ひげ だん コンサート。 live

Official髭男dism Tour 2020

ひげ だん コンサート

Official髭男dismは山陰発のベース・サックス: 楢崎誠、ドラム: 松浦匡希、ヴォーカル: 藤原聡、ギター: 小笹大輔で構成される、2012年に結成された4人組ピアノPOPバンド。 愛称は「ヒゲダン」。 2015年4月に1stミニアルバム「ラブとピースは君の中」をリリース、インディーズデビューした。 2016年から「Official髭男dism one-man tour」と称し、全国ツアーをし、徐々にその名を全国に出していった。 その後、2018年4月2ndシングル「ノーダウト」をリリースし、メジャーデビューした。 この楽曲はドラマフジテレビ系ドラマ「コンフィデンスマン」に起用された。 彼らの楽曲は1度聞いたらハナウタで歌ってしまうような、ポップでキャッチーなものになっている。 髭が似合うような年齢なってもワクワク感を伝え続けてくれる「Official髭男dism」にずっとワクワクさせられているのは私だけだろうか。 Official髭男dism ヒゲダン の日程 Official髭男dismは2012年に結成された4人組ピアノPOPバンド。 愛称は「ヒゲダン」。 2015年4月にインディーズデビューとともに、1stミニアルバム「ラブとピースは君の中」をリリースした。 4月のタワレコメン・ニッポン放送4月度優秀新人に選出された。 また、デジタル配信サイトのiTunesではJ-POPチャートTOP10にランクイン、翌年2016年5月にリリースした2ndミニアルバム「MAN IN THE MIRROR」ではiTunesアルバムロックチャートにて1位を獲得した。 続く2017年4月には3rdミニアルバム「レポート」を発表した。 2018年4月、メジヤーデビュー1stシングルとなる「ノーダウト」をリリース。 フジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌に起用されるとともに、「Billboard Japan Hot 100」16週連続チャートインを記録し話題となった。 その後もシングル「Pretender」「宿命」を経て、 2019年10月にはメジャーデビュー後初のフルアルバムとなる「Traveler」をリリースした。 2020年3月14日(土)北海道立総合体育センター北海きたえーるより、アリーナツアー「Official髭男dism Tour 2020 -Arena Travelers -」がスタート。 今非常にホットなアーティストである。 次のコンサートのチケット発売情報も見逃すことはできない。

次の

【手あそび童謡 コンサートver.】とんとんとんとんひげじいさん(マリカ)

