となり の トトロ あらすじ。 ジブリ映画「となりのトトロ」の公式フル動画を無料視聴できる方法・あらすじを紹介!【VOD】|ジョージの書物

映画『となりのトトロ』のあらすじ・ネタバレ・感想

となり の トトロ あらすじ

スポンサーリンク となりのトトロ 原作が絶版になっているって本当? となりのトトロには「隣のととろ」という1950年代を舞台にした物語があって、内容は 映画と全く異なり残酷でストーリーがかなり切ない物語になっているそうです。 しかもこの内容を見てみると、村八分にあったサツキとメイが最終的には死んでしまうみたいなストーリーです。 そしてこの作品は、原作者不明で絶版になっているとのこと。 さてこの噂は本当なのでしょうか??調べてみた人がいました。 絶版になっているということは、手に入ったり調べたりすることができませんよね。 しかし…実はこの作品が販売されていたことを把握する方法があるんです! どうやって調べるかというと…みなさんは国会図書館をご存知ですか?この国会図書館は日本の全ての書籍が保管されています。 日本には、納本制度があるので日本国内で出版された書籍は全て国会図書館に納本されなくてはいけないのです。 つまり、この国会図書館になければ国内では販売することができません。 この制度は昭和23年に制定されているので、この「隣のととろ」も販売されていれば国会図書館にあるはずです。 調査した人によると… 「隣のととろ」はありませんでした。 全くのデマだったのです。 となりのトトロには多くの都市伝説があるのでその1つだと思われます。 となりのトトロの監督である宮崎駿監督もこの噂を全否定されていました。 スポンサーリンク しかし!となりのトトロに原作小説があるのは本当です。 となりのトトロが公開されるのと同時に発売されました。 この小説は、アニメージュという雑誌で連載されていたものをまとめたものです。 では、その小説の内容とはどんなものだったのでしょうか? となりのトトロ 原作小説の内容とは? 引用元: この原作小説は、となりのトトロの公開より前に雑誌で連載されていたもので、映画公開より前に書かれた内容になるのです。 都市伝説だと「トトロは死神」「メイは池で水死」「サツキはトトロ(死神)に頼んでメイに会うため冥界へ」「ネコバスは魂を運ぶ乗り物」「トウモロコシを届けた後は2人の影がない=幽霊」などなど全く楽しくない怖い噂ばかりです。 こんな話が原作では子供も全く楽しめないですよね。 原作は本当にこんな内容なのでしょうか? 原作はもちろんこんな怖い話ではありません。 安心してください! 原作はサツキ目線で描かれているので、 メイのエピソードはざっくりかかれていて、話の終わり方はあっさりしているそうです。 昔の日本描写なので、電報や電話を借りに行くなどの今にはない生活なので、小さい子が読むには隣で解説してあげないと難しいかもしれませんね! スポンサーリンク ただ、原作と映画で大きく違うのはトトロの描写です。 小説では「ん??どんな見た目?」とはてなマークがあがってしまうような文でした。 読んだ人たちのレビューを見ると映画好きな人たちには、ちょっと物足りない内容かもしれませんがもし気になる方がいましたら、ぜひ自分で購入して読んでみてください! となりのトトロ 原作はネット通販できる?アマゾンや楽天で売っているの? 最初の話だと小説は絶版されていて売ってないということでしたが、ここまで読んでいた方はわかるようにもちろん販売されております! 書店では、見つけることは難しいかもしれませんが、大手通販会社アマゾンや楽天では調べたところ販売しているのを確認できました。 