僕ヤバ おねえ。 僕の心のヤバイやつ (ぼくのこころのやばいやつ)とは【ピクシブ百科事典】

【桜井のりお】ロロッロ!&僕ヤバ ver.51【チャンピオン】 | ラブチカ速報

僕ヤバ おねえ

あらすじ [ ] 市川京太郎は中二病を患う中学2年生で、日々殺人の妄想を繰り広げていた。 彼は自分と対照的な同級生・山田杏奈から見下されていると思い込んでおり、特に彼女を殺したいと思っていた。 ある日、京太郎は山田が学校に食べ物を持ち込み、図書室で食べているのを目撃する。 その後も山田は美少女のイメージとはかけ離れた言動をとり、京太郎はそんな彼女を放っておけなくなるが、その理由が分からず煩悶する。 そんな折、体育の授業で山田が負傷するアクシデントが起こる。 負傷に涙する山田を見ていた京太郎もいつしか泣いており、そのことに気づいた京太郎は、自分が山田に恋していたことを自覚する。 一方の山田も当初は京太郎のことを特に気に留めていなかったが、次第に彼に関心を抱き、お気に入りの漫画を貸すなど自分から積極的に交流を図るようになる。 そして2学期最後の登校日、山田は漫画の続巻を貸すという理由で、クリスマス・イブに京太郎と会う約束を取り付ける。 登場人物 [ ] 主人公とヒロイン [ ] 市川 京太郎(いちかわ きょうたろう) 本作の主人公を務める男子中学生。 作中では家族として母と姉が登場しており、2人からは「京ちゃん」と呼ばれている。 内向的な性格で友達を持たず 、休み時間は読書をして過ごしており 、昼休みは図書室に入り浸っている。 同級生を殺す妄想をするなど中二病を患っており、モノローグでは偉ぶった物言いをすることもあるが、自己肯定感は低い。 他方でスマートではないながらも行動力があり 、作中では困っている人のために行動を起こす場面がしばしば描かれている。 山田に対しては当初、自分のような陰キャを下に見ているものと決めつけていたが、物語が進むにつれて彼女の意外な姿を目の当たりにするようになり、次第に彼女に惹かれ、遂には恋心を自覚するに至っている。 一方で、自己肯定感の低さなどが災いして山田が自分に好意を抱いていることには気づいておらず、山田の言動について見当違いの解釈をしてしまうこともある。 山田 杏奈(やまだ あんな) 本作のヒロイン。 京太郎の同級生で 、雑誌モデルとして活動する美少女。 の上位にいる陽キャで 、校内では友人の小林ちひろ・関根萌子・吉田芹那と行動を共にすることが多い。 性格はかつマイペースで、間の抜けたところもある。 また食い意地が張っており 、お菓子の持ち込みを禁止されているにもかかわらず、校内で隠れて食べている。 物語開始時点では京太郎のことは特に意識していなかったが、その後、彼が自分を助けてくれていることに気づき、彼女なりに親愛の情を示すようになる。 物語が進むにつれて図書室に顔を出すことが増えていき 、京太郎への好意も増していっている。 恋心を自覚してからは、自分からボディタッチすることも厭わないなど、より積極的に京太郎との距離を縮めようとしている。 その他の人物 [ ] 小林 ちひろ(こばやし ちひろ) 京太郎と同じクラスの女子生徒。 山田の親友で、彼女からは「ちぃ」と呼ばれる。 よく山田の世話を焼いており、京太郎からは密かに「彼氏さん」と呼ばれている。 一方で抜けているところもあり 、異性には弱い。 関根 萌子(せきね もえこ) 京太郎と同じクラスの女子生徒で、山田の友人。 派手な容姿で言動は軽薄であり、京太郎からはビッチ扱いされているが、その実、学業成績は学年上位を誇る。 吉田 芹那(よしだ せりな) 京太郎と同じクラスの女子生徒。 山田の友人で、彼女からは「にゃあ」と呼ばれる。 気が強く、情に厚い。 足立(あだち) 京太郎と同じクラスの男子生徒。 クラスメイトの神崎・太田とともにしょっちゅう猥談をしている。 山田に惹かれており 、彼女がいる女子グループにモーションをかけているが、卑猥な下心を見抜かれてしばしば冷たい視線を向けられている。 神崎(かんざき) 京太郎と同じクラスの男子生徒。 足立や太田とともにしょっちゅう猥談をしている。 素朴な見た目に反して異性に関する発言はマニアックで、京太郎からはブス専扱いされている。 原(はら) 京太郎と同じクラスの、した女子生徒。 神崎に好意を抱かれており 、2人で出かけたりしている。 また山田とも交流があり、彼女と京太郎が互いに想い合っていることに感づいている。 南条(なんじょう) 京太郎の1学年上の先輩。 山田との交際を狙って幾度となくアプローチをかけているが、そのたびに山田の友達に阻まれている。 