ひげ だん コンサート

この記事ではメンバーの基礎情報から バンド名の由来など「Official髭男dism」(おふぃしゃるひげだんでぃずむ)さんを語る上で基礎となる部分を説明していくゼ。 今回は現在大ブレイク中の島根県出身の4ピースピアノPOPバンド 「Official髭男dism(おふぃしゃるひげだんでぃずむ)」についてご紹介していきます。 Official髭男dismの結成までの経緯や、初見では「何て読むの?」と思ってしまうバンド名の由来、そして楽曲からは想像もつかないような 意外すぎるメンバーのプロフィールなどもお届け致します! 様々な楽曲で大ブレイク中のOfficial髭男dismについて詳しく見ていきましょう!• Gt「小笹大輔」(おざさだいすけ)• Vo&Pf「藤原聡」(ふじわらさとし)• 2015年の4月に1stミニアルバム 「ラブとピースは君の中」をリリースし、Lastrumよりインディーズデビューをしました。 2016年の2月には上京し、メンバー全員で共同生活を送りながら精力的にライブ活動を開始します。 その後、2018年3月には「関ジャム 完全燃SHOW」にて「Tell Me Baby」セッションを行い有名音楽プロデューサーからも大絶賛を受けて、なんと4月には 「ノーダウト」が月9ドラマの「コンフェデンスマンJP」の主題歌として起用され一躍人気となりました。 MEMOインディーズアーティストの楽曲が月9の主題歌に起用されたのは、 Official髭男dismが初めてだったみたいです! そしてこの「ノーダウト」をポニーキャニオンから1stシングルとしてリリースし、メジャーデビューしました。 そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのOfficial髭男dismですが、楽曲はPOPなサウンドとキャッチーなメロディーが武器のいわゆる歌モノ… では終わらせません 「POP」という軸はブラさずに、ブラックミュージックからの影響を感じる、グルーヴィーなノリやストレートなロックサウンドまでを「ピアノPOPバンド」とは称しつつも、 様々な一面を持っている実力派グループです。 Official髭男dism・バンド名の由来は? 「Official髭男dism」という少しクセの強いバンド名ですが、このバンド名の由来は、練習をしていたスタジオに貼られていた外国人のギタリストのポスターがダンディーでカッコいい髭を生やしていたのを見てインスパイアされ、バンド名には 「髭が似合うような年齢になってもこの4人で楽しく最高の音楽をやっていこう」と言う思いが込められており、メンバーの仲の良さも垣間見れる素敵なバンド名となっております。 高校時代は吹奏楽部に所属し、パーカッションを担当していたそうです。 しかもなんと!ブラックミュージックのバンドとメタルのバンドを掛け持ちしていたそうで、 元ドラマーという経歴も持っています! ドラマーの頃から作曲は行なっていたようですが、自分の思うように歌ってもらうことができず、そんなジレンマがあり自身でも歌うようになったそうです。 しかし本格的に歌うようになったのはOfficial髭男dismを結成してからで、好きな音楽は上の事例から見ても分かるように• スティーヴィー・ワンダー• マイケル・ジャクソン• ブルーノ・マーズ といったブラックミュージックを主体に、メタルまでかなり広い幅のジャンルが好みみたいです。 しかしあまりアーティストには固着しないようで、曲単位で好きだったりすることが多いそうで、それでも自身が影響を受けたアーティストとして 「aiko」さんや 「ONEOKROCK」の名前を挙げています。 MEMOOfficial髭男dismといえば「恋愛ソング」のイメージが強いですが、藤原さん自身が大学を卒業してから地元で金融関係のサラリーマンを2年間していたこともあって、 その経験に基づいた人生観や学生時代の苦悩などが幅広い世代の胸に刺さるような歌詞を書いています。 伝説的メロコアバンドHi-STANDARDのコピーをしたのがギターを始めたきっかけで、好きな音楽も青春パンクやメロコアが多めです。 しかしOfficial髭男dismに加入となったきっかけは、藤原さんと別のバンドとして対バンをした際に、 お互いに「Children Of Bodom」が好きで意気投合したのがきっかけでした。 かなりデスメタル系のバンドなので、今のバンドのイメージからはかなりかけ離れていますね…。 学校では「電子情報システム工学」で「カオス理論」を研究していたことで、もはやそういった面もメタルに感じますね! Official髭男dismではギターソロが入っている曲は少ないですが「ClapClap」などの楽曲で熱いサウンドを鳴らしていて、 ギターの腕はかなりのものです。 主にベースをメインで担当していますが、お父さんがジャズミュージシャンという音楽一家に生まれ、楢崎さんも島根県の警察音楽隊に所属してサックスを吹いていた時期もあるそうです。 さらには!音楽の教員免許も持っていると言う… 音楽のセンス以外にも勉強もできるという楢崎さん。 好きな音楽は「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」から「銀杏BOYZ」まで、楢崎さんもかなり音楽のジャンルの幅が広い方です。 中学校では剣道初段を取得し、在籍していた剣道部では部長を務めており、団体戦では主将を務めるほど剣道に青春を捧げていました! 釣りが趣味で、メンバーの中でもかなりのアニメ好きで、ゲームも好きなんだとか。 それだけ音楽に対して愚直に取り組んでいると言うことなんでしょう! バンド自身も 「国民的バンドになる!」という強い意志を持っていて、幅広い層に受け入れられつつも、POPSの新たなスタンダートを作るようなバンドのように思えます。 耳に残るメロディーにハマる人が続出! Official髭男dismの楽曲は一度聞けばすぐに頭の中でなんども繰り返し鳴り続けるような心地よい耳に残るメロディーで、 彼らの楽曲にハマる人が続出しています。 新曲の『パラボラ』はカルピスウォーターのCMソングに決定しました。 『パラボラ』では様々なことが変わる時期の不安や期待が入り混じった感情が描かれています。 (配信終了日は追って追記致します。 ) — Official髭男dism officialhige 人気爆発中のOfficial髭男dismさんもYouTube上でライヴ映像を公開しています。 セットリストは超がつくほどの有名曲ばかり。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

「Official髭男dism Tour 19/20

ひげ だん コンサート

Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)のチケット一覧 Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)(通称:ヒゲダン)は2012年6月7日に、島根大学と松江高専の卒業生たちで結成された山陰地方発のバンドである。 メンバーは、ベース兼サックスの楢崎誠、ギターの小笹大輔、ボーカル兼ピアノの藤原聡、ドラムの松浦匡希の4名。 特徴的なバンド名は「髭が似合うような年齢になっても、誰もがワクワクする音楽を作り続けたい」というメンバーの思いから名付けられた。 Official髭男dismの音楽は、ピアノを中心としたPOPに、ブラックミュージック(アフリカ系発祥の音楽の総称)やパンクロックなど様々なサウンドをミックスさせているのが特徴だ。 2015年4月に1stミニアルバム「ラブとピースは君の中」でインディーズデビュー。 2018年10月に1stシングル「ノーダウト」でメジャーデビューを果たすと、同シングルが「Billboard Japan Hot 100」で16週連続チャートイン、「MTV VMAJ 2018」で最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞を受賞した。 さらに、2ndシングル「Pretender」は映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌に、3rdシングル「宿命」は「2019ABC夏の高校野球応援ソング」「熱闘甲子園」テーマソングに抜擢されるなど、年々活躍の場を広げている期待のグループである。 全チケット件数• 604• 閉じる.

次の