたと思われるチンチョーロ文化 チリ北部の都市アリカ近辺の海岸乾燥地帯で繁栄。 この子供のミイラは約5200年前のものであることが放射性炭素年代測定で判明している• ツタンカーメン王のミイラ レプリカ も間近に見ることができる• 古代エジプトの章では、ミイラを納めた棺の蓋や中身も間近で見ることができる。 ちなみに神官であったペンジュを納めた棺に描かれた絵にどういった意味があるのかは音声ガイドの中で説明されている 目録にも記載があるので、音声ガイドを聞かなかった人も、そちらで内容を確認することが可能• 人間のミイラだけではなく動物のミイラも。 写真は古代エジプトのネコのミイラ。 死後も一緒に暮らせるように、ということでミイラにして同じ墓に入れたと考えられている。 古代エジプトではネコが非常に可愛がられており、ネコが死ぬと飼っていた家族は喪に服すために全員で眉を剃ったほか、ネコの共同墓地が用意されていたり、ネコを愛するあまり、戦争時に、敵軍がネコを描いた盾を持っていたことから、攻撃できずに負けたという逸話などがある• 日本初公開となるオランダの湿地帯から発見された2体のミイラ「ウィーリンゲメン」。 当初この2人は男女のカップルと考えられていたが、1988年の分析から両方とも男性の可能性がでてきたが、詳細などは未だにわかっていない• 1683年に入定され、即身仏となった真言宗の高僧「弘智法印 宥貞」の入定ミイラ。 普段は福島県石川郡浅川町の貫秀寺に安置され、地元の人々から慕われているとのことである 撮影の際は、即身成仏、つまり仏になられた存在でもあるので、一度、手を合わせてから、シャッターを切らせていただいた このほか、第2会場へ向かう途中には、これも特別展お約束の撮影スポットがある。 今回は古代エジプトのミイラになってみよう、といったコンセプトで、ネメス 頭巾 、ヘカとネヘハ いわゆる王杓 をあしらったパネルが用意されている。 また、今回の特別展では、休憩スペースが第1会場の途中に用意されており、その奥に、自分の顔をベースにミイラのマスクをデザインしてくれる「ミイラマスクチェンジャー」が設置されている。 ベースとなるデザインは2種類で、出来上がったデザインはQRコードでダウンロードすることができる 会場内は写真撮影、スマートフォンの利用が認められていないが、ここのスペースのみは使用が可能。 ただし1台しかないので、混雑時には行列ができる可能性もあるので、注意しておく必要があるだろう。 科博 特別展おなじみの撮影スポット。 今回は古代エジプトのミイラの気分が味わえるものとなっている• 第1会場の休憩スペース奥地に設置されている「ミイラマスクチェンジャー」。 ベースとなるデザインは2パターン ツタンカーメン王のマスク、中王国時代のミイラマスク 用意されており、自分の顔をあわせることで、世界に2つとないミイラマスクができあがる。 出来上がった画像はQRコードが出てくるので、それを読み取ってダウンロードすることが可能 なお、同特別展の概要は以下のとおりとなっている。 入場料 当日券 :一般・大学生1700円、小中高校生600円 未就学児ならびに障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料。 当日割引券として、小中高校生2名以上の同時入場限定の「小・中・高校生グループ券」が1人につき500円、平日の15時以降に販売かつ当日入場限定の平日アフター3券が一般・大学生1500円、小中高校正500円でそれぞれ発売予定。 このほか、「ゴッホ展」「日本・オーストリア友好150周年記念ハプスブルク展〜600年にわたる帝国コレクションの歴史」との相互割引も有り• 会期:2019年11月2日~2020年2月24日• 開館時間:9時~17時 金曜・土曜は20時まで。 入場は各閉館時刻の30分前まで。 11月3日は20時まで開館、11月4日は18時まで開館• 会場:国立科学博物館 東京・上野• 休館日:月曜日 月曜日が祝日の場合は火曜日。 ただし2月17日は開館 および12月28日~1月1日 開館時間や休館日はいずれも2019年11月1日時点の情報• 特別展の最後は、これもおなじみのオリジナルグッズの購入が可能な特設ショップ。 ミニオンたちがモンスターに扮した「ミニオン・モンスターズ」やギャグ四コマ漫画「おしゅしだよ」など、コラボグッズも多数販売されているほか、出口付近には限定カプセルトイも。 1回500円で全4種類のミイラのうちのどれかがでてくる.

次の

【企画展】『ミイラ「永遠の命」を求めて(上野科学博物館)を鑑賞。肉体だけ残ることは?

