テンプル 大学 三軒茶屋。 テンプル大学の評判について。こんにちわ。僕はアメリカのコミカレを今年卒...

テンプル大学ジャパンってどこのFランですか?

テンプル 大学 三軒茶屋

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学長:ブルース・ストロナク/TUJ)は、2020年の夏休みも小中高校生向けに短期集中英語プログラムを開講します。 大学で教鞭を執るティーチング経験豊富なTUJの講師陣が、国際色あふれる現役TUJ学生アシスタント(TA)とタッグを組んで、参加者のみなさんが「米国大学式」の授業を楽しめるようさまざまな工夫を凝らしてお迎えします。 現時点では、昨年8月に移転した三軒茶屋の本学新キャンパス内での実施を予定しています。 今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、オンライン授業での実施となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。 授業形態につきましては、7月初旬に決定し、本学ウェブサイトでお知らせいたします。 参加者の英語のレベルに応じたクラス分けを行います。 高校生を対象とした5日間の短期集中型の英語スキルアップ講座です。 講座前半は食文化をテーマにバイオ食品、環境問題などさまざまな切り口で英語の4技能(読む、聞く、書く、話す)を総合的に学びます。 後半はプレゼンテーションまたは学内TOEFL対策のいずれかのコースを選択し、それぞれのコースで必要なスキルを集中的に磨きます。 授業には、講師に加えTUJの現役学生がティーチングアシスタント(TA)として入り、参加者の学びを支えます。 また、2日目以降の授業冒頭に行われる「TAセッション」では、参加者と年代の近いTAが授業をリードし、リラックスした雰囲気で学習します。 TUJや海外大学への進学を希望する方、また夏休みを利用して短期集中で英語力をアップしたい方などに最適な講座です。 参加者の英語のレベルに応じたクラス分けを行います。 開講式から閉講式まですべてが英語で行われ、参加者は英語漬けの3日間を過ごします。 読む・聞く・書く・話すといった個々の技能より、英語の総合力を伸ばすようデザインされたプログラムです。 「世界の気候・生活・文化」「世界のリーダー」「未来の世界」、それぞれのトピックについて深く考えながら単語や表現を学んだり、文章にまとめたり、ディスカッションをしたりといった様々なアクティビティに取り組みます。 ネイティブスピーカーの講師のほかTUJの現役学生もティーチングアシスタント(TA として入り参加者のサポートをします。 講師が参加者に一方向に教えるのではなく、アクティビティを通じて学ぶアメリカの大学の参加型スタイルで進行しますので、積極的に学ぶ姿勢も身につきます。 積極的に授業に参加するという姿勢は、英語の授業のみならず、今後の学校の学習にも役立ちます。 参加者の英語のレベルに応じたクラス分けを行います。 本格的に英語の授業が始まる中学1年生の夏を大いに活用し英語漬けの3日間を過ごす集中型プログラムです。 ネイティブスピーカーの講師やTUJの現役学生のティーチングアシスタント(TA)と英語でグループワークをしたり、アクティビティをしながら楽しく英語を学びます。 「美術」「科学」「社会」などの中学校で扱う教科をすべて英語で学習する実践タイプの授業です。 参加者の英語力に合わせてクラス分けをするので、英語にあまりなじみのない初心者の方から、既に堪能な方まで幅広く参加いただけます。 「読む、聞く、書く、話す」の英語4技能を総合的に学び、中学校の1学期で学んだ単語や文法の定着を目指します。 生の異文化体験を通して英語をより身近に感じ、秋からの新学期に向けて学習意欲の向上にも繋がるプログラムです。 参加者の英語のレベルに応じたクラス分けを行います。 小学校での英語の教科化スタートにより、年々関心が高まっている小学5・6年生を対象とした3日間のサマープログラムです。 「算数」「理科」「社会」「音楽」「図工」など小学校で学ぶ科目をテーマに、絵や図形を見たり、体を動かしながら参加者の単語力や表現力を伸ばし、簡単な文章を使って説明したり、アクティビティなどを通して、アメリカの大学の授業スタイルで楽しく英語を学びます。 授業には経験豊富な講師に加え、TUJの現役学生がティーチングアシスタント(TA)として教室内外で参加者をサポートします。 授業はすべて英語で行われますが、小学生にもなじみやすいトピックを軸にフレンドリーな雰囲気の中で行われるので、英語力のレベルにかかわらずどなたでも安心してご参加いただけます。 午前クラス、午後クラスのいずれかの時間帯を選択できます。 次年度以降の再開にご期待ください。 temple. edu 【リリース発信元】 大学プレスセンター 情報提供:.

