ノート パソコン ゲーム。 【ノートパソコン】低スペックPCでもできるSTEAMでおすすめのゲーム24選

ノートPCのモニターで据置型ゲームをプレイする方法

ノート パソコン ゲーム

ノートPCでゲーム実況は出来るの? ノートパソコンでゲーム実況をしてみたいという人も多いかもしれません。 マイクとキャプチャーボードと動画編集ソフトとパソコンがあればゲーム実況は出来ます。 デスクトップはです。 どのくらいの性能が必要なの? 実際にプレイする際にカクツキがなくスムーズにゲームの録画を行え、編集ソフトで快適に動画編集出来るパソコンが必要になります。 PCゲームでの実況・配信ではPCゲームを快適に動作させられる性能は必要になるでしょう。 そうなるとハイエンド機種が適しています。 家庭用ゲーム機のゲームをキャプチャーして録画した動画を編集する用途だとミドルクラスが適しています。 ゲーム中にカクついてしまう カクツキに関してはゲームの場合はグラフィックボード(GPU)の性能が足りない場合とCPUの性能が足りていない、メモリの容量が足りていない、ストレージがSSDでは無い場合がほとんどでしょう。 スムーズに録画出来ない スムーズに録画出来ないという場合は動画ソフトが重い場合もあります。 動画ソフトにパソコンの性能が追いついていない場合がありますが、軽い編集ソフトを使用すればなんとかなる場合もあります。 有料のソフトの方が簡単ですが、スペックは必要になります。 商用としてやる場合にはがおすすめです。 有料ソフトを使用してもっと高度な編集や人と違う実況動画を作りたい場合は検討する余地があります。 ノートPCの熱の問題 ノートPCよりデスクトップPCの方が冷却性能に関しては圧倒的に有利です。 ゲーム実況をしようする場合にはゲームをして、録画ソフトを立ち上げて、それを動画編集ソフトで編集するというパソコンの使い方の中でも一番性能が必要な部類に入る作業をする事になります。 その為普通の作業に比べて圧倒的に高温度になってしまいます。 パソコンの製品はある程度の温度までは耐えられるように設計されてはいますが、常時高温で作業していると当然製品寿命は短くなります。 ノートパソコン用の冷却装置がよく売られていますね。 それを活用しましょう。 ノートPCの電源の問題 デスクトップ型と比べてスペック以外にも電源の問題もあります。 特にゲーミングノートPCの場合はゲームを主にプレイするユーザーが選択するパソコンなのでよりバッテリーの消耗が激しいです。 ハイスペックであればあるほどバッテリの消費も激しくなるからです。 基本的にはゲーミングノートPCはACアダプタで使うものと考えていた方がいいです。 デスクトップの方がいいの? デメリットばかりあげましたが、実際デメリットの方が多いのでこればっかりは安易に決めてしまうのはやめておいた方がいいと思います。 学生の方で家にいる時間が短い人、頻繁に引っ越しする人や、ホテル暮らしの方、海外出張の多い方など様々な人がいるのでそういう人にとっては家に帰らないと使えないデスクトップPCはただの大きい箱になりかねないのでノートPCを選ぶ意義はあるかと思います。 また、家にデスクトップPCを置くことで家の中が狭くなってしまうので一人暮らしの方や同棲している方などはゲーミングノートPCを選択する方も多いと聞きます。 さらに、デスクトップPCを所有している方でもサブPCとしてゲーミングノートPCも購入する方も多いとも聞きます。 おすすめのゲーム実況用スペック CPU core i7以上 GPU GTX 1660Ti以上 メモリ 16G以上 SSD 500GB以上 HDD 2TB以上 性能を踏まえるとこのくらいのスペックは最低限欲しいと思います。 あくまで目安です。 最新ゲームの場合にはストレージの容量が500B以上は最低限無いとゲームをプレイする上で支障が出てくると思います。 GTX1660Tiの性能はかなり高いのでゲームで実況動画を作る事も可能なスペックです。 後はどの程度の画質でプレイするのか どの程度のクオリティの実況動画をどの程度の頻度で作成するのかが判断基準になります。 