ご 検討 いただけ ます と 幸い です 英語。 「検討する」は英語で?時間をかけてよく考える時の表現17選!

I would appreciate if you could V.お願い編「〜していただければ幸いです」

ご 検討 いただけ ます と 幸い です 英語

催促メールを送るタイミングに注意 ビジネスメールでは、約7割の人が「24時間以内にメールの返信が来ないと遅いと感じる」といった調査結果があります(ビジネスメール実態調査2017)。 こういった結果を見ると、遅くとも翌営業日中にはレスポンスをするのが望ましいといえるでしょう。 しかし、海外の人との取引では時差もあるため、思い通りにいかないこともあります。 例えば、日本とアメリカ・ロサンゼルスの時差は17時間、ニューヨークは14時間、イギリス・ロンドンは9時間あります。 日本から3月1日の午後1時にメールを送った場合、ロサンゼルスでは2月28日の午後8時です。 そのため先方が、翌日の出勤後、3月1日の午後1時にメールを確認して、社内での検討などを経て翌日の3月2日の午後1時に返事をしたとしても、日本時間では3月3日の午前6時です。 会社に出勤して午前10時に確認したとしても1日半近く時間が空いたことになります。 海外とは時差があることを踏まえたうえで、催促メールを送ったり、返信の期日を設けたりする配慮が必要です。 また、取引先に催促メールを送る前に、本当にメールを送信できているかどうか、下書きのまま保存していたり通信エラーになっていたりしていないかを確認しましょう。 また、相手の返信を見落としていたり、間違えて削除したりしていることも考えられるので、 問い合わせる前に自分のメールを確認するようにしましょう。 関連記事: 英語で催促メールを送る場合の件名 Reminderが一般的 催促メールの件名には"Reminder"を付けます。 ほかに、"Friendly Reminder"や"Gentle Reminder"のような表現もあって"Reminder"よりも丁寧で柔らかいニュアンスで相手に伝わります。 このほかにも"Quick Reminder"「ちょっとした確認」"Final Quick Reminder"「最終確認」なども使います。 このときの"quick"は「時間をとらせませんよ」という意味があります。 関連リンク: 返信を催促する場合の英語例文 返信をくださいという表現 返信をお願いするときは、下記のような表現を参考にしてください。 I look forward to hearing from you. 返信よろしくお願いします。 "hear from ~"は「~から連絡をもらう」という意味で、手紙やメールなどの末尾に添える定番の言い方です。 I would be grateful if you could let us have your answer concerning this matter by March 10. この件に関して3月10日までにご回答をいただけると幸いです。 "I would be grateful if ~"「~していただけるとありがたく思います」は丁寧な表現で、ビジネスシーンでよく使われます。 期限を設け、早めの返信を促す場合 ビジネスメールでは、相手に送る最初のメールに返信の期限を入れるのが基本です。 「いつまでに」と具体的に期日を伝える場合は次のような表現があります。 リマインドメールで、改めて返信期限を伝える際にも使えるので覚えておきましょう。 Please respond by this coming Friday. 今度の金曜日までにお返事をください。 I would appreciate it if you could give us your reply by March 15. 3月15日までにお返事いただけると幸いです。 期限を設けるほか、返信をお願いする理由を示しておくと効果的な場合もあります。 I need your information in order to complete our report. 報告書を作成するために、あなたからの情報が必要です。 I need to submit it to the customer by March 5. 3月5日までにお客さまに提出しなければいけません。 メールの最後に、メールが行き違いになっている場合を考えて、次のような一文を添えておくのもオススメです。 If you have already shipped the sample, please disregard this message. 見本を既に出荷済みでしたら、このメッセージを無視してください。 ほかに、早めの返信を促したい場合には次のような表現があります。 I hope to hear from you by April 15. 4月15日までにお返事をいただきたいです。 もう少し丁寧な印象にしたい場合は下記のような表現もあります。 I would appreciate it if you could get back to me right away. すぐにお返事をいただけるとありがたいです。 主語を"I"や"We"でなく"Your early reply"や"Your prompt reply"「早めの返信」とすることで、急いでいることを強調することができます。 この言い回しもビジネスシーンでよく使われる表現です。 A prompt reply will be greatly appreciated. 迅速な返事をいただけると幸いです。 「~していただけませんか?」とお願いするときは、"Could you ~"を使って下記のように表現することができます。 Could you please send me your reply by April 30? 4月30日までにお返事をいただけますか? "Could you ~"の前に"I apologize for the urgency, but ~"「お急ぎ立てして申し訳ありませんが」を加えると、より丁寧な印象になります。 催促のニュアンスをやわらげる表現 強い言い回しを避けて、こちらの勘違いかもしれないというニュアンスを含みながら問い合わせる場合には次のような表現が使えます。 I e-mailed you on March 15, but it seems that you have still not replied. 3月15日にEメールしましたが、お返事がないようです。 私のメッセージが届いてないかもしれないと心配しています。 「こちらからお知らせする情報が不十分で返信できないのかもしれない…」、そんなときは次のような一文を添えてみましょう。 Please let me know if you need more information concerning this matter. この件についての詳しい情報が必要でしたらお知らせください。 メールを作成してみよう 催促メールを送る際の例文をご紹介します。 Dear Mr. If you have any questions or concerns, please let me know. Best regards, Taro Yamada スミス様 本メールは私が4月15日に送信しましたメールに対する返信をいただいていないということを念のためにお知らせするものです。 私のメールがひょっとして届いていないのかと危惧しております。 スミス様のフィードバックは私が提案書を修正するのに必要なものでございますので、4月30日までに返事がいただけますと大変ありがたく存じます。 ご質問や気になる点がございましたら、お知らせください。 よろしくお願いいたします。 山田太郎 関連リンク: 催促メールでも丁寧さを忘れない 取引先の相手からメールの返信がないと不安になりますが、催促メールを送るときも相手の気持ちに配慮した、気づかいのある表現をしましょう。 通常のビジネスメールとマナーや注意点は同じ。 メールを受け取った相手にも気持ちよく動いてもらえるように丁寧な言い回しで、分かりやすく書くことを心がけましょう。 この記事をシェアする•