両社とも500円以内で販売していました!文庫本としてはお手軽な値段で販売されているので、ぜひこれを機会に購入されてはいかがでしょうか! となりのトトロの原作者は誰? 例えばジブリ作品でも、「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」などは別の原作があります。 では、となりのトトロはどうなのでしょうか? 上記でも描いたように「隣のトトロ」なんて作品もなければ「となりのトトロ」小説版は公開後に販売ということで、よく調べてみると原 作は宮崎駿監督でした。 宮崎駿監督のオリジナル作品になるということですね!そうなると様々な都市伝説も変わってくるわけです。 となりのトトロ 原作に関係する事件とは? これもとなりのトトロの都市伝説のひとつです。 となりのトトロの都市伝説によるとこの作品は実際にあった「狭山事件」が元になっている!という話なのですが、よく調べてみると無理やりこじつけたものになっています。 「狭山事件」についてお話するととっても長くなってしまうので、気になる方は、グーグル先生に教えてもらってください。 そもそもジブリ作品は、子供や大人に楽しんでもらったり、環境問題などを考えさせたりするなどのテーマがあります。 こんな 都市伝説のように無駄に怖がらせたり、無理やりな裏設定を楽しんだりというのは少しずれているんじゃないかなーって思います。 最後のメイとサツキの影がないのは、予算不足で省略したと宮崎駿監督も言っていますし、この2人以外にも犬とかにも影がなかったりするので特に気にする必要もないと思います。 母親とのシーンもあそこが幽霊ならば、そのあとのばーちゃんとの再会シーンはどうなってるねん!ってツッコミたくなりますよね。 カンタのちょっと照れた表情は?妄想?なんて可哀想すぎます。 笑 スポンサーリンク そもそも宮崎駿監督もこの都市伝説を全否定しています。 全くその通りですよね。 オリジナルで原作を考えていたのに、狭山事件をもとに作ったとか、幽霊だとか、後から色々言われるの宮崎駿監督だって心外ですよね!! こういう都市伝説を面白がるのは中高生だと思いますので、この都市伝説を得意げに話してくる人がいましたら「は?何言ってんの?」と論破してあげてくださいね!笑 となりのトトロを純粋に見る子供たちには完全に悪影響になりますので! ただひとつだけ事実なのは、となりのトトロのあるポスターはサツキとメイの2人ではなく、2人を足したような1人の少女が写っているポスターがあります。 これも色んな都市伝説がありますが、全く違くて宮崎駿監督は最初の構想では、サツキとメイの姉妹ではなく1人の少女を主人公にしようと考えていたのをイメージ化したのだそうです。 その後色々考えて行くうちに姉妹の物語にしようということで、サツキとメイが誕生したんですね! となりのトトロはもともと火垂るの墓と同時上映で60分の尺予定だったのが、火垂るの墓が伸びた関係で、単独上映になり80分に伸ばすのに主人公を2人に分けたなんて話もあります!これは本当の話なので、ぜひ色んな人に得意げに話してみてください。 疲れたときにはとなりのトトロ 仕事や家事育児で疲れたときには、ぜひとなりのトトロを見てください。 ゆっくりとした日本の古き良き田舎の風景。 純粋なメイとサツキ。 おおらかなお父さん。 優しく包み込んでくれるばーちゃん。 などなど癒し要素がたっぷりのとなりのトトロ。 小さいころ見たのと大人になってから見るのとでは、とらえ方や印象などが変わってくるので、最近見ていない方はぜひご覧になってください。