ハイエンドに適している用途 FPSならノートPCよりデスクトップPCの方が適していますが、性能の高いモデルであればできるでしょう。 その辺りはタイトル次第です。 重い競技性の高いゲームもありますが、中程度のゲームのFPSの実況・配信ならノートPCでも可能でしょう。 最新ゲームの重量級ゲームの実況・配信となるとハイエンドがおすすめです。 また、頻度という点も重要です。 毎日動画をアップしている方はハイエンド製品がおすすめです。 ミドルクラスに適している用途 今のゲーミングノートPCはかなりハイスペックです。 数年前にデスクトップPCでゲーム実況をやっていた方よりも今のゲーミングノートPCの方がスペックが高いという場合もあります。 家庭用のゲーム機で録画実況を考えている方はゲームを動かすのは家庭用ゲーム機になるのでそこまで高い性能でなくても大丈夫です。 外付けのキャプチャーボードでも性能の良い商品が出ているのでそれらと組み合わせる事でPCゲーム以外の家庭用のゲーム機も実況可能です。 おすすめゲーム実況用のノートPC ガレリア GCR1660TGF-QC-G OS Windows10 Home 64bit CPU Core i7-9750H グラフィック GeForce GTX1660Ti(6GB) メモリ 16GB SSD 512GB 液晶 15. 6型 フルHDノングレア 144Hz 重量 約1. 87Kg GTX1660Ti搭載で144Hz対応のゲーミングノートPCになります。 重量の軽さがポイント。 レイトレーシングは必要無く、ゲームもできてパソコンとしてのクリエイティブな作業もできるという部分が非常に魅力的です。 G-Tune E5 OS Windows10 Home 64bit CPU Core i7-9750H グラフィック GeForce GTX1660Ti(6GB) メモリ 16GB SSD 512GB 液晶 15. 6型 フルHDノングレア IPSパネル 重量 約 2. 2kg GTX1660Ti搭載でIPSパネルのゲーミングノートPCになります。 レイトレーシングは必要無く、高リフレッシュレートよりIPSパネルの方が魅力を感じる方におすすめです。 本格的な実況・配信を考えている方におすすめ ガレリア GCR2070RGF-QC-G OS Windows10 Home 64bit CPU Core i7-9750H グラフィック RTX2070 MAX-Q(8GB) メモリ 16GB SSD 1TB NVMe SSD 液晶 15. 6型 フルHDノングレア 144Hz 重量 約1. 87kg RTX 2070 Max-Q搭載で144Hz対応のゲーミングノートPCになります。 レイトレーシング対応モデル。 ゲームでの高いパフォーマンスが欲しい方におすすめです。 重量級ゲームでフルHD60FPSを確保するのに好適なゲーム性能。 G-Tune H7-MKB OS Windows10 64ビット CPU Core i7-9750H グラフィック GeForce RTX 2070 メモリ 16GB ストレージ NVMe 512GB 液晶 17. 3型 フルHDノングレア 144Hz 重量 約 2. 6kg バッテリー 約 5. 0時間 RTX2070搭載で144Hz対応のゲーミングノートPCになります。 レイトレーシング対応モデル。 ゲームでの高いパフォーマンスが欲しい方におすすめです。 重量級ゲームでフルHD60FPSを確保するのに好適なゲーム性能。 ガレリア GCR2080RNF-E OS Windows10 Home 64bit CPU Core i7-9750H グラフィック RTX2080(8GB) メモリ 16GB SSD 1TB NVMe SSD 液晶 17. 3型 フルHDノングレア 240Hz 重量 約2. 7kg RTX2080搭載で240Hz対応のゲーミングノートPCになります。 レイトレーシング対応モデル。 ゲームで更に高いパフォーマンスが欲しい方におすすめです。 重量級ゲームでフルHD60FPSを確保するのに最適なゲーム性能。

次の

ゲーム実況用のおすすめノートPC|はじめてゲームPC

ノート パソコン ゲーム

