観葉植物 安い。 プロも利用する!福岡でオススメの観葉植物販売店5選

観葉植物の通販サイトおすすめ3選|人気の大型観葉植物を安く買うならココ

観葉植物 安い

観葉植物を中心としたグリーンに特化したショップ。 明るい店内には生き生きとした植物たちがずらり。 基本的に仕入れは毎日行われており、店頭には毎日新たな顔ぶれの植物たちが並びます。 green fingers market (世田谷区:二子玉川駅) プラントアーティストという肩書きで活動される川本諭(かわもとさとし)氏の展開する「green fingers」のショップのひとつ。 綺麗で上品な植物がたくさんあります。 公式: プロトリーフ ガーデンアイランド 玉川店(世田谷区:二子玉川駅) 売り場面積1000㎡を超える都内最大級のガーデニングショップ。 駅から徒歩13分ほどに位置します。 少し歩くかわりに広いです。 大型なものから小さな植物・お花まで、とにかく品揃え豊富です。 雰囲気はホームセンターの園芸エリアに近い感じですが、価格・品揃え・知識などは都内随一でしょう。 公式: GREEN FINGERS(世田谷区:三軒茶屋駅) Green Fingersの旗艦店です。 コーヒースタンドが併設されています。 公式: TRANSHIP(品川区:武蔵小山駅) 渋い植物もあって、カッコイイお店。 戸越銀座からも歩いていける。 大型の観葉植物から小さな多肉植物まで。 TRANSHIPは樹形にこだわった植物を取り揃えます。 オリジナルのポットは様々な空間に合わせやすいこだわりのデザインです。 インテリアグリーンをお探しの方はぜひ一度TRANSHIPにご来店ください。 個人店にも関らず、様々な電子マネー決済に対応してくれているところも嬉しい。 公式: BASE ANEA BOTANIZEからちょっと散歩がてら歩くのもオススメです GFyard daikanyama(渋谷区:代官山駅) こちらもGreen Fingersの展開する店舗のひとつ。 ここは植木が充実しています。 BASE ANEA BOTANIZE(渋谷区:渋谷駅) botanize白金台と同じく、横町健さんのお店。 器にもこだわりが感じられる、お洒落でこだわりも感じられるボタニカルショップ。 ボタニカル好きなら一度は行っておくべきお店でしょう。 IN NATURAL(渋谷区:渋谷駅) 渋谷以外にも越谷や小田原など関東に数店舗を展開するお店。 ガーデナーのママとサーファーのパパをコンセプトに。 自然をリスペクトし、自然の恩恵を受けて生活するスタイルを、ご提案します。 とのこと。 オンラインストアもあり、エアプランツなど色々と買うことができます。 散歩が楽しい奥渋谷エリアに、アーバンリサーチのお店と併設されています。 プランツを育てるのが初めての方でも、気軽に取り入れやすい植物を多く取り揃えるショップです。 公式: NEO GREEN (渋谷区:代々木公園駅) 雑誌などでもしばしば取り上げられている有名店。 渋谷からも歩けます。 お店は小さいですが、センス溢れる植物がたくさんあって面白いです。 行くたびに新しい植物が見られて楽しいです。 道路向かい側にあるLittle Nap COFFEE ROASTERSのコーヒーも絶品です。 公式: KNOCK by Green Fingers aoyama (港区:外苑前駅) またまたGreen Fingersより。 家具のお店ACTUS(アクタス)の青山店に併設されています。 