みきおジエンド。 テセウスの船ネタバレ!最終回の結末はハッピーエンドで犯人に衝撃

テセウスの船ドラマ結末にガッカリ?澤部でジエンド!最終回ネタバレ感想!

みきおジエンド

視聴者の反応 テセウスの船で1番面白かったのは未来のしんごが澤部だったこと。 オチとかどうでもいいくらい笑った。 澤部は澤部の存在感。 文吾宛に届いた一家惨殺の新聞はどこから持って来たの? 自作とかいう無理筋だったりするのかな。 元々の構成するものが全てなくなったとしても、それは本当にそう呼べるのか、最後問われた形だった。 澤部はずるいぞ。 オチ持っていくなよ。 46and96Panda テセウスの船、最後澤部が全部持ってっちゃったからな〜 澤部一番美味しかったな〜 — かみむー 坂道専用垢 kamichang02 テセウス、お兄ちゃんの未来は?と思ってたら、最後に澤部に全部持って行かれた~(笑)。 — AとYとA DADA333222 視聴者の多くは最後の最後に、澤部にオチを全部持っていかれたようです。 たしかに相当インパクトは大きかったですよね。 でもなんだか最後にホッコリした気持ちにはなりました。 原作の漫画を見たい方へ 「テセウスの船」が最終回を迎え、真犯人が明らかになったところで、 原作を見たいという方も多いのではないでしょうか? 実は今回のドラマでは原作と真犯人が違うと言われています。 そこで「テセウスの船」の原作も見たいあなたには是非 「 U-NEXT 」 で見ることをオススメします! 「U-NEXT」は日本最大級の動画サービスで、安心して動画などを視聴できる合法の動画配信サービス。 現在、 「31日間無料」で様々な作品(映画だけでなくコミックも)を視聴可能になっています。 澤部さんのインパクトがあまりに強すぎて、ストーリーどころではなかったといった感じだったのでしょう。 澤部さんが出てくることでストーリーが吹っ飛んでしまったという人もいたぐらいです。 とはいえ私個人的には、澤部さんのキャラクターは天真爛漫で面白い癒し系キャラだと思っているので、慎吾くんの未来の姿としても違和感はなく上手なキャスティングだったと思います。 澤部さんと貫地谷しほりさんのコントのような頭を叩くシーンに吹いたという人も多かったようです。 鈴が慎吾の頭を叩くあのシーンは印象的ですもんね。 澤部さんは最終回のみの最後少しだけの出演でしたが、これだけ視聴者の心を持っていくのは凄いと思います。 これからも澤部さんのドラマの活躍に期待しましょう。

次の

漫画 おすすめで完結している作品はこれ!

