ミルダム 不正。 【Google Adsence】無効なトラフィックで広告配信が制限されました

【悲報】ゲーム配信サイト「ミルダム」、中華マネーで配信者を引き抜きまくる

ミルダム 不正

[株式会社DouYu Japan] 株式会社DouYu Japan (本社:東京都渋谷区 Deputy CEO :長瀬太陽)が運営するライブ配信プラットフォーム「Mildom(ミルダム)」(以下、Mildom)において、吉本興業株式会社(東京都新宿区/代表取締役社長:岡本昭彦)の「自宅ゲーム部」の配信を開始いたします。 「自宅ゲーム部」では、吉本のゲーム好きの人気芸人が毎週月~金曜日の夜、日替わりで芸人仲間・ゲーマー・アイドルなどがゲーム配信番組を「Mildom」で放送いたします。 Mildomの高画質、低遅延の特長を生かした、新たな取組みです。 本取り組み開始により、現在Mildomの主な視聴者層であるゲームに関心のあるかたに加え、お笑いファンの皆さまにもMildomを通じてゲーム配信を視聴することに親しんでいただく機会の提供が可能になります。 【自宅ゲーム部について】 自宅ゲーム部では、吉本のゲーム好きの人気芸人が毎週月~金曜日の夜、日替わりで芸人仲間・ゲーマー・アイドルなどとゲーム配信番組を放送します。 【番組概要】 ・初回放送日時:2020年6月22日(月)20時~ ・配信(Mildom)板倉 チャンネル: 板倉 チャンネル PUBGのコアユーザーであるインパルス板倉がホストとなりPUBG好き芸人と共にバトルロワイヤル配信。 自宅ゲームだけのコラボなど唯一無二の生配信を行います。 R藤本 チャンネル ベジータのモノマネでお馴染みのR藤本が 安倍首相のモノマネ芸人ビスケッティ佐竹とシミュレーションゲームを行ったり、毎回面白い企画を展開! 野田ゲー チャンネル R-1グランプリ2020優勝が記憶に新しい野田クリスタル。 野田の考案した「野田ゲー」を人気芸人とガチンコ対決するのはもちろん、新作の制作過程を追いかける企画も! 疑心暗鬼大喜利バトル ~滑狼~ 「滑狼」は、 「人狼ゲーム」に「大喜利」を掛け合わした芸人ならではのゲーム。 滑狼に選ばれた人は「つまらない答え」を出し続け、その事実をバレないように必死に取り繕いながら大喜利を進めるゲームである。 大喜利で爆笑回答を出しながら「滑狼」を見つけていく究極心理大喜利ゲーム!! 女子会 チャンネル ゲーム好き女芸人ゆいPが恋愛アドベンチャーやホラーゲームなどを、仲の良い芸人たちと共にお菓子を食べながら、女子トークをしながらワイワイ配信! ダイアン チャンネル ダイアンがホストとなり、今勢いのある旬な若手芸人を招いて、流行りのゲームからレトロゲームなど対決を行う! ガーリィレコード チャンネル ガーリィレコードら4人が人気ゲームでワイワイ盛り上がる。 ゲーム実況プレイなどの配信者が創り出すコンテンツだけでなく、esports大会などのゲームイベントの生放送を含め、さまざまなエンタメを中心に多くの人々が楽しめるプラットフォームを目指しています。

