モンスターハンター アンイシュワルダ。 【MHWアイスボーン】アンイシュワルダの攻略と頭破壊のやり方|ラスボス【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンスターハンター:ワールドとは (モンスターハンターワールドとは) [単語記事]

モンスターハンター アンイシュワルダ

データ曰く爆破が有効らしい。 注意して運用すればいつも通り活躍してくれるはずです。 頭・胴周りが危険なモンスターですが、時短の為にも積極的に頭・胴体を攻撃していきましょう。 クラッチから傷をつけると色が変化して肉質変化が把握し易いです。 背面からの攻撃が比較的安全っぽい。 テク2:ぶっとばし攻撃で落石を有効活用する クラッチクローからのぶっ飛ばし攻撃がとても有効で、他のモンスター同様、画面端に激突させるとダウンをとることができます。 この時、落石するポイントに激突させることが出来れば大ダウンをとることができます。 落石ポイントは岩の色が少し違うのですぐわかるはずです。 テク3:乗りを狙える武器は第二形態に温存推奨 段差無しで乗りを狙える武器なら非常に乗りやすい相手です。 しかし、乗りは第二形態の攻略に有効な為、第一形態では極力温存する事をオススメします。 クラッチクローによる掴まり攻撃はどんどんして行って良いと思います。 トラップはぶっ飛ばし攻撃による誘導・激突で作動するので積極的に狙っていきましょう。 なお、トラップはイシュワルダの攻撃で破壊されるようです。 同時に高圧ビームを放つコンビネーションアタックにも気を付けましょう。 大爆発は距離を取れば回避できますが、緩くなっている地面で足を取られたり、細かい被弾で回避が遅れる事が多いです。 回避が難しい時は「転身の装衣」や「もどり玉」を使うのも有効です。 乗りダウンは攻撃チャンスなので有効活用していきましょう。 スタミナ管理がかなりシビアな為、広域でスタミナを回復してあげると乗り役は助かるはずです。 「地啼龍の慈眼殻」は装備を使う際に大量に要求される素材の為、積極的に部位破壊を狙っていきましょう。 ぶっ飛ばし,乗りダウン等々、頭部を攻撃できるチャンスを増やせる構成・立ち回りを意識する事が大事です。 テク:徹甲榴弾がいると1人いると頭部破壊が滅茶苦茶楽になる 頭部の2段階破壊には、徹甲榴弾がとても有効です。 ピンポイントでダメージを与えられる他、気絶によるダウンまで狙えて良い事尽くめ。 ボウガン1,近接3の構成で行けば、今までの苦労が嘘のようにラクチンです(気絶3回位狙える)。 是非お試しあれ! 頭の部位破壊がとにかく大変 頭部以外を攻撃し過ぎて部位破壊出来ない!…なんてこともしばしば。 野良で安定させるのは結構大変なので、出来ればptを編成してボイチャしながら連携していきましょう。

次の

【MHWI】ラスボス「アン・イシュワルダ」の対策装備を紹介!安定攻略方法【アイスボーン】

モンスターハンター アンイシュワルダ

落とし物 クエ報酬 剥ぎ取り 頭部剥取 翼破壊 第1形態 前脚破壊 第1形態 頭破壊 第2形態 前脚破壊 第2形態 地啼龍の慈眼殻は、アンイシュワルダの素材。 フリクエ 「遙かなるローレライ」は、クエスト終了時にランダムに発生する。 方法1:頭部の1段階破壊 アンイシュワルダ第2形態の頭部は2回破壊でき、 1回目の破壊で部位破壊報酬として出ることがある。 第1形態の破壊ではないので注意。 方法2:頭部2回破壊後の剥ぎ取り 2回目の破壊時は頭部の一部が剥がれ落ちる。 この 落ちた頭部を剥ぎ取ることで、地啼龍の慈眼殻を入手できる。 頭部は2回剥ぎ取れるので、一度で2個手に入る可能性もある。 剥ぎ取ったら最悪時間切れでも良い 頭部破壊は必要なダメージ量が多く、頭部以外に極力攻撃を当てないようにすると時間切れになりがち。 ただし、 剥ぎ取りさえすればクエスト失敗しても持ち帰れる。 慈眼殻目当てなら、時間切れになっても問題ない。 マルチで破壊が無理ならソロで挑戦 マルチだとダメージが分散して頭部を破壊できないことが多い。 マルチで頭部破壊が難しいと感じた場合は、 ソロで破壊王を発動させた状態で挑もう。 地啼龍の慈眼殻の使い道 武器の強化.

次の

【MHWI】ラスボス「アン・イシュワルダ」の対策装備を紹介!安定攻略方法【アイスボーン】

モンスターハンター アンイシュワルダ

メインストーリーの最後に出現するモンスター。 【第1形態】 ・ 最初は岩を体にまとっている状態から先頭が開始する。 ・ 戦っていると脚を外に出すクモのような状態になることがある。 このときは危険なので接近しないほうがいい。 ・ 砂の中に潜った時は、頭に接近して潜り込むと、攻撃を比較的受けづらく、ダメージも稼ぐことができる。 ・ クラッチクローで傷をつけることで部位ごとに肉質が軟化し、ダメージを与えやすくなる。 ・ 攻撃と同時に発生させる流砂エリアに入ると脚が取られて動きが遅くなる。 また、流砂エリアからは攻撃に合わせて砂岩が噴出してダメージを受けるので近づかないほうが安全。 ・ ある程度ダメージを与えて外殻を剥がしていくと、第2形態に移行する。 【第2形態】 第2形態は、力を溜めたあとにアカムのソニックブラストのような大技を使ってくることがある。 この攻撃は予備動作が長い分威力も強力なので、緊急回避なども駆使して、攻撃を受けないように立ち回る必要がある。 前脚が弱点なのでクラッチクローで軟化させながら戦うことがおすすめ。 第2形態は、地面に潜ってからマップの隅に現れ、エリア全体の地形を変化させる特大ブレスを放つことがある。 予備動作が長いので、距離をとって回避する必要がある。 【アンイシュワルダ攻略のポイント】 ・ 弱点の氷属性での攻撃が有効 ・ 隙のある行動が多いので、クラッチクローで肉質を軟化させながら戦うのがおすすめ ・ マップ上で「!」がついている壁に対してアンイシュワルダをクラッチからぶっ飛ばすことで特大ダメージを与えるのに加えて長時間のダウンを奪うことができる。 ・ 不動の装衣は非推奨。 不動の装衣を使っていると、複数のブレスを同時に打つ攻撃を多段で受けて力尽きる場合がある。 防具・スキルデータ• アイテムデータ• クエストデータ• 武器データと操作• 人気装備・スキルランキング• アイスボーン情報• 冒険の拠点アステラ• 新要素• 狩りの基礎知識• コラム• 基本情報• モンスターデータ• モンハンワールド関連リンク集• 当サイトについて•

次の