エーユーペイ 20。 au PAY(エーユーペイ)の20%還元キャンペーンで最大70,000円分のポイントを獲得!

au PAYって何?au WALLETとの違いや使い方【初心者向け クレカ基礎講座】 |Gポイント

エーユーペイ 20

変更された点は下記になります。 キャンペーンの終了案内• キャンペーンの継続の可否は 当日17:00までにau PAYアプリで案内• ボーナスポイント対象外• 郵便局での利用は20%還元対象外 au PAY(エーユーペイ)を始めるなら今! 「au PAY(エーユーペイ)」は、会員数が2,200万人を超えており、 「au PAY アプリ」をダウンロードしてau IDを作成することで簡単に利用できます。 高額商品を購入するときの1つの目安として参考にしてくださいね。 キャンペーン期間 お得な決済上限額 2020年2月10日(月)〜2020年3月1日(日) 150,000円 2020年3月2日(月)〜2020年3月22日(日) 150,000円 2020年3月23日(月)〜2020年3月29日(日) 50,000円 au PAY(エーユーペイ)の1回の決済金額の上限がアップ!高額商品の購入にも対応 2020年2月3日までは、au PAYで1回の決済上限金額は49,999円(税込)です。 ポイント還元総額は、毎週先着10億円まで。 もらえるポイント au WALLET ポイント(2020年5月以降、Pontaポイント):最大70,000ポイント ステージ1:30,000ポイント ステージ2:30,000ポイント ステージ3:10,000ポイント ポイント進呈時期 au PAYで決済後、2ヶ月以内に進呈予定。 ステージ1:2020年3月10日頃 ステージ2:2020年3月30日頃 ステージ3:2020年4月14日頃.

次の

[au PAY] 20%還元の1日上限が6000ポイントに設定! [2020年2月24日以降]