次の

映画『となりのトトロ』のネタバレあらすじ

となり の トトロ あらすじ

この記事では「となりのトトロ」のあらすじを簡潔に説明し、結末までのネタバレをご紹介しています。 「となりのトトロ」と言えばバス停でのシーンが当時の映画宣伝ポスターともなり、誰もが一度は何処かで見たことのある光景となっているのではないでしょうか? しかし、あのバス停シーンまでにどういったシチュエーションがあったのか、映画公開から30年以上も経過していることから、すっかり忘れていました。 instagram. 母親は入院し、サツキとメイと父親の三人での生活が始まります。 新居ではまっくろくろすけが出てきたりと不思議な現象が2人の周りを騒がせます。 そして、メイとサツキは不思議な生き物であるトトロとも遭遇するのでした。 ある日、母親の病院から電報が入り、母親の容体が悪化したのではと動揺するサツキ。 そんなサツキの姿を見ていたメイは、自ら病院へ行くことを決意。 夕方になっても自宅に帰ってこないメイを心配したサツキは、辺りを探し続けます。 途方に暮れたサツキはトトロの元へと訪れ、メイを探してほしいとお願い。 そこで、トトロはネコバスを呼び、サツキをメイのいる場所へと案内するのでした。 トトロのおかげで、ようやく再会できたサツキとメイ。 すると、ネコバスが母親の病院まで連れて行ってくれると提案。 喜ぶサツキとメイはネコバスで母親がいる病院へ。 2人は病院の窓から、母親の元気そうな姿を見て安心するのでした。 instagram. 近所の子供からお化け屋敷といわれるよな古い家に、サツキとメイは大喜び。 そして、家の中を探索していると、 まっくろくろすけという不思議な生き物にも2人は遭遇するのです。 母親は七国山病院という家から遠く離れた場所に入院しているため、新居で父親とサツキとメイの3人での生活が始まりました。 メイがトトロに出会う ある日、メイが一人で自宅の庭先で遊んでいると、不思議な生き物が2匹が目の前を通り過ぎて行きます。 夢中でその不思議な生き物を追いかけていくうちに、森の中へと入りこんだメイは、木の根元の穴に落ちてしまいます。 落ちた穴の先には大きな不思議な生き物がの姿が。 その大きな生き物が トトロであると分かったメイは、トトロと戯れそのまま眠ってしまうのでした。 目を覚ましたメイは、トトロに出会ったことをサツキや父親に話します。 不思議な体験をしたと話すメイの話を疑うことなく受け入れる父親とサツキ。 しかし、 メイがトトロと出会った場所と同じところを探すも、見つかることはありませんでした。 サツキは母親にメイの出来事を手紙で報告し、いつか自分もトトロに出会いたいと切に願っていました。 バス停でトトロに出会う 雨の降る日、父親が傘を持って出かけなかったことを思い出したサツキはメイと共に父親が利用しているバス停まで、傘を持って迎えに行くことに。 バス停の前でサツキとメイは時間をつぶしながら待っていましたが、父親はなかなか帰ってきません。 すると、メイが眠たそうにウトウトとし始めます。 そんな メイをサツキはおぶって、バスを待ち続けるのでした。 しばらくすると、サツキの横に大きな影が!サツキが恐る恐る影の正体を確認すると、なんとそこにはトトロの姿があったのです。 サツキがトトロに父親の傘を貸してあげると、初めて手にする傘にトトロは大喜び。 バス停に眩しい光が差し込み、次に現れたのは ネコバスでした。 トトロはネコバスへと乗車する前に、サツキに笹の葉の包みを渡します。 そして、ネコバスに傘をさしたまま乗車したトトロは、あっという間に姿を消し去りました。 初めてトトロと出会ったサツキは大喜び! 家に帰ったサツキは母親へこの出来事を早速手紙で報告するのでした。 七国山病院からの電報 夏のある日、お世話になっているお婆ちゃんの畑で野菜を収穫するサツキとメイ。 太陽をたくさん浴びた野菜を食べれば、お母さんの体も元気になると、お婆ちゃんが子供たちに元気づけます。 すると、サツキの元に母親が入院している七国山病院から電報が。 電報を受け取ったサツキは母親の容態が悪化したのでは?と動揺してしまいます。 そんな、サツキの姿を見たメイは、お婆ちゃんの畑で採れた トウモロコシを母親の病院へ届けることを決意。 メイが帰ってこない! 夕方になり、メイが帰ってこないと村は大騒ぎになっていました。 メイが一人で七国山病院へ向かったと勘づいたサツキは、七国山病院までの道を必死に探しまわります。 しかし、どんなに探してもメイの姿が見つかることはなく、夕暮れが迫っていることからサツキは途方に暮れてしまいます。 何かをひらめいたサツキは、 メイが初めてトトロと出会った場所へと一心不乱に駆けつけるのでした。 instagram. となりのトトロの結末・ラスト サツキがトトロの場所へ通してほしいと願うと、その願い通りにトトロがいる場所へとつながりました。 トトロにメイを探してほしいとサツキがお願いすると、可愛い女の子に頼られたトトロは張り切ってネコバスを呼んでくれます。 そして、 ネコバスに乗ったサツキは 迷子になって泣いているメイの元へと到着。 ようやく出会えた2人に、 ネコバスが行先の表示を七石山病院と変更し、病院まで送ってくれると示します。 ネコバスの粋な計らいに喜ぶサツキとメイは、早速バスへと乗り込み母親のいる七国山病院へと向かうのでした。 七国山病院へついたサツキとメイは母親の病室が見える木から、ネコバスと共にそっと様子を伺います。 病室では母親と父親が笑顔で話していました。 その様子に、「大丈夫そうだね」と母の元気そうな姿に安心するサツキとメイ。 調度その頃、病室ではサツキとメイの笑い声が聞こえたと母親が話します。 すると、 父親が病室の窓に置いてあったトウモロコシに気づき、母親へ差し出します。 そのトウモロコシを見ると、葉っぱに 「お母さんへ」と文字が刻まれていました。 母親の心配をする子供たちの繊細な感情と、子供たちの不思議な体験にしっかりと耳を傾ける両親の懐の大きさがなんとも感動的なストーリーでした。 実際にトトロのような大きな生き物が目の前に現れたら恐怖を覚えると思うのですが、サツキとメイからはちっともそんな様子が伺えません。 そんなサツキとメイの子供らしさ全開の天真爛漫な様子が、どんな世代にも好感が持てる作品になっているのでしょうね。