みきおジエンド

【テセウスの船 キャスト】 田村心…(竹内涼真)物語の主人公。 かつて父が起こした事件の真相解明に挑む。 田村由紀…(上野樹里)心の妻。 1989年に毒物事件を起こし死刑判決を受ける。 佐野和子…(榮倉奈々)文吾の妻。 男まさりのパワフルかーちゃん。 しっかり者。 カニ大好き。 佐野慎吾…(番家天嵩)心の兄。 プロレス&ガンダム好き。 木村さつき…(麻生祐未)音臼小学校の教師。 佐々木紀子…(芦名星)音臼村のメッキ工場に勤務するメガネっ子従業員。 長谷川翼…(竜星涼)村の新聞配達員。 佐々木紀子の婚約者。 イケメンDV男。 金子刑事(ユースケ・サンタマリア)…心を疑う鬼刑事。 ちなみに『テセウスの船』の原作者・東元俊哉氏は北海道出身です。 主人公・田村心(竹内涼真)の年齢は、マンガでは27歳、ドラマでは 31歳。 ドラマでは佐野文吾の毒物事件は3月に発生していたが、原作マンガでは 6月に発生していた。 第1話で心(竹内涼真)が崖下にいた三島病院の次女・千夏ちゃんと佐野文吾を救ったエピソードはドラマのオリジナル。 (結果的に原作の田中さんは火事で亡くなっている)• ドラマ第2話のウサギ事件。 心が音臼小学校に初出勤した時、ドラマでは5年生の教室で自己紹介していたが、原作ではその前に 全校生徒の前で自己紹介していた。 この時 心は緊張のためメッチャ小声になっており、『聞こえねーww』と生徒たちの失笑をかっていた(笑)• 第2話で『明音ちゃんなんか死んじゃえばいいのに!』と言った鈴を母・和子がビンタしていたが、マンガ版では心が鈴を叱っていた。 第2話のラストで新聞配達員の長谷川翼(竜星涼)が遺体で発見されていたが、原作では長谷川とともに 三島明音ちゃんの遺体も発見されていた。 (音臼岳の小屋で明音ちゃんが生存したまま発見されたのはドラマのオリジナルエピソード)。 心の就職祝いで登場した カニラーメンが原作の1. 5倍ほど大きかった。 ちなみに原作のかにラーメンは文吾が作っていた(得意料理)。 田村心(竹内涼真)が崖下で事件ノートを探している時に 『S』のキーホルダーを見つけたのはドラマのオリジナル。 原作ではこのキーホルダーは音臼岳の小屋で発見されていた。 第3話の佐野文吾(鈴木亮平)が 「アントニオ猪木のモノマネからの腹芸」で家族を元気づけたのはドラマの完全オリジナルストーリーw• 駐在所のポストに心の捨てたはずの免許証が入れられていたのはドラマのオリジナル。 原作では心が現代に戻った時に真犯人に渡されていた。 小学校の校門に ブキミな絵が貼り付けてあったのはドラマのオリジナル。 田村心が金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)に未来から来た事をカミングアウトしたエピソードはドラマのオリジナル。 原作では心は佐野文吾に家を追い出された後、心は 金丸刑事に絡むこと無く霧に包まれ、現代にタイムスリップしていた。 ドラマでは音臼事件の毒物は法度汁(はっとじる)に入れられていたが、原作では 牛乳だった。 拘置所で心と面会した佐野文吾が 『1・2・3・ダー』やったのはドラマの完全なるオリジナルw(ドラマの佐野文吾は猪木に寄せすぎ?w)• ドラマでは心が姉の鈴と再会した 直後に木村みきおと木村さつきに出会っていたが、原作では数日後、母と兄の 墓参りをした後に出会っていた。 事件被害者の会が開催されたのはドラマのオリジナル。 由紀(上野樹里)が新証言を求めて壇上で魂の訴えをしたのもドラマのオリジナルエピソード。 原作では何の前触れも無しに佐々木紀子(芦名星)が証言をかって出ていた。 