次の

是非前向きにご検討くださいって英語でなんて言うの?

ご 検討 いただけ ます と 幸い です 英語

締めの言葉として使われることが多く、角を立てずに 相手に催促をしたい時に便利な言葉です。 挨拶としてだけでなく、メールや会話が終わりである合図にもなります。 「ご検討ください」ではなく 「ご検討くださいませ」としたほうがよい ご検討を使ったシンプルなフレーズ 「ご検討ください」は、 丁寧ではありますが、命令しているような響きを感じる人も少なくありません。 ビジネスシーンでは 「ご検討くださいませ」とした方が、 より丁寧でビジネスで使うにふさわしいフレーズになります。 ご検討の後に続く言葉をこだわると ビジネスで良い印象を与えられる 「~くださいませ」は女性的な語感で、使うのに抵抗があるかも知れません。 ビジネスにもふさわしい「ご検討」を使った例文をご紹介します。 常套句として使えるので、まるまる覚えると表現力が広がります。 例文順に、より丁寧な表現になります。 「ご検討くださいませ」よりも、男性的で誰でも使えるシンプルなフレーズです。 間違ったフレーズではないですし、ある程度の丁寧さもあります。 同僚や近い上司にはいいかも知れませんが、相手によってはより丁寧な表現のほうが好ましい場合もあります。 最も使われる「ご検討」の言い回しフレーズでしょう。 まれに、「よろしく、ご検討のほどお願いいたします。 」とのフレーズも見られますが、「よろしく」は「お願いいたします」に掛かるべきなので、「ご検討のほど、よろしくお願いいたします。 」が正しいフレーズです。 「~のほど」との使い方は、断定を避けて表現をやわらげるので、「ご検討」よりも「ご検討のほど」の方が、丁寧さが感じられます。 「検討してもらう」を謙譲表現にしたフレーズです。 「幸いです」には謙虚なニュアンスもあるので、かなり丁寧な感じがあります。 Considerには、前向きに検討するニュアンスが含まれています。 Thank you for considering. Thank you for your consideration. Your consideration is greatly appreciated. ご検討に代わる言葉 「ご検討」に代わる言葉には、「お考え」「ご一考」「ご思案」などがあります。 お考えくださいませ。 ご一考、よろしくお願いいたします。 ご思案のほど、よろしくお願いいたします。 などと置き換えが可能です。 また、置き換えにより、フレーズの堅さに違いが出るので、場面に合わせて使い分けるのがいいでしょう。 まとめ 「ご検討」を締めの言葉として使うと、締めの挨拶と終わりの合図も兼ねた表現になります。 「ご検討」は、後に続く言葉で、フレーズの丁寧さのニュアンスが変わります。 ご検討ください。 順に、丁寧さが増します。 また、「ご検討」は「お考え」「ご一考」「ご思案」との置き換えが可能で、言葉によって文章に柔らかさが出ます。 ビジネスでは丁寧さは大切ですが、過剰な丁寧さは、かえって失礼になる場合もあります。 表現力を広げる語彙で良い印象を与えられれば、いいビジネスにも繋がります。