男性も楽しめるメンズライクで個性的なインドアプランツを多く取り揃えているショップです。 公式: 生活道具屋surou n. n (中央区:水天宮前駅) こちらは植物がメインではないお店ですが、暮らしに馴染む植物も置いている店です。 かわいらしい小さな多肉植物などが意外とたくさん置いています。 茅場町にショウルームがあって、素敵な雰囲気です。 公式: mokuhon(中央区:銀座駅) 銀座にある珍しい観葉植物や多肉植物を扱ったお店。 またグリーンプランツに加えて、器の取り扱いがあり、作家の個展を開いていたりする。 公式: TOKY (中央区:馬喰横山駅) 東日本橋エリアには珍しい植物のお店。 「多肉植物・特別な鉢の販売」と謳っており、多肉と器がメイン。 また店舗は倉庫としての役割を担っており、店舗販売はおまけ的な存在の様子。 従って、月に数日しか空いていないので事前のスケジュール確認が必須です。 公式: オーシャンサイドガーデン 上野店 (台東区:上野駅) 上野駅にこんなお店が…2017年5月にオープンしております。 台東区でこんなお店が出来るとは思っていませんでした。 ディスプレイも素敵です。 (写真は公式ではなく「」様より引用しています。 ) 公式: 芽の巣山 (杉並区:高円寺駅) 多肉植物への愛を感じる小さなお店です。 多肉好きなら絶対に行くべきお店。 多肉に合う渋い器も合わせて販売しています。 (2枚目引用:) 公式: 鶴仙園 西武池袋店(豊島区:池袋) 日本一?のサボテン・多肉植物専門店です。 本店は駒込の住宅街の中にありますが、アクセスも良く、品揃えも抜群ですので、まずは西部池袋店に行くのがオススメです。 僕が詳しくないだけですが、「これがこんな高いの!?」っていうものから、ワンコインで買えるものまで、「ここに行けば間違いないっぽいな」と素人ながらに感じたお店です。 先代 靍岡銀之助は東京千住の紙問屋の生まれたにも関わらず、縁日でサボテンを購入したことからサボテンに魅了され趣味を仕事とする。 昭和5年頃からサボテンの輸入球を主とした専門業者として創業された。 卸小売りを中心とし鶴仙園の基礎を築いた。 歴史を感じますなあ 公式: 渋谷園芸 (豊島区:練馬駅) 練馬に本店を構える大きな園芸店。 多肉植物・エアプランツ・観葉植物、なんでもあります!渋谷の東急百貨店本店屋上にも店舗がありますので、実は行ったことがある人も多いかもしれません。 アクセスがちょっと良くないのですが、植物のお店はアクセスが悪いほど品揃えが良くなりますので仕方ありません、、 公式: OZAKI FLOWERPARK (練馬区:武蔵関駅) 最後に練馬区より大きな園芸店です。 エアプランツがそこかしこにぶら下がっていて、しかも値段がけっこう高いものから、ものすごくお手頃なものまであって、「どこが違うんじゃ…」と戸惑ったことを覚えています。 エアプランツを安く買いたければ、このお店は欠かせないと思います。 多肉も大量です。 公式: 終わりに 渋谷区、目黒区、世田谷区あたりのいわゆるお洒落エリアにやっぱり多かったですね。 でも、お値段・品揃えを考えると豊島区・練馬区が素晴らしいと思いますよ!! 僕が知らない店、行っていない店があると思いますので、「この店忘れてるよ!」というのがありましたら、教えていただけると幸いです。 大学卒業後、金融業界の片隅で働いています。 節約家。 目標は40歳までに1億円貯めて、セミリタイアすること。 「投資で一発」ではなく、再現性の高い方法を目指します。

