会計士 テキスト。 【公認会計士】独学テキスト&問題集おすすめ16冊(短答式試験対策)|ともくらし

【公認会計士】おすすめのテキスト2020年度

会計士 テキスト

・マンガ 全巻セットのみ ・スマホ ・貴金属 ・切手やハガキ ・金券やチケット 他にもアウトドア用品・イヤホン・スニーカー・ドローン・カメラ・楽器・電動工具・小型家電など もはや、なんでも売れる業者です。 教材以外に売れるものがたくさんあるのは引っ越しや大掃除をしている人には大変便利です。 ・「公認会計士の教材やテキストの他にもたくさん売りたいものがある」 ・「面倒だからたくさんのものを一度で処分したい」 という人に「ブックサプライ」はおすすめです。 ただ、本のみを買い取る専門業者ではありません。 そのため、 教材の買取査定が「専門書アカデミー」や「テキストポン」よりもいい加減というデメリットがあります。 ホビーマン 「ホビーマン」は、教材の他にも「テキストポン」や「ブックサプライ」と同じようにCD・DVD・ゲームなどが売れます。 「ホビーマン」の最大の特徴は フィギュアなどの玩具・アニメグッズ・プラモデルなどが売れることです。 教材と一緒にホビー類が売れる唯一の業者です。 先ほど述べましたが、教材やテキストを売りたい人は引っ越しや大掃除の人が多いです。 そのときに、処分したいフィギュアやアニメグッズもある人はとても便利です。 ただ、「テキストポン」や「ブックサプライ」と同じように ・段ボール無料配布や自動集荷サービスが無い ・20冊以上からしか送料が無料にならない ・本の専門買取業者ではなく査定に問題がある などのデメリットがあります。 学参プラザ 「学参プラザ」の運営会社は、1位で紹介した「専門書アカデミー」と同じ株式会社ブックスドリームです。 「受験関連の本専門!」 という形にしたほうが、試験の教材やテキストを売る人への訴求力が高いです。 そこで、「専門書アカデミー」の次に作られたサイトが「学参プラザ」です。 先ほど述べたように、「専門書アカデミー」と同じ会社が運営しているため事務所もスタッフも一緒。 サービスも買取価格も「専門書アカデミー」と変わりません。 そのため、1番低いランクにしました。 公認会計士の教材やテキストの買取ならブックオフはおすすめできない 会計士試験の教材やテキストはかなり専門的なもの。 ただ、「本」であることは間違いありません。 そのため、本を売るならまず思いつくのがブックオフです。 ただ、会計士の教材・テキストをブックオフで売るのはやめたほうがいいです。 タダ同然の買取価格だからです。 ブックオフの悪い噂を聞いたことがある人は多いと思います。 悪評通り、ひどい買取価格です。 私は、30冊の教材やテキストをブックオフに売りにだしました。 30冊の教材やテキストが¥750でした。 ブックオフの買取価格が安いのは、 ・高すぎる運営コスト ・経営難 この2つの理由からです。 ブックオフは、以下のように運営コストをかけすぎています。 ・店舗は駅近一等地。 郊外の店舗は広い駐車場に大規模施設 ・過剰なスタッフ ・出張買取 車をつかうため、車代・車検・保険・駐車場・ドライバーなどたくさんのお金がかかる 土地やテナント代、人件費、車関係のお金をかけすぎています。 だから、その分だけ商品になる本の買取価格が安くなります。 そのため、ブックオフで会計士試験や資格予備校の教材・テキストを売るのはやめたほうがいいです。 公認会計士の教材やテキストの買取なら古本屋はおすすめできない 会計士の教材やテキストは資格予備校のものだったり、セットだったりします。 普通の本より特殊と言えます。 そこで、写真のような古本屋のほうがマニアックなものは高く売れそうです。 ただ、このような個人経営の古本屋も教材やテキスト類は高く売れません。 同じく、30冊の教材やテキストを持って10店舗ほど査定にだしました。 結果は、¥1,500~¥6,000 ブックオフよりは高いものの、ネット業者よりはるかに安い結果でした。 個人経営の古本屋は、1990年代の全盛期から4分の1まで数を減らしています。 また、このような古本屋で高く買取してくれるのはコミックやハードカバーの本。 会計士試験の教材やテキストを買う人は店に来ないです。 売れない本は高く買取りしてくれません。 確かに「会計士になろう!」と考え、 このような古本屋で会計士試験の教材やテキストを探す人は少ないです。 