次の

【Google Adsence】無効なトラフィックで広告配信が制限されました

ミルダム 不正

グーグルアドセンスが制限されました。 10月28日(月)にグーグルアドセンスから以下のメールが届きました。 お客様 先日、お客様のAdSenseアカウントで無効なトラフィックが検出されました。 Googleではこの事態を受け、お客様のアカウントでの広告配信を制限いたしました。 今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限はGoogle側で自動的に見直しおよび更新されます。 この処置が取られた理由 お客様のアカウントにおいて、不正に広告を上げる目的と思われる無効なトラフィックが検出されました。 ご存じのように、無効なトラフィックはAdSenseプログラムポリシーで固く禁止されています。 Google広告は純粋な興味を抱いたユーザーによってクリックされるものでなければならず、他のユーザーに広告のクリックを依頼することは禁止されています。 こうした禁止事項には、サイトのサポートをユーザーに依頼する行為、広告を表示したユーザーに報酬を提供する行為、そうした講師を行う第三者に対して資金提供を約束する行為などが含まれます。 さらに、自分の広告をクリックする行為、自動クリックツールやトラフィックソース、ロボットといった不正行為を行うソフトウェアを使用することも禁止されています。 不正と判断された行為について詳しい情報をご希望の場合も。 そうした情報がGoogle独自の検出システムを迂回する目的で使われる可能性があるため、無効な操作にかかわった可能性のあるユーザーの情報を含め、具体的なアカウントアクティビティに関する情報をサイト運営様に提供することはできませんのでご了承ください。 なお、今後お客様のアカウントでAdSenseプログラムポリシーの違反が確認された場合、さらなる強制措置が取られるか、アカウントが永久的に無効となることがあります。 対処方法 お客様からのアカウントは引き続き制限なくアクセス可能な状態ですので、アカウント単位のこの問題についてはポリシーセンターで詳細をご確認いただけます。 お客様のサイトの広告トラフィックがAdSenseプログラムポリシーに準拠するよう、積極的にご対応いただくことをおすすめいたします。 何卒ご理解とご協力をお願いいたします。 よろしくお願いいたします。 Google AdSenseチーム とても長いですよね。 要約すると大体こんな感じです。 無効なトラフィックが検出されたから広告配信を制限します。 また、これ以上利用規約破るようであれば、アカウント停止します。 そうならないようにも、ポリシーを守って問題解決に努めて下さい。 月曜日にいきなりこのような警告文が届いてびっくりしました。 しかも、私は自分で広告をクリックするようなことを行っていません。 また、ブログを書いていることを誰にも言っていないため、 第三者が広告をクリックすることもありません。 せっかくアクセスが集まるようになってきた矢先にこんなことになるなんて残念です。 とりあえず、ポリシーセンターで詳細を確認しました。 ポリシーセンターで確認 ポリシーセンターで確認すると、以下のように書いてありました。 表示できる広告の数が制限されています 詳細 お客様のアカウントでの広告配信は、無効なトラフィックの問題により現在制限されています。 今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限は Google 側で自動的に見直しおよび更新されます。 詳しくは、広告配信の制限についての記事をご覧ください。 対応策 まず広告トラフィックやサイト訪問者を把握してください。 ご自分の広告を決してクリックしないようにするほか、信頼できない業者、質の悪い業者との提携を避けましょう。 詳しくは、無効なトラフィックを防止する方法についての記事をご覧ください。 どうやら、現状分析と対策を自分でやらなければいけないみたいです。 先ほども言いましたが、自分自身で広告をクリックしておらず、 第三者や業者にも広告をクリックするように依頼していません。 そのため、無効なトラフィックを防止するためにどうしたらいいかわからなかったのですが、 どうやらそのような人たち向けにアドセンス用のコミュニティフォーラムがあるみたいです。 悩んだらコミュニティフォーラムへ ここでは、自分で質問を聞くことができたり、 同じような境遇の人が何をしているのかなど知りことができます。 ここで少し調べてみると、どうやらトラフィックの質が低くてもこのような通達が来るとの事でした。 トラフィックの質が低い 質が低いトラフィックはSNSなどからの流入が該当するとの事でした。 それをみてピンときたのですが、スパムなどもこれに当てはまるのではと考えました。 最近、コメント欄を開放していないにもかかわらず、 コメントの承認通知が来たのを思い出しました。 そのため、恐らくそれらが該当しているのだと思います。 また、もう少し調べるとアドセンス制限期間についても出てきました。 アドセンス制限の期間 また、この警告がきた場合、 約12日から1ヶ月ほどアドセンスの制限がかかるようです。 結構長いですね。 最近アクセスが増えてきた私からすると1ヶ月だと非常に悲しいです。 アクセス数が多いのがいつまで続くかわからないため、早めに再開していただきたいです。 とりあえずできる事をする 早くアドセンスが再開してほしいですが、嘆いていても意味はありません。 とりあえずやることは以下の二つです。 フォーラムで情報を集める• ブログを書く 結局は行動あるのみです。 やることについて詳細は以下で説明します。 フォーラムで情報を集める まずは、フォーラムで情報を集めます。 先ほども説明しましたが、自分で質問を聞くことができたり、 同じような境遇の人が何をしているのかなど知りことができます。 そのため、情報を集めて再発防止に努めます。 また、1ヶ月以上たってもアドセンスが再開しない場合は、スレッドを立ててみます。 ブログを書く アドセンスが止まってもノンストップでブログを書き続けます。 収益は出なくても、ブログは結構な財産になります。 また、アドセンスが再開した時もトラフィック量が上がっていれば、 収益も上げやすくなるため、めげずにブログを書き続けます。 まとめ 今回は、グーグルアドセンスが制限されたことについて書きました。 恐らく、制限されている理由は質の低いトラフィックが原因のようです。 収益化を止められた時は焦りましたが、コミュニティフォーラムという 同じような人たちがいることがわかり、不安もある程度解消されました。 とりあえずは、このフォーラムで情報を集めて、再発防止に努めます。 また、12日から1ヶ月まってもアドセンスが再開されない場合は、 フォーラムにスレッドを立てて運営さんに聞いてみます。 また、収益化停止中も私はブログを書き続けます! 何か進展があったら、このブログで報告します。