京太郎からは「ナンパイ」と呼ばれ、嫌われている。 おねえ 京太郎の姉。 名前は不明。 大学生で軽音部所属。 京太郎のことは「京ちゃん」と呼んでいる。 性格はクール系だが弟のことは溺愛している。 京太郎からはうざがられているものの、二人で街に出かける程度には仲がいい。 作風 [ ] 先述したように、本作は陰キャ少年・京太郎と陽キャ少女・山田の恋物語である。 ストーリーは京太郎の視点で描かれており 、彼が恋に落ちていくさまが事細かに描かれている。 他のキャラクターについても表情の些細な変化などから心情をうかがい知ることができるようになっており、総じてキャラクターの感情や関係性の変化が丁寧に描かれた作品となっている。 一方で、京太郎と山田は互いに好き合ってはいるものの、相手に惚れた決定的瞬間がいつなのかは明確にされていない。 これは意図的なもので、作者の桜井は、中学生の初恋は恋愛感情とそれ以外の感情の境目が曖昧であり、恋に落ちたタイミングと恋を自覚したタイミングが違うという面白さを本作で表現したかったのだと発言している。 この意図はタイトルにも表れており、桜井曰く「僕の心のヤバイやつ」というタイトルは「自分の中にある、恋心なのか何なのかわからない感情」を表現したいという思いから生まれたものだという。 本作と並行して執筆された『』とは、陰キャの子供を主人公に据えているという共通点がある。 これは当時の桜井が陰キャの子供とその周りの人間との関係性に関心を抱いていたことに起因しているが、他方で主人公の性別は異なり、その結果、『ロロッロ! 』では主人公が同性の女子グループに馴染めるかが描かれているのに対し、本作では異性の女子と親しくなれるかという点に主眼が置かれるという、異なる観点を持つ作品に仕上がっている。 加えて本作は『ロロッロ! 』よりもリアリティを追求した作品となっており 、陰キャ男子のがリアルに描かれているほか 、作中に登場するも男子中学生の性欲を生々しく描いたものになっている。 また、本作は桜井曰く「サラッとも読めるけど、何度も読み返すことでも発見がある」作品になるよう作られている。 実際に、作中には「答えを明示しない謎」が散りばめられており、新しい話が公開されるたびに、謎の存在に気づいた読者がインターネット上で考察を繰り広げるのが恒例となっている。 制作背景 [ ] 桜井によると、かつて自分を担当していたが人事異動に伴って一時漫画の編集業から離れてしまったといい、その編集者が再び漫画雑誌の編集部に配属された際、一緒に漫画を作りたいと思って桜井がコンタクトを取ったことが、本作が生まれたきっかけだという。 なお、この編集者の当時の配属先は編集部であったが 、本作は『週刊少年チャンピオン』での連載を経てウェブコミック配信サイトでの連載に移行するという経緯をたどった。 これについて桜井は、本作はもともとウェブコミック配信サイトでの連載を予定していたと語っており、その上で、作品を知ってもらうため序盤の話のみ『週刊少年チャンピオン』に掲載する形を採ったと発言している。 男子を主人公に据えるというアイディアは、『ロロッロ! 』で少女型ロボットが男子化する回を描いたことがきっかけで生まれた。 この回では男子化したことで女子を見る目が変化するという話が描かれており、桜井曰く、そこから「男子目線から女子を描くと、魅力的に見えるんじゃないか」という着想を得たという。 一方で、ヒロイン・山田のモチーフは元アイドルのであり、桜井によると亀井のパーソナリティの一部を山田に反映させているという。 社会的評価 [ ] 受賞歴 [ ] 映像外部リンク - 本作は複数のにノミネートされており、このうち一般投票型の漫画賞で好成績を収めている。 特にには『』のオトコ編で3位に入っており、これを記念して実写が公開されている。 受賞年 セレモニー 部門・賞 対象 備考 2019 オトコ編3位 僕の心のヤバいやつ WEBマンガ部門5位 僕の心のヤバいやつ 2020 13位 僕の心のヤバいやつ 11位 僕の心のヤバいやつ 4位 僕の心のヤバいやつ 書評 [ ]• 小説家のは、自らが学生時代に京太郎のような存在であったことをふまえ「かつて市川だった皆に刺さるはずの漫画 」と評価している。 の(文責:本間英士)では、『』からの連想で当作を紹介。 ただかわいいだけのラブコメではなく、京太郎を見る山田の視線などのキャラクターの表情の機微や、次第に2人の距離が縮まり山田の表情が「恋する女の子」に変化していくさまが秀逸であると評価している。 