普通は、資格予備校や三省堂など大型書店に行きます。 またはAmazonや楽天などの通販サイトで買いますよね。 ニーズがないのも個人経営の古本屋で高く売れない理由の1つです。 町中にある小さい古本屋でも会計士の教材やテキストを売らない方がいいです。 公認会計士の教材やテキストの買取ならヤフオクやメルカリはおすすめできない このように、リアル店舗の買取業者では会計士の教材・テキストは高く売れません。 そこで、ヤフオクやメルカリを考える人も多いと思います。 ただ、ヤフオクやメルカリもおすすめできません。 商品紹介ページを作る• 入札者とのやりとり• 梱包や発送 資格試験予備校に通っていたり、会計士業務をしていたりすると忙しいです。 また、引っ越しを控える人もいると思います。 その中、これらはかなりストレスになります。 公認会計士の教材やテキストはヤフオクやメルカリで売らない方がいいです。 公認会計士の教材やテキストの買取ならネット業者がいい理由 このように、 ・リアル店舗の古本屋 ・ヤフオクやメルカリ これらで会計士試験の教材やテキストを売らない方がいいです。 専門的な教材やテキストを売るならネット業者がおすすめです。 ・会計士の教材やテキストが他社よりはるかに高く売れる ・重くて大きい教材やテキストをスムーズに売れる これらのメリットがあるからです。 ネット業者は• 土地やテナント代• 人件費• 車にかかるお金 これら運営コストを大きく削っています。 また、ネット業者はAmazonや楽天など通販サイトに自社ストアを作っています。 ネットのみで売ることで全国の人がターゲットに。 また、通販サイト内で自社ストアが上位に表示される対策をたくさんしています。 そのため、高値でも効率よく売れるのです。 ネット業者はこのような工夫をすることでたくさんの利益を上げています。 だから、その分だけ公認会計士試験の教材やテキストを高く買取してくれます。 忙しい中、重くて大きい教材やテキストを売るのはかなり面倒。 ネット業者は、他社にはないサービスでこの面倒さを解決してくれます。 ・段ボール無料配布 ・自動集荷 ・査定だけでも無料 ・24時間買取申し込み受付 ・14時までの申し込みであれば当日集荷 ・本以外にも売れるものがたくさんある これらのサービスがあるため、自宅から一歩もでずに教材やテキストを売れます。 また、会計士の教材やテキストを売りたい人は引っ越しを控える人も多いです。 引っ越しは急いでいたり、いらないものがたくさん出てきたりします。 引っ越しのときにも便利なのがネット業者です。 ネット業者で教材を売るのは捨てたり、リサイクルにだしたりするよりはるかに楽です。 先ほど説明したネット業者は教材やテキスト以外にも売れるものがたくさんあります。 「テキストポン」ではDVDやゲーム機、「ブックサプライ」がもはや何でも売れるところもあります。 ネット業者で公認会計士試験の教材・テキスト以外で高価買取対象のものを以下にまとめましたので参考にしてください。 ・ベネッセの教材やテキスト 進研ゼミやしまじろうのこどもちゃれんじなど 〈関連記事〉 ・ユーキャンなど通信教育の教材やテキスト 〈関連記事〉 ・公文 くもん の教材やテキスト ・英語教材 〈関連記事〉 ・幼児や子供向けの教材 〈関連記事〉 ・専門学校、資格試験予備校などのオリジナル教材やテキスト 〈関連記事〉 ・サピックス sapix や日能研など中学受験学習塾のオリジナル教材やテキスト ・Z会や河合塾、東進など大学受験予備校の教材やテキスト 〈関連記事〉 ・中央出版など一般教材やテキスト ・小学校、中学校、高校、大学などオリジナル教材やテキスト ・小学校、中学校、高校、大学受験の教材やテキスト ・公務員試験や宅建、防火管理者など資格試験の教材やテキスト 〈関連記事〉 公認会計士の教材やテキストを売るならネット業者がおすすめ 述べてきたように、会計士試験の教材やテキストを買取に出すならネット業者がおすすめです。 ・会計士の教材やテキストが他社よりはるかに高く売れる ・重くて大きい教材やテキストをスムーズに売れる 他社よりはるかに多くのメリットがあります。 リアル店舗の業者は経営難で買取り価格がものすごく安いです。 ヤフオクやメルカリでは売ること自体が難しかったり、面倒なことがたくさんあったりします。 会計士の教材やテキストを売るならネット業者で売ってください。 