コールセンター 派遣。 コールセンターで働くなら直雇用アルバイトと派遣スタッフどちらが良い!?

コールセンター研修中にクビになっても大丈夫な理由まとめ!

コールセンター 派遣

"派遣社員"にみなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか。 人によっては"派遣先の社員にコキ使われる"などの、悪いイメージを持っているかと思います。 実際、私自身も派遣会社を通して引っ越し作業の仕事に就いた時は、それはそれは罵声を浴びせられ「二度とこんな所で働きたくない」と思ったものです。 コールセンターの求人は、地域や種類によっては、殆どの案件が派遣の場合もあります。 "派遣"という雇用形態に懸念を抱き、応募を見送っている人も少なくないでしょう。 私の経験上、他の仕事においては、少なからず"派遣"という雇用形態に敏感になった方が良いかと思います。 しかし、コールセンターの仕事を探す上では、派遣だろうが直雇用だろうが特に雇用形態を気にする必要はありません。 それどころか、派遣社員としてコールセンターで働く場合、派遣会社に就業先コールセンターの実態(本当のところ)を教えてもらえたりと、メリットの方が多いです。 今回の記事では、派遣社員としてコールセンターで働くにおいて得られる上記のようなメリットを述べていきたいと思います。 コールセンター内は派遣も直雇用もごちゃまぜ。 誰が派遣で誰が直雇用かなんてわからない そもそも、コールセンターで働くオペレーターは人数が多いため(大きなセンターだと常時軽く50人はいる)、誰が派遣で誰が直雇用かは分かりません。 また、派遣か直雇用かで扱いが変わることはまずありません。 仕事内容やシフト作成においても然りです。 それどころか、私が経験してきた限りでは、派遣の方が直雇用より時給が高いケースが多く、直雇用の人が派遣を羨ましがっていたほどです(もちろん逆のケースもありますが)。 そのため、コールセンターにおいては、 派遣という立場であることに後ろめたさを持つ必要は全くありません。 派遣の良いところは、派遣会社にコールセンターの実態を教えてもらえる 私は派遣としても直雇用としてもコールセンターで働いたことがあります。 これまでに何社ものコールセンターを転々としてきましたが、個人的に派遣で働いていた時の方が、1つの会社で長く仕事を続けられました。 というのは、派遣だと派遣会社の人から就業可能先コールセンターの離職率や人間関係、仕事はキツいか楽か、実際のところどうなのかを教えてもらった上で仕事を選べたからです。 派遣会社の人は、体制の良いことばかり述べて派遣先に派遣社員を送ることはしません。 単発バイトであればそういったケースもありますが、コールセンターは基本的に中長期で働く仕事です。 都合の良いことばかり述べて、就業先に送った社員に2、3日で仕事を辞められてしまっては、派遣会社は儲かりません。 そのため、良いことも悪いこともあからさまには言いませんが、例えば離職率などを聞いて、あまりにも離職率が高ければ、就業可能先のコールセンターに何かしらの問題があることは判断できます。 また、仕事内容についても、求人広告に書いてある内容より詳しく教えて貰えます。 例えば、私は発信コールセンターで働くのを見送ったことがありますが、その理由は派遣会社の方より「契約をあまりにも取れなかったら、上の人から色々言われるけど大丈夫?」と聞かれ、自分には無理そうだと判断したからです。 逆に受信コールセンターで働いた時は「このセンターは時給は低いけど、良い人ばかりでみんな長く続けられているよ」と言われ入ったこともあります。 仕事が合わなかった時に相談しやすい 派遣会社最大のメリットは、仕事が合わなかったり就業先の会社のやり方に疑問を感じた時、派遣会社に相談できる点です。 就業先の社員に直接言いにくいことでも、派遣会社の人にであれば相談できることもあるでしょう。 特に「仕事を辞めたい」「仕事が難しい」といった内容は、就業先の社員には中々言いにくいものです。 もちろん最終的には就業先の方にも、自分の気持ちを伝えなければいけません。 しかし、その前に一度派遣会社の方に話すことで気持ちの整理がつきますし「やっぱり、もう少し頑張ってみよう」と思えることもあります。 これが直雇用だと、常に会社の社員相手にダイレクトに相談しなくてはなりません。 ただ、一方で派遣社員だからこそ面倒なこともあります。 例えば、欠勤や遅刻の報告をする時、派遣会社と就業先の両方に連絡を入れなければいけません。 「遅刻は気をつけてね」だとか「体調管理も仕事のうち」という言葉を、派遣会社からも就業先からも言われるので、少々面倒だなと感じる部分があるのも確かです。 結論:雇用形態を気にして仕事を探す必要はない! というわけで、結論として私は、コールセンターの仕事を探す時に雇用形態を気にするな!と声を大にして言います。 唯一気にすることと言えば、紹介予定派遣かどうか?という点のみではないでしょうか。 コールセンターで働きたい人の中には、ゆくゆくは直雇用になりたいという人もいるかと思います。 紹介予定派遣であればOJTを終えて独り立ちした後、3ヶ月後くらいには直雇用に切り替えられます。 直雇用になっても派遣社員のままでも、上で述べたように仕事内容や扱いに変化があるわけではありません。 直雇用だからという理由で、昇格が有利になることはありません。 そのため、特に「とりあえずコールセンターでバイトしてみるか」ぐらいの気持ちでバイトを探している人なら、尚更雇用形態を気にする必要はないでしょう。