次の

安く観葉植物を手に入れるおすすめ通販サイト3選

観葉植物 安い

今回は、育てやすい観葉植物をランキング形式でご紹介します。 観葉植物は、お手入れが比較的簡単、という理由で、幅広い年代に人気です。 観葉植物を育ててみたいけど、どの種類にしようかと悩んでいる方は必見です。 観葉植物の魅力 観葉植物は、お手入れが比較的簡単だという理由から、幅広い年代に人気があります。 用途が多様で、インテリアや風水アイテムとしても使われています。 また、植物には癒しの効果もあり、一年中楽しむことができるのも大きな魅力。 観葉植物を自分で育てていくことには喜びも伴いますね。 ただ、観葉植物を育ててみたいけど、「日当たりのいい間取りじゃない」、「仕事や学校で忙しすぎる」、「つい水やりを忘れてしまう」といった理由で悩んでいる方もいるのではないかと思います。 まずは観葉植物選びのポイントを見ていきましょう。 育てやすい観葉植物選びのポイント 育てやすい観葉植物選びのポイントは、次の3つです。 ・手入れの手間が少なくて済む ・虫や病気に強い ・耐寒性や耐陰性が強い 観葉植物は、その種類によって適応力が高いものや力強く育つものなど、特徴が多岐にわたります。 初めて観葉植物を育てる方や、自宅の生育環境が限られている方は、各植物の特徴を押さえておくことが大切です。 では、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。 1.手入れの手間が少なくて済む 1つ目のポイントは、手入れの手間が少なくて済むということ。 育てやすい観葉植物を選びたい場合は、手入れの手間が少なくて済む種類を選んでみましょう。 とくに水やりはもっとも気を遣うポイントだけに「仕事が忙しく水やりが不規則になる」「ついつい水やりを忘れてしまう」という方は、乾燥に強く頻繁に水やりをしなくてもよい種類がおすすめです。 また、植物の種類によっては、冬場に水を与え過ぎると根腐れを起こしてしてまい、かえって生育を妨げることもあります。 こういった特徴を知っておくだけでも、育てる際の不安や負担が軽くなるだけに、植物選びの参考にしてみましょう。 2.虫や病気に強い 2つ目のポイントは、虫や病気に強いということ。 一旦虫がつくと、虫を除去したり、何度もお薬を塗ったりと、手間がかかってしまいます。 また、病気にかかりやすいものだと、回復のための栄養剤や湿度管理など、さまざまなことを気にかけなければなりません。 あらかじめ虫や病気に強い種類の植物を選んでおけば、こうしたトラブルを回避することに繋がるでしょう。 また、植物によっては霧吹きで葉っぱに水をかえてあげる「葉水」という作業だけでも、虫や病気を予防することができます。 こういった対策ができる観葉植物も、育てやすい種類と呼べるでしょう。 3.耐陰性や耐寒性が強い 3つ目は、耐陰性や耐寒性が強いということ。 耐陰性:日当たりの悪い環境でも育つ能力 耐寒性:温度の低い環境でも育つ能力 観葉植物を上手に育てるポイントとして、日当たりの良さが挙げられます。 しかし、居住環境やスペースの問題から、なかなか明るく日当たりの良い場所に植物を置けない場合は、耐陰性の強い種類を選んであげましょう。 また、観葉植物には寒い環境でも元気に育つ、耐寒性に優れた種類も多く見られます。 屋外で植物を育てたい場合や、冬場の気温が低くなる環境に住んでいる場合などは、耐寒性に強い種類を選んであげましょう。 育てやすい観葉植物ランキングベスト5 ここからは、おすすめの育てやすい観葉植物をランキング形式でご紹介していきます。 お部屋のアクセントにもぴったりで、日本の気候や風土にも馴染みやすい観葉植物です。 【ウンベラータの育て方】 日当たりを好むので、明るい場所で育てましょう。 水やりは、春と秋は土が渇いてから、鉢の底から水が出るまでしっかり行います。 真夏は土の表面が乾いてから、真冬の場合は土が乾いて2~3日してから、たっぷり与えて下さい。 水やり以外に、葉水という霧吹きで葉に水をかける作業を行います。 葉の裏側にも霧吹きをすることで、葉ダニやカイガラムシ等の害虫予防にもなります。 【ウンベラータのお手入れ】 とても生育旺盛な観葉植物なので、4~5月に切り戻しをしましょう。 