クシャナ 殿下。 ナウシカ原作 名場面・名台詞② クシャナ殿下の「速力が武器だ」

風の谷のナウシカでクシャナのおぞましい身体とは?

クシャナ 殿下

C スタジオジブリ 名前 クシャナ 通り名 トルメキアの白い悪魔 所属 トルメキア軍 身分 第4皇女 性別 女 年齢 25歳 声優 榊原良子 クシャナの特徴 所属はトルメキア帝国の辺境派遣軍司令官です。 クシャナの属する部隊は、ヴ王の親衛隊である第3軍で、クシャナは兵達からは絶大な信頼と忠誠を得る程のカリスマ性を持ちます。 また、卓越した戦術的能力があることも部下から慕われる理由の1つでもあります。 部下の1人で側近とも言えるクワトロを帯同して行動することが多いです。 クシャナの容姿は実に淡麗で、その美しさに反して戦闘の際には甲冑を纏い、その上からマントを着て身を包んでいます。 映画ではロングヘアを編んだ髪型で一貫しており、鎧の踵部分に武器を隠しています。 一方、原作では兵士への手向けに髪を切る場面があり、武器は髪飾りの中に隠すという差異もあります。 クシャナの性格 クシャナは軍の司令官である為か、冷徹な態度のままで喜怒哀楽といった感情を表に出すことはあまりありません。 しかし、全く感情を出さない訳ではなく、母親への侮辱だけは許さず逆上して怒りを露にしてしまう時もあります。 非道にも思えるクシャナでも、思慮深いところがあります。 外から来た胞子が気に付いてしまい、広がっていることを知った風の谷の住人には反乱を恐れずに銃以外の武器を渡させています。 クシャナの身体 映画では過去に蟲に襲われたことが原因で身体の一部を失っているという設定になっています。 手首の甲冑をとった際には生身の体がそこにはなく、左腕が義手であることが判明します。 また、クシャナの両足も甲冑であることから同じく義足ではないかと予想されます。 後には「我が夫となる者はさらにおぞましき物を見るだろう」と言っており、蟲に襲われた傷は目に見えない部分にもまだあることを伺わせます。 しかし、これは原作には全くない設定であり、原作ではナウシカと出会って以降にしっかりと中身の腕や足が見えるシーンがあります。 映画でのクシャナ 映画におけるクシャナは、虫に身体の一部を食べられてしまったことから、腐海を焼いて蟲を殺し、人間の世界を取り戻すことを正しいことだと思っています。 その思想は軍の方針と相まって、トルメキアの辺境の国を統合して腐海を焼き払って王道楽土を建設しようとしていました。 また、腐海の深部の蟲がたくさんいる中で銃を撃つという愚行とも言える行動をとってしまいます。 原作でのクシャナ C スタジオジブリ 原作におけるクシャナは、非常に優秀で理解のある人物として描かれ、実際に尊敬できそうなキャラクターとなっています。 映画とは異なり、どんな時も正しい行動をとることができ、部下の死を悲しむことのできる司令官です。 映画の続きである原作では物語の最後で、現王であったヴ王から王位を譲られています。 しかし、即位せずに「代王」となります。 後世においては、クシャナなトルメキア中興の祖と呼ばれるようにまでなる偉大な存在となります。 クシャナの声優 クシャナの声を務めたのは1956年生まれで千葉県出身で、声優及び女優やナレーターの榊原良子さんです。 女性としてはやや声の高さは低めで、威圧感のある強い女性キャラクターを演じることが多いのが特徴の方で、クシャナも見事に演じられていました。 代表作には、「機動戦士ガンダムZ」並びに「機動戦士ガンダムZZ」の敵キャラであるハマーン・カーンや、「機動警察パトレイバー」シリーズの南雲しのぶがあります。 クシャナの名台詞・名シーン 「我らが目的は殺戮ではない。 話がしたい。 剣を収められよ」.

次の

ナウシカのクシャナ殿下がかわいいし強い理由は?最後は生き残るの?

クシャナ 殿下

『 風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は、宮崎駿による日本の漫画作品。 アニメーション監督・演出家でもある宮崎が、徳間書店のアニメ情報誌『アニメージュ』誌上にて発表したSF・ファンタジー作品。 戦争による科学文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた週末世界を舞台に、人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を年代記の形で描く。 1984年には宮崎自身の監督による劇場版アニメ『風の谷のナウシカ』が公開された。 2019年には歌舞伎化予定 Wikipediaより引用 『風の谷のナウシカ』は言わずもがな、宮崎駿監督の作品であるジブリ映画の一つです。 実は1984年に ジブリ作品で一番最初に放映された映画なんです! まさに原点にして頂点と言える作品です。 ジブリ作品はどれも人気なので、ネットでのランキングを見たりすると『風の谷のナウシカ』はトップ3に入ったり入ってなかったりしてマチマチなのですが、一番古い映画としてジブリファンに長く愛され続けています。 ちなみに僕はもののけ姫が一番好きです。 クシャナ殿下とは? Destroy them! 女性としての魅力を放ちながらもかっこよさも備える優れた武人として、トルメキア兵から絶大な信頼と忠誠を得ています。 また、戦争で殺伐としている中、ナウシカとその仲間の出会いを通して真の王道に目覚めていきます。 映画での設定では「過去に蟲に襲われ左腕を失った」となっており義手が付けられています。 原作漫画では五体満足です。 クシャナがかわいい? そんなクシャナは視聴者の間では「かわいい」と評判です。 もちろんクシャナはかっこよさも兼ね備えているので「かっこいい」という憧れも持たれています。 強い理由は? クシャナが強い理由• 卓越した戦術的能力• 部隊全体を鼓舞するカリスマ性• ヴ王親衛隊である第3軍の最高指揮官• 巨神兵に命令を下せる このような優れた人物であることで、敵軍からは「トルメキアの白い魔女」と称され恐れられています。 また、思いやる気持ちがあり頭も良いのですが「冷たいイメージ」をあえて自分で作っており、常に冷静な態度を貫いています。 ですが母親をバカにされた時は激しく憤慨し、物凄い形相で怒りを見せます。 なんか『風の谷のナウシカ』の登場人物はみんな母親についての想いが強いですね。。。 最後には生き残るの? クシャナは最終的には王がいなくなったトルメキアで、代わりの王としてボロボロになった王国を見事復興させました。 という事でクシャナは途中で死ぬこともなく生きています! 映画・原作共に最後まで生き残ります。 まとめ クシャナ殿下についてまとめます!• ナウシカは可愛くてかっこいい武人• クシャナが強い理由は「 卓越した戦術的能力」「 部隊全体を鼓舞する力」「 第3軍の最高指揮官」「 巨神兵に命令を下せる」• クシャナは最後まで死なずに生き残る 最後まで読んでいただきありがとうございました! >>.