ミイラ 展 上野

ミイラ展の混雑状況は? 前売りチケットって、どこで買うの? 駐車場ってどこにあるの? っということが気になりますよね。 そこで家族で国立科学博物館へ行っている私が、混雑状況・チケット・駐車場などについてお伝えします。 ミイラ展の混雑状況 2019年 ミイラ展の混雑状況は、わりと空いています! ミイラ展鑑賞終わりました…!迷ってる方も多そうですが、家族連れからミイラ好きまで満足できる内容だと思います…!朝10時頃到着でしたが、思ったより混雑はなく、じっくりみられたのでむしろみんな来いよと思いました。 — みか🐥じぇすれゆっかー MkMikabu なぜ空いているのかというと、好き嫌いがはっきりしているテーマだからだと思います。 とくに子供連れだと『ミイラって…ちょっと怖い!』と言われてしまうので、大人向けの特別展ですね。 昆虫展になると、小さい子供も楽しめるので100分待ちだったりします! 待ち時間が長い場合• 100分待ちはキツイので常時展から回れば、待つことなく入館できる! 開催日数日後までは混雑!待ち時間は公式ホームページでの案内があります。 必ず確認してから待つようであれば、常時展から見ることをおすすめ。 午後2時を過ぎると空いてくるので、特別展に並び始めるといいです。 【チェック!】国立科学博物館をもっと楽しむ方法 国立科学博物館は、何度行っても見切れない内容・広さがあります。 そこであると便利なのが、ガイドブック。 事前に調べておくことで楽しさが倍増! 世界レベルの展示を見学に行くわけですから、思いっきり楽しみたいですよね。 読み応え抜群の本で大人はもちろんですが、子ども連れで行く方には未就学児向けの空間広場なども細かく掲載されているので1冊あると便利だと思いました。 Sponsored Link ミイラ展の混雑状況を正確に確認する方法 ミイラ展に行くなら、正確な混雑状況を把握したいところですよね! そこでおすすめなのが、国立科学博物館の公式にある画面左にあるをチェックすることです。 国立科学博物館についてはこちら!興味のある方は、どうぞご覧ください。 上野駅から国立博物館に向かう途中に『公園案内所』がありますので、ここで購入すればすぐに特別展の列に並ぶことができます。 公園案内所の方に聞いても、ここで買っておくのがいいと教えていただきました! ミイラ展の駐車場 国立科学博物館の公式サイトでは、7か所の駐車場を案内していますが博物館に近いほど満車です。 駐車場の出入り口が急な坂になっているので、ゆっくり入って行けば女性でも問題ないと思います。 ミイラ展の内容 国立科学博物館のミイラ展は、世界各地のミイラとその背景にある様々な文化、科学的に明らかになったミイラの実像、そしてミイラに関わる多くの人達の活動がわかる。 現在では「誰が?どうして?どんな過程で?」ミイラになったのか研究によって解明されています。 人工的に作られたミイラや自然にミイラとなったものを見学!本当はなくなってしまう姿が存在するミイラ展は興味深い。 しかし小さな子供連れでは怖がって楽しめないかも… 我が家の下の子は小学校5年生なので、行ってみようと思います。 ミイラ展の開催日・会場 ミイラ展の開催期間 2019年11月2日(土曜日)〜 2020年2月24日(月曜日) ミイラ展の開催時間 午前9時〜午後5時.