公認会計士の教材・テキストを高く買取するおすすめ業者5選 専門書アカデミー 会計士の教材やテキストを売るときに1番おすすめのネット業者が「専門書アカデミー」です。 「専門書アカデミー」は株式会社ブックスドリームが運営する、「本」だけを扱う専門業者です。 ・段ボール無料配布や自動集荷サービスが無い ・20冊以上からしか送料が無料にならない ・本の専門買取業者ではなく査定に問題がある などのデメリットがあります。 学参プラザ 「学参プラザ」の運営会社は、1位で紹介した「専門書アカデミー」と同じ株式会社ブックスドリームです。 「受験関連の本専門!」 という形にしたほうが、試験の教材やテキストを売る人への訴求力が高いです。 そこで、「専門書アカデミー」の次に作られたサイトが「学参プラザ」です。 先ほど述べたように、「専門書アカデミー」と同じ会社が運営しているため事務所もスタッフも一緒。 サービスも買取価格も「専門書アカデミー」と変わりません。 そのため、1番低いランクにしました。 〈関連記事〉.

次の

米国公認会計士試験の独学勉強法【テキスト紹介・勉強時間など】

会計士 テキスト

・マンガ 全巻セットのみ ・スマホ ・貴金属 ・切手やハガキ ・金券やチケット 他にもアウトドア用品・イヤホン・スニーカー・ドローン・カメラ・楽器・電動工具・小型家電など もはや、なんでも売れる業者です。 教材以外に売れるものがたくさんあるのは引っ越しや大掃除をしている人には大変便利です。 ・「公認会計士の教材やテキストの他にもたくさん売りたいものがある」 ・「面倒だからたくさんのものを一度で処分したい」 という人に「ブックサプライ」はおすすめです。 ただ、本のみを買い取る専門業者ではありません。 そのため、 教材の買取査定が「専門書アカデミー」や「テキストポン」よりもいい加減というデメリットがあります。 ホビーマン 「ホビーマン」は、教材の他にも「テキストポン」や「ブックサプライ」と同じようにCD・DVD・ゲームなどが売れます。 「ホビーマン」の最大の特徴は フィギュアなどの玩具・アニメグッズ・プラモデルなどが売れることです。 教材と一緒にホビー類が売れる唯一の業者です。 先ほど述べましたが、教材やテキストを売りたい人は引っ越しや大掃除の人が多いです。 そのときに、処分したいフィギュアやアニメグッズもある人はとても便利です。 ただ、「テキストポン」や「ブックサプライ」と同じように ・段ボール無料配布や自動集荷サービスが無い ・20冊以上からしか送料が無料にならない ・本の専門買取業者ではなく査定に問題がある などのデメリットがあります。 学参プラザ 「学参プラザ」の運営会社は、1位で紹介した「専門書アカデミー」と同じ株式会社ブックスドリームです。 「受験関連の本専門!」 という形にしたほうが、試験の教材やテキストを売る人への訴求力が高いです。 そこで、「専門書アカデミー」の次に作られたサイトが「学参プラザ」です。 先ほど述べたように、「専門書アカデミー」と同じ会社が運営しているため事務所もスタッフも一緒。 サービスも買取価格も「専門書アカデミー」と変わりません。 そのため、1番低いランクにしました。 公認会計士の教材やテキストの買取ならブックオフはおすすめできない 会計士試験の教材やテキストはかなり専門的なもの。 ただ、「本」であることは間違いありません。 そのため、本を売るならまず思いつくのがブックオフです。 ただ、会計士の教材・テキストをブックオフで売るのはやめたほうがいいです。 タダ同然の買取価格だからです。 ブックオフの悪い噂を聞いたことがある人は多いと思います。 悪評通り、ひどい買取価格です。 私は、30冊の教材やテキストをブックオフに売りにだしました。 30冊の教材やテキストが¥750でした。 ブックオフの買取価格が安いのは、 ・高すぎる運営コスト ・経営難 この2つの理由からです。 ブックオフは、以下のように運営コストをかけすぎています。 ・店舗は駅近一等地。 郊外の店舗は広い駐車場に大規模施設 ・過剰なスタッフ ・出張買取 車をつかうため、車代・車検・保険・駐車場・ドライバーなどたくさんのお金がかかる 土地やテナント代、人件費、車関係のお金をかけすぎています。 だから、その分だけ商品になる本の買取価格が安くなります。 そのため、ブックオフで会計士試験や資格予備校の教材・テキストを売るのはやめたほうがいいです。 