次の

テンプル大学ジャパンキャンパス、三軒茶屋に移転 昭和女子大学敷地内に完成の新校舎へ

テンプル 大学 三軒茶屋

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学長:ブルース・ストロナク/TUJ)は、2020年の夏休みも小中高校生向けに短期集中英語プログラムを開講します。 大学で教鞭を執るティーチング経験豊富なTUJの講師陣が、国際色あふれる現役TUJ学生アシスタント(TA)とタッグを組んで、参加者のみなさんが「米国大学式」の授業を楽しめるようさまざまな工夫を凝らしてお迎えします。 現時点では、昨年8月に移転した三軒茶屋の本学新キャンパス内での実施を予定しています。 今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、オンライン授業での実施となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。 授業形態につきましては、7月初旬に決定し、本学ウェブサイトでお知らせいたします。 参加者の英語のレベルに応じたクラス分けを行います。 高校生を対象とした5日間の短期集中型の英語スキルアップ講座です。 講座前半は食文化をテーマにバイオ食品、環境問題などさまざまな切り口で英語の4技能(読む、聞く、書く、話す)を総合的に学びます。 後半はプレゼンテーションまたは学内TOEFL対策のいずれかのコースを選択し、それぞれのコースで必要なスキルを集中的に磨きます。 授業には、講師に加えTUJの現役学生がティーチングアシスタント(TA)として入り、参加者の学びを支えます。 また、2日目以降の授業冒頭に行われる「TAセッション」では、参加者と年代の近いTAが授業をリードし、リラックスした雰囲気で学習します。 TUJや海外大学への進学を希望する方、また夏休みを利用して短期集中で英語力をアップしたい方などに最適な講座です。 参加者の英語のレベルに応じたクラス分けを行います。 開講式から閉講式まですべてが英語で行われ、参加者は英語漬けの3日間を過ごします。 読む・聞く・書く・話すといった個々の技能より、英語の総合力を伸ばすようデザインされたプログラムです。 「世界の気候・生活・文化」、「世界のリーダー」、「未来の世界」、それぞれのトピックについて深く考えながら単語や表現を学んだり、文章にまとめたり、ディスカッションをしたりといった様々なアクティビティに取り組みます。 ネイティブスピーカーの講師のほかTUJの現役学生もティーチングアシスタント(TA として入り参加者のサポートをします。 講師が参加者に一方向に教えるのではなく、アクティビティを通じて学ぶアメリカの大学の参加型スタイルで進行しますので、積極的に学ぶ姿勢も身につきます。 積極的に授業に参加するという姿勢は、英語の授業のみならず、今後の学校の学習にも役立ちます。 参加者の英語のレベルに応じたクラス分けを行います。 本格的に英語の授業が始まる中学1年生の夏を大いに活用し英語漬けの3日間を過ごす集中型プログラムです。 ネイティブスピーカーの講師やTUJの現役学生のティーチングアシスタント(TA)と英語でグループワークをしたり、アクティビティをしながら楽しく英語を学びます。 「美術」、「科学」、「社会」などの中学校で扱う教科をすべて英語で学習する実践タイプの授業です。 参加者の英語力に合わせてクラス分けをするので、英語にあまりなじみのない初心者の方から、既に堪能な方まで幅広く参加いただけます。 「読む、聞く、書く、話す」の英語4技能を総合的に学び、中学校の1学期で学んだ単語や文法の定着を目指します。 生の異文化体験を通して英語をより身近に感じ、秋からの新学期に向けて学習意欲の向上にも繋がるプログラムです。 参加者の英語のレベルに応じたクラス分けを行います。 小学校での英語の教科化スタートにより、年々関心が高まっている小学5・6年生を対象とした3日間のサマープログラムです。 「算数」、「理科」、「社会」、「音楽」、「図工」など小学校で学ぶ科目をテーマに、絵や図形を見たり、体を動かしながら参加者の単語力や表現力を伸ばし、簡単な文章を使って説明したり、アクティビティなどを通して、アメリカの大学の授業スタイルで楽しく英語を学びます。 授業には経験豊富な講師に加え、TUJの現役学生がティーチングアシスタント(TA)として教室内外で参加者をサポートします。 授業はすべて英語で行われますが、小学生にもなじみやすいトピックを軸にフレンドリーな雰囲気の中で行われるので、英語力のレベルにかかわらずどなたでも安心してご参加いただけます。 午前クラス、午後クラスのいずれかの時間帯を選択できます。 次年度以降の再開にご期待ください。 temple. edu 【リリース発信元】 大学プレスセンター 「英語」をもっと詳しく.