木村さつき(麻生祐未)が鈴を隠しカメラで監視していたシーンはドラマ版のオリジナル。 テセウスの船 ドラマと原作の違い 第5話 テセウスの船 ドラマ第5話(2020年2月16日放送)の原作マンガとの違いをご紹介します。 第5話で田村心が岸田由紀(上野樹里)と一緒に佐野文吾の面会に行ったのはドラマのオリジナル。 原作では由紀と文吾は最終話でのみ出会っており、それ以前には出会っていない。 ドラマでは木村さつき(麻生祐未)が鈴(貫地谷しほり)の正体の件で脅した場所は 自宅だったが、原作では廃墟となった音臼村の 木村メッキ工場(さつきの父が元経営していた工場)で脅していた。 証言をする予定だった佐々木紀子(芦名星)はドラマでは松尾と名乗っていたが(結婚後に姓が変わったため)、原作では 上野と名乗っていた。 びしょ濡れの心が由紀の家でシャワー&鍋食べてイイ感じになっていたのはドラマのオリジナルw• 佐々木紀子の家に向かっていた木村さつきが運転中に 『クソ信号!』と暴言かましたのはドラマのオリジナルw(ドラマ版の木村さつきは凶暴さが増してて草w)• 鈴が佐々木紀子の家で薬を飲んで倒れたのはドラマのオリジナル。 原作では鈴は佐々木紀子の家で 真犯人の正体を知り、そのショックで家を飛び出していた。 一人の残された木村さつき(麻生祐未)がやむを得ず紀子を殺害していた。 原作の佐々木紀子(芦名星)は重い病におかされており 余命一年と宣告されていた。 佐野文吾の証言をする気になった理由は『最後に良いことをしたい』と思ったから。 ドラマの木村さつき(麻生祐未)は病院で毒入りオレンジジュースを飲んで死亡していたが、原作では真犯人に 目玉をくり抜かれて死亡していた。 木村みきお(安藤政信)が母・木村さつきを音臼事件の真犯人に仕立てようと色々小細工したのはドラマのオリジナル。 田中まさし(霜降り明星 せいや)が現代で死亡した事件は原作では起きていない。 原作の田中は心がタイムスリップした1989年で登場したきり、特に物語に関わっていない。 木村さつき(麻生祐未)から送られた絵により心が音臼村を訪れたエピソードはドラマのオリジナル。 原作では木村みきおが心を『慰霊祭』に誘い、心は村を訪れていた。 心が音臼村に行く前夜に由紀に会い、別の歴史で結婚していたことを話したエピソードはドラマのオリジナル。 原作の心は由紀との関係を最後まで話さなかった。 音臼村の慰霊碑の前で木村みきおが車椅子でやって来たのはドラマのオリジナル。 ドラマの木村みきおは何の前触れもなく心に襲いかかっていたが、原作では 『過去に戻る方法を聞いた後に』心に襲いかかってきた。 加藤みきおが自宅に『ぼくを捕まえられるかな?』と心あてにフロッピーディスクを残していたエピソードはドラマのオリジナル。 ドラマの田中さんは加藤みきおに毒物を飲まされ殺害されていたが、原作の田中さんは家を放火され亡くなっていた。 (犯人の加藤みきおは心たちが消火活動中してるスキに文吾の妻・和子を襲おうと計画していた)• 10歳の加藤みきおが和子(榮倉奈々)に毒入りスープを届けに来たエピソードはドラマのオリジナル。 原作では未来から来た39歳の加藤みきおが和子を襲いに来ていた(これは未遂で終わっていた)。 ドラマでは佐野家の皆がお楽しみ会の代わりに開かれた自宅パーティーで カニ鍋を食べていたが、原作では ジンギスカンを食べていた(原作の舞台は北海道なので)。 原作では真犯人の加藤みきおがお楽しみ会の当日、小学校に来る前に 後の義母となる木村さつき(麻生祐未)を 殺害していた。 この歴史を変えるために、みきおは過去のさつきを殺害した。 