公認会計士の教材やテキストの買取なら古本屋はおすすめできない 会計士の教材やテキストは資格予備校のものだったり、セットだったりします。 普通の本より特殊と言えます。 そこで、写真のような古本屋のほうがマニアックなものは高く売れそうです。 ただ、このような個人経営の古本屋も教材やテキスト類は高く売れません。 同じく、30冊の教材やテキストを持って10店舗ほど査定にだしました。 結果は、¥1,500~¥6,000 ブックオフよりは高いものの、ネット業者よりはるかに安い結果でした。 個人経営の古本屋は、1990年代の全盛期から4分の1まで数を減らしています。 また、このような古本屋で高く買取してくれるのはコミックやハードカバーの本。 会計士試験の教材やテキストを買う人は店に来ないです。 売れない本は高く買取りしてくれません。 確かに「会計士になろう!」と考え、 このような古本屋で会計士試験の教材やテキストを探す人は少ないです。 普通は、資格予備校や三省堂など大型書店に行きます。 またはAmazonや楽天などの通販サイトで買いますよね。 ニーズがないのも個人経営の古本屋で高く売れない理由の1つです。 町中にある小さい古本屋でも会計士の教材やテキストを売らない方がいいです。 公認会計士の教材やテキストの買取ならヤフオクやメルカリはおすすめできない このように、リアル店舗の買取業者では会計士の教材・テキストは高く売れません。 そこで、ヤフオクやメルカリを考える人も多いと思います。 ただ、ヤフオクやメルカリもおすすめできません。 商品紹介ページを作る• 入札者とのやりとり• 梱包や発送 資格試験予備校に通っていたり、会計士業務をしていたりすると忙しいです。 また、引っ越しを控える人もいると思います。 その中、これらはかなりストレスになります。 公認会計士の教材やテキストはヤフオクやメルカリで売らない方がいいです。 公認会計士の教材やテキストの買取ならネット業者がいい理由 このように、 ・リアル店舗の古本屋 ・ヤフオクやメルカリ これらで会計士試験の教材やテキストを売らない方がいいです。 専門的な教材やテキストを売るならネット業者がおすすめです。 ・会計士の教材やテキストが他社よりはるかに高く売れる ・重くて大きい教材やテキストをスムーズに売れる これらのメリットがあるからです。 ネット業者は• 土地やテナント代• 人件費• 車にかかるお金 これら運営コストを大きく削っています。 また、ネット業者はAmazonや楽天など通販サイトに自社ストアを作っています。 ネットのみで売ることで全国の人がターゲットに。 また、通販サイト内で自社ストアが上位に表示される対策をたくさんしています。 そのため、高値でも効率よく売れるのです。 ネット業者はこのような工夫をすることでたくさんの利益を上げています。 だから、その分だけ公認会計士試験の教材やテキストを高く買取してくれます。 忙しい中、重くて大きい教材やテキストを売るのはかなり面倒。 ネット業者は、他社にはないサービスでこの面倒さを解決してくれます。 ・段ボール無料配布 ・自動集荷 ・査定だけでも無料 ・24時間買取申し込み受付 ・14時までの申し込みであれば当日集荷 ・本以外にも売れるものがたくさんある これらのサービスがあるため、自宅から一歩もでずに教材やテキストを売れます。 また、会計士の教材やテキストを売りたい人は引っ越しを控える人も多いです。 引っ越しは急いでいたり、いらないものがたくさん出てきたりします。 引っ越しのときにも便利なのがネット業者です。 ネット業者で教材を売るのは捨てたり、リサイクルにだしたりするよりはるかに楽です。 先ほど説明したネット業者は教材やテキスト以外にも売れるものがたくさんあります。 「テキストポン」ではDVDやゲーム機、「ブックサプライ」がもはや何でも売れるところもあります。 ネット業者で公認会計士試験の教材・テキスト以外で高価買取対象のものを以下にまとめましたので参考にしてください。 ・ベネッセの教材やテキスト 進研ゼミやしまじろうのこどもちゃれんじなど 〈関連記事〉 ・ユーキャンなど通信教育の教材やテキスト 〈関連記事〉 ・公文 くもん の教材やテキスト ・英語教材 〈関連記事〉 ・幼児や子供向けの教材 〈関連記事〉 ・専門学校、資格試験予備校などのオリジナル教材やテキスト 〈関連記事〉 ・サピックス sapix や日能研など中学受験学習塾のオリジナル教材やテキスト ・Z会や河合塾、東進など大学受験予備校の教材やテキスト 〈関連記事〉 ・中央出版など一般教材やテキスト ・小学校、中学校、高校、大学などオリジナル教材やテキスト ・小学校、中学校、高校、大学受験の教材やテキスト ・公務員試験や宅建、防火管理者など資格試験の教材やテキスト 〈関連記事〉 公認会計士の教材やテキストを売るならネット業者がおすすめ 述べてきたように、会計士試験の教材やテキストを買取に出すならネット業者がおすすめです。 ・会計士の教材やテキストが他社よりはるかに高く売れる ・重くて大きい教材やテキストをスムーズに売れる 他社よりはるかに多くのメリットがあります。 リアル店舗の業者は経営難で買取り価格がものすごく安いです。 ヤフオクやメルカリでは売ること自体が難しかったり、面倒なことがたくさんあったりします。 会計士の教材やテキストを売るならネット業者で売ってください。 公認会計士の教材・テキストを高く買取するおすすめ業者5選 専門書アカデミー 会計士の教材やテキストを売るときに1番おすすめのネット業者が「専門書アカデミー」です。 「専門書アカデミー」は株式会社ブックスドリームが運営する、「本」だけを扱う専門業者です。 ・段ボール無料配布や自動集荷サービスが無い ・20冊以上からしか送料が無料にならない ・本の専門買取業者ではなく査定に問題がある などのデメリットがあります。 学参プラザ 「学参プラザ」の運営会社は、1位で紹介した「専門書アカデミー」と同じ株式会社ブックスドリームです。 「受験関連の本専門!」 という形にしたほうが、試験の教材やテキストを売る人への訴求力が高いです。 そこで、「専門書アカデミー」の次に作られたサイトが「学参プラザ」です。 先ほど述べたように、「専門書アカデミー」と同じ会社が運営しているため事務所もスタッフも一緒。 サービスも買取価格も「専門書アカデミー」と変わりません。 そのため、1番低いランクにしました。 〈関連記事〉.

次の

公認会計士の独学テキストおすすめ5選【気が進まないけど教えます】

会計士 テキスト

参考 おすすめの問題集につきましては下記を参考にしてください。 会計基準などが頻繁に改正されているので、以前は良書であったとしても法改正が反映されていないために利用できないこともしばしばあります。 法改正が反映されていないと間違った結論を覚えてしまい試験で失点をしてしまいかねません。 1点を争う試験であることを考えると、テキストはやはり 最新版または改正版を使うことが絶対条件となります。 古いテキストに改正されたものを追記して反映すればいいのでは?という考えの方もいらっしゃいます。 専門学校生の場合は講師の指示により、事細かにどこか反映されていて、かつ重要な箇所を知ることができます。 しかし、専門学校に行っていないとどこが反映されたのか把握できない箇所もあるでしょう。 (試験でよく出題されるのは、実はこの改正前と後の問題が多いので、できる限り改正前後の論点はしっかり抑えておきたいものです) ネットで改正論点について調べることはできますが、全てネットにあるとも限りません。 試験が近づくにつれ探すような労力を使う時間はないと思ったほうがいいでしょう。 このページをご覧の方は公認会計士のテキストを探しているのか?それとも情報が知りたい方が多いでしょう。 その際、その対象となるテキストは2つに分かれます。 そのため 日商1級修了者・学習者以上の人向けの本といえます。 そういった人が利用すると理解を深めることができます。 (ただし、やる気次第では2級でも読みすすめることはできます) 考え方が理解でき設例が解けるようになったら問題集に移行するのがいいでしょう。 また、 分からないときに調べる本としても利用できるので、独学者にはかなり重宝する本となります。 (基礎・応用合わせると1万円するので安い買い物ではありません) 人によって勉強の方法は違いますし、やりやすい勉強といったものもありますので自分にあった勉強方法とそれに向いているテキストや問題集選びをしましょう。 こんな人にはおすすめしません 計算問題を多く解きたい人や計算問題を解きながら理解を進める人には向いていない本かもしれません。 公認会計士試験 財務会計論の重点詳解 4,104円 送料無料 2018年7月出版なので最近改正の収益認識等にも対応しています。 