初めてゲーミングPCを買う前に読んでほしいこと こんにちは。 今回は、初めてゲーミングPCを買う前に、知っておいてほしいことがいくつかあるのでご説明します。 PCを選ぼうとした時に「 CPU」、「 GPU(グラボ)」、「 RAM(メモリ)」、「 HDD」、「 SSD」など色々な単語が出てきます。 よく分からなくなって店員さんのオススメなどにしてしまうことが多いかと思います。 そうすると、たまに無駄なソフトや過剰なスペックのPCを買わされてしまうことがあります。 そういったことがないように、あなたにピッタリのPCを買えるようにアドバイスします。 最初に、上に挙げたような単語の説明をします。 PCをざっくりと別のものに例えてみると、CPUは「 脳みそ」、GPUは「 画力」、HDD、SSDは「 引き出し」、RAMは「 机の広さ」、電源は「 ご飯」です。 引き出しに入れるより 素早く作業の切り替えができるようになります。 これを出力の高いものにすると、 一度に動かせる機械の量や性能を挙げられますが、電気代が高くなります。 以上のことを知っているとゲーミングPCを選ぶ際に各ワードの意味が分かると思います。 ご参考にして頂けましたら幸いです。 BTOパソコンを選ぶべき最大の理由 BTOパソコンを選ぶ最大の理由は、 メーカー製パソコンと自作パソコンの利点を両方得られることにあります。 故障した場合も、保証期間内であれば修理してもらえるため、安心して使っていくことができます。 初心者の方にも簡単に安心して使えることがメーカー製パソコンの利点です。 しかし、メーカー製パソコンは、自分の用途(ゲームで遊ぶ、動画を視聴する、絵を描くなど)に合わせて パーツを選ぶことができません。 特にグラフィック性能に関してはあまり重視されていないことが多く、ゲームを十分に楽しんだり、高画質で動画を再生したりするには不十分な場合が多々あります。 しかし、自分でパーツを全て選び、さらに組み立てるのは初心者の方には非常に難しい作業です。 組み立てたけれど電源がつかなかったとき、電源はついたけれどあるパーツが動作していないとき、その後に故障してしまったとき、 自分で問題点を見つけなければなりません。 一時期、自作パソコンが流行ったこともありましたが、現在はコストが逆に高くなるため優位性は失われています。 BTOPCとは「 Build to Order」の略で自分でカスタマイズできる受注生産パソコンという意味です。 通常BTOパソコンは1年程度の保証期間があるため、万が一最初から電源がつかなかったり、保証期間内に故障したりした場合には販売店に対応してもらえます。 また、多くのBTOパソコンはパーツをある程度自由に選択することができるため、 自分の用途に合わせたパソコンを手に入れられます。 以上の理由から、本格的なオンラインゲームを遊びたいならBTOパソコン(ゲームパソコン)一択でほぼ間違いありません。 パソコンでMMORPGを楽しみたい方へ これから「 FF14やドラクエ10をパソコンでプレイしたい」と思っている貴方へ。 どのようなパソコンを選べばよいのか・・、どんなお店で選べばよいのか・・迷っていませんか?。 ここではそんな ゲームパソコンの選び方についてご説明していきたいと思います。 まず、ゲーム用パソコンは高スペックであればあるほど良いです。 近年のゲームはグラフィックカードのレベルも上がっており、相応のスペックでなければ動かないことが多いです。 基本的な条件としては ・OS:Windows8. 1(OS) ・メモリ:8G ・グラフィックカード:GTX760~ ・ハードディスク:2T~ 快適に動作をさせるなら、これぐらいのスペックで大体、 13万円ほどします。 ちなみにこれは本体のみの価格であり、モニタがなければ新たに買う必要があります。 モニタやゲームパッドや周辺機器を含めると、せめて15万から20万円は見ておきたいところです。 正直、ゲームパソコンというのはスペックを高いものを求めようとすると 際限がありません。 何十万円もかかってしまうものもザラなので、 実際に店頭で動作を確認してみることをお勧めします。 パソコンショップはできるだけPC専門店で店員さんに話しかけてみましょう。 