ドラマでは心と文吾が加藤みきおのリュックを調べた時 中に何も入っていなかったが、原作では 怪しい水筒が出てきており、心たちは水筒の中身を破棄していた(毒は入っていなかった)• ドラマでは避難中の佐野和子(榮倉奈々)が道に置かれた野菜BOXにより車を止めていたが、原作では 工事用のコーンが置かれていた。 11歳の加藤みきおが心に『未来の僕はどうだった?』と聞くシーンはドラマのオリジナル。 心が法度汁を毒味したエピソードはドラマのオリジナル。 原作ではお楽しみ会の前日にすでに和子(榮倉奈々)たちは誘拐されていた。 原作で和子たちを誘拐したのは 未来からきた加藤みきお(安藤政信)だった。 ドラマ第8話で加藤みきおが事件を起こした目的が『佐野文吾を死刑にするため』という描写があったが、原作では 『佐野文吾を破滅させ、落ち込む鈴を助けるヒーローになる』という目的で毒物事件を起こしており、文吾に個人的恨みはなかった。 加藤みきおが佐野文吾に『捕まえに来て』と電話してきたのはドラマのオリジナルエピソード。 原作ではお楽しみ会の当日、 心が一人で小屋に行き、加藤みきおと対峙していた。 原作の木村さつき(麻生祐未)はお楽しみ会の当日の朝、未来から来た加藤みきお(安藤政信)に 殺害されている。 監察官の馬渕(小籔千豊)が佐野家に家宅捜索に来たエピソードはドラマのオリジナル。 原作では馬渕は登場していない。 ドラマの木村さつき(麻生祐未)は入院中の加藤みきおを見て『あなたの事は私が守る』と誓っていたが、原作ではみきおが音臼事件の真犯人だと知った時に彼を守り続ける決意をしていた。 1972年に開催された音臼村祭りのエピソードは原作では登場していない。 ドラマでは佐野文吾が警察署に勾留中に田村心が自宅に隠された毒物を探していたが、原作では音臼小学校のお楽しみ会直前に探していた。 佐野文吾が家族を守るために『犯人は俺だ』と罪を認めたエピソードはドラマ版のオリジナル。 佐野文吾の子供たちが描いたイラストに『正義は勝つ!』と書かれていたが、原作ではこの言葉は佐野文吾が毒物事件で逮捕される直前に妻の和子に言った言葉だった。 ドラマの佐野文吾はタイムカプセルに 家族宛の手紙を入れていたが、原作では 『過去に逃げるな! by父』と一言だけ書いたメモを入れていた。 原作のタイムカプセルは全ての事件が片付いた後(28年後の2017年)に掘り出されていた。 ドラマでは 10歳の加藤みきおがこれまでの犯行を心に暴露していたが、原作では 未来から来た39歳のみきおが心に暴露していた。 ドラマでは佐野文吾が犯人に刺されていたが、原作では佐野文吾をかばった心が刺されていた。 (心はこの時死亡)• 加藤みきおの共犯が田中正志(霜降り・せいや)だったというエピソードはドラマのオリジナル。 原作の佐野文吾は死にゆく心に『お前は助かる!また一緒に温泉いこう!』と話しかけていた。 ドラマの佐野鈴(貫地谷しほり)は新たな歴史でも整形してた時と同じ顔だったが、原作では 整形前の顔に戻っていた。 (音臼事件が起きなかったので整形する必要が無くなったため)• 佐野文吾が生まれてくる心と由紀の子供の名前を『未来(みく)がいい』と提案したのはドラマのオリジナル。 原作の最後に登場した由紀は まだ妊娠していなかった。 原作では新たな歴史の心と由紀はともに 小学校の教師をしていた。 (心のかつての夢が叶ったという結末)• 未来の加藤みきおが義母のさつきと カフェを経営してたエピソードはドラマのオリジナル。 原作の加藤みきおは三島千夏ちゃん事件や金丸刑事事件の犯行が公になったことで少年院に収監され、出院後も 『少年A』としてマスコミに追われる日々を過ごしていた。