先ほど紹介したものは簿記の知識がある人向けのテキストになりますが、こちらは 公認会計士試験向けであり、なおかつ 入門レベルのテキストになります。 この教材が読み終わった頃には他で市販されている財務会計のテキストは苦労せず読む進めることができますが、専門学校を利用している方やこれまで財務会計の学習をしていた方は利用する必要はないでしょう。 試験に合格することを考えると、こういった本よりももう少し試験よりの本を利用したほうが合格が近くなる人もいらっしゃるでしょう。 財務会計論は 計算(簿記)と理論(財務諸表論)に分けることができます。 そこで次は 計算科目である簿記を紹介し、その後は理論である財務諸表論のテキストを紹介します。 財務会計論(計算・簿記) 以前は 簿記バイブル・連結バイブルという本があり、非常に分かりやすくておすすめでしたが、現在改訂版が出版されていないため 残念ながら会計士対策としてのおすすめの書籍はありません。 しかし、日商1級の教材であっても公認会計士試験対策としての基礎を学ぶことができます。 日商1級にはいろいろな本がありますが、少し長くなりますので別ページにて紹介をします。 参考 会計士対策で日商1級のおすすめテキストはこちらを参考にしてみてください。 この本の帯にはこう書かれてあります。 「 日本一読まれている財務会計のテキスト」 本当にそんなにすごいの?とちょっと信じられない方もいらっしゃるでしょう。 この本は ベストセラーで1位の本なのです。 実際に背景から分かりやすく記載されていて理解が進む本でもあります。 著者は公認会計士の試験委員を担当されていた桜井先生です。 ただこれ1冊で公認会計士の理論対策ができるのかというと足りません。 新版 会計法規集〔第11版〕 2,376円 送料無料 2019年9月14日なので現在最新版です。 公認会計士の理論対策を独学でする場合は 必携の1冊。 独学でなくても 専門学校利用者も購入している人は多く、学校側も購入を勧める場合が多いです。 これを頭から読み込むと効率の観点からおすすめしませんが、よく出る論点などは会計法規集を読み込む必要があります。 実際、学校の授業ではこの会計法規集を元に説明されることが多いです。 問題集などを解いた際に関連項目の法規集の読み込みをすると理解がより深まるのでおすすめします。 法規集っていうと何か堅苦しくて難しそうなイメージをもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、なぜこのようなルールがあるのかといった 結論の背景などは面白く、そして試験で問われるのは結論の背景部分なので、その流れを理解する事で点だと思っていた論点が線になって理解が一気に深まる事があります。 管理会計論 管理会計 中央経済社 第2版 3,456円 送料無料 岡本先生が書かれた本で 2008年に出版されかなり古い本となります。 ただ、管理会計の根本部分である原価計算のルールは昔から一切変わっていないので、 考え方を学ぶ・理解する場合において非常に有用な参考書となります。 また、 部分的に分からず基礎の基礎から調べたいときにも重宝することができ、独学者の強い味方といってもいいでしょう。 財務会計の大先生といえば 桜井先生、管理会計は 岡本先生と言われるくらい有名で、学校の講師の方で管理会計を担当しているのであれば間違いなく岡本先生の本を読まれているでしょう。 この本は見た目は入門・基礎レベルのことが書かれてあるのでたいした事ないのでは?と感じる方もいらっしゃいますがそれは全く違います。 短答式試験は基本的には計算問題が解ければいいですが、論文式試験においては「 基本的な考え方」を理解していないと書けない事が多くなります。 当たり前だと思っていることをいざ聞かれると意外と書けないものです。 なぜならそれは本質の理解ができていないからといえますが、 この本を読む事によって当たり前と思っている事柄を深く理解する事ができるでしょう。 また、深い理解をするためには専門家の難しい本を読む必要がありますが、この本はとても分かりやすく書かれてあり、本を読むのが苦手な方であっても十分に理解をする事ができるでしょう。 管理会計論でこの書籍より分かりやすく書かれたものは市販ではおそらくありません。 下記で紹介する スタンダードが分からない方や分かりやすい管理会計の本を探している人にはおすすめとなります。 