顔の描き方。 Practicing How to Draw Face Profile

面が見えると自信を持って描ける! 顔の描き方講座

顔の描き方

男性のイラストを描くときに「ひげってそもそもどう描くと 男の人らしくなるのだろう?」「髪型がどうしも単調になってしまう... 」 そんな悩みをお持ちの方は、やとみさんによる男性キャラクターの 描き方講座で男性らしい顔の描き方をマスターしましょう! 男性キャラクターの描き方~顔・髪・身体~ 男性の顔の描き方 はじめに顔の描き方について紹介します。 男性キャラクターの顔の特徴としては、目の位置が高い、シャープな輪郭、太い首、直線的な眉、高い鼻などがあります。 男性は骨格がしっかりとしているため、横を向いたときは鼻が高く、顎の骨が張って見えます。 このように、男性キャラクターの顔は全体的に直線的で骨格が目立つという特徴があります。 男性の顔を描くときはこれらのパーツを強調して描くと、より男性らしい顔を描くことができます。 それでは次に男性と女性ではどのような違いがあるのか比べてみましょう。 女性キャラクターの顔の特徴として、目の位置が低い、ふっくらとした輪郭、細い首、弓なりな眉、低い鼻などが挙げられます。 直線的なラインが目立つ男性に比べ、女性は曲線的なパーツが多いのが特徴的です。 男性を描く場合でも、これらの特徴を理解した上で描くように意識しましょう。 男女の違いを理解せずに描いてしまうと、このように男性を描いているつもりが、女性のような顔に見えてしまったり、男性か女性かわからない顔立ちになってしまうことがあるので注意しましょう。 男性のひげの生え方 次は、ひげの生え方について紹介します。 ひげを生やすことによって顔の印象は大きく変わるため、キャラクターの幅を広げる上でとても重要なポイントです。 ひげが生える箇所は主に口周り、あご、頬、の三箇所です。 量が少なく短いひげは、線で表現します。 量が多い場合は、髪の毛を描くときと同じように面で表現します。 右のように口ヒゲと顎ヒゲをつなげる生やし方もあります。 ヒゲが長く生えている場合は眉毛の毛量を増やしたり、もみあげと顎ヒゲをつなげたりすることで、より毛深い印象を出すことができます。 男性の髪型の描き方 続いて、男性の髪型を紹介します。 一つ目は一番スタンダードなストレートの髪型です。 頭の頂点から骨格に沿わせるようにして描いていきます。 このようなシンプルな線を使って描く髪型の場合は特に頭の形が不自然にならないよう注意しましょう。 二つ目はパーマがかかった髪形です。 この髪型はストレートのときとは違い、髪の曲線とつむじを意識して描いていきます。 毛先を横へ向かせり、上へ向かせることで、クセのある毛を表現することができます。 横を向いたときは、頭の上部の凹凸 おうとつ が目立つのが特徴的です。 三つ目は前髪を上げた髪型です。 髪の毛を後ろへ流しているので、オールバックと似たような髪型になります。 このように前髪を上げている髪型の場合は、前髪と後ろの髪の毛を別々の塊として考えます。 毛の流れが後ろへ向かうように描くことで、普通のストレートヘアやパーマヘアとは少し違った印象を出すことができます。 男性の体つきについて 次は男性の身体つきについて紹介します。 成人した男性であれば、7等身~7. 5頭身程度のプロポーションになります。 女性と比べ、骨格や筋肉が発達しているため、直線的でごつごつとしたラインが特徴的です。 特に首や肩、胸の筋肉は男性らしさを表現する時にとても重要なパーツになります。 より男性らしいキャラクターにしたい場合は首や腕を太くしたり、胸板や腹筋を強調することで、 女性とは違った体つきを表現することができます。 そして、男女の骨格において最も違いが現れる箇所は腰です。 男性の腰の位置は女性より低く、胴が長く見えます。 男性は女性より骨盤が狭く、筋肉が目立つため、直線的な腰のラインになるため、どんなに痩せていても女性のようなくびれができることはありません。 実際に男性キャラクターを描く 男性キャラクターを描く それでは、これまでの内容を踏まえた上で、実際に男性キャラクターのラフを描いていきたいと思います。 男性らしい直線的な顎を意識しながら描いていきます。 次に、首、鎖骨周辺の骨格を目立たせるようにラインをとっていきます。 反対に曲げているほうのひざは筋肉より骨が目立ちます。 胸板の下の部分に線をいれ、筋肉を強調して大まかなベースは完成です。 最終的に輪郭や腕の角度を修正し、頭の大きさを変えて等身を低く調整しました。 これで男性キャラクターの大まかなラフスケッチは完成です。 以上で「男性キャラクターの描き方講座」は終了です。 動画講座では実際に描いていきながら解説を行っていますので、記事よりも更に理解しやすくなっています。 ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

【顔の描き方】顔のパーツのバランスの取り方・鼻の形を知ろう!