エーユーペイ 20

au Pay(エーユーペイ)とは au PAY(エーユーペイ)はau(エーユー)が提供するスマホ決済サービス 「au PAY(エーユーペイ)」は、大手携帯電話キャリアである au(エーユー)が提供するスマホ決済サービスです。 大手携帯電話キャリアが提供するスマホ決済サービスとしては、NTTドコモの「d払い」、ソフトバンクの「PayPay」があります。 au PAY(エーユーペイ)はそれと同列の、競合するサービスということになります。 <3大キャリアが提供するスマホ決済サービス>• au:au PAY(エーユーペイ) <=今回のテーマ• NTTドコモ:d払い• ソフトバンク:PayPay 「au PAY(エーユーペイ)」は、以前はauの回線を持っていないと利用できませんでした。 しかしながら、2019年8月からはauユーザーでなくても、つまり誰でも利用可能となりました。 「au WALLETポイント」は「Pontaポイント」に統合 この統合については、 2019年12月のKDDIとローソンの提携強化により以前から計画されていたものですが、それがついに実現されたものになります。 統合が実施されるまでは、「dポイント」の期間限定ポイントのようなものに移行され、JALマイルには交換できない可能性も危惧していました。 しかしながら、実際には、 「au WALLETポイント」は通常どおりの「Pontaポイント」に移行され、JALマイルにも問題なく交換できるようになっています。 au WALLETポイントがPontaに統合されたことの効果 「au WALLETポイント」がPontaポイントに統合されことで、 「au PAY(エーユーペイ)」の決済でPontaポイントが直接貯められるようになります。 貯められるのは 「200円につき1ポイント」です。 ポイント還元率としては 「0. 5%」となります。 また、 Pontaが提携しているPontaが貯められるお店でカード提示することで、上記の「0. 5%」とは別に、WでPontaポイントを貯めることができます。 Pontaポイントは「1ポイント=1円」で利用可能 「au PAY(エーユーペイ)」で貯められるポイントが、共通ポイントの一角であるPontaポイントとなったことで、利用用途が大幅に拡大されたというのが、今回の統合の最大のメリットということになります。 au PAY(エーユーペイ)のポイントをPontaに連携する方法(設定方法) 「au PAY(エーユーペイ)」の決済でPontaポイントを貯めるには、 「au ID」とPontaのアカウントを連携させる必要があります。 この連携作業は、 「au PAY(エーユーペイ)」のアプリ上から、もしくは、 「au ID」のウェブサイト上から簡単に行うことができます。 ここでは、「au PAY(エーユーペイ)」のアプリ上から、「au ID」とPontaのアカウントを連携させる方法をご紹介したいと思います。 事前準備 事前準備として、 「au PAY(エーユーペイ)」のアプリを最新化する必要があります。 また、Pontaカードをお持ちでない方は、まずは Pontaカードを用意する必要があります。 Pontaカードについては、 提携店舗で物理カードを入手しても良いですし、「Ponta Web」からデジタルカードを発行することも可能です。 <事前準備>• 「au PAY(エーユーペイ)」のアプリを最新化• Pontaカードの準備(デジタルカードでもOK) 「Ponta Web」のウェブサイトは以下になります。 「Pontaポイント」と「dポイント」の相互交換 「dポイント」は当然ながらドコモ陣営のポイントであり、「Pontaポイント」は今回のポイント統合によりau陣営となっています。 この 携帯電話サービスで競合する2つの陣営のポイントが相互交換可能になったというのは、ある意味すごいことですね。 航空業界で考えれば、「ANAマイル」と「JALマイル」が相互交換できるようになったようなものですからね。 ただ、 「Pontaポイントからdポイント」への交換については交換手数料「無料」となっていますが、「dポイントからPontaポイント」への交換には「5,000ポイントにつき250ポイント」の交換手数料が必要になるため注意が必要です。 交換条件をまとめると以下のようになります。 こうやってみると、「dポイントからPontaポイント」に関してはハードルが高いことがわかりますね。 <交換条件のまとめ> 交換単位 交換手数料 交換上限 Pontaポイントからdポイント 100ポイントから、100ポイント単位 無料 なし dポイントからPontaポイント 5,000ポイントから、5,000ポイント単位 250ポイント 年度(4月から翌3月末)内 2回まで 「dポイント」からは50%の交換レートでJALマイルに交換することができます。 このレートはPontaポイントと同じであるため、陸マイラーにとっては「dポイント」に交換するメリットはあまりありません(キャンペーン次第ですかね)。 しかしながら、最近では「dポイント投資」が再度人気を高めていますので、これを目当てに「dポイント」に交換しても良いかもしれません。 ローソンで貯められる「Pontaポイント」 これを併用すれば、 auユーザーでなくても、ローソンでの買い物が「5%」還元になります。 ローソンでの買い物は「au Pay(エーユーペイ)」での支払い「一択」となりそうですね。 ちなみに、キャンペーン期間は、 「どこでもポイント2倍」が5月31日まで、「ローソンならポイント8倍」は内容をリニューアルして6月1日以降も継続されます。 特典内容の詳細は以下になります。 合わせてご確認ください。 <特典内容の詳細>• au PAY(コード支払い)でお支払いいただくと、通常のベースポイントは200円 税込 毎に1ポイント還元のところ、期間中は2ポイントを還元します。 期間中、ローソンでau PAY(コード支払い)でお支払いいただくと、200円 税込 毎に合計8ポイント還元します。 20倍• 期間中のポイント還元上限は下記のとおりです。 対象はau PAY コード支払い で、「コード表示」と「コード読取」での支払いです。 au PAY 請求書支払い も対象です。 本企画を終了する場合は、事前にお知らせします。 本企画で還元されるポイント ベースポイントアップ・ローソン はPontaポイントとして、4月~5月ご利用分はまとめて6月末頃、それ以降はご利用の翌月末頃付与します。 また、キャンペーンの詳細は以下の公式ウェブサイトもご確認ください。 まとめ:Pontaへのポイント統合により、au Pay(エーユーペイ)は陸マイラー注目の存在に! 今回は、「au Pay(エーユーペイ)」のWALLETポイントがPontaに統合されたというニュースをご紹介しました。 「au Pay(エーユーペイ)」はスマホ決済という特徴から、今後もお得なキャンペーンを実施していくと想定されます。 Pontaからは交換レート50%でJALマイルに交換できますので、大量にPontaを貯めれば、大量にJALマイルを貯められるということを意味します。 このことから、陸マイラー、とりわけJALマイラーにとっては「au Pay(エーユーペイ)」が重要な決済手段になったと言えますね。 これからは、「au Pay(エーユーペイ)」の動向に大注目です。 直近は新型コロナの感染拡大で難しいかもしれませんが、再び20%還元のような大型キャンペーンを期待したいところです。 それでは、また! ポイ活の基礎知識 「ポイ活」を始めるなら、まずはこの3つの記事がオススメです。 「ポイ活」に必要な知識を段階的に獲得して、継続的にお小遣いを稼いでいきましょう! <ポイ活の基礎知識>•

次の

au PAY(エーユーペイ)で20%還元!クレジットカードチャージが一番お得!