スタンダードテキスト管理会計論 第2版 5,400円 送料無料 管理会計は、 原価計算基準と 管理会計論の2つに分かれます。 管理会計は改正されることがほとんどないので、 2015年発売のテキストとしては古いですが利用できる教材です。 ただし、昨今管理会計の範囲は 管理会計論部分の出題傾向が変わってきているのが現状です。 そのため このテキストだけで受験をすると新論点の対策が不十分になってしまうことは避けられないでしょう。 ただ、そういった問題は基本的に 短答式試験に多く、 論文式問題においては基本的な考え方が理解できているかどうかを問う問題が多くなっています。 そのためこの本では「理解する」ことを中心に勉強を進めていき、短答式試験の管理会計論部分についてはそういったテキストを利用していけばいいでしょう。 管理会計の短答式試験の対策はこれがおすすめ 市販の管理会計のテキストは 最新の試験問題に対応したものがありませんが心配する必要はありません。 というのも、管理会計の短答式問題で 確実に合格点が取れる優秀な本があるからです。 amazon等では販売していませんが、公認会計士の専門学校である LECが出版している「一問一答」があり、受講生でなくても1冊から購入することが可能です。 監査論 スタンダードテキスト監査論 第4版 4,968円 送料無料 独学者は利用することが多いテキストです。 監査論を初めて勉強する人が読むと理解するのに難しい箇所があるかもしれません。 (監査論を初めて学ぶ方は次に紹介する「はじめてまなぶ監査論」がおすすめです。 ) 安い値段ならまだしも本の価格は 5,000円もするので、買って損をしないためにも購入する時は書店で手にとって見ることをおすすめします。 1つ欠点をあげるなら、 監査論は公認会計士受験で最も改正が多い科目なので、 最新の改正が反映されているかを確認する必要があります。 試験範囲が分からない方は監査審査会のHPに試験範囲が記載されていますので、そちらで確認するといいでしょう。 また、 全科目についても一度は短答の範囲はどこで、論文の範囲はどこなのかを確認しておきましょう。 はじめてまなぶ監査論 第2版 2,530円 送料無料 2020年3月14日出版のもので最近の改正にも対応しており、当サイトでもよく売れている監査の書籍になります。 この本は 公認会計士試験対策の入門テキストとなっており、市販でこのような本があるのはかなり珍しいです。 スタンダードテキストは読みごたえもあり全体像がつかみづらい方もいらっしゃるでしょう。 そういった方はこのテキストで理解をしておくのも1つの方法です。 文字だけではなく、 図などを見ながら頭でイメージをすることで学習しやすく記憶に残りやすくなります。 ここで学んだ事は入門レベルではあるものの 芯となる部分を理解することができるので、短答式で考えないといけないような問題や論文式での記述においても役に立つことができるでしょう。 ページ数は200ページくらいで図も多いことから全体像を短期間で学ぶことが可能です。 また、内容を理解しているのか問題もあるのでそれを使って知識の定着を確認するといいでしょう。 ただ、扱っている内容が浅いのでこれだけでは短答式・論文式には半分も対応することはできません。 監査法規集(第4版) 2,376円 送料無料 こちらも会計法規集と同じで 独学者必携の本であり、専門学校で受講中の方も持っている方は多いです。 企業法 はじめての会社法 第4版 公認会計士試験 企業法対策 1,944円 試験の概要をさっとつかむのにいい本です。 しかし、この本だけで公認会計士対策するのは不足する部分が多すぎます。 国家試験受験のためのよくわかる会社法 第7版 2,913円 送料無料 タイトル通りこの本は会計士専用の本ではなく、行政書士、司法書士、公認会計士のために本となっています。 そのため公認会計士対策としてというのではなく、 会社法を理解するための本となっています。 この本を読んだらすぐに短答式試験で点が取れるといった類のものではありませんが、幹となる部分を抑えることができたり、考え方を理解する手助けになるなど非常に有益な本であるといえます。 論文で絶対に必要な教材 令和2年 公認会計士試験用参考法令基準集 会計学2,000円送料無料、監査論2,000円送料無料 上記基準集は2020年2月20日に発売されているため最新版となっています。 