顔の描き方

どうもTUTUSIAです! ゲーム会社でキャラクターデザイナーをしています。 基本的な顔の描き方を知りたい• 顔を描く時に重要なポイントはなんですか?• 自分が描いた顔の絵が変なんですけどなんでー?• ちゃんとキャラクターの顔を描きたい 今回このような疑問、悩みを解決する記事を書きました。 実際に仕事でキャラクターを描く時に、意識して描いているポイントやコツをわかりやすく解説しているので、初心者の方でも顔の描き方をしっかり学ぶことができます。 記事の前半では顔を描くうえで重要な2つの要素の解説をして、記事の後半では3ステップに分けて顔の描き方を解説していきます。 顔を描くのは難しいイメージを持っているかもしれませんが、この記事を読めば簡単に顔を描くことができるようになるはずです。 キャラクターの顔が描けるようになると、絵を描くことが楽しくなるので是非参考にしてみてください。 顔の描き方は「輪郭」と「顔パーツの位置」が大切 顔の描き方で意識したいポイントは「頭部の輪郭」「目や鼻などの顔パーツの位置バランス」の2つです。 基本的にキャラクターイラスト等において、輪郭と顔パーツの2つ要素が正しく描けていれば、違和感のない顔を描くことができます。 顔の輪郭 よく、顔の輪郭は「さかさにした卵型」と言われます。 顔上半分の頭部分は丸く、顔下半分の顎の部分は顎先にむかって少しとがっていきます。 今回はシンプルにわかりやすくするため、 顔の輪郭を上から「半円」「長方形」「台形」の3つの図形に置き換えて考えています。 慣れてきたらひとかたまりで描けるようになりましょう。 ちなみに、首周りは同じくシンプルに「三角」と「台形」で考えています 顔パーツの位置バランス 顔の描き方では、顔パーツの位置バランスを覚えることも重要です。 とくに覚えておきたい要素をまとめました。 耳:目から鼻までと同じくらいの幅と高さ 顔パーツの比率をはかるために十字のガイド線を引いています。 これは「アタリ」というもので、プロのイラストレータも顔を描くときに使うので覚えておきましょう。 顔の描き方1:顔の輪郭を描く まずは顔輪郭を描きましょう。 顔輪郭を、「半円」「長方形」「台形」の3つの図形が合わさった形と考えると分かりやすいです。 台形の底辺が顎先にあたり、台形のカタチによって正面かな横のほうを向いているかが表現できます。 頭の輪郭ですが、だいたい 縦:横=3:2が一般的といわれてます。 一方で、丸に近づくほど幼くカワイイイメージになります。 首まわりを描く 首回りも描いておきましょう。 5~2倍幅の三角形をイメージすると描きやすいです。 四角の部分は首本体で、三角形は僧帽筋をあらわしているので覚えておきましょう。 基本的に首はどの方向から見ても頭の真ん中から生えているように見えるので意識しましょう。 顔の描き方2:顔パーツを描く 目や鼻などの顔パーツを描く前に、まずは十字線で顔にアタリを描きましょう。 顎先の中心部分から縦ラインを描きます。 これが顔の中心ラインです。 次に、縦ラインの中点を通る横ラインを描きましょう。 縦横2本の線によるアタリを基準に顔パーツを描いていきます。 なお、下まつげを描かず、上まつ毛だけ描くことでバランスよく見えます。 眉毛を描くときは目に近い高さだと美形にみえます。 斜め顔の時は奥側の目の幅や眉毛の位置を横にずらすことでより立体感が増します。 顎のエラ骨と同じくらいの高さです。 鼻の高さで顔の印象がかなり変わってしまうので、口の次に鼻を描く順番をおすすめします。 口と鼻の位置が近いと美形な顔つきと言われています。 男性の場合ことができるので、このパーツバランスを覚えておくといいと思います。 耳と生え際を描く 目の高さを付け根にはじまり、鼻の高さが耳たぶになるように耳を描きます。 初めのうちは、耳穴を描くとき数字の6のような感じに描いてもOKです。 生え際を分かりやすく言うと、髪の毛が生えてくるエリアの境界線です。 髪の毛を描くときにガイドにもなります。 顔の描き方3:髪の毛を描く 最後に髪の毛を描きます。 デジタルの場合、顔と髪の毛を別のレイヤーに分けて描いておくと、あとで重なった部分を消すときに便利です。 まず髪型のシルエット部分を描きましょう。 (イラストの赤い線)次に、生え際からの髪の毛の流れを意識しながら内側の髪情報を描きこんでいきます。 (図の青い線) 髪の描き方のコツは、あまり髪の線を描きこまないことです。 つむじと毛先部分のみ髪の毛の線を描きこむと綺麗に描けます。 不要な線を消す 十字のアタリ線や髪の毛と顔などの重なった余分な線を消して完成です。 おまけ:目だけ描きこんでみた 先ほど描いた顔のイラストの、目の部分だけを描きこんでみました。 顔パーツの中でも、目は特にみるひとに注目される部分です。 目を描きこむだけでもキャライラストのクオリティが上がりますし、目の描き分けをすることで個性のあるキャラクターを描くことができるようになります。 まとめ 顔の描き方は輪郭と顔パーツのバランスの2つのポイントが重要です。 紹介したシンプルな顔の描き方を参考にしながら、キャラクターの顔が描けるようになりましょう! かんたんな顔の描き方に慣れてきたら、ステップアップにさまざまな向きの顔の描き方に挑戦してみましょう!.

