クリック ボックス 使い方。 【tkinter】テキストボックス(Entry)とボタン(Button)の使い方【Python】

【tkinter】テキストボックス(Entry)とボタン(Button)の使い方【Python】

クリック ボックス 使い方

チェックボックスの作り方 では、エクセルでチェックボックスを作成する方法を紹介します。 クイックアクセスツールバーを立ち上げる エクセルを立ち上げたら、画面上部のメニューから逆三角形のアイコンをクリックします。 下記の画像のようにプルダウンで項目が表示されるので「その他のコマンド」を選択しましょう。 「リボンにないコマンド」を選択する 以下のように「リボンとツールバー」と書かれたメニュー画面が表示されます。 コマンドの設定から「リボンにないコマンド」を選択してください。 一覧で表示されている項目の中から「チェックボックス」を選択しましょう。 画面の右側にチェックボックスが表示されているのを確認したら「保存」をクリックしてください。 チェックボックスを画面に挿入する 通常の編集画面に戻ると、画像のように上部にチェックボックスのアイコンが表示されています。 チェックボックスのアイコンをクリックした状態で、画面をクリックして右下へとマウスを動かすと、チェックボックスが表示されます。 チェックボックスを編集する チェックボックスを右クリックするとサイズを変更したり、ボックス内の テキストを編集したりといった変更が可能となります。 作成したチェックボックスの上でクリックすると、レ点が入り、もう一度クリックするとレ点は外れます。 図や写真を挿入する際と同様に、ボックスは自由に移動できるので、ボックスを設置したい項目の横に移動させておきましょう。 チェックボックスをコピーする チェックボックスを右クリックして「コピー」し、適当な場所に「ペースト」すれば、チェックボックスの複製は可能です。 コピーしたいチェックボックスをセル内に配置し、セルの右下をドラックした状態でコピーしたい場所までマウスを移動させましょう。 画像では「店の電源をつける」から「BGMをかける」まで選択して、コピーを行っています。 チェックの多いリストを作成する時には活用してみてください。 テキスト テキストとは、純粋に文字のみで構成されるデータのことをいいます。 太字や斜線などの修飾情報や、埋め込まれた画像などの文字以外のデータが表現することはできませんが、テキストのみで構成されたテキストファイルであれば、どのような機種のコンピューターでも共通して利用することができます。

次の

これは便利!クリップボックスが手放せない

クリック ボックス 使い方

今回は、 iPhoneアプリ「clipbox」の使い方についです。 当然、持っているiPhoneの空き容量分しかダウンロードは出来ませんが… ダウンローした動画などのファイルは、アプリ内の「マイコレクション」というファイルで管理することが出来ます。 もう一つ、clipboxのいいところは、ダウンローした動画や音楽をバックグラウンドで再生できるという点です。 ネットサーフィンしながら、好きな音楽を聞く! なんてことも可能なわけです。 「clipbox」の使い方 では、基本的な使い方を見ていきましょう。 まず、clipboxをダウンロードします。 このアプリは、アカウント登録は不要です。 ダウンローしたら、clipboxを開きます。 すると、このような画面ができてきます。 上記画面の「クリップ」をタップします。 そうすると、下記のような画面になります。 上記画面の「ブラウザ」をタップすれば、設定したブラウザが出てきますし、 「URL」をタップすれば、任意のURLを直接入力することが出来ます。 (ブラウザは、デフォルトの状態だとGoogleになっています。 変更したい場は、画面右下の設定をタップして設定します。 ) ここでは、ブラウザで試してみます。 (下記画像) 「Youtube」で検索してみましょう。 Yooutubeを開いたら、任意の動画をクリックしまう。 任意の動画をクリックしたら、画面の中央したのホームボタンの右にある「+」マークをタップします。 そうすると、確認が出てきますので、「Are you ok? 」をタップ 本当によければ「Really? 」をタップ 保存先は変更もできますが、デフォルトでよければ、「OK」をタップ そうすると、ダウンロードが始まります。 完了するとこんな画面になります。 ダウンロードできたら、ホーム画面に戻り「マイコレクション」をタップ。 閲覧したいファイルを選択します。 以上が、clipboxの基本的な使い方です。 「clipbox」の使い方で注意したほうがいいこと。 動画のダウンローについてですが、原則違法なことをご存知でしょうか? ダウンロード自体が複製の行為に当たるからです。 えっ、じゃぁclipboxは使えないの? ってなってしまいますよね。 しかし、 私的に使用する場合については大丈夫なようです。 ですから、ダウンロードしたものを、 再配布したり販売することは禁止されていますので、 行わないようにしましょう。 詳しくは、こちらで確認出来ます。 bunka. html というわけで、 iPhoneアプリ「clipbox」の使い方についてでした。

次の

Clipbox+(クリップボックス)の使い方まとめ。写真・動画を保存するやり方・ばれるのかどうかも紹介【画像保存アプリ】

クリック ボックス 使い方

チェックボックスの作り方 では、エクセルでチェックボックスを作成する方法を紹介します。 クイックアクセスツールバーを立ち上げる エクセルを立ち上げたら、画面上部のメニューから逆三角形のアイコンをクリックします。 下記の画像のようにプルダウンで項目が表示されるので「その他のコマンド」を選択しましょう。 「リボンにないコマンド」を選択する 以下のように「リボンとツールバー」と書かれたメニュー画面が表示されます。 コマンドの設定から「リボンにないコマンド」を選択してください。 一覧で表示されている項目の中から「チェックボックス」を選択しましょう。 画面の右側にチェックボックスが表示されているのを確認したら「保存」をクリックしてください。 チェックボックスを画面に挿入する 通常の編集画面に戻ると、画像のように上部にチェックボックスのアイコンが表示されています。 チェックボックスのアイコンをクリックした状態で、画面をクリックして右下へとマウスを動かすと、チェックボックスが表示されます。 チェックボックスを編集する チェックボックスを右クリックするとサイズを変更したり、ボックス内の テキストを編集したりといった変更が可能となります。 作成したチェックボックスの上でクリックすると、レ点が入り、もう一度クリックするとレ点は外れます。 図や写真を挿入する際と同様に、ボックスは自由に移動できるので、ボックスを設置したい項目の横に移動させておきましょう。 チェックボックスをコピーする チェックボックスを右クリックして「コピー」し、適当な場所に「ペースト」すれば、チェックボックスの複製は可能です。 コピーしたいチェックボックスをセル内に配置し、セルの右下をドラックした状態でコピーしたい場所までマウスを移動させましょう。 画像では「店の電源をつける」から「BGMをかける」まで選択して、コピーを行っています。 チェックの多いリストを作成する時には活用してみてください。 テキスト テキストとは、純粋に文字のみで構成されるデータのことをいいます。 太字や斜線などの修飾情報や、埋め込まれた画像などの文字以外のデータが表現することはできませんが、テキストのみで構成されたテキストファイルであれば、どのような機種のコンピューターでも共通して利用することができます。

次の