法令基準集は上記のとおり会計学、監査論、企業法、租税法の4冊あります。 通学、通信講座に限らず独学であっても 合格するためには絶対に必要な本となります。 論文式試験を受ける場合、 会場で法令基準集が配付され 受験者は必要なときにこの基準集を参考にして記述を行ったりします。 (司法試験の場合は判例が掲載されていない試験用の六法が配付されますがそれと同じような感じです。 ) 基準集をどれだけ使えるかがポイント 合格するためにはこの基準集を使いこなす必要があります。 例えば 基準集に掲載されていることを覚えてもあまり意味はなく、そのページを開いて書き写せば済みます。 基準集に書いてあることは、まず書いてあることを知っておくことと、どのページにあるのかさっと引けることが重要になります。 また、逆に基準集に書いてないこと、財務会計で言えば「 結論の背景」などは基準集には書いてないのでそういったところを覚えたり、問われたら記述できるようにしておく必要があります。 論文答練があるときツイッターで時々みるのが・・ 「今回の論文答練は基準集に書いてあることを書き写すだけの作業でした」 みたいなちょっと冗談っぽいことがつぶやかれるのを見ますが、実際はどの基準を適用して論じていくのかが重要になります。 独学の方や基準集は2月のみ発売になるので、 来年の論文試験用に準備をしておきたい方などは2019年度版の購入を検討してもいいでしょう。 テキストを読む際は、基準集に書いてないところは正確に暗記をし、書いてあるところは基準集をさっと引けるように練習をするのが良いでしょう。 番外編 おすすめテキストの紹介ページですが、公認会計士を目指すのであればぜひとも見ていただきたい本があります。 新品も購入することができますが、在庫切れになっている場合もあります。 その場合、古本が嫌でない方は「中古品」というところから古本を購入することができます。 この書籍について 公認会計士の仕事って「具体的にどんなことをするのか?」知っている人はそう多くはないのではないでしょうか? 監査をすることでしょ?という答えが返ってきそうですが、それではどのような監査をするのか知っていますか? この本は新人(公認会計士合格後、1年目の新人)とシニアやマネージャー、さらには社員(パートナー)や監査される会社の経理の人や社長などが登場します。 基本的には 新人であるスタッフとシニアが現場で監査をするシーンが多く描かれていますが、場合によってはマネージャーや社員(パートナー)が対応をすることになります。 全部で52話あり、1話ずつが違った監査をし面白く書かれてあるのでスラスラ読むことができ、全て読み終わった後は充実感もあるものと思われます。 ネコの照合の監査は面白かったのですが、不正を見つけたときにどのように対応するのかといったところはこの本の見所の1つかもしれません。 公認会計士の勉強は合格するまで長期を要するので、勉強にいきづまることは多くの人が経験をすることでしょう。 気分転換をしたいときにこれを読むといいリフレッシュをすることができたり、具体的な将来像を描くことができるので モチベーションアップも期待することができるでしょう。 この本を読むと「公認会計士ってすごいなぁ」と思うかもしれませんし、それと同時に仕事にわくわくする方もいらっしゃるかもしれません。 この本は 公認会計士になりたい方や公認会計士に合格して働くスタッフ1年目の方にもおすすめです。 会計士は見た! ソニー、大塚家具、日産、東芝の決算書からこんなことが分かるのか!とビックリする内容となっていて、電車の中で思わず「ええ」と声を出した事もある書籍です。 帯にはソニーと東芝の文字がありますが、従業員の平均年収が1,600万円を超える会社も見ていきます。 大塚家具はなぜ親子で対立しているのか?といった事も分かり、これを読むと大塚家具の見方が変わる方も多いかもしれません。 会計士や会計士受験生、簿記学習者だとワクワクしながら読むことができるのは必至です。 また、決算書といっても売上や利益といった簡単なことを中心に進めていくので、簿記をほとんど知らない方であってもおもしろく読むことができます。 ・次は市販で購入できるおすすめの問題集です。 合格を目指すにはテキストだけでなく 問題集の利用が必要不可欠です。 学校・市販問わず 最強の問題集も紹介していますのでぜひご覧ください。

次の