次の

顔の描き方(正面)|ダージのアトリ絵

顔の描き方

でも、かわいい顔を描きたいと思っても「バランスよく描けない」とか、角度を変えて描くと「同じ顔に見えない」なんてことは、描き始めの頃はよくあることです。 ポイントは3つ「髪型・輪郭・目のバランス」です。 でも、最初は「こういう事を気にして描くのか」くらいに思ってもらえれば十分です。 続いて顔の中心線を入れますが、これは曲線で描くといいでしょう。 この中心線を目安に まつ毛を描いて目の位置をきめて、目を描きます。 目を描いてから髪の毛を描くほうが、顔の完成を想像しやすいので、初心者の方は描きやすいと思います。 (眉毛は前髪と重なってるので、アナログの場合は描き直しづらいため、ここでは前髪を描いてから眉毛を描いてます) 中心線を目安に鼻や口、眉毛を書き入れて、目の中も描きこみます。 不要な線(中心線など)を消し、線を整えます。 右と左の首のつき方を比較してみてください。 首は頭の中心よりも後ろについているのが自然な状態。 その他、微妙なアングルも参考までに描いてみました。 男女の横顔の描き方の違い… やはり コツはあごの描き方にあるかと思っています。 これも比較してください。 とにかく女の子はあごをゴツく描かないほうが、かわいく見えます。 補足ですが、かわいい系の男(美男子)または小さな男の子の場合は、女のあごの描き方と大きな差はなくなってきます。 下は同じキャラのいろいろな向きの顔を描いてみました。 ここでは、3つの部分に注目して見てみましょう。 ただ、顔は鼻が高く、あごがとがっていたりしているので、そこを意識して輪郭を描きます。 このような感じですね。 首の付き方などは詳しくは「」を見てみてください。 髪の毛が頭をおおっていること意識して描いていきます。 上の絵のキャラクターはちょっと変てこな髪型をしてますよね。 三つ編みドーナッツヘア(プードルヘア)と呼ばれてる髪型ですが、皆さんに髪の毛を立体的に見てほしくて描いてみました。 正面から見るとリングの穴がはっきり見えますが、向きが変わると変化して横向きだと穴は見えません。 このように 向きによって見え方が変化するので「どんな形(立体)をしているのか」をわかって描くことが大切です。 表面顔の目と横顔の目では明らかに違いますが、 少しの顔の向きが変わっただけでは目の変化に気づきにくいので、よく観察してみてください。 目の部分を見てもらうのと同時に、眉毛の位置や描き方にも気を付けてください。 ここが変だと違った顔に見えたり、目がずれているように感じたりすることもあります。 目について詳しくは「」を見てみてくださいね。 皆さんの参考になれればうれしいです。 おすすめ講座一覧 プロフィール 丘田ぽんち:イラストレーター マンガ系専門校にてキャラクターを担当してます。 今回はピンポイントでキャラクターの描き方(女の子バージョン)などが載ってます。 キャラクターのつくり方(男の子バージョン)男の子らしいしぐさのコツなどが載ってます。 この本はディズニーイラストのHow to Drawブックです。 独特の動きやしぐさ、デフォルメなどのディズニーアニメの表現をていねいにわかりやすく解説しています。

次の