行政 書士 試験。 行政書士の試験の難易度・合格率は? 他の資格試験と徹底比較!

一般財団法人 行政書士試験研究センター

行政 書士 試験

*Contents*• 行政書士試験合格までのプロセス 10か月で行政書士試験合格した私が一押しする合格ノウハウが詰まった本 これのお陰で合格できました! 👇 こちらをクリック👇 *限定100名住所入力だけで無料GETできる 行政書士試験概要 受験資格 学歴・年齢関係なく誰でも 受験日 例年11月2週目の日曜日 午後1時から4時の3時間 受験手数料 7000円 参考 学歴・年齢関係なく受けれる試験なので誰にでもチャンスがある試験だと分かりました。 最年少合格は14歳 最高齢合格者は81歳です! 「あなたにも チャンスがあります」 次にどのくらいの人が受験して、どれだけ合格するのか? 合格率をみていきます! 行政書士試験合格率はどのくらいか? 最新データから過去10年分の合格率 100人中10人が受かる試験だと分かりました。 法律知識がなくても正しい勉強をすれば受かる試験ですね^^ 学習計画をしっかり立てれば必ず合格できるよ! 次に勉強法ですが、試験の中身についてみていきます。 行政書士試験の合格までの勉強法 行政書士試験の配点 300満点中180点で合格です。 つまり 6割とれたら合格できる試験なのです! 必要な勉強時間も気になると思います。 行政書士試験おすすめの予備校 まずはクレアールで 合格本を手に入れよう!^^ こちらの本は行政書士・社労士の資格で有名な予備校「クレアール」の著書 行政書士試験は民法・行政法を中心に勉強しよう! 他の合格者の意見・勉強法も参考にしてもらいたい! 行政書士試験合格者インタビュー 勉強法、使用した教材、勉強時間なども目から鱗 一発合格者から学ぶ 残念ながら一発合格出来なかったあなたは何がいけなかったか?何故不合格だったのかも分析して学習計画を立て直しましょう! 以下の記事は2回目にして合格を掴んだ女性のインタビュー記事です。 行政書士試験10か月で合格でした私がおすすめする本 これのお陰で合格できました! 👇こちらをクリック👇 0 *100名限定住所入力だけ無料GET 行政書士合格後の道 更なる挑戦 行政書士試験合格したあなたおめでとうございます! ここで二つの選択肢が生まれます。。。 行政書士として開業するか更なる難関資格にチャレンジするか!! まずは行政書士と相性の良い資格を紹介します。 行政書士の年収は? 10か月で行政書士試験合格した私が一押しする合格ノウハウが詰まった本 これのお陰で合格できました! 🙂 👇こちらをクリック👇 *100名限定住所入力だけ無料GET.

次の

行政書士試験の難易度はどのくらい?