書誌情報 [ ]• 『僕の心のヤバイやつ』 〈〉、既刊3巻(2020年6月8日現在)• 2018年12月15日初版発行(2018年12月7日発売 )、• 2019年9月15日初版発行(2019年9月6日発売 )、• 2020年6月15日初版発行(2020年6月8日発売 )、 なお、第3巻では通常版に加えて特装版もリリースされている。 特装版には『僕らの心のヤバイやつ』と題した小冊子が同梱されており、作中人物のプロフィール帳やなどが収められている。 出典 [ ] []• ナターシャ 2018年3月8日. 2020年4月11日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 1 2020年3月3日. 2020年4月19日時点のよりアーカイブ。 2020年6月14日閲覧。 ぶくまる. 2020年5月19日. 2020年6月5日時点のよりアーカイブ。 2020年6月14日閲覧。 KAI-YOU. net. 2020年6月8日. 2020年6月14日時点のよりアーカイブ。 2020年6月14日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年4月3日. 2020年4月12日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年7月10日. 2019年7月2日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 マグミクス. メディア・ヴァーグ. 2020年4月15日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 2020年4月12日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 2019年11月2日時点のよりアーカイブ。 2020年6月14日閲覧。 コミスペ!. 2 2019年5月8日. 2019年9月23日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 Real Sound. 2020年4月12日時点のよりアーカイブ。 2020年6月14日閲覧。 コミスペ! 2018年12月9日. 2019年5月9日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 コミスペ!. 1 2019年5月8日. 2019年9月23日時点のよりアーカイブ。 2020年6月14日閲覧。 コミスペ!. 2020年7月14日閲覧。 「THE BEST MANGA 2020 このマンガを読め! 」『フリースタイル』第44号、、2020年1月10日、 79頁。 小林聖 2019年9月9日. マグミクス. メディア・ヴァーグ. 2020年4月18日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 ねとらぼ. 2 2020年2月11日. 2020年3月5日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2019年12月11日. 2020年1月2日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2019年8月22日. 2019年12月1日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2020年1月31日. 2020年1月31日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2020年3月16日. 2020年4月12日時点のよりアーカイブ。 2020年5月3日閲覧。 Inc, Natasha. コミックナタリー. 2020年6月18日閲覧。 GetNavi web ゲットナビ. 2020年6月30日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2020年6月20日. 産経ニュース. 2020年6月30日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2020年6月8日. 2020年6月9日時点のよりアーカイブ。 2020年6月14日閲覧。 秋田書店公式サイト [ ] 以下の出典は『』内のページ。 書誌情報の発売日の出典としている。