植え替えは3~4年に一度で、時期は5~6月が適しています。 同時期に、挿し木やとり木で増やすこともできますよ。 樹形も可愛らしいく、育てやすい観葉植物です。 【ドラセナ・コンパクターの育て方】 耐陰性が強く明るい日陰でも育てることができます。 しかしあまり光が当たらない場所では、新芽の色味が薄くなってしまうので気を付けましょう。 水やりは、春~秋までは土の表面が乾いてからたっぷり与えます。 冬はあまり水分を消費しないため表面がカラカラに乾いてから2~3日経ってからの水やりでも十分です。 【ドラセナ・コンパクターの手入れ】 植え替えは5~6月が適しています。 切り戻しを行う場合は、植え替え時期と同じ時期に行いましょう。 切り戻しでカットした部分は、挿し木で増やすことができます。 ゴムの木というと、インドゴムの木を指すことが多いのですが、ほかにもあらゆる種類が観葉植物として育てられています。 園芸品種の中でも、昔から人気があるのがこの品種です。 【ゴムの木の育て方】 日陰でも育てられますが、室内の明るい場所が好ましいです。 日差しに当てると葉の厚みやツヤが良くなるので、時々外にだしてあげるといいですね。 暑さに強く、種類によっては寒さには弱いものもあるので、冬場の水のやりすぎには注意します。 夏は乾燥しやすく、土が乾いたらしっかりと水やりをしましょう。 通年での葉水も大切です。 【ゴムの木の手入れ】 根詰まりを起こしたり、大きく成長して鉢とのバランスが崩れたりしたら植え替えます。 5~9月が適しており、鉢から抜いて土を半分程落としてから、一回り大きな鉢に植えて下さい。 挿し木やとり木で増やすこともできますよ。 人気の観葉植物の種類で、トロピカルな雰囲気がお部屋にアクセントを加えてくれます。 【モンステラの育て方】 モンステラは、室内でも丈夫に育つ観葉植物です。 耐陰性は強いですが、やはり熱帯アメリカを原産地とする種類だけに明るい環境に置くと元気に育ちます。 屋外で育てることもできますが、寒さにはやや弱い特徴があることから、冬場は温かい室内に移動させてあげましょう。 水やりは、土の表面がカラカラに乾いたらたっぷりと与えてあげます。 冬場は根腐れを起こさないよう、やや水やりの頻度を控えてください。 【モンステラの手入れ】 モンステラは葉の艶や色つきで、植物の健康状態が把握できます。 普段は霧吹きなどで葉の表裏に「葉水」してあげたあと、日光浴させてあげましょう。 葉が著しく乾燥してしまうと、茶色く変色してしまうため、この場合は変色した部分をハサミなどでカットしてあげてください。 植物が大きく成長すると、根詰まりを起こし生育が悪くなります。 鉢が窮屈になってきたら、生育期の5月~7月頃を目安に植え替えを行ってあげましょう。 存在感ある厚手の葉っぱは、トラのしっぽのような縞柄の模様とから「虎の尾」という和名も付けられています。 インテリア性も高い人気の観葉植物です。 【サンスベリアの育て方】 サンスベリアは日当たりのよい明るい環境を好む植物です。 あまり暗い場所に置いておくと、葉が弱くなるほか、縞柄模様や色つやが悪くなります。 スペースの問題から暗い場所にしか置けない場合は、週に数回程度日光浴をさせてあげましょう。 寒さには弱いことから、冬場は室内の暖かい環境に移動させてあげるのがおすすめです。 一方、乾燥には強く、頻繁に水やりをする必要はありません。 むしろ土が乾燥する程度に抑えておく程度が最適です。 寒い季節(11月~3月)にかけては休眠状態になるため、水やりはまったく必要ありません。 【サンスベリアの手入れ】 サンスベリアは春~秋の成長期に、タケノコのように子株が出てきます。 植物がやや窮屈そうな場合は、株分けをしてあげましょう。 株分けは4月~6月、9月・10月が適しています。 普段のお手入れは、葉に霧吹きをする「葉水」で十分です。 その際に、表裏のほこりなどを拭き取ってあげたら、害虫を予防することができます。 購入した後に、せっかく気に入った観葉植物を枯らしてしまうのはもったいないですよね。 今回ランキングに入っていない、もAPEGOには多く取り扱っています。 APEGOでは、季節ごとの管理法を記載しているカードを同封していますので、安心して育てることができます。