行政 書士 試験

1.行政書士とは 行政書士の主な仕事内容は、書類の作成、申請の代行です。 司法書士との違いはその書類の提出先で、司法書士は法務局や裁判所、行政書士は行政機関が中心となっています。 また、平成26年には、許認可の申請に関する紛争について当事者に代わって争うことが認められている「特定行政書士」が誕生しました。 行政書士の年収は、実力次第で1000万円を超えることもあるそうです。 行政書士試験について ここからは行政書士試験の概要を詳しくご紹介します。 試験を実施している一般財団法人行政書士試験研究センターのホームページ()も参考にしてみてください。 (1)受験資格・試験日 行政書士試験は、年齢、学歴、国籍などに関係なく、誰でも受験できます。 試験日は例年11月の第2日曜日、午後1時~午後4時までです。 (2)科目・内容・試験方法 試験科目は以下の通りで、問題数は全60問です。 ・「行政書士の業務に関し必要な法令等」(出題数46題) 憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。 )、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題。 法令については、試験を実施する日の属する年度の4月1日現在施行されている法令に関して出題されます。 ・「行政書士の業務に関連する一般知識等」(出題数14題) 政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解 (3)試験の形式 以上の科目について筆記試験が行われます。 行政書士試験の出題形式は 「択一式」と 「記述式」の2通りです。 択一式はさらに 「5肢択一式」と 「多肢選択式」に分かれています。 「5肢択一式」は5つの選択肢から適切な解答を1つ選ぶもの、 「多肢選択式」は20の選択肢から長文の空欄にあてはまる語句を1つ選ぶものです。 記述式は、問いに対して40字程度で解答する問題が出題されます。 「行政書士の業務に関し必要な法令等」は 択一式および 記述式、 「行政書士の業務に関連する一般知識等」は 択一式で出題されます。 試験科目 出題形式 科目 問題数 配点 満点 法令等 (46問) 択一式 (43問) 5肢択一式 基礎法学 2問 各4点 8点 160点 憲法 5問 20点 行政法 19問 76点 民法 9問 36点 商法・会社法 5問 20点 多肢選択式 憲法 1問 各8点 8点 24点 行政法 2問 16点 記述式(3問) 行政法 1問 各20点 20点 60点 民法 2問 40点 一般知識等 (14問) 択一式 5肢択一式 政治・経済・社会 7問 各4点 28点 56点 情報通信・個人情報保護 4問 16点 文章理解 3問 12点 合計 60問 300点 (平成30年度) (4)合格基準 次の要件をいずれも満たすことが、行政書士試験の合格基準となります。 補正的措置とは、受験者の正答率などから、その年度の試験問題の難易度が過去と比較して著しく変動していると認められた場合に、合格基準(合格基準点)を見直すことによって、過去の試験問題の難易度との均衡を図るものです。 試験対策のポイント 上記の試験内容からもわかるように、行政書士には民法から行政法まで幅広い法律の知識が必要となります。 試験ではそれを使いこなす技術が問われるほか、一般知識として政治や経済に関する基本的な理解や時事問題への関心が求められてもいます。 記述式問題では文章の読解力に加え、文字制限のある中で書く訓練も必要です。 このような点から、行政書士試験は総合的な法律知識と幅広い一般知識が必要な、高難易度の試験といえるでしょう。 