次の

コールセンターの派遣ってどう?派遣の意味とメリット・デメリット。|コールセンターポータルサイト「コールナビ」

コールセンター 派遣

腰を据えて長く働きたいなら直雇用アルバイト。 色々な職場、業務を先ずは経験してみたい方は派遣スタッフ。 直雇用のアルバイトとは、勤務先のA社と雇用の契約を勤務すること。 派遣スタッフとは仕事を紹介する派遣会社と雇用の契約をし、派遣会社から紹介された会社で働くことです。 特に、未経験でコールセンター で働こうと考えていると、どちらで働こうか迷いますね。 一般的にアルバイトより派遣スタッフがより時給が高いと言えますが、業務内容、地域によってはほぼ変わりません。 都内で時給1,500円だとアルバイト、派遣どちらでも多くの求人がありますね。 一方、都心以外だと派遣スタッフが高い時給であることが多いでしょう。 給料の面だけではなく、ダブルワークや家族の介護等でシフト調整しながら働きたいとの理由で派遣スタッフで働く人もいました。 ただ、派遣スタッフ最大のデメリットは、契約の更新がされないと同じ職場で働くことができなくなります。 例えば、担当しているチームの人数がクライアントの意向で減らされることになり、致し方なく派遣スタッフを契約終了に。。。 なんてことも実際に僕が働いていた会社でもありました。 契約終了が決まると、また違う職場を紹介してもらうか、良い職場が無ければ違う派遣会社に登録して仕事を探す必要が出てきます。 まぁ、そんなものかなと、平気な人は派遣で働いても問題ないでしょう。 直雇用アルバイトの場合、会社は簡単にクビにすることができません。 人数が減らされる場合でも、他チームに移ったり、複数拠点がある会社だと違う拠点で仕事を継続するなんてこともあります。 その点は腰を据えて働きたい人にとっては大きなメリットです。 派遣スタッフの契約終了の大きな原因は、本人の勤怠・勤務態度 前述した、人数が減らされて契約が終了することはそうそう起こることではありません。 むしろ、働いているスタッフ自身の原因がほとんどです。 どのような原因か?とにかく一番多いのが「勤怠」の悪さです。 仕事当日の朝、体調崩した、家族の看病が必要になった、、、色々な理由で休みますと連絡して、欠勤が多い方。 そういった方は契約終了になることが多いです。 もちろん、ご家族の看病が必要なのに、出勤してほしいとは言えません。 事情はよくわかります。 しかし、そのような状況なら、来月からはシフトをこのように調整したいだとか、相談ができるはずですし、会社としても人としても心配なので、できるだけ調整しようと思います。 しかし、事前のシフト相談は何も無く、当日欠勤のタイミングが定期的であったり、華の金曜日の翌日に休んだり、朝から大雨だと休んだり。。。 疑いたくなくても、本当は何かと理由つけて仕事休みたいだけじゃないかと、疑ってしまいます。 一人が一日でこなす処理はどのくらいでしょうか。 仮に一時間平均6件電話に出るとしましょう。 会社としても、クライアントとしても、痛手でしかありませんよね。 そんなスタッフ、契約更新するよりも、仕事の力は若干劣るが欠勤が少ない、真面目に取り組んでいるスタッフと働きたいですよね。 直雇用アルバイト、派遣スタッフ、どちらも正社員へのステップアップは目指せます。 直雇用アルバイト、派遣スタッフとして働いて、良い職場で働きやすくこの職場でステップしていきたい。 正社員になりたいけど可能か。。。 結論、間違いなく可能です。 アルバイトでも派遣スタッフでも正社員としてステップアップした人を実際に見てきました。 アルバイトだから、派遣だからとステップアップを諦める必要はどこにもありません。 むしろ、向上心を持って仕事に取り組む姿勢が見れると上司も嬉しいものです。 給料、通勤時間、希望の勤務時間、様々な要因を自分の生活と照らし合わせ、求人を探し、コールセンター の仕事にチャレンジしてくださいね!.

