手越 祐也 コロナ。 手越祐也、コロナ中に女遊びで処罰を受けるも“大したことないでしょ”

手越祐也、コロナ禍の“キャバクラ手越”開催でジャニーズのチャリティーから除外 ファンも怒りの声(THE PAGE)

手越 祐也 コロナ

写真 コロナ騒動中に炎上した、岡村隆史、石田純一、手越祐也、山田孝之 緊急事態宣言がいよいよ関西でも解除されたが、このコロナ禍でSTAY HOME、自粛が求められてきた中、思わぬ「しくじり」を招いてしまったタレント・俳優が、複数登場した。 コロナに感染しても批判された石田純一 まず大きなニュースとなったのが、ナインティナインの岡村隆史の失言だ。 自身がパーソナリティをつとめるラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』の番組中、「コロナが終息したら面白いことがある」として、生活に困った女性、しかもその中にはカワイイ女性も風俗店に勤務するようになるという内容の発言をした。 「軽い笑いのつもりだったはずですが、これは完全にダメですよね。 結果的に大炎上し、翌週に謝罪、相方の矢部浩之も番組に出演し、お説教ということになりました。 志村けんさんや岡江久美子さんなど、芸能界でも亡くなられた方がいるわけですし、軽率以外の何ものでもありませんでした」 と、ある芸能ジャーナリストは語る。 謝罪後、同番組は岡村個人のものからナインティナインふたりのものに変更し、岡村のほかのレギュラー番組については、現時点で終了や降板とはなっていない。 行動での軽率さで批判されたのは、自身がコロナに感染してしまった石田純一だろう。 4月なかばにコロナウイルス感染が判明、入院することになった。 その数日前に沖縄で経営する店舗の打ち合わせとして、東京では緊急事態宣言下だったにも関わらず沖縄に出向き、しかもそこでゴルフをしていたことが判明。 前出のジャーナリストは言う。 「 打ち合わせ程度ならリモートでできたのに、わざわざ沖縄まで出向き、ゴルフまで楽しんだというところに、多くの批判が集まりました。 感染は沖縄行きより前のゴルフの場だったと言われていますが、回復した今でも同情の声はなかなか聞こえてきませんね」 珍しく「罰」が与えられた手越祐也 活動面でいうなら『NEWS』の手越祐也だ。 まずは、安倍晋三内閣総理大臣の妻・昭恵さんらと3月下旬に会食し、桜の花の下で記念撮影をしていた問題。 「これは私的な会であり、花見の自粛を求められた公園などでのものではない」と首相が説明するなどの問題になったが、花見を我慢する国民から大きな反感を買うことになった。 さらにその後、緊急事態宣言下に、複数の女性と自宅でのパーティーを開催、そのやり取りのLINEが流出した問題だ。 「 まず花見は、昭恵夫人自身がコロナ騒動に関わらず軽率な行動をしがちな人ということもあり、手越とセットで呆れ度を大幅にアップさせてしまいましたね。 未成年の女子とラブホで飲酒したSnow Manの岩本照など、昨今はスキャンダルにめっぽう厳しくなったジャニーズですから、処分は妥当でしょう」(同前) さらには俳優の山田孝之、新田真剣佑らが沖縄でのバカンスを楽しんでいたことも世間を呆れさせることになった。 そして国会で話題の人であった、黒川検事長も新聞記者との賭け麻雀が発覚し、辞職願を提出した。 〈取材・文/渋谷恭太郎〉.

次の

安倍昭恵夫人、コロナ自粛下で手越祐也らとお花見…反社勢力と関係深い人物も出席か

手越 祐也 コロナ

手越の知人が明かす。 「ステイホーム週間と呼ばれたゴールデンウィーク中も、彼は都内の飲み屋にいましたよ。 そこにはこんなやり取りが。 手越〈タクシーで来るでしょ? 〉 A子さん〈タクシーでいくよ! 〉 手越〈領収書もらってきてねー〉 A子さん〈ありがとう! 〉 手越〈20:30ね〉 A子さん〈了解だよ! 〉 手越は芸能界にとどまらない幅広い人脈で知られ、LINEでも〈俺頭良くて成功してる人好きだからいい人とかすごい人しか接しないw〉と洩らしていた。 「手越君は女性を周囲にはべらせて飲むのが好きで、コロナ禍であろうと、連絡すれば駆け付けてくれる子が何十人もいる。 ジャニーズのタレントは『ステイホーム』を呼びかけていますが、手越君は『こんな時だから明るく楽しく! 』なんて言ってます」(前出・知人) A子さんに電話で話を聞くと、「私はただ呼ばれて飲み会に行っただけ。 軽率な行動だったと反省しています」と答えた。 ジャニーズ事務所に事実関係について問うも、回答はなかった。

次の

NEWS・手越祐也、コロナ禍で「女性と宴」「昭恵夫人と花見」も処分なしの怪……ジャニーズファンから不満噴出の予感(2020/05/13 12:00)|サイゾーウーマン

手越 祐也 コロナ

この時期に中国ロケとは、視聴者も肝を冷やしたのではないか。 4月12日の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)にて、NEWSの手越祐也による「手越のノーチャラ生活 in 中国」が放送されたもの。 最初は湖から氷の切り出しに挑み、次は凍った湖で潜水着を着込んでのレンコン掘り、そして最後は40メートルの寒中水泳という、見ているほうが寒さで体が震えてしまいそうな企画に立て続けに挑んでいた。 「新型コロナウイルスの発生源である中国でロケ!?と、多くの視聴者が驚いたに違いありません。 ただ企画の冒頭でこのロケが1月15日だったことをテロップで表示。 武漢市の都市封鎖で新型コロナの脅威が世界中に広まったのは1月23日のことであり、15日時点では死者2人で、中国国内でも武漢での限定した出来事といった認識だったのです。 そして手越のファンからもまた、番組側の姿勢を問う声があがっているようだ。 「氷の切り出しでは湖に浮かぶ氷を跳んで渡ろうとするも、見事に水没。 服を着たまま氷水に浸かるのは凍死の恐れもある危険な行為です。 そしてレンコン掘りではゴム製らしき潜水着こそ着ているものの、凍った湖の中で手越の手が寒さでけいれんする始末。 そして寒中水泳では40メートルを泳ぎ切るも、両脇を現地のスイマーに抱えられながらなんとか氷水から上がるという痛々しい姿でした。 そんな凍死寸前の状況でも撮影を続行していたことには、局のコンプライアンスを疑う声があがってもおかしくありません」(前出・テレビ誌ライター) なんとか低体温症や新型コロナを避けることができた手越だったが、さすがに今回のロケは無理が過ぎたようだ。 (白根麻子).

次の