次の

観葉植物の通販サイトおすすめ3選|人気の大型観葉植物を安く買うならココ

観葉植物 安い

目次 観葉植物の購入時期はいつが良い? グリーンショップでは、1年を通じてたくさんの種類の観葉植物が販売されています。 初心者からすると、いつ購入しても同じに思えてしまうかもしれません。 しかし、観葉植物には購入に適したタイミングがあります。 ここでは、おすすめのタイミングについて見ていきましょう。 春から夏にかけてがおすすめ 一般的に、観葉植物の成長期は、春から夏にかけての時期といわれています。 とくに、成長のピークを迎える夏は、店頭に並ぶ種類も多いです。 いきいきと生命力にあふれた姿を楽しめるでしょう。 そんな 夏の期間の観葉植物は、環境適応能力の高さという点でもピークを迎えます。 環境適応能力とは、温度や日当たり、水やりの頻度といった環境の変化に適応する能力のことです。 この環境適応能力がもっとも高くなる夏は、プロの手による管理から一般家庭での管理に移行するうえで、もっとも適したタイミングといえるでしょう。 初心者は秋もGOOD 生命力と環境適応能力の点から考えると、観葉植物の購入に適した時期は春から夏にかけての期間です。 しかし、それ以外の時期は絶対に避けるべきかというと、決してそんなことはありません。 気温が完全に下がる前の秋のタイミングであれば、春から夏にかけてとそう変わらない条件で、観葉植物の栽培をスタートできます。 それどころか、秋だからこそ得られるメリットも複数存在するのです。 観葉植物を秋に購入するメリットには、以下のようなものが挙げられます。 購入価格が比較的安い• 水やりの回数が少なくて済む• 害虫が発生しにくい お得に購入できるうえ、水やりや害虫対策に悩まされることが少ない秋は、初心者にとってうれしいシーズンといえるでしょう。 観葉植物はどこで購入できる? 観葉植物を購入できる場所には、『園芸店』『通販』『ホームセンター』『雑貨店』『100均ショップ』など、たくさんの選択肢があります。 それぞれにメリット・デメリットがありますが、ここではとくにおすすめの園芸店と、通販に焦点を当ててご紹介していきます。 アドバイスを聞きやすい園芸店 園芸店で観葉植物を購入する大きなメリットは、なんといっても 専門家のアドバイスを直接受けられる点です。 園芸店には、観葉植物の特性や管理方法に長けたスタッフが常駐しています。 自分の部屋やライフスタイルに合う観葉植物の提案から、お世話の仕方まで、納得したうえで購入可能です。 また、購入後のトラブルや、成長にともなう植え替えや剪定なども気軽に相談できます。 スタッフと顔なじみになることで、よりスムーズにサービスを受けられるというメリットもあるでしょう。 園芸店は、 観葉植物にまつわるすべてをトータルで任せられる、初心者にもおすすめの購入場所といえます。 東京 グリーンインテリア 『グリーンインテリア』は、 世界各地の多種多様な観葉植物を取り扱う観葉植物専門店です。 グリーンインテリアには、植物について長い経験や深い知識を持つ園芸のプロである『グリーンアドバイザー』がいます。 加えて、植物の産地や品種、特性などの知識を持つ『グリーンマスター』の資格を持つスタッフが在籍しているのです。 観葉植物に関するどんな質問にも答えてくれます。 不安を残すことなく、観葉植物との暮らしをスタートできるでしょう。 なお、グリーンインテリアでは、別料金にはなるものの、商品の配送も引き受けています。 大型の商品を購入や、自宅が遠方の場合でも安心して購入可能です。 店舗名:グリーンインテリア• 住所:東京都江戸川区北小岩2-21-19• 電話番号:03-5668-1187• 営業時間:平日13:00~18:30、土日祝11:00~18:30• 定休日:水曜日(祝日を除く)• 公式HP: 種類豊富で受け取りも楽な通販 多忙で店舗をまわる時間がない、あるいは、自宅でゆっくり選びたい人には、通販を利用した観葉植物の購入がおすすめです。 通販であれば、自宅にいながら多数の店舗の商品を見比べたり、時間を気にせず購入手続きができたりします。 また、実店舗と違い、確実に配送で商品を受け取れるのも魅力です。 大型の商品も安心して購入できるでしょう。 ここで、観葉植物を取り扱う人気のオンラインショップを紹介します。 グリーンロード 『グリーンロード』は、自宅での利用からギフトまで、 どんなシーンでも利用できる豊富な品揃えで知られるオンラインショップです。 オンラインショップのほか、多数の法人との取引実績を持つ実店舗も展開しているため、信頼性も高く、顔の見えない通販であっても安心して利用できます。 事前に置き場所を選んでおこう 観葉植物を購入する際には、『この部屋のここに置きたい』といった具体的なイメージを固めている人が多いのではないでしょうか。 しかし、そこが観葉植物の成長に適した場所かどうかまで考えている人は、多くありません。 