次の

コールセンターの派遣

コールセンター 派遣

コールセンターの仕事に興味をお持ちのみなさま。 「コールセンターでの業務はクレーム対応が多そう」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。 この記事ではコールセンターでの業務の内容を解説します。 コールセンターで働くことのメリット・デメリットから、どんな人に向いているか、コールセンターでの業務をとおして身につくスキルまで徹底解説します。 この記事を読んで、コールセンターのお仕事を探す参考にしてみてください。 コールセンターとは?業務内容について コールセンターとは、企業の中で顧客からの電話対応業務を行う部門のことです。 電話の内容は、問い合わせからクレーム対応までさまざまです。 近年では、問い合わせ方式の多様化により、電話対応のみならずFAXやハガキ、メールやホームページからの連絡などの受け答えにも対応した「コンタクトセンター」と呼ばれることもあります。 また、連絡先を知っているがまだ成約には至っていない取引先向けに電話でアプローチする「テレマーケティング」というマーケティング施策の一環としてコールセンターを活用する企業も増えてきました。 業務内容 コールセンターといっても、自分から電話を掛ける「アウトバウンド」と、掛かってきた電話に対応する「インバウンド」の2つの形式があります。 アウトバウンド 顧客、見込み客に電話を掛ける業務です。 商品購入や契約、申し込みなどをしていただいた方にお礼の連絡をしたり、新商品・サービスの案内をしたり、アンケートを行ったりと連絡内容はさまざまです。 電話を取って話を聞いてくれる人はかなり少なく、根気強さが必要となります。 ただ、マニュアルがしっかりとしている場合が多いので、研修やシミュレーションを重ねた上で安心して業務を行えます。 インバウンド 顧客から掛かってきた電話を受ける業務です。 通信販売の受注や受付、商品・サービスに対する問い合わせ対応などの業務を行います。 どのような問い合わせが来るかは、実際に対応をするまでわかりません。 そのため、商品やサービスについてのしっかりとした知識が必要となります。 もともと商品・サービスへの関心のある方への対応となるので、相手との心理的距離はアウトバウンドよりも近いといえます。 コールセンターで働くことのメリット・デメリット コールセンターで働くことのメリット・デメリットについてご説明します。 メリット マナーが身につく 電話越しでは、お互いに声しか聞こえません。 表情や仕草がない分、話し方や言葉遣いに気を使う必要があります。 敬語や電話対応マナー、ビジネスマナー、トーク術など社会人としての基礎スキルを伸ばすことができます。 服装・髪型自由な場合が多い コールセンターによってルールは様々ですが、直接顧客対応をすることがないので、服装や髪型、アクセサリーなどの規則が厳しくない職場も多いです。 時間帯が選べる コールセンターの運営時間によっては、昼はもちろん深夜や早朝など好きな時間で働くことができます。 また、月ごとに予定に合わせてシフトが決められる変動シフトや、自分の希望の曜日をお休みにできる固定シフト、その他短時間勤務など他の仕事に比べ、柔軟な働き方ができます。 デメリット 覚えることが多い 商品やサービスの内容など、覚えることが多く、マニュアルも細かく書いてあるので大変ですが、入社後すぐに研修やOJTでしっかり学べるので安心です。 クレーム対応がある 特にインバウンドの業務では、クレームを受けることもあります。 クレーム対応が続いてしまうと大変なこともありますが、マニュアルやトークスクリプトが用意されていたり、場合によってはにエスカレーションしたりすることもできます。 どんな人に向いているの? コールセンターに向いている人のタイプをご紹介します。 相手の立場に立って物事を伝えられる人 コールセンターでの仕事は、人に何かを伝えたり、人から聞かれたことに対応したりする業務です。 