ちなみに、 一般知識等科目に関しては、満点を取る必要はないことが試験対策のポイントとなります。 公務員試験向けや行政書士試験用のテキストを1冊決めて勉強したり、予備校の講座で一般知識の範囲だけを受講したりすれば合格点を取ることができるでしょう。 近年の合格率は10~15% ここ数年の行政書士試験の受験者数、合格者数、合格率を見てみましょう。 平成29年度は15. 前述の通り、行政書士試験は誰でも受験が可能です。 十分な準備をしないまま、とりあえず受験してみるという「記念受験組」も含まれているため、データ上の合格率は10%程度と低くなっています。 もっとも、しっかり勉強した人にとっては、飛び抜けて難しい試験ではありませんので、見かけ上の合格率に怯む必要はありません。 行政書士の難易度は、宅建士よりも高く、予備試験よりも低い では、行政書士試験の難易度は相対的に見てどれほどのものなのでしょうか。 2つの試験と比較して考えてみましょう。 (1)宅建との比較 まずは宅建士の資格との比較です。 主婦やサラリーマンにも取得する方が多く、半年ほどの勉強で取得に至る人もいる宅建士の資格。 下の記事からもわかるように、宅建と比べると行政書士試験の難易度の方が高そうです。 そもそも法律系の資格とはどのようなものか学ぼうとするならば、行政書士試験を受験する前に宅建の勉強をして資格取得を目指すという考え方もあります。 宅建を取得してから行政書士の資格を狙うなど、行政書士試験の前段階には向いているかもしれません。 (2)予備試験との比較 続いて、予備試験と比較してみましょう。 予備試験と行政書士試験とでは、一般知識等科目の傾向は異なりますが、法律科目の範囲が重なっています。 そのため、予備試験受験生の中には、7月の論文式試験の終了後に行政書士試験を受験する方も見られます。 特別な行政書士試験対策をせずに、過去問を数年分解いただけで合格するケースもあるようです。 以上のことから、予備試験に比べると行政書士試験の難易度は低いといえます。 勉強時間は「効率の良さ」を意識する 前項では参考までに比較をしましたが、行政書士試験の難易度が高いことには変わりありません。 行政書士試験も他資格と同様に、多くの勉強時間を要します。 とはいえ、社会人として毎日働きながらでも、時間管理と勉強方法さえ間違えなければ、合格が目指せる資格です。 合格のためにはとにかく効率的に勉強することが重要となります。 自分ひとりでは方向性を誤る可能性があるので、方向性を正してもらう機会も必要です。 もし短期合格を目指すならば、勉強方法について試行錯誤の時間はないと考えて、最初から効率良く勉強することを意識しましょう。 行政書士は、今後のキャリアアップや将来的な独立を考えている方に、ぜひとも挑戦していただきたい資格のひとつです。 一般知識の情報通信・個人情報保護の分野についてはどのような問題が出題されるのでしょうか。 比較的新しい法律は情報が出るのではという推測もできそうですが[…]• 行政書士試験の出題科目である民法では、家族に関係する事項が細かく定められています。 契約などについて定めた財産法とは異なるこの領域は家族法と呼ばれ、親[…]• 行政書士試験で出題される行政法では、行政行為について定めています。 1 行政裁量 原則、行政行為は法律や条令に従って行われる必要があります。 その原則[…]• 行政書士試験で出題される行政法では、行政作用を引き起こす行政行為について定めています。 行政行為は法律行為的行政行為と準法律行為的行政行為に分けられ、[…]• 行政書士試験の出題科目である行政法のうち、行政作用法において最も重要な概念は行政行為です。 1 行政における強制措置 行政行為には下命のように、国民に[…].