その際には「 FF14推奨モデルはありますか?」、「 ドラクエ10をプレイするためにサクサク動くパソコンはありますか?」といったザックリとした質問で大丈夫です。 スタッフもプロなので、親身になってきちんと教えてくれます。 事前にお目当ての機種の情報を仕入れていくと尚よいでしょう。 ゲーム用ならノートPCよりもデスクトップPCが安定 本格的なゲームをプレイする為には、極力 デスクトップパソコンを選択するべきです。 余程の事情がない限り、ノートパソコンを選択すると後々後悔するかもしれません。 ノートパソコンの場合はデスクトップパソコンと比較して、省スペース性を重視して作られているため、部品と部品の間隔が狭く 排熱性が低いです。 そのため、ゲームなどの重たい処理をやらせてしまうと 熱暴走を起こしてしまう可能性が高いので、基本的にゲームをプレイするには向いていません。 ゲームをする際に携帯性やデザイン性は重要ではありません。 デスクトップパソコンなら内部スペースに余裕のある設計になっているので排熱性に優れ、ミドルクラスのPCでも十分なパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。 今はデスクトップPC安定ですが、将来はゲームノートPCが主流となる日が来るかもしれません。 ) 5. ゲームパソコンの予算配分と優先順位 PCゲームを遊ぶために必要なものは、「 CPU」、「 ビデオカード」、「 メモリ」この3つです。 ディスプレイやマウス、ゲームパッドなどは、後から欲しいと思えば買い足せば良いのですが、上記の3パーツはその性能が劣るとゲームを起動することすら出来ない事があります。 そこで、CPU、ビデオカード、メモリの性能を上げれば良いのですが、CPUとビデオカードは性能を極めると、とんでもなく値段が高くなります。 ある程度の所で妥協しないと予算を大幅に超えてしまうでしょう。 そこで今回は、ゲームパソコンの最適な予算配分と優先順位をアドバイスしたいと思います。 ただし、ゲームをしながら他のこともする人、若しくはこの先しばらくはそのパソコンを使おうと思っている人は COREi7のある程度上位か最上位のものを選ぶと良いでしょう。 画質設定を落とせば遊べますとあるように、グラフィック性能の差が快適に遊べるかどうかの差になるのです。 だからビデオカードは、 GeForceの最上位かRADEONの最上位を選べば問題ありません。 この部分にお金を掛けるためにあえてCPUは少しランクを落とす人もいます。 しかし、ゲームにおいてのメモリの重要性はそれほど高くないので(ゲーム中に他のことをしないなら)、8GBにしてビデオカードにお金を掛けるべきでしょう。 要約するとゲームPCは グラフィック性能に一番お金を掛けて、続いてCPUはそこそこの性能、メモリは妥協して、メモリ不足と感じたら増設すれば良いわけです。 グラフィックボード・・・GeForceかRADEONの上位 2. CPU・・・COREi7の上位 3. メモリ・・・8GB~16GB メモリはこの中で一番安く、増設するのも簡単なので後回しにしても構いません。 ゲームパソコンを選ぶ際の注意点 家電量販店で売ってるパソコンなら、「 どれくらいのお値段なら大丈夫か?」といった疑問をよくお見受けしますが、 ゲームを遊ぶならば値段で決めてはいけません。 ゲームを動作させるには、パソコンのスペック欄に記入されている、グラフィックボードとCPUというパーツの組み合わせに注目する必要があるためです。 また、近年はHDDやメモリは大容量のものばかりで、他のパーツについては、そこまで注意しなくとも良いと言えます。 CPUに関しては、 Intel社の製品が安定的です。 CoreI3,5,7と数字が多くなる順に高性能となりますが、ドラクエ10などの通常の3Dゲームを遊ぶならば、現在ほとんどのお店で販売されている第4世代と呼ばれるシリーズの I5以降であれば十分です。 よくわからないという方は、とりあえずお店に売ってる新しいPCの中からI5以上を選択しておき、 セレロンと呼ばれるCPUを避けておけば問題はありません。 