次の

コース紹介|インタースクール|ビジネス英語、通訳者・翻訳者養成学校。東京・大阪・京都・名古屋・福岡・仙台に開校。

ご 検討 いただけ ます と 幸い です 英語

「提案」を「ご検討ください」と完全に言わないと行けません。 フォーマルで堅い言い方は「Please consider our proposal」。 もっともっとカジュアルな言い方だと「Please think on it」とか「Please have a think about it」でも通ります。 最近ではビジネス英語、カジュアル英語の境界線がぼやけてきました。 なぜかと言うと、フォーマル過ぎたらその人の性格がよくわからないままになってしまいます。 なので、「もっとプロフェッショナルに言え!」と語るビジネスマンもいますが、正直に言うと時代に遅れて聞こえることもあります。 最近はもっと empathy を求めようとする動きがあって、そうすればお客様と共感が得られると言う考えです。 とは言っても、使っている言葉だけでなく、「言い方」もありますので、このサイトでは表現しきれない要素も多々あります。 大事なのは、真剣に検討してもらいたいと言う、質問者様の熱情を伝えることです。 それは言葉だけじゃないと思います。 「検討する」というのは、英語では場合によって言葉が変わるんです。 一番目の「To consider」というのは、 最初の企画書、提案、アイディアなどを出すときに使う単語です。 例文: 「いろいろな提案を出させていただきましたが、どれが一番良いかを検討してから教えていただけますか?」 「We've put out various suggestions, so please tell us which is the best one after you consider them. 」 「To give it some consideration」も同じ使い方で、同じニュアンスです。 「We've put out various suggestions, so please tell us which is the best one after you have given it some consideration. 」 2番目の動詞、「To inspect」というのは、 完成した企画書、契約、証明書などをチェックするときに使う言葉です。 例文: 「この契約書をご検討ください。 もし何か誤りなどがございましたら教えていただけますか?」 「Please inspect this contract. Can you please let me know if there are any mistakes? 」 という使い方です。 「ご検討ください。 」という文章を英語で伝えると、「Please consider it. 」という文章も「Please give it some consideration. 」という文章も使っても良いと考えました。 「Consideration」は「検討」という意味があります。 この言葉は名詞です。 動詞は「consider」です。 例えば、「Please consider the proposal. 」と「Please give the proposal some consideration. 」と言っても良いです。 「Proposal」は「プロポーザル」です。 ビジネス場面でよく使う「ご検討ください」は英語で「please consider」と「please think about」で表現できます。

次の