根尾昂 二軍。 【根尾昂】中日根尾が二軍で“ワースト”61三振 それでも感心する真意|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

【根尾昂】中日根尾が二軍で“ワースト”61三振 それでも感心する真意|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

根尾昂 二軍

経歴 プロ入り前 2年時に「古川西クラブ」に入団し野球を始める。 主にとを務め、にも選抜された。 時代は「飛騨高山ボーイズ」に所属。 またはこの当時から根尾の才能に着目、記事として掲載している。 進学後は1年夏からベンチ入り。 2年春からは主力となり、投手、遊撃手に加えチーム状況によってはもこなしながら 、2年春から3年夏まで4季連続で甲子園大会出場を果たし、そのうち、、で全国優勝。 同じく下級生から主力として活躍していた同学年の・・らとともに「大阪桐蔭最強世代」の一角として史上3校目の春連覇、2012年に次ぐ史上初の2度目の春夏連覇に貢献した。 では4球団から1位指名を受け、抽選の結果が交渉権を獲得。 11月4日には契約金1億円・出来高5,000万円・年俸1,500万円で仮契約を結んだほか、同日の記者会見では「ポジションはショート一本でいかせて下さいとお伝えしました」と遊撃手に専念することを宣言した。 背番号は 7。 中日時代 1月に右腓腹筋の肉離れを起こし、春季キャンプは二軍スタートとなった。 4月16日の阪神戦で守備中に左手人差し指を負傷した。 5月7日ウエスタン・リーグ阪神戦でスタメン復帰した。 同年、に選出された。 8月18日に右肘付近の張りで名古屋に戻った。 8月21日のプロアマ交流戦で実戦復帰した。 9月29日対戦で7回表から遊撃の守備に就き一軍初出場を果たした。 二軍では打率. 210、86安打、2本塁打の成績であった。 オフにに参加した。 秋季キャンプでは外野守備の練習にも取り組んだ。 10月21日にに参加することが発表された。 ウィンターリーグでは、打撃フォームの改造に取り組んだ。 12月にバットを880グラムから910グラムへ増量した。 1月にと共に 、ロサンゼルスで合同自主トレーニング を行った。 春季キャンプは一軍スタートとなった。 選手としての特徴 巧みなバットコントロールで広角に打ち分ける積極的な打撃と打席での対応力を持ち味とし 、高校通算32本塁打の打力や50メートル走6秒0・三塁到達11. 07秒を記録する俊足も持ち合わせる。 遠投115メートル。 人物 両親は共に卒で、飛騨市でに携わる。 3人きょうだいの末っ子であり、兄は2018年時点では、姉は。 根尾本人も成績優秀であり、高校では体育・芸術コースに所属するが、野球部員ではただ一人成績が最上位のクラスに属するなど、ぶりも話題となった。 小学5年生時にの男子100mに出場し5位になっている。 2歳でを始め、中学2年時にはスキー男子で全国優勝し、で開かれた国際大会にも出場したが、その年限りで野球に専念することとなった。 飛騨市出身、そしてスキー競技経験者ながら寒さが苦手である。 詳細情報 年度別打撃成績 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 000. 000 通算:1年 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 000. 000• 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 年 度 球 団 試 合 2019 中日 2 2 3 0 1 1. 000 通算 2 2 3 0 1 1. 000• 2019年度シーズン終了時 記録• 初出場:2019年9月29日、対24回戦()、7回裏にに代わり遊撃手として出場。 初打席:同上、8回表にから空振り三振。 背番号• 7 (2019年 - ) 代表歴• 脚注 []• dragons. 中日ドラゴンズ 2018年10月25日. 2020年1月7日時点のよりアーカイブ。 2020年1月7日閲覧。 2018年8月21日. 2020年1月7日時点のよりアーカイブ。 2020年1月7日閲覧。 現代ビジネス. 2018年10月27日閲覧。 週刊現代 2016年5月7日• "飛騨の怪童" 根尾 142キロ 中日スポーツ 2015年5月4日付 2019年12月25日閲覧• スポーツブル 2016年7月15日• 東スポweb 2018年4月3日• web Sportiva 2018年12月31日• 日本語. nikkansports. com. 2018年10月27日閲覧。 「」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2018年11月4日。 2020年1月7日閲覧。 の2020-01-07時点におけるアーカイブ。 「」『』、2018年11月5日。 2020年1月7日閲覧。 の2020-01-07時点におけるアーカイブ。 日刊スポーツ 2018年11月8日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年1月25日• スポニチ 2019年4月17日• BBNews 2019年5月7日• 日刊スポーツ 2019年6月26日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年8月18日• 東京中日スポーツ 2019年8月22日• 毎日新聞 2019年9月29日• NPB公式サイト• 中日ドラゴンズ公式サイト ドラゴンズニュース• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年11月5日• ベースボールチャンネル• Yahoo! ニュース 中日スポーツ 2019年12月13日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年12月21日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年12月15日• 日刊スポーツ 2019年12月31日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2020年1月19日• Number Web 2017年4月5日• Smart FLASH 2018年8月9日• AERA dot. 2018年8月29日• 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「」『スポニチ Sponichi Annex』。 2018年10月27日閲覧。 日本語. zakzak. 2018年10月27日閲覧。 スポーツ報知 2019年1月10日. 2019年1月14日閲覧。 関連項目• 外部リンク• - NPB. jp 日本野球機構.