次の

テンプル大学ジャパンキャンパス

テンプル 大学 三軒茶屋

先日テンプル大学の日本校から学部課程の合格の通知をいただきました。 しかし、学費の高さから様々な問題が現在生じていて、 進学をするためにはいろんなことを耐えたり、根気強く続けて事が必要だと、 住まいや奨学金のことについて調べていてわかりました。 しかし、我慢をしていざ通ってみたら期待していたものと違うというのは嫌なので、 ぜひ通っている方、または通っていた方にアドバイスや経験談などを教えて欲しいのですが、 なにせ日本での知名度はまだまだ低く調べても他の大学の批評のようにぽんぽん出てきません。 出てきたとしても古いものばかりで新しい情報がなく困っています。 来週、実際に見学に行く予定ではあるのですが、それ以外にも情報を集めたいと思ってここに質問しています。 以下は箇条書きで質問内容を書いていきます。 もし、何かわかる方がいやっしゃれば回答してくれると幸いです。 自分で見て、実際に感じることが大事だとは思うのですが、 見学時と普段とはやはり違うのかなと勘ぐってしまいます。 ここで少しでも疑問を減らせればいいと思っていて、 またここでの情報が私と同じような疑問を抱えてる人の助けにも 最終的にはなれればいいなと思います。 回答よろしくお願いします! 在校生です。 今後の入学希望者の方々に少しでも為になるといいなと思い、回答させて頂きます。 思うがままに書くので、誤字脱字があるかもしれませんが、参考にしてくだされば嬉しいです。 真面目な人は真面目にやりますし、遊ぶ人は遊んでますし。 でも、授業内のディスカッションなどで刺激になることはたくさんありますよ!先生や授業の質は、他の大学と比べた事がないので分からないですが、悪くはないと思います。 >一週間でこなす課題量は?テストは大変? 授業によりけりですが、多い場合は毎回課題だされます。 (20ページくらいの資料読んでその要約を書いたり、一枚程度のビデオなどの感想を書いたり)課題として、文献を読んで来ることが多くだいたい10~30ページの資料を読みます。 テストも授業によりけりです。 政治やアジア研究系の授業は論文形式のテストですし、経済(数学)系は計算であったり四択であったりします。 どのタイプのテストでもテスト前の勉強は欠かせません。 >2年生までは共通科目だけど、何を学ぶの?(資料に記載がなかったため) 専攻関係なしに幅広く勉強します。 数学や環境学やアメリカ史や人種、あとは国際関係系の授業もあります。 >Placement testでは英語の能力を問われるだけ?それとも一般教養も? 英語と数学(日本の高校レベル)です。 >就職はいいって聞くけど、本当? 「就職はいい」とはどういった意味でしょうか?単なる就職率のことですか?それとも大手に行く人という意味ですか?就職浪人は居ないように感じます。 外資が多めですが、最近は日系企業にもいく卒業生が多くなってきたみたいです。 >入学率に比べて卒業率が少ない・・・、留年や中退する生徒はどんな感じ? 授業を休みがち人や、授業外での勉強(テストにそなえて復習など)をしない人は成績が伸びず、中退にまで行ってしまうように感じます。 また、「留年」という概念がない学校です。 (「60単位以上で3年生」と言った感じで、習得単位数で学年が決まるからかな?) >バイトで生活費をまかないながらの勉強は厳しい? 私はいまはやってないですが、バイトで生活費をまかないながらやっている学生はいますよ!バイト終わって疲れても勉強しなくてはならない時もあるので、そのあたりは覚悟必要です。 >奨学金は貰ったことありますか? 学校内で付与される奨学金の事ですかね?それならもらったことあります。 ある一定のGPAがあれば貰えます。 >卒業までに生き残るに必要なことは? 勉強めんで言うなら、忍耐ですかね…。 英語力は必然とついてきます。 最初の一年は大変ですが、それ以降はやり方が分かってくるので楽になりますよ!その一年を乗り越えられなくて、中退を選んでしまう方が多いです。 (他の理由などであきらめてしまう方もいますが) 大変そうな事しか書いてないですが、それだけではなく友達と過ごして楽しい事や勉強を通しての達成感を感じたりできます!あと他の方が授業料についておっしゃってましたが、 >不合格となり再履修すれば,また授業料が必要なんじゃないですか? はその通りです。 授業ごとにお金がかかるので、単位を落としてしまうとお金をドブに落とすようなことになります。 しかし、フルタイム・パートタイム制度があるので、必ずしも「ドブに落としてしまう」とは言えないです。 見学に行く際に職員の方にそのあたりを聞いてみると良いかと思います。 授業や生徒の質が、期待をしていたものに近かったので少し嬉しいです。 回答者さんは日本で育って一度も海外を経験することなくの入学でしたか? それとも海外での英語の習得の経験を経て進学をしたのでしょうか? 回答していただいた中にGPAの取得があれば、とあったのですが一通り課題をこなして授業を出席し、 また試験での結果が良ければ条件に見合うGPA取得が可能だと考えますか? あと、奨学金は継続して貰えることは可能だと思いますか? こちらは込み入った話で、失礼かとは思うんですけど、 入学の際に何か外部の奨学金を利用して学費などを払いましたか? 