グラフィックカードは、NVIDIA社の Geforceシリーズがオススメです。 ゲームを想定して開発しており、各ゲームに対して無難に動作してくれる為バランス感は抜群です。 こちらも先頭の数字が大きくなるほど新しく、真ん中が同じ世代での性能の差を示しています。 基本的には 数字が大きいほど高性能と考えて良いと言えます。 よくわからない方の場合は、現在販売されているシリーズの中では GTX760,970,980,1080あたりを選ぶとほぼ間違いはありません。 ここで注意しなくてはならない点が、時折グラフィックボードが記載されていない製品が販売されている事です。 グラフィックボードは大事なセールスポイントなのに、記載していないのは妙だとお気づきになられたでしょうか。 このような格安パソコンの場合、そもそも グラフィックボードを搭載していないのです。 パソコンの動作そのものに必ず必要なパーツではない為、安価な製品ではこのような事がよくあります。 その場合、CPUでグラフィックを処理する事になるのですが、当然CPUはゲームを想定して作られているわけではないので、動作は鈍いものになってしまいます。 最後に、 BTOでカスタマイズをご検討の中級者な方へのアドバイスです。 パーツは上記の製品を選択すればほぼ間違いはありませんが、 電源に注意して下さい。 特にGTXの高性能なものの場合は、消費電力が大きい為に(それでも数年前の製品よりはエコですが)、 電源容量の大きめのものを選択する必要があると言えます。 それでも、複数カードを搭載するなどを行わない場合は、 700W程度を搭載しておけば十分に安全です。 ショップでメーカー製のものを購入される場合は、無理のない電源を設定されている為、あまり注意する必要はないでしょう。 実店舗のあるBTO可能なゲームパソコン通販はどこ? パソコンの構成をある程度自由に変更できるBTOパソコンを販売している会社は、有名どころでは以下の 7社になります。 ・DELL ・HP ・ドスパラ ・パソコン工房 ・マウスコンピュータ ・フェイス ・ツクモ 「 DELL(デル)」と、「 HP(ヒューレット・パッカード)」は 完全にオリジナルな製品を作れる本当の意味での製造メーカーです。 ドスパラやフェイスは、各種パーツを見繕って組み立てを行ったパソコンを販売する、 ショップブランドPCと呼ばれる販売形態となります。 マウスコンピュータは両者の中間(OEM供給)の位置づけになると思います。 この内のHP社は通信販売のみで、実店舗を持っていません。 ドスパラ、ツクモ、フェイス、マウスコンピュータは、秋葉原に本店を構えて、自社のBTOパソコンの展示・実演・販売を行っています。 (パソコン工房は大阪本社) ただ、店頭でデモンストレーションを行っているPCは、 高性能な構成になっているか、売れ筋のパーツで組み上げた構成となっていることが多いです。 購入を希望しているパーツ構成での動作確認は行えないかもしれません。 ですが、各メーカーとも店員さんはパソコンの知識が大変豊富な人が対応してますので、細かなパーツの相談にも丁寧に回答してもらえます。 また、考えているパーツでは性能が高すぎたり低すぎたりする場合には、きちんと指摘も行ってくれます。 自分で選んだパーツ構成にちょっと不安がある場合には、店員さんを捕まえて相談に乗ってもらうと良いでしょう。 本店 営業時間 定休日 店舗数 秋葉原本店 東京都千代田区外神田3-11-2ロック2ビル1,2F 11:00~20:00 年中無休 21店舗 日本橋本店 大阪府大阪市浪速区日本橋4-15-17 1F 11:00~20:00 年中無休 72店舗 Garage秋葉原店 東京都千代田区外神田3-13-2 11:00~19:30 年末年始を除き無休 6店舗(専門1店) 秋葉原本店 東京都千代田区外神田 3-14-10 平日11:30~20:30 年中無休 2店舗 秋葉原本店 東京都千代田区外神田1-9-7 10:00~22:00 年中無休 12店舗 リアルサイト秋葉原店 東京都千代田区外神田 1-14-7 11:00~21:00 年中無休 2店舗(提携47店) 日本HP本社 東京都江東区大島2丁目2番1号 平日9:00~21:00 祝日、年末年始 サポート拠点 24店 8. ドスパラとマウスコンピューターはどっちが良い? 