次の

【根尾昂】中日根尾が二軍で“ワースト”61三振 それでも感心する真意|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

根尾昂 二軍

中日根尾昂内野手(19)が、今年初めて2軍に降格することが決まった。 前日故障リタイアした溝脇とともにファーム再調整となり、代わって堂上と遠藤が24日の巨人戦(ナゴヤドーム)から1軍に昇格する。 与田監督は「火曜日から(堂上)直倫、遠藤を上げて、根尾はファームに行く。 いま彼に必要なのは試合に数多く出ること。 (主力主体の)1軍では出場機会が減るので、ファームでフルイニング出るようにさせた」と説明した。 根尾はキャンプから1軍で奮闘したが、オープン戦12試合で打率1割9分と低迷した。 この日の練習試合広島戦は、途中出場で当たり損ねの内野安打1本。 20日からの広島3連戦は、合計2打数1安打に終わった。 指揮官は「一番は出塁率(を上げること)。 (1軍で)スタメンで出るためには、基本は外野中心で行かせる」と、最昇格への課題も明確にした。 根尾も前を向いた。 「(2軍では)試合に出て、より多くの打席に立ちたい。 いままで以上に工夫しながら出塁したい。 開幕1軍? 求めているものは高い。 もっと上を目指したい」。 2軍は24日からの練習試合でオリックス3連戦、31日からは阪神&広島との6連戦が組まれている。 背番号7の巻き返しに、注目だ。 【伊東大介】.