次の

テセウスの船「犯人の日記」後編ネタバレ!加藤みきおと田中正志の思惑

みきおジエンド

Contents• 急いで鈴の元へ向かうと、病室から刑事が出て来た。 病室へ入ると、鈴は紀子を殺害した容疑者になっていると話す。 芋ようかんを渡せと言われたことや、紀子の証言を心に聞かせないようにサツキから指示されたと告白する鈴。 さつきの死 さつきが音臼小事件の犯人ではないか?と疑う心と鈴。 サツキが運ばれた病院へ向かった心は、病室で死んでいたサツキを発見した。 そこにはオレンジジュースが置いてあり、誰かを呼ぼうとするも、呼べば自分が疑われると思った心は急いで病室から逃げだす。 家に戻った心のもとに、郵便が届いた。 開けると、人がたくさん倒れた絵が描かれており、数えると21人だった。 由紀に見せると、犯人からの警告ではないかと言う。 その後、みきおから呼び出しを受けた心は、由紀と一緒にサツキの自宅を訪ねた。 サツキがしたことを謝る、みきお。 案内されたサツキの部屋には、不気味な絵が壁一面に貼られており、青酸カリの空きビンを見せられた。 音臼小の事件の犯人だったのかもしれないと言う、みきお。 しかし、サツキは殺されていることから、他に共犯者がいたと考察。 さらに、 サツキの病室から走り去る、小柄の小太りでメガネをかけた男性が監視カメラに映っていた。 と聞かされ、心と由紀はサツキの手帳から交友関係を当たることにした。 せいや、一瞬だけ特殊メイク 証言が得られず落ち込む心に、励ましの言葉をかける由紀。 そこへ文吾の弁護士から 「心と話したがっている」と電話があり会いに。 そこで 「明音の首についたアザ」を金丸が気にしていたと話す文吾。 当時、金丸の部下だった刑事「森」の自宅へ伺い、独自に調べていた音臼小事件の資料を見せてもらうことに。 亡くなった明音の写真を見たが、違和感は感じなかった。 その後の聞き込みで、田中正志 せいや・霜降り明星 かもしれないと証言を得る。 早速、正志の自宅を訪ねると部屋の鍵が開いており、中へ入ると正志が死んでいた。 そこへバッドタイミングで通報を受けたという警官がやってきて、心は連行されてしまう。 取調べを受けた心は信じてもらえず、留置所へ。 翌朝、正志のアパート前の防犯カメラ映像に、心が訪ねる前に何者かが正志の自宅へ入っていく様子を写した映像が証拠となり心は釈放。 由紀がカメラの映像をもとに警察へ直訴してくれたお陰で、心は釈放されていた。 THE END 自宅へ戻った心のもとに、再びサツキから郵便物が届いた。 そこには慰霊日の前で赤い涙を流す人の絵が描かれており、周りにはたくさんの目があった。 そして慰霊碑には ・タイムスリップする前の出来事。 ・その後、現代が変わってしまったこと。 ・変わった現代で、亡くなったはずの妻と再会したこと。 その話しを聞いた由紀は、自分は心の妻だと確信した。 心が付けていた結婚指輪を外し由紀に手渡すと、そこには 「YUKI to SHIN」と彫られていた。 こんなん泣けるわ — ユー aY38nOMDNFKshBV 明日、慰霊碑へ向かうと伝えた心は、帰ったら必ず会いに来ると由紀に約束した。 みきお立つ 翌日、慰霊碑を訪れた心の前に、車椅子に乗ったミキオが現れた。 ミキオはどうしても気になって来てしまったが犯人が現れたらどうするのか?と聞かれ、自首させると話す心。 すると 「それは無理だよ、心先生」と言われ振り向くと、みきおが車椅子から立ち上がっていた…💦 そしていきなり、心の腹をナイフでかすったミキオ。 馬乗りされてしまった心は自首しろ!と要求するも、 正規の完全犯罪を自ら犯人だと名乗りでる訳無いだろ? と、自首するつもりはサラサラないミキオ。 それを聞いた心は、明音の首についていた痕は子供の手だったことに気づく。 すると、遠くからパトカーの音が聴こえた。 その隙にミキオから離れた心は、証拠はないと言うミキオにボイスレコーダーを見せる。 するとみきおは、笑いながらその場から歩いて立ち去ってしまった。 ミキオを追いかけようしとした瞬間、再び心は霧に包まれてしまう。 ww — mari m23371272 心は、事件前の音臼小のグラウンドに倒れており、ボイスレコーダーは手から離れ落ちていた。 目覚めると病室のベッドに寝ていた心。 カレンダーを見ると Sponsored Search テセウスの船「6話」感想 テセウスの船「6話」の感想です。 日めくりカレンダーの表記が面白かった。 昭和64年に3月10日はないけど、そりゃあカレンダーは前年に作られているわけだもんね。 来ない日とは露知らず。 これもまたテセウスの船らしい。 — 那瀬ひとみ(HitomiNASE) nase1204 天然か — ァォィ AoyM55 幼い頃のみきおが犯人は全然ピンと来ないぞ?? 長谷川翼がここまで怯える? 金丸刑事を突き落とせる? ワープロの文字もみきおでしっくりこない みきおが犯人だとしても、やっぱりまだ誰か間にいないと成立しない気がする🤔 — 銀田一 中年 aaNIahSeXD9TJHR 前略 「あのー、車椅子に乗ってた人が立って、主人公に向かって俺が犯人だって言ったらしいねんな」 「加藤みきお犯人やないかい。 音臼小事件まであと二日。 心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。 最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。 事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。 そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する!家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!? 引用:公式サイト 以上、最後までご視聴いただき有難うございました。 人気記事.

次の