「 ドスパラとマウスコンピューターどっちがいいか?」と聞かれたら・・・、少し前までは個人的には ドスパラ一択でした。 ただ最近はマウスコンピューターが追い上げてきて、今はそれほど大きな差は無くなってきています。 マウスコンピューターは、かつては安からう悪かろうというイメージが強かったです。 手軽に購入できたとしても直ぐに不具合が生じてしまったり、サポートセンターにそれを伝えてもなかなか対処してもらえなかったりという実話も多く、評判を聞いて購入を控えるという人もそこそこいたのではないでしょうか。 最近はサポートの質が向上して、トラブルが発生した場合に迅速な対処をしてもらえるようになったので、随分使い勝手が良くなりました。 金額面のやや手軽といったところが、メリットとして生きてきた感じです。 カスタマイズ面も向上し、初心者におすすめできるゲームパソコンくらいに進化しました。 それでも、ドスパラの方がやはりカスタマイズの選択肢が多く、それでいて出荷スピードも大幅に勝っています。 気に入ったパソコンをいち早く手に入れたいという人は、やはりドスパラが有力ではないでしょうか。 シンプルイズベストかオリジナリティ(格好いいデザインなど)を取るか、自分がパソコンに求めるもので選んでいったら良いかと思います。 カッコ内が大事な部分でざっくり説明すると、 2. 50GHzが処理スピード、TB時というのは ターボブーストテクノロジーの略で一時的に CPUの電圧を上げ処理スピードを上げる物です。 6MBスマートキャッシュは 一時的にデータを溜めておく領域です、大きい方が良いです。 HT対応というのは ハイパースレッティングの略です。 これは最初に4コアとの記載がありますが簡単には 脳が4つあると思ってください。 これがHT対応となっていると倍になります。 つまり実際は4つコアがありますがそれが 8つの同時処理が可能になるという事です。 (ただし単純に2倍の性能になるわけではなく20%増くらい)幾分、快適になります。 ここもCPUと同じで GeForce GTX850M(2GB)等と書かれますが簡単に言うと メーカー名、型番(メモリサイズ)です。 ()内のメモリサイズについても同じく大きい方が良いです。 オンラインゲームは特にメモリの容量を必要とするので大きい方が良いですが、ゲームだけをするのであれば実は 6Gあれば間に合います。 動画編集や、インターネットを同時に使いたい場合は8GB、できれば16GBが欲しいです。 私はデュアルディスプレイにしてiiyamaと三菱の 27インチを使っています。 色々書きましたが、ゲームパソコンは本体のサイズで中に入るものが大凡決まってくるのでBTO(自分で部品を選んでメーカーが作る物)で比較的簡単にパーツが選べます。 上記に書いた事を参考に選んでいただければと思います。 難しい様であればメーカーがゲーム用として推奨するパソコンも販売されていますのでそれを購入するのも手だと思います。 最後になりましたが、パソコンは良いパーツを選ぶほど高額になります。 際限がありませんのでゲームにどの程度の快適さを求めるかで、妥協点を決めた方が良いでしょう。 パソコンをカスタマイズする人なら一度は聞くショップ名かと思います。 全都道府県とはいきませんが 関東を中心としつつ地方にも多数店舗があるので、実際に触って確かめてみることもできます。 店舗(というより店員さん)によって少々ムラがありますが、 修理も受け付けているので何かあった時も持ち込むことが可能となっています。 また、やりたいゲームが決まっているなら、そのゲームの推奨パソコンを購入すれば困ることもないでしょう。 こちらもパソコン通販では大手といえるショップです。 ドスパラと同様に、実際に触って確かめることができますし、持ち込んで修理も勿論可能。 特徴といえば ハイスペックなパソコンが他店とくらべて安いということでしょうか。 物によっては二万円近く違うこともしばしばあります。 実店舗は全国にありますが特に 西日本に多いので、「 関東在住ならドスパラ、関西ならパソコン工房」という使い分けも有効かと思います。 (ダイレクトショップは全国5店) 首都圏在住の方で足を運べるようでしたら活用してみると良いと思います。 さすが専門店を名乗るだけあって比較的低価格で購入できますし、 個別ゲームタイトル推奨PCも非常に充実しています。