次の

映画『となりのトトロ』のネタバレあらすじ

となり の トトロ あらすじ

不朽の名作となりのトトロ こんなあらすじ 小学生のサツキとその妹のメイが主人公の物語。 二人はお父さんと3人で田舎の家に引っ越してきました。 お母さんは病気の為、病院で入院しています。 その家には黒い謎の生き物がいましたが、近くに住むおばあちゃん曰くススワタリと言って害がなくいつの間にかいなくなると教えてもらいます。 二人はさっそくお母さんのお見舞いの時にお化けがいたんだよと楽しそうに報告します。 早く家族みんなで暮らしたいと思う姉妹でした。 そんなある日メイが一人で庭先で遊んでいると謎の白い生き物を見つけます。 メイは好奇心からその生き物を追いかけると1匹が2匹になりさらに追いかけると、とんでもなく大きな謎の生き物がいました。 その生き物はメイに名前を聞かれてトトロと言いました。 その後メイは眠ってしまい謎の生き物はいなくなってしまいました。 それをお父さんとサツキに言うとお父さんはきっとそれは森の主だと言います。 サツキもトトロに会いたいと願うもお父さんはめったに会えるものじゃないんだよと言いました。 サツキとメイはまたトトロと出会う事はできるのでしょうか。 リアリティのあのキャラクター達 気になる声優さん ・草壁サツキ(くさかべさつき) CV:日高のり子 明るく元気でしっかりしたお姉ちゃん。 家族のお弁当を作ったり、親思いでとても聞き分けのいい子です。 妹のメイの面倒もちゃんと見ています。 ・草壁メイ(くさかべめい) CV:坂本千夏 少し我儘なサツキの妹。 言い出したら言う事を聞かない頑固な子です。 好奇心旺盛で小さなトトロを怖がらずに追い掛け回す元気さもあります。 ・お母さん(草壁靖子:くさかべやすこ) CV:島本須美 サツキとメイのお母さん。 病弱で病院で入院している。 ・トトロ(大) CV:高木均 巨大なクスノキに住んでいる森の主。 木を成長させたり駒に乗って空を飛んだりできます。 ・トトロ(中) 水色と白の大きなトトロの中くらいのサイズの生き物。 白い小さなトトロとメイに追い掛け回された。 ・トトロ(小) 白い小さなトトロ。 自分の姿を消すことができる。 となりのトトロ主題歌 心落ち着く音楽 となりのトトロのオープニングテーマ 『さんぽ』井上あずみさんが歌い上げています。 小さな子供も口ずさめる元気な歌です。 他にも作中に流れる曲は心安らぎます。 オルゴールやオーケストラでも演奏されている曲もあります。 「風の通り道」や「すすわたり」など作中の音楽も楽しんでもらえると思います。 となりのトトロの見どころ 一度は見てみよう! となりのトトロはまず不思議な生き物と出会う事にわくわくします。 それは子供にしか見えない、普通は人間には見えないと言われている者達です。 童心に戻って見られる映画だと思います。 トトロとの出会いが草壁姉妹にどんな不思議な体験をさせてくれるのか、人生で一度は見てほしい一作です。

次の