次の

中日の石川昂弥が緊急一軍デビュー 根尾昂の起用は守備の問題か

根尾昂 二軍

心配されたPCR検査も無事全員が「陰性」と判定され、満を持して19日の開幕戦を迎えることになった。 しかし忘れてはならないのは、一軍のナイターに先駆けて同日デーゲームで開幕する 二軍のウエスタン・リーグである。 急激な世代交代によりフレッシュな陣容が楽しめる現在の若竜。 特に根尾昂、石川昂弥、岡林勇希の若手三銃士にはファンも並々ならぬ期待を抱いており、練習試合ではヒットを一本打つだけで平日の真昼間っからSNSが歓喜の声で埋まるほどだ(おまえら、仕事しろ)。 なかでもドラフト1位の石川は注目度も別格。 そうした期待に応えるかのように石川は現時点で3割を超える実戦打率を残しており、もはや大成するのが既定路線かのように語られることも少なくない。 私も25年ほど中日ウォッチャーをやっているが、ここまで大器を予感させるルーキーは初めてお目にかかるかも知れない。 強いて言えば2007年の堂上直倫フィーバーもこれに近かったが、それでも1年目のこの時期にバッティングが騒がれるようなことは無かったと記憶している。 まさしく10年、いや20年に1人の金の卵を授かったドラゴンズには、必ずや石川を一流に育て上げなければならない義務がある。 とは言ってもまずは体力作りをはじめ基礎を徹底的に叩き込むだろうから、1年目はどんなに好調でもシーズン終盤までは二軍でじっくり鍛えるものと思われる。 それでは、石川は二軍でどの程度の成績を残せば及第点、あるいは合格と言えるのだろうか? 一軍なら3割とか20本といった分かりやすい線引きがあるが、二軍成績はいまいち掴みにくい。 そこで今日は、高卒1年目の打者における、 二軍でこれだけの成績を残せばポジってヨシ! というライン、通称「ポジライン」を考えてみたいと思う。 ホームラン数のポジライン 石川昂弥に求めるもの。 ファン100人に聞いたら100人が「ホームラン」と答えるはずだ。 ナゴヤドーム開場以来、シーズン30ホーマーを達成した日本人選手は福留孝介、和田一浩のわずか2人だけ。 しかも福留はルーキーイヤーから一軍でレギュラーを張った規格外の天才で、和田は実績十分の移籍選手だ。 つまりドラゴンズはここ20数年間、生え抜きの野手をスラッガーと呼べる域にまで手に塩かけて「育てた」実績が皆無なのである。 そんな折に現れたのが、あの世界の王貞治も惚れた石川というわけだ。 早く一軍で見たい。 早くナゴヤドームでホームランを量産する姿を見たい。 しかし、まずはナゴヤ球場で打てるようにならなければ一軍で通用するはずもない。 では、1年目の石川はとりあえず何本くらいのホームランが打てればポジるに値するのだろうか? まずはこちらの表をご覧いただきたい。 これは1999年以降の過去21年間で、シーズン5本以上のホームランを記録したドラゴンズの選手の年度別一覧表である。 1999年というのは、元々は狭かったナゴヤ球場のグラウンドサイズ、フェンスの高さがナゴヤドームと同じ規格に改修されたシーズンだ。 ご覧の通り、シーズン2桁ホームランを記録したことがあるのは高橋光信、田上秀則、ショーゴー(森章剛)、中村公治、そしてモヤの5人のみ。 このうち最多本数は、後にソフトバンクで活躍した田上が2003年に記録した13本となっている。 ちなみにヤクルトの村上宗隆が1年目に打ったホームラン数は17本。 筒香嘉智に至っては初年度から26ホーマーを放っている。 イースタンに比べてウエスタンはホームランが出にくいとは言われているが、ここまで差があるのかとあらためて驚かされた。 言いかえればこの3人以外の高卒ルーキーは誰1人として5本以上を打てなかったことになる。 平田良介も、福田永将もだ。 高橋はこの年一軍でも41試合に出場して2ホーマーを打っているので、二軍に専念していればもっと多くの本数を打てた可能性は高いが、あくまで参考として「7本」が将来スラッガーになれるかどうかを見定めるうえでの目安だと言える。 となれば、当然石川のポジラインは 最低でも7本。 できれば2桁を打って大いにポジらせて欲しいところだ。 逆に4本以下に終わればネガティブにならざるを得ないので、なんとしてもここはクリアしてもらいたい。 OPSのポジライン 次に着目したいのがOPS(出塁率+長打率)だ。 この数字次第で、おおよその将来像が見通せると言われている。 ちなみに過去15年間での3傑は清宮幸太郎、森友哉、村上宗隆。 さすがと言うべき顔ぶれである。 彼らのようにOPS. 800以上を1年目から残した選手は「大成が約束された選手」として別格のカテゴリに入るが、そうでなくてもスラッガータイプの選手は最低でもOPS. 650〜699は残しておかなければ厳しいという現実がある。 現在のセ・リーグを代表するスラッガーである鈴木誠也、山田哲人、岡本和真の3人も揃ってこの位置に登場。 例外はOPS. 580から7億円プレーヤーに上り詰めた浅村栄斗くらいだ。 そうなると石川のポジラインは 最低でもOPS. 650〜699。 練習試合では一試合に約1個は四球を選ぶなど選球眼の良さもアピールしているため、自ずと出塁率は伸びると思われる。 打率やホームランだけではなく、こちらの数字にも注視していきたい。 三振率のポジライン 最後に、成功を占う上で重要とされるのが 三振 率だ。 いくらホームランが多くても、バットに当たる確率が低いのでは一軍での通用は見込めない。 たとえば根尾は昨年安打よりも遥かに多くの三振を喫し、. 310という驚異の三振率を記録した。 昨年は1年目ということもあって「土台作り」のフルスイングも見守ってもらえたが、今年も同じような内容なら一気に立場は悪くなるだろう。 鈴木誠、山田哲は1年目から三振率を非常に低く抑え、コンタクト能力の高さを垣間見せた。 一方で清宮、筒香といった根っからのホームラン・アーチストは大振りが多いためか三振率も高かったが、その分を補って余りあるほどホームランを量産。 しかし、両者ともに一軍では粗が目立ち、筒香も入団5年目まではなかなか定着できずに苦労を経験した。 鈴木誠と山田哲が比較的早い段階で台頭したことを考えても、やはり三振率が低い方が一軍では早く活躍できる可能性が高いようだ。 石川には5年後などと悠長なことは言わず、来年にはレギュラーを取ってくれるようなビジョンを描いているので、今季のウエスタンでの三振率は要注目である。 結論 以上の考察から石川昂弥のポジラインは、 「ホームラン7本以上、OPS. 650〜. 699以上、三振率. 150以下」 これが最低限の数値目標だと結論付けたいと思う。 この願望にどれだけ近い成績を残してくれるのか? あるいは遥かに上回る成績を残すのか? いよいよ待ちに待った怪物のルーキーイヤーが幕を開ける! まあ明日の由宇、降水確率90パーセントだけどね! chunichi-wo-kangaeru.

次の