次の

【上野ミイラ展】展示を観た感想と、写真でミイラを少しだけご紹介

ミイラ 展 上野

ペンジュの棺 木 エジプト 紀元前800年頃 第3中間期、第22王朝~第23王朝 レーマー・ペリツェウス博物館所蔵 ROEMER- UND PELIZAEUS-MUSEUM HILDESHEIM 時を越えて人々を惹きつけるミイラの姿。 そこには、畏敬の念や永遠への憧れがあるのかもしれない。 2019年11月2日(土)から2020年2月24日(月・休)まで、上野の国立科学博物館では世界各地のミイラ43体を展示する「特別展 ミイラ~「永遠の命」を求めて~」を開催。 会場では、背景にある死生観や文化の違いとともに、最新の科学技術で分かった情報なども合わせて紹介する。 インカ文明のものも展示 第1章となる「南北アメリカのミイラ」では、世界最古のものや古代アンデス文明・インカ帝国のミイラを展示。 アメリカ・ネバダ州の洞窟から発見された現存する世界最古のミイラ(自然にできたもの)は、約1万年前のものと推定されている。 また、チリ北部海岸の砂漠地帯に住んでいた部族が人工的なミイラ作りを始めたのは約7000年前というから、当時はかなりのミイラ先進国だったと言えそう。 ペルー北部の高地・チャチャポヤス地方では昔から先祖の遺骨を布で包んで崖の岩棚に安置する風習があったけれど、ミイラが社会的に大きな意味を持っていたインカ帝国の支配後にミイラの作り方が変化。 写真のミイラ包みの模様は、その人の特長や出身地などが描かれていると推測される。 古代アンデス文明では文字が残っていないので、思想的・宗教的な背景はわかっていないものの、「遺体を保存し、生きている時と同じように敬う」という先祖崇拝のひとつだったと考えられている。 先祖を敬うという世界共通の文化も、形はいろいろ。 自然乾燥から棺の装飾まで古代エジプトのミイラ作りの歴史 第2章はミイラ文化が有名な「古代エジプトのミイラ」。 古代エジプトでは統一される前から遺体を布に包んで砂漠に埋葬する習慣があり、急速に乾燥するため、条件によってはミイラになることも多かったそう。 その後、ピラミッドや太陽神殿が作られた古王国時代にはミイラづくりの技術が進み、新王国時代になるとかなり保存状態のよいミイラも数多く発見されている。 さらに、古代エジプトがギリシャ人やローマ人の支配を受けたグレコ・ローマン時代には、ミイラ自体の仕上がりよりも表面の装飾のほうに力が注がれるように。 私たちがイメージする豪華な王族の棺は、この時代からのもの。 棺には死者を死後の世界へ送る呪文などが書かれ、ヒエログリフという文字で書かれた『死者の書』によれば、来世で幸福に生きるためにはミイラになることが不可欠だったらしい。 家族と一緒に埋葬するためや神々への捧げ物として、イヌ、ネコ、羊など動物のミイラもつくられた。 古代エジプトの人々にとって、ミイラはどれほど身近な存在だったのだろう。 自然環境や文化の違いで分かれるヨーロッパのミイラたち ヨーロッパの各地で発見されるミイラは、その多くが自然ミイラ。 第3章「ヨーロッパのミイラ」では、さまざまな自然環境の中でできた自然ミイラを中心に紹介する。 なかでも、北ヨーロッパの「湿地遺体(ボッグマン)」と呼ばれるミイラは、その保存状態の良さに驚く。 ウェーリンゲメンは1904年に発見された湿地遺体で、推定では紀元前40年から紀元後50年前のもの。 殺害された痕跡があることから、生け贄として捧げられたか処刑されたと考えられている。 スペイン・カナリア諸島のミイラも興味深い。 島の先住民・グアンチェ族では有力者が亡くなると、遺体の表面に樹脂などを塗って昼夜乾燥させるというミイラ作りを約1600年前から行っていたそう。 これは祖先崇拝のひとつであると考えられ、カナリア諸島で独自に発達したミイラ文化なのだとか。 自然環境によってたまたまミイラになったり、独自の思想によって意図的にミイラ作りを工夫したり。 多様な背景があることを知ると、ミイラの世界も広がる。 高温多湿のエリアでは肖像装飾や即身仏など独自のミイラが 太平洋に位置する大陸や島々の総称で、大部分が熱帯に属するオセアニアは、湿度やインドが高い地域。 また、東アジアも高温多湿のエリアが多い。 ミイラの保存には不向きな地域ながら、第4章「オセアニアと東アジアのミイラ」では、そんな地域のミイラ文化を紹介する。 オセアニア地域には複数のミイラ文化があったが、20世紀になるとミイラ作りも行われなくなって現存するミイラも少ない。 パプアニューギニアの「肖像頭蓋骨」は、頭蓋骨に霊魂が宿ると考えられ、生前の姿を再現して祀ったもの。 また、中国では自然ミイラは発見されていても、「生前の姿を残す」という文化はほとんど存在しない。 日本も高温多湿な気候のうえ、酸性の強い土壌のために人骨は溶ける場合が多いが、江戸時代の遺跡からは自然ミイラが数体発見されているという。 日本には仏教の考え方に基づいて行者や僧侶が自らミイラとなる「即身仏」があり、今でも崇拝の対象として大切に保存されている。 環太平洋地域と東アジアでは、それぞれに自然環境と死生観、宗教観が結びついていることが分かる。 人気マンガとまさかのコラボも!限定グッズ引換券付入場券 今回は、特別展「ミイラ」オリジナルグッズ引換券付入場券も数種類が販売される。 そのひとつは、「おしゅしだよ」ラバーストラップの引換券付入場券(一般・大学生1900円、小・中・高校生900円)。 話題の脱力系寿司マンガ『おしゅしだよ』の作者「やばい」と特別展「ミイラ」がまさかのコラボで誕生した展覧会限定ラバーストラップは、会場内特設ショップでも550円で販売予定とか。 「ステンドグラス風キーホルダー/アヌビス神」キーホルダーの引換券付入場券(一般・大学生2200円、小・中・高校生1200円)は、冥界の神・アヌビス神をモチーフにした展覧会限定のキーホルダーが付いてくる。 ショップでは825円で販売。 このほかに、特別展「ミイラ」オリジナルメモ(数量限定/東京開催のみ/数量限定のため完売の場合あり)の引換券付入場券(一般・大学生2000円、小・中・高校生1000円)もあり、ここでしか手に入らない限定のメモ帳がゲットできる。 ミイラと聞くとちょっとコワイという人もいるかもしれないけれど、その文化的な背景や歴史を知れば、「永遠の命」に対するロマンを感じとれるはず。

次の