まき は る 小説。 まきの書いたハリポタ小説1話

小説を読もう!

まき は る 小説

狹き門より入れ、滅にいたる門は大きく、その路は廣く、之より入る者おほし。 — 概要 [ ] 物語の語り手であり主人公でもあるジェロームは、2歳年上の従姉であるアリサに恋心を抱く。 アリサもまたジェロームを愛しているが、彼女の妹のジュリエットもまたジェロームに好意を抱いていた。 しかし、ジュリエットと周囲の人々は両者が結ばれることに好意的であるも、に憧れを持つ彼女は、妹への遠慮もあり結婚をためらい続ける。 それは、二人の思いを知ったジュリエットが身を引いてもなお変わらなかった。 アリサは最終的に地上での幸福を放棄し、ジェロームとの結婚をあきらめてついには命を落とす。 残されたジェロームは、アリサが遺したに綴られた自分への熱い思いを胸に、『全てを忘れてしまうまで』一人生きていくことを決める。 この作品において、アリサのの精神は美しく描かれている。 しかしジッドはこの作品を通して、アリサのような自己犠牲に対する批判を行った。 日本語訳 [ ]• 『狭き門』(訳)• 『世界文学全集1』(訳)• 『狭き門』(訳)• 『狭き門』(訳)古典新訳文庫 2015年2月10日 外部リンク [ ]• 訳 新しき村出版部, 1924• 訳 山本書店, 1936 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

小説を読もう!

まき は る 小説

2人の子供を持つ母親でフルネームで「ハラマキ」と呼ばれることを嫌う。 長男は夫の連れ子で、長女は夫との間の子である。 これまでは巡査部長だったが『マリア』のラストで警部補となり8人の部下を持つ捜査一課13係の係長となる 広田達也 警視庁公安部公安課の刑事で麻希の元恋人。 原則夫 警察庁公安部外事課所属。 麻希の夫。 原健太 則夫と前妻との息子。 継母である麻希とは10歳しか離れていない。 ニート。 原菜月 則夫と麻希の娘。 スピンオフで収録の『18番テーブルの幽霊』の主人公である シリーズ一覧 [ ] タイトル 文庫 () あらすじ 1 2011年1月 ある日、麻希は2人の子供を預かったという電話を受ける。 犯人の指示された場所へと向かった麻希だが、そこには同じく息子を誘拐されたかつての上司の姿があった 2 2011年9月 麻希のもとに、公安部から「背望会リクルーターの指紋が見つかった」という連絡が入る。 捜査のため奈良県に向かった。 が、そこで奈良県知事選候補者が誘拐され、身代金の運び屋には麻希が指名される 3 2012年7月 自宅謹慎中の麻希はひょんなことから知り合った10歳年下の警官に頼み込まれ、とある女性の不審死を調べることに。 そのうち想像もつかなかった新事実が発覚する 4 2013年1月 「背望会リクルーター」を逮捕するという使命を受け捜査一課へ移動となった麻希の元にリクルーターの自殺体が見つかったと連絡が入る。 捜査を進める麻希の元に背望会のフォロワーを名乗る「続・背望会」からアゲハの釈放を要求する脅迫メールが届く 5 2013年7月 麻希は菜月が、「背望会リクルーター」の娘と交流を持っているのではないかと疑い、調査を開始する。 さっそく「背望会リクルーター」の娘が通う小学校に向かった麻希は、平日にもかかわらず、校内に誰もいないことに気づく 6 2014年9月 警視庁「女性犯罪」捜査班へ異動となった麻希は奥多摩の陶芸家宅で起きた、一家惨殺事件に挑む殺されたのは十六代目とその妻と双子の娘だった 7 2015年8月 六本木の違法クラブで女子中学生が惨殺される事件が発生。 警視庁「女性犯罪」捜査班の面々はさっそく現場へと向かう 8 2016年5月 税理士の妻子が誘拐されたとの一報が入り、身代金取引現場の近くに偶然居合わせた原麻希が捜査に加わるが、警察が介入していることがばれて取引は中止に。 その後、2人の遺体が発見される。 そして同じ流域で第3の遺体も見つかり 9 2017年3月 北海道に帰省していた原麻希一家は札幌で、氷漬けとなった女性の遺体を発見する。 女性は以前、東京に住んでいた際に、警視庁「女性犯罪」捜査班にストーカー相談に訪れていた スピンオフ [ ] タイトル 単行本 () あらすじ 1 18番テーブルの幽霊 2012年4月・収録 健太と菜月はレストランの従業員をしている友人に相談され予約が入るものの、肝心の予約客が常に現れない「18番テーブルの幽霊の謎」に挑む事になった テレビドラマ版 [ ] 女秘匿捜査官 原麻希 ジャンル 原作 企画 太田大 脚本 松本美弥子 演出 出演者 ほか エンディング 『』と同じ 製作 プロデューサー 志村彰(The icon) (The icon) 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 21:00 - 22:52 放送枠 金曜プレステージ 放送分 112分 回数 1 系列の「」にて特別企画として『 女秘匿捜査官 原麻希』のタイトルでTVドラマ化。 主演は。 原作では、麻希は鑑識課に所属だがドラマ版では捜査一課所属に、夫の則夫も原作では公安部外事課に所属、広田も公安部に所属だがドラマでは変更されている。 2012年から放送開始されたシリーズ作品のひとつ。 当初は2012年6月15日に放送予定だったが、当日にの容疑者が逮捕され、同日の金曜プレステージで緊急報道特別番組を放送したため、ドラマの放送が7月13日に延期された。 キャスト [ ] 原麻希: 警視庁捜査第一課の女性刑事。 広田達也: 警視庁捜査第一課の刑事。 原則夫: 警察庁刑事企画課長。 麻希の夫。 戸倉加奈子: 警視庁捜査第一課の女性刑事。 原健太: 麻希の息子。 ニート。 原菜月: 麻希の娘。 水谷智樹: 警視庁捜査第一課の刑事。 妹尾浩輔: 警視庁捜査第一課の係長。 関谷眞一: 大学生。 連続殺人事件の容疑者。 安西真弓: 6年前の殺人事件の被害者 沢村徹: 殺人事件の被害者. 元 安西洋平: 五島秀之: 新見聡史: 桜井拓弥: 桑野学: 、、、、、、 ほか 放映リスト [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 第1作 2012年7月13日 特別企画 女秘匿捜査官 原麻希 アゲハ 松本美弥子 葉山裕記 スタッフ [ ]• 脚本:• 演出:• 警察監修:• プロデュース:志村彰、高石明彦• 制作:フジテレビ• 製作著作: この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