次の

『僕の心のヤバイやつ』47話感想「可愛い」と言わせたい山田と言わない市川の攻防は必見

僕ヤバ おねえ

『僕ヤバ』47話のサブタイトルは「僕は可愛いが言えない」。 「可愛いが言えない」と「可愛い」が言えないがかかったダブルミーニング!!! 可愛いとは思っているものの、目の前の山田にはなかなか言えない市川の心を表していて見事。 可愛いと言わせたい山田と市川の攻防は見ものでしたね。 あからさまに誘導してるのに、まったく引っかからないんだもの。 2人だけのデートにまさかの市川姉も参戦し、さらにドキドキが止まらない! 山田は可愛いと言わせたい 「これっどお?」とベレー帽を被りながら尋ねる山田が可愛すぎるんだが!?しょんぼりするところ含めて可愛い。 続いては「どっちが可愛い?」と2択に絞るも空振り。 「ーの方が…?」の目つきヤバイでしょ。 狙い澄ました言葉も届かず撃沈。 次なる手は実際に着てみるしかなかろう。 頑張れ、頑張れ山田。 なんとか「可愛い」を言わせようとするのは、パンケーキ屋の待ち時間で、山田母を「可愛い」と市川が言ったところからの流れなんですよね。 嫉妬もあるだろうが、普段より着飾った自分を褒めてほしい、可愛いと言ってほしいのは当然じゃないですか! おねえ、登場 山田の着替えの妄想に耐えきれず、試着室から離れちゃう市川の思春期感よ。 衣ずれの音ってえっちだよね…分かるよ… 「勃ったらゴミ」と母と姉の顔を思い浮かべるのには笑った。 いけない気持ちになったらダメな時には家族を思い出す。 あるあるだと思います。 ただ、おねえは界隈で大人気なんだぞ!!! まさかの妄想じゃなく本物の市川姉が登場!市川、姉のこと「おねえ」って呼んでるんですね。 ふいに山田の前でも言いそうになって言い直すのが微笑ましい。 ドキドキ試着室 姉に見つからないように、市川を試着室に引き込む山田。 なんて大胆なんだ!!! 思春期の男女、密室。 何も起きないはずがなく… 背中がばっくり空いてるのを気にしてもじもじする山田の愛おしさ。 普段のスポブラと違って気合入ってませんか? マンガを渡しに来るのはただの口実。 完全にデート、デートなんですよ!! 人目につかないのを良いことに、耳元でささやくのはずるい。 ドキドキが止まらないに決まってるでしょう。 すでに山田は結婚まで見据えている可能性がある。 市川の「追々…改めて…」の返事はご挨拶回の布石と見て良いのだろうか。 母の次は姉。 外堀がどんどん埋まっていく! 「似合うから……」と言葉を絞り出した市川、頑張った、めちゃくちゃ頑張った!!! 山田の言わせようとした「可愛い」じゃないけれど、これはこれであり!!山田のついに言ってくれるのか?と期待する表情もたまりません。 安心したのも束の間、背中を見られ、見てドキドキの試着室での一幕にオチがついたのでした。 姉からのLINEについて 姉からの自撮りは市川の心を落ち着けるとともに、読者にひとつの疑問を抱かせる。 姉は試着室の前にある靴を見て、市川がいると感づいてたとしたら…?気付いたうえでLINEを送っていたとしたら…? 仲良いから新しいスカートの写真を送るくらいはするだろうが、分かったうえで行動していたのかもしれない。 隣の試着室で耳をすませて、弟のアレコレを見守っていた…!?送った瞬間の通知音で気付いてもおかしくない。 真実はお姉のみぞ知る。 次回の更新は6月30日。 渋谷編、クライマックス! 僕ヤバの担当が4度アルティメットエンドを迎えたそうで、とんでもない展開が待ち受けているはず。 アオリ文で「悶絶必至」とうたわれておりますが、もう毎回悶絶しっぱなしですよ!!.

次の

「コミスペ!」で桜井のりお先生のインタビューが公開!『僕ヤバ』の新情報盛りだくさん!

僕ヤバ おねえ

100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123• 124• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134• 135• 136• 137• 138• 139• 140• 141• 142• 143• 144• 145• 146• 147• 148• 149• 150• 151• 152• 153• 154• 155• 156• 157• 158• 159• 160• 161• 162• 163• 164• 165• 166• 167• 168• 169• 170• 171• 172• 173• 174• 175• 176• 177• 178• 179• 180• 181• 182• 183• 184• 185• 186• 187• 188• 189• 190• 191• 192• 193• 194• 195• 196• 197• 198• 199• 200• 201• 202• 203• 204• 205• 206• 207• 208• 209• 210• 211• 212• 213• 214• 215• 216• 217• 218• 219• 220• 221• 222• 223• 224• 225• 226• 227• 228• 229• 230• 231• 232• 233• 234• 235• 236• 237• 238• 239• 240• 241• 242• 243• 244• 245• 246• 247• 248• 249• 250• 251• 252• 253• 254• 255• 256• 257• 258• 259• 260• 261• 262• 263• 264• 265• 266• 267• 268• 269• 270• 271• 272• 273• 274• 275• 276• 277• 278• 279• 280• 281• 282• 283• 284• 285• 286• 287• 288• 289• 290• 291• 292• 293• 294• 295• 296• 297• 298• 299• 300• 301• 302• 303• 304• 305• 306• 307• 308• 309• 310• 311• 312• 313• 314• 315• 316• 317• 318• 319• 320• 321• 322• 323• 324• 325• 326• 327• 328• 329• 330• 331• 332• 333• 334• 335• 336• 337• 338• 339• 340• 341• 342• 343• 344• 345• 346• 347• 348• 349• 350• 351• 352• 353• 354• 355• 356• 357• 358• 359• 360• 361• 362• 363• 364• 365• 366• 367• 368• 369• 370• 371• 372• 373• 374• 375• 376• 377• 378• 379• 380• 381• 382• 383• 384• 385• 386• 387• 388• 389• 390• 391• 392• 393• 394• 395• 396• 397• 398• 399• 400• 401• 402• 403• 404• 405• 406• 407• 408• 409• 410• 411• 412• 413• 414• 415• 416• 417• 418• 419• 420• 421• 422• 423• 424• 425• 426• 427• 428• 429• 430• 431• 432• 433• 434• 435• 436• 437• 438• 439• 440• 441• 442• 443• 444• 445• 446• 447• 448• 449• 450• 451• 452• 453• 454• 455• 456• 457• 458• 459• 460• 461• 462•

次の