次の

【悲報】ゲーム配信サイト「ミルダム」、中華マネーで配信者を引き抜きまくる

ミルダム 不正

グーグルアドセンスが制限されました。 10月28日(月)にグーグルアドセンスから以下のメールが届きました。 お客様 先日、お客様のAdSenseアカウントで無効なトラフィックが検出されました。 Googleではこの事態を受け、お客様のアカウントでの広告配信を制限いたしました。 今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限はGoogle側で自動的に見直しおよび更新されます。 この処置が取られた理由 お客様のアカウントにおいて、不正に広告を上げる目的と思われる無効なトラフィックが検出されました。 ご存じのように、無効なトラフィックはAdSenseプログラムポリシーで固く禁止されています。 Google広告は純粋な興味を抱いたユーザーによってクリックされるものでなければならず、他のユーザーに広告のクリックを依頼することは禁止されています。 こうした禁止事項には、サイトのサポートをユーザーに依頼する行為、広告を表示したユーザーに報酬を提供する行為、そうした講師を行う第三者に対して資金提供を約束する行為などが含まれます。 さらに、自分の広告をクリックする行為、自動クリックツールやトラフィックソース、ロボットといった不正行為を行うソフトウェアを使用することも禁止されています。 不正と判断された行為について詳しい情報をご希望の場合も。 そうした情報がGoogle独自の検出システムを迂回する目的で使われる可能性があるため、無効な操作にかかわった可能性のあるユーザーの情報を含め、具体的なアカウントアクティビティに関する情報をサイト運営様に提供することはできませんのでご了承ください。 なお、今後お客様のアカウントでAdSenseプログラムポリシーの違反が確認された場合、さらなる強制措置が取られるか、アカウントが永久的に無効となることがあります。 対処方法 お客様からのアカウントは引き続き制限なくアクセス可能な状態ですので、アカウント単位のこの問題についてはポリシーセンターで詳細をご確認いただけます。 お客様のサイトの広告トラフィックがAdSenseプログラムポリシーに準拠するよう、積極的にご対応いただくことをおすすめいたします。 何卒ご理解とご協力をお願いいたします。 よろしくお願いいたします。 Google AdSenseチーム とても長いですよね。 要約すると大体こんな感じです。 無効なトラフィックが検出されたから広告配信を制限します。 また、これ以上利用規約破るようであれば、アカウント停止します。 そうならないようにも、ポリシーを守って問題解決に努めて下さい。 月曜日にいきなりこのような警告文が届いてびっくりしました。 しかも、私は自分で広告をクリックするようなことを行っていません。 また、ブログを書いていることを誰にも言っていないため、 第三者が広告をクリックすることもありません。 せっかくアクセスが集まるようになってきた矢先にこんなことになるなんて残念です。 とりあえず、ポリシーセンターで詳細を確認しました。 ポリシーセンターで確認 ポリシーセンターで確認すると、以下のように書いてありました。 表示できる広告の数が制限されています 詳細 お客様のアカウントでの広告配信は、無効なトラフィックの問題により現在制限されています。 