次の

クシャナ殿下は原作漫画ではかっこいい&痺れるセリフ満載!ユパも認めるクシャナこそ王に相応しいか人気投票中|風の谷のナウシカ

クシャナ 殿下

C スタジオジブリ クロトワの基本情報についてです。 性別 男 年齢 27歳 所属 トルメキア 上司 殿下 役職 参謀 声優 家弓家正 クロトワのそれぞれの項目について説明していきます。 クロトワの性格 トルメキア軍の参謀で、老け顔ですが27歳。 平民の出でありながら、若くして出世しているかなりのやり手で、普段はとぼけたような素振りを見せることが多いですが、常に冷静でかつ冷酷な一面もある策略家です。 クシャナからも「タヌキ」と呼ばれることもあります。 それは、何も考えていないようなふりをして、実は野心家なクロトワの本性をクシャナは見破っているということですね。 そんな野心家なクロトワですが、コメディアンな一面も併せ持っていることと、コルベット 飛行戦艦 の操縦技術が超一流なことなどから部下からは慕われています。 クロトワとクシャナ殿下の関係 C スタジオジブリ 映画では側近としてクシャナ殿下と行動を共にしている姿が見られますが、実は原作となった漫画ではクロトワはトルメキアの王「ヴ王」から、皇女クシャナの監視と暗殺を命じられた刺客でした。 しかし、クシャナにその目的を見破られたクロトワは、このままでは殺されてしまうと思いクシャナに取引を提案します。 クシャナ自身もクロトワを信用したわけではありませんが、クロトワが優秀なことは十分に理解しているからでしょう、手を組むことを決め今まで通りの仕事を行わせます。 クロトワもクシャナに対して忠誠心があるわけではないので、参謀としての仕事をこなしつつも権力自分の物にできる機会がないか常に伺っています。 そんなクロトワですが、次第にクシャナの器量を認めクシャナが王にふさわしいと考え始め、クシャナの望みを先読みして行動するようになり、クシャナが情に流されそうになるとクロトワがそれをさせなないようにするなど、クシャナを王にするべく働くようになります。 クシャナへの忠誠心も芽生え、原作ではクシャナを守る為に大けがをするという場面もありました。 クロトワとクシャナは、相手を良く理解しあった理想の主従関係なのではないかと思います。 クロトワの声優 クロトワの声優を務められたのは、声優の家弓家正 かゆみいえまさ)さんです。 2014年にお亡くなりになられましたが、ワンピースのネフェルタリ・コブラや、名探偵コナンのジェームズ・ブラックの声優等数多くの作品に出演されていました。 クロトワの名シーン・名セリフ クロトワの名シーン・名セリフについて説明していきます。 クロトワは内に秘める野心が垣間見えるセリフを多く残しています。 『貧乏軍人の俺ですら久しく錆び付いていた野心が疼いてくらぁ』 C スタジオジブリ 世界を焼き尽くす力をもちながらも、朽ちていくを見ながらつぶやいた一言で、平民出ながらも優秀な能力をもち参謀まで上り詰めたクロトワですが、王にはなれない自身を皮肉り口を出た言葉でした。 『やっと巡ってきた幸運か?それとも破滅の罠か』 クロトワが所属する部隊の最高指揮官であるクシャナが行方不明になった事を聞いたときに、密かに抱いていた野心からでたセリフです。 上司であるクシャナがいなくなったことで巡ってきた軍の参謀以上の立場を幸運と思うべきか。 それとも、このまま破滅するのか。 このセリフのあとしばらくの間、クロトワは指揮官として軍の指揮をとっていきます。 『生きてたよ。 短けぇ夢だったな』 C スタジオジブリ オウムの襲撃を止めるべく動き出した巨神兵でしたが、まだ未熟であったため自身の負荷に耐えきらず腐り落ちていく姿を見て、未成熟な兵は巨神兵といえども使い物にならないという軍人らしいセリフです。 クロトワは上司としても部下としても優秀な軍人 自らの野心のために王でさえも裏切る冷酷な男かと思えば、主であると決めた者のためならば自らを犠牲にする忠誠心もあり、軍人としての優秀な能力から部下たちにも慕われるその姿は、風の谷のナウシカという物語に登場する人物の中で一番人間らしさを表現していると思われます。 脇役でありながら、脇役以上の働きを見せてくれるクロトワ。 クロトワの視点でナウシカを見てみるのもいいかもしれませんね。

次の