重ねての質問で、内容も遠慮がないもので申し訳ないです。 答えれる範囲でのもので構わないので是非よろしくお願いします!! 補足内の質問に対する答え方かわからないので、こちらで書かさせて頂きます。 >回答者さんは日本で育って一度も海外を経験することなくの入学でしたか? 高校までは日本の公立学校へ通ってました。 海外も旅行程度で、英会話教室も行ってなかったです 笑 ただ、英語はずっと中学から好きで、英語を勉強するのが嫌いではなかったです。 >回答していただいた中にGPAの取得があれば、とあったのですが一通り課題をこなして授業を出席し、 また試験での結果が良ければ条件に見合うGPA取得が可能だと考えますか? 私は可能であると思います。 私自身の例ですが、周りにいる賢い友達(日本人・外国人)によく頼ります 笑 勉強は一人でするものではないのでね: また、先生方も頑張りを見てくれるので、きちんと取得できます。 >あと、奨学金は継続して貰えることは可能だと思いますか? 可能であると考えます。 >入学の際に何か外部の奨学金を利用して学費などを払いましたか? 外部の奨学金についてですが、JASSOの奨学金(ローン形式)などがあります。 あと名前忘れてしまったのですが、高校生の成績をもとにして出される奨学金もあります。 (たしかそちらはローン形式ではなく、さらに全学費の全額か半額を負担してくれるタイプだったと思います。 ) 内情が見えにくい大学ですよねー…。 私も入る前は不安しかなかったですが、実際に入ると同じ境遇のような友達がいたり環境にも慣れてくるので、ちゃんと勉強していて落ちたり中退したりしてしまう事はほとんどないと思います。 大体勉強に対するやる気が無いような子が中退してしまう印象があります… 分かりにくかったらすみません!また何かあれば質問してください。 色々迷う事もあると思いますが、自分がやりたい事や将来の事(就職やそれよりも後のこと)を考えながらじっくり決めてください。 同業他社の「経営」をいろいろ見ていました。 >学費の高さから様々な問題が現在生じていて に学費が書いてありますが,授業料は「1単位あたり何円」の計算であり,日本の「1年あたり何円」ではありませんね。 要卒単位をとるには,同大では 6,313,600円 かかると書いてあります。 日本式に4年間で割ると,年額約160万円となります。 しかし・・・この計算には「落とし穴」があるんじゃないですか? 履修登録した科目にすべて合格できれば,630余万円ですむでしょう。 しかし,不合格となり再履修すれば,また授業料が必要なんじゃないですか?(大学によく確かめてください) 単位を落とすことは,ざらにあります。 少なくともぼくの担当科目では。 日本の場合は定額なので,「1年次で落としすぎたので,2年次にがんばった」みたいなことをしても,支払額は変わりません。 留年しないかぎり。 逆にいうと,同大では,合格することに日本以上に血眼にならざるをえなんじゃないですかね。 アルバイトのために課題が出せなかったりして単位を落とすと,せっかくの稼ぎが再履修の授業料になる(何のために働いてんだかわからなくなる)こともあるかもしれませんよ。 ぼくは業界人なのでテンプル大学(米国本校)の名前は知っていましたが,日本校があるとは知りませんでした。 公式サイトによると,(引用)「2005年2月14日、文部科学省より正式に外国大学日本校としての指定を受けました。 日本の大学との単位交換や、TUJ卒業後に日本の大学院への進学が正式に認められます」だそうですから,まだ評価が聞こえないのも当然でしょう。 によると,選任教員数は驚くほど少ないですね(あとは非常勤講師でまかなっている)。 ぼくが勤務する田舎国立大学の1つの「学科」よりも少ないです。 しかも,彼らがすべて経済学専攻で単科大学だというならまだわかりますが,てんでバラバラ。 卒業しても「教養課程修了」(なにかを専攻した人ではない)くらいの扱いを受けるんじゃないかと思います。 教員の質を知りたいなら,上記のページで名前をクリックすると個人ページが表示されますから,学位,過去の研究業績,教育歴を見ればいいです。 あなたが自分で判断してください。 判断できなければ,教員に質を問う水準ではないということです。 少なくともあなたよりも上ですよ 爆。 しかし、英語の実力を証明するテスト 私の場合はIELTS でスコアを取る為に留学中励み、取得は容易ではなかったので、私が思うにそれが大学入試に相当するものでした。 しかし、帰国後他の国語以外の教科を勉強、復習する余裕がなくやむ終えなく選べる中で最良と思われる選択をしたのも事実です。 先生の質に関して、専任や大学での専攻 のことだとは思うんですが がバラバラだということには着目をしておらず、外部から東大や企業の方がよく教師として教鞭をふるっているとは聞いていたのですが、それほどまでだとは考えていませんでした。 ご指摘いただいた通り、自分で判断可能な限りホームページて確認してみようと思います。 ありがとうございました!.

次の