相手のペースに合わせて、ゆっくり話したり、くりかえして説明したりすることが重要です。 相手が今、どんな状況で、どんなことを求めているのか、気持ちに寄り添って対応することが求められます。 感謝されることにやりがいを見出せる人 電話の相手が求めていることに的確に対応したり、困っていることを解決したり、感謝されることも多い仕事です。 また、そのお礼の気持ちをその場で電話越しに伝えてもらえることが多いため、それをやりがいに感じることができる人、モチベーションにつなげられる人は前向きに仕事に取り組めるでしょう。 臨機応変な対応ができる人 マニュアルが整備されているとはいえ、さまざまな人の対応をする上では予想外の状況に陥ることがあります。 もちろんにエスレーションしたり、本来の担当部署に引き継いだりすることもできますが、多種多様な問い合わせに対して、臨機応変に誠意を持って応じることができる能力が求められます。 気持ちの切り替えが早い人 電話を掛けてもなかなかつながらなかったり、すぐに切られてしまったり、時にはクレームの対応をしなければならないこともあります。 反省や問題点を振り返ることは大事ですが、一本一本内容の異なる電話に対して気持ちを切り替えて対応できる人には向いています。 コールセンターで働いて身につくスキルは? 敬語や電話対応マナー、トーク術 コールセンターで働くと、当然ながら電話対応に関する技術が向上します。 社会で欠かせない能力である敬語や電話対応マナーをしっかりと身につけることができるのです。 また、電話越しという状況で興味を惹かなければならないので、相手との距離感の測り方、聞きたいと思わせる会話力を高めることができます。 説明能力 アウトバウンドにしてもインバウンドにしても、扱っている商品・サービスや内容について詳しく説明できなければなりません。 自分が理解しているだけでなく、困っている相手にわかりやすく解説できる能力、相手が必要としている事柄を汲み取って情報提供する能力が身につきます。 判断力 クレーム対応などでは特に、電話の相手が感情的になっている場合もあります。 どんな状況・問い合わせに対しても、即座に対応できる判断力、冷静さが身につきます。 コールセンターで働くには コールセンターで働くためにどうすればいいのか解説します。 基本的に特別な資格は必要ない コールセンターでの仕事は、採用の際に特別な資格や能力が求められることはほとんどありません。 また、一度に大人数採用することもあるため、一緒のタイミングで働き始める仲間がいて安心です。 マニュアルや研修が 整備されていて、かつトークスクリプトが用意されていることもあるので、未経験者でも始められるお仕事もたくさんあります。 しかし、持っていると役に立つ資格、受けておくと安心な資格は存在します。 コンタクトセンター検定試験は、コールセンター業務に関する知識やスキルを認定するためのものです。 能力に合わせて「エントリー資格」「オペレーター資格」「スーパーバイザー資格」「オペレーションマネジメント資格」「コンタクトセンターアーキテクチャ資格」「カスタマーサービス資格」の 6段階があります。 コールセンターで働く上で必ずしも必要という訳ではありませんが、持っていると採用やキャリアアップへと繋がる可能性もあるため、自分に適したレベルの資格試験に挑戦してみても良いでしょう。 まとめ コールセンターの仕事は対話力や判断力、言葉遣いなど社会で欠かせないスキルを得られるメリットの多い職種です。 インバウンド・アウトバウンドを始めとして、職場によって大きく業務内容が異なりますので、気になる企業は事前に調べておくことをオススメします。 話すことが好き、興味がある、という方は積極的に挑戦してみてはいかがでしょうか。 ちなみに、マンパワーグループが運営する派遣サイト「JOBNET」でも、を多数取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてください。

次の