今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限は Google 側で自動的に見直しおよび更新されます。 詳しくは、広告配信の制限についての記事をご覧ください。 対応策 まず広告トラフィックやサイト訪問者を把握してください。 ご自分の広告を決してクリックしないようにするほか、信頼できない業者、質の悪い業者との提携を避けましょう。 詳しくは、無効なトラフィックを防止する方法についての記事をご覧ください。 どうやら、現状分析と対策を自分でやらなければいけないみたいです。 先ほども言いましたが、自分自身で広告をクリックしておらず、 第三者や業者にも広告をクリックするように依頼していません。 そのため、無効なトラフィックを防止するためにどうしたらいいかわからなかったのですが、 どうやらそのような人たち向けにアドセンス用のコミュニティフォーラムがあるみたいです。 悩んだらコミュニティフォーラムへ ここでは、自分で質問を聞くことができたり、 同じような境遇の人が何をしているのかなど知りことができます。 ここで少し調べてみると、どうやらトラフィックの質が低くてもこのような通達が来るとの事でした。 トラフィックの質が低い 質が低いトラフィックはSNSなどからの流入が該当するとの事でした。 それをみてピンときたのですが、スパムなどもこれに当てはまるのではと考えました。 最近、コメント欄を開放していないにもかかわらず、 コメントの承認通知が来たのを思い出しました。 そのため、恐らくそれらが該当しているのだと思います。 また、もう少し調べるとアドセンス制限期間についても出てきました。 アドセンス制限の期間 また、この警告がきた場合、 約12日から1ヶ月ほどアドセンスの制限がかかるようです。 結構長いですね。 最近アクセスが増えてきた私からすると1ヶ月だと非常に悲しいです。 アクセス数が多いのがいつまで続くかわからないため、早めに再開していただきたいです。 とりあえずできる事をする 早くアドセンスが再開してほしいですが、嘆いていても意味はありません。 とりあえずやることは以下の二つです。 フォーラムで情報を集める• ブログを書く 結局は行動あるのみです。 やることについて詳細は以下で説明します。 フォーラムで情報を集める まずは、フォーラムで情報を集めます。 先ほども説明しましたが、自分で質問を聞くことができたり、 同じような境遇の人が何をしているのかなど知りことができます。 そのため、情報を集めて再発防止に努めます。 また、1ヶ月以上たってもアドセンスが再開しない場合は、スレッドを立ててみます。 ブログを書く アドセンスが止まってもノンストップでブログを書き続けます。 収益は出なくても、ブログは結構な財産になります。 また、アドセンスが再開した時もトラフィック量が上がっていれば、 収益も上げやすくなるため、めげずにブログを書き続けます。 まとめ 今回は、グーグルアドセンスが制限されたことについて書きました。 恐らく、制限されている理由は質の低いトラフィックが原因のようです。 収益化を止められた時は焦りましたが、コミュニティフォーラムという 同じような人たちがいることがわかり、不安もある程度解消されました。 とりあえずは、このフォーラムで情報を集めて、再発防止に努めます。 また、12日から1ヶ月まってもアドセンスが再開されない場合は、 フォーラムにスレッドを立てて運営さんに聞いてみます。 また、収益化停止中も私はブログを書き続けます! 何か進展があったら、このブログで報告します。

次の