エーユーペイ 20

au PAYはKDDIが提供するスマホ決済サービス au PAYというのは、大手携帯キャリアauを運営するKDDIが提供する新しいスマホ決済サービスです。 このau PAYは 2019年4月からサービスが提供される予定 です。 KDDIは楽天と業務提携をしているので、このau PAYは 楽天ペイと使える加盟店を共有できる ようになっています。 楽天ペイは約120万店舗で使うことができるので、au PAYも同じ数の店舗で使えるということです。 楽天と提携していることでau PAYへの期待が高まります! 決済方式にはQR決済コード決済とバーコード決済を採用 au PAYは「楽天ペイ」「LINE Pay」「PayPay」などのスマホ決済サービスと同じく 「QRコード決済」と「バーコード決済」を採用 しています。 「QRコード決済」というのは、店舗のレジに用意された決済用のQRコードを読み取ることで支払いをすることができるというもの。 「バーコード決済」というのは決済用のバーコードをスマホに表示させ、それを店舗スタッフに読み取ってもらうことで支払うようになっています。 この「QRコード決済」と「バーコード決済」はよく使われる支払方法で、 難しい操作は何もなく誰でも簡単に支払いを完了 させることができます。 au PAYのメリットとデメリットについて au PAYの最大のメリットは、 スマホをかざすだけで支払いが終わってしまう ということです。 レジで財布を探してお金を出して支払いをするという工程が不要になります。 急いでいる時でも 素早く支払いができる のでとても便利です。 また 財布を持ち歩く必要もない ですし、財布を忘れてしまっても支払いをすることができます。 一方au PAYのデメリットには、現金払いやクレジット払いのように 紙のレシートが発行されない ということがあります。 レシートを保存したいという考えの人は注意が必要です。 またスマホの操作が苦手な人だと、初めは使い方が分からずスムーズに支払いができないことも。 この他にも スマホの充電が切れてしまった場合は支払いができないというデメリット も考えられます。 au WALLETとの違いについて au PAYはスマホを使って決済するサービスですが、au WALLETというのは必要な金額分だけ現金やポイントからチャージして使う電子マネーであり、 au PAYとau WALLETは全く別のもの なのです。 しかしau PAYは「au PAYアプリ」というような新しいアプリができるわけではなく、今現在リリースされている au WALLETアプリの機能のひとつとして登場する予定 です。 au PAYの提供が始まるときにau WALLETアプリが大型アップデートされ、au PAYを使えるようになる予定です。 新しいアプリをダウンロードする必要がなく、 これまでau WALLETアプリを使ってきた人にとっては扱いやすい でしょう。 またau PAYを利用することで au WALLETポイントが貯まるだろう と言われています。 au PAYの使い方は? au PAYを使うには au WALLETアプリをダウンロード する必要があります。 auユーザーであればすでにau WALLETアプリをダウンロードしている人も多いのではないでしょうか。 最初にも紹介しましたがau PAYは「QRコード決済」と「バーコード決済」を採用しているので、 スマホを店舗のレジの端末にかざすだけで支払いを完了させることができる ようになっています。 コード決済で利用したお金については、サービスによって違いはあるかもしれませんが、一般的に現金をチャージして支払う「先払い」・登録した銀行口座から引き落とされる「即時払い」・紐づけたクレジットカードから引き落とされる「後払い」を使って支払うことができます。 au PAYがどうなるかはまだ分かりませんが、 au Walletプリペイドカード・au Walletクレジットカード・じぶん銀行を利用した支払いができる と予測されています。 またauユーザーであれば、 毎月の携帯料金と合わせて支払いすることもできる と考えられています。

次の