まきの書いたハリポタ小説1話

まき は る 小説

まきの書いたハリポタ小説1話 ハリーポッター(日本旅行編) キャスト ・ ハリー・ポッター ・ ロン・ウィーズリー ・ ハーマイオニー・グレンジャー ・ ダンブルドア校長 ・ スネイプ先生 ・ ヘドウィグ まきの小説(マジしょうもないよ!)にきてくれてありがとう。 これはまきの思うがままに書きました。 (自由すぎるよ・・・これは。 ) よかったら読んでやってください。 それから読んだ人は感想をBBSに書いてくださるとうれしいです。 やってきました、ココ大阪… 今日はホグワーツの修学旅行らしい。。。 (そんなものあるのか…? でもなぜか生徒はハリー、ロン、ハーマイオニーだけらしい(笑) ハリー「なんだよー。 オレらだけかよー。 」 ハーマ「ちょっとハリー、口悪いわよ!」 ロン「あれは何だ?!でけぇぞ!!」 ハリー「一体何だ?でけぇなぁ。 」 ダンブ「あれは通天閣ゆうねん。 」 ドクンドクン… スネイ「こっこれは…!!」 ロン「これは?!」 ハーマ「何?!」 スネイ「し…進化やないかい!(関西弁?」 ハリー「ふくろうが進化ってするんですか?!」 スネイ「たまに…」 ダンブ「めずらしいものを見せてもらったのぉ…」 ヘドウ「ポッポポポポポ」 ハリー「あっあれは!」 ロン「あの丸いものは何だ!!??」 ダンブ「あっあれは伝説のタコヤキやないかい!」 スネイ「ソースたっぷりの…」 ハーマ「タコヤキ?!」 ダンブ「そう。 タコヤキっちゅうのは大阪名物や。

次の