観葉植物の置き場所を考えるうえで、重要なポイントを確認しておきましょう。 頻繁な移動はNG 季節による気温の変化や日当たりなどに気を遣うあまり、頻繁に観葉植物の置き場所を変える人は珍しくありません。 しかし残念ながら、観葉植物のためを思ってのその行為は、むしろ観葉植物に大きなストレスを与えている可能性が高いのです。 本来、植物は1つの場所で生涯を過ごします。 置き場所が変わると、観葉植物は新たな環境に適応するための大きなエネルギーを必要とするのです。 その結果、株そのものが弱り、場合によっては枯れてしまう可能性もあります。 冬場に温かい場所へ移動するなどのやむを得ない事情がない限り、できる限り1カ所で育てるようにしましょう。 避けた方が良い場所 観葉植物に適した置き場所を選ぶには、避けるべき場所を知ることが1番の近道です。 以下では、具体的な避けた方が良い場所を紹介します。 直射日光が当たる場所• 風通しの悪い場所• エアコンの風が当たる場所• 冬の屋外• 1日中暗い場所 もともと暖かい地域で育つ種類の多い観葉植物は、極端に気温の低い環境では生きていけません。 また、日光を好むものの、強い直射日光にさらされ続けると、葉焼けを起こしてしまうので注意しましょう。 水やりの仕方を覚えていこう 観葉植物への水やりは、どんなタイミングで、どの程度を目安にすれば良いのでしょうか。 初心者にとってはわからないことばかりの水やりについて、覚えておきたいポイントを紹介します。 土の表面が乾いたらたっぷりと水やり 観葉植物への水やりは、 『土の表面が乾いたタイミングでたっぷりと』が基本とされています。 もっとも簡単な見極め方は、土の色です。 水をやったばかりの土は、濡れて黒く見えますが、乾いてくると徐々に白っぽくなってきます。 表面全体が白くなったと感じたら、水やりのタイミングです。 ただし、観葉植物がエアコンの風にさらされているような場合には、条件が変わります。 この場合、土の表面こそ乾いているものの、内部はまだしっかりと潤っている可能性が考えられるのです。 この状態でさらに水やりをしてしまうと、根腐れを起こすリスクが高まるので注意しましょう。 なお、水を与える量については、受け皿に水があふれ出してくる量を目安にします。 しっかりと鉢全体に水が行き渡ったら、 根腐れを防ぐために受け皿の水を切るようにしてください。 様子を見ながら適した水やり方法で はじめて観葉植物のお世話をする人が、水やりのペースをつかむには、それなりに時間がかかります。 基本的な水やりのタイミングを覚えるのももちろん大切なことですが、それ以上に大切なのは、観葉植物の状態を見極める目を持つことです。 たとえば、水やり直後の葉というのは、張りのあるみずみずしさがあります。 その一方で、水分不足の葉は、先端がしおれて力なくうなだれています。 この状態の変化を把握してください。 同じ種類の観葉植物でも、株によって個性があります。 日々観察するなかで、自分の観葉植物の個性を知り、適切な水やり方法を見つけ出しましょう。 別の鉢に植え替えたいときは? 鉢の植え替えは、観葉植物を大きく健康に育てるための大切な作業です。 種類や大きさによっては、必ずしも必要なものではありませんが、基本の育て方の一環として、ぜひマスターしておきましょう。 植え替えの手順 基本的な植え替えの手順は、以下になります。 鉢底石の上に少し土を被せてから、鉢に観葉植物を入れる• 鉢の土を棒で軽くつつきながら鉢の中の土を隅々まで行き渡らせ、安定させる• 水をたっぷりと与える 冬の植え替えは植物が弱る可能性あり 観葉植物の植え替えに適した時期は、 5月中旬から9月中旬にかけてです。 この時期の観葉植物は成長期にあたるため、多少の環境の変化は問題なくやり過ごせます。 しかし、 休眠期にあたる冬季の植え替えの場合、環境の変化に適応するだけのエネルギーが十分ではありません。 結果として、観葉植物を弱らせてしまうことにもなりかねないため、次の成長期を待ってから植え替えるようにしましょう。 大きすぎる鉢は根腐れの原因に 今後の成長を見越して、はじめから大きめの鉢に植え替えておこうと考える人は多いかもしれません。 しかし、観葉植物の大きさに対して極端に大きい鉢は、 与えた水が乾いていくまでの時間が長く、根腐れの原因となります。 植え替え用の鉢は、観葉植物の現在の大きさに対し、一回り大きいものを基準に選ぶようにしましょう。 まとめ はじめて観葉植物を購入する際は、購入場所や購入後のお世話など、たくさんの不安がつきものです。 しかし、基本的なルールさえ知っておけば、観葉植物を育てるのは決してむずかしいことではありません。 購入時期や水やりの方法、植え替えの手順などを確認しておくことで、いざ購入した際も、安心してお世話ができるでしょう。 必要な情報を整理して、ぜひ生活の一部に観葉植物を取り入れてみてください。

次の