次の

行政書士試験 資格・試験ガイド

行政 書士 試験

「公務員は行政書士の試験が免除されるの?」 「公務員だと、資格を取るにあたって有利なの?」 公務員と資格試験について、このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。 今回主に解説していく 行政書士試験は、一般的に難関といわれる資格試験です。 しかし、公務員としての勤続年数が一定以上あれば、試験を受けることなく行政書士として資格登録できるということはご存じでしょうか? 公務員も行政書士も行政に関する事務業務に携わる仕事として関連度が高く、 公務員としての勤務経験を行政書士試験に活用することが可能です。 この記事では、公務員としての経験を行政書士に活かす制度や、公務員試験と行政書士試験の関連性などについてご紹介します! 現在公務員として勤務されている方や、行政書士資格を取りたいとお考えの方には、今回の記事が参考になるはずです! 公務員なら無試験で行政書士になれる 行政書士に資格登録するためには、一般的には 行政書士試験を受験し合格することが必要です。 しかし 一定の条件を満たしている場合に限り、 行政書士試験を受けなくても行政書士として登録できるケースが存在します。 以下行政書士法第2条を参考にして、行政書士の資格を得ることができる者として規定されている条件をまとめました。 行政書士試験に合格した者。 弁護士、弁理士、公認会計士、税理士のいずれかの資格を有する者。 国または地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間、あるいは行政法人または特定地方独立行政法人の役員または職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して17年以上(中卒の場合は20年以上)の者。 上記のように、弁護士・弁理士・公認会計士・税理士の資格のいずれかを取得している人、あるいは17年間(中卒の場合は20年間)公務員として勤務していた人であれば、 無試験で行政書士になることができます。 弁護士・弁理士・公認会計士・税理士は超難関試験を突破する必要がある特別な国家資格です。 一方で、上記の超難関試験を突破していなくとも、 公務員として17年間あるいは20年間勤続さえすれば行政書士試験を受けなくて済むというのは、行政書士の資格を得るにあたって大きなメリットであるといえます。 ただしそのかわりに、行政書士の資格を得られるようになるまでに、17年あるいは20年という 非常に長い月日がかかることも考慮しておかなければなりません。 公務員なら行政書士試験も有利になる? 行政書士とは、その名の通り 行政に関する事務全般を扱う資格です。 行政書士が行う仕事は、官公庁への許認可書類提出手続きの代行、権利義務に関する書類や契約書等作成の代行が主なものです。 行政書士の仕事の範囲は非常に広く、 行政書士が扱うことのできる書類の種類は一万を超えるともいわれています。 一方公務員は市民と近い位置で働き、それぞれの役所で法律に則って書類作成をはじめとした行政事務に携わることが多く、 公務員としての仕事は行政書士の仕事に通ずる部分も多いと言えます。 また、公務員試験は行政書士試験と出題範囲が類似しているという点にも注目できます。 具体的には、法令科目の憲法・行政法・民法や、一般知識科目の政治・経済・社会と文章理解などについては、 出題範囲がほぼ同じで関連度が高いと言えます。 ただし、 行政書士試験の方が対策しづらく難問となっています。 公務員試験と行政書士試験はどっちが難しい? 公務員試験と行政書士試験を比較すると、上記のように試験範囲が被っている箇所も多数ある一方で、 行政書士試験の方が問われる内容への深い理解が必要であり、難易度も高いのです。 このように、基本的には行政書士試験の方が難しいことが多いとはいえ、公務員試験の中でも難関とされる地方上級公務員以上の試験になってくると、公務員試験の方が難易度が高くなることもしばしばあります。 つまり、 公務員試験には非常に多くの種類があり、その難易度は低いものから非常に高いものまで様々であるため、公務員試験と行政書士試験とでどちらの試験の方が難易度が高いか、一概に言い切ることは難しいと言えます。 免除制度を利用せず取得する方も 公務員としての勤務を17年、あるいは20年以上という条件を満たすためには、やはり 長い年月がかかるのがネックとなります。 これほどの長い年月に渡って勤続していれば、年齢を重ね、重要な役職についていることも多いですし、そこから退職して行政書士として独立することを選ぶのはかなりの大きな決断となります。 あるいは、公務員として就職された方の中でも、 この先長く勤めるのが難しい状況になってしまったり、仕事に満足できず転職を視野に入れたりするという方もいらっしゃるでしょう。 そのため、公務員の方でも17年または20年という年月を待つのではなく、 自分で行政書士試験の勉強をして資格取得をされる方も多いのです。 また、公務員からの転職を考えているという方の中には、何らかの資格を取得していることが転職において有利にはたらくことを見越して、あえて難関な行政書士試験にチャレンジするという方もいらっしゃいます。 公務員が行政書士を取得するメリット 行政書士の資格を取得することで、独立開業するチャンスが拓けるというのは大きなメリットであるといえます。 公務員の年収については公務員法により基準が定められているため、どんなに頑張って働いても年収には限界があります。 しかし行政書士として独立開業すれば、 公務員として勤務していた頃よりも大幅な年収増加が狙えますし、あるいは自分で働き方や働く時間を自由に決めることも可能になるなど大きなメリットがあります。 また、行政書士として事務所を開業し軌道に乗せるには、それなりの 準備と経験が必要となります。 公務員の業務は行政書士の扱う業務との親和性が高く、独立後も公務員時代の業務経験を活かすことができるため、公務員から転身した行政書士は、全くの未経験の状態から独立するよりも 行政書士として成功する可能性が高いと言えます。 その他公務員が有利な資格一覧 行政書士以外の難関資格においても、 公務員優遇措置が取られているものが複数あり、公務員の勤務経験を生かすことが可能です。 司法書士・社労士・中小企業診断士・税理士・弁理士がその資格に該当します。 この項では、 各資格を取得するにあたり、どのように公務員経験を活かすことができるのかについてそれぞれ解説していきます。 司法書士 司法書士は法律を扱う国家資格です。 登記・供託に関する業務が主な仕事となります。 民事裁判の代理人として法廷活動を行うことも認められています。 司法書士試験の合格率は4パーセント台と極めて低く、司法試験と並ぶ超難関試験であることが知られています。 しかし一部の公務員は、司法書士資格を取得する際に公務員の優遇措置を利用することが可能です。 裁判官事務官・裁判所書記官・法律事務官・検察事務官として10年以上勤務した場合、 法務大臣の認定を得ることで司法書士として登録することができます。 社労士 社労士(社会保険労務士)は、