次の

失敗しないゲームパソコンの選び方~初心者さんにおすすめのゲーミングPCはどれ?~

ノート パソコン ゲーム

よく使われる言葉なのにで、覚えておいてください。 GPUの分類 ハイエンド 上級、動画配信向け RTX 2080 ミドルハイ 中上級向け RTX 2070 ミドルレンジ 中級向け RTX 2060、GTX 1660 Ti エントリー 入門向け GTX 1650、GTX 1050 おすすめはGTX 1660 Ti または RTX 2070です。 このGPUを搭載しているゲーミングノートPCなら、ほとんどのゲームを快適に楽しめます。 画質にこだわらないならGTX 1660 Ti、高画質でプレーしたいならRTX 2070を選ぶといいでしょう。 ゲーム別GPU選びの目安 最近のノートPC向けGPUは、非常に高性能です。 よっぽど処理の重いタイトルでない限り、安い機種でもゲームを普通に楽しめます。 ただし性能の低いGPUでは、高画質時に動きがカクカクすることがあります。 カクカクした動きを解消するには、 画質を下げなければなりません。 しかし画質を下げすぎると、ゲームの魅力が半減してしまうこともあります。 そこでどのGPUを選ぶべきかという判断材料として、当サイトではベンチマークテストやFPS計測テストの結果を使用しています。 下記のデータは、当サイトで計測した何十台ものゲーミングノートPCのテスト結果を大まかにまとめたものです。 GPUのクラスごとにどの程度の画質で快適にプレーできるかをまとめているので、ぜひ参考にしてください。 しかし重いゲームほど、CPU性能の影響が強くなります。 以下のグラフは、ハイスペックノートPC向けのCPU性能を表わしたもの。 末尾に「H」または「HK」の付いたCPUがゲーミングノートPCでよく使われています。 スコアが高いほど高性能です。 CPUの性能比較 CPU CINEBENCH R20 CPUスコア Core i9-9980HK ゲーミングノートPCでは8GBメモリー搭載の機種が多いのですが、ゲームをより快適に楽しみたいなら 16GB以上のメモリーを選んでください。 動画配信やプレー動画の編集を行なうなら、32GBの容量をおすすめします。 軽めのゲームをライトに楽しむなら8GBでもOKです。 リフレッシュレートについて リフレッシュレートとは、液晶ディスプレイの 画面書き換え速度を表わす指針です。 ゲーム中に3D酔いしにくくなるほかターゲットの動きを正確に捉えられるので、特に対戦ゲームなどを有利に進められるでしょう。 以下の動画は、一般的な60Hzの画面と144Hzの画面の動きを5倍スローモーションで撮影したものです。 60Hzでも違和感はないのですが、実際には144Hzに比べて画面がカクカク動いていることがわかります。 ただし高リフレッシュレート対応ディスプレイを搭載していても、PC側のパフォーマンスが低いと意味がありません。 FPS ゲーム側の画面書き換え速度の指針 が120または144あたりに達することで、高リフレッシュレートのなめらかな動きを最大限に体感できます。 キーボードについて 一部のゲームでは、複雑なキー操作が求められることがあります。 一般的なキーボードでは一度に認識できるキーの種類や数に限りがあり、場合によってはプレーで不利になるかもしれません 例:PUBGのリーン操作など。 本気で勝ちを狙うなら、「Nキーロールオーバー」や「アンチゴースト」に対応する機種を選ぶといいでしょう。 とは言えCore i5との組み合わせでも中量級のゲームなら画質を落とすことで、快適に遊べる目安の平均60FPSをクリアーできます。 詳しくは以下のリンクから、実機を使った検証結果でご確認ください。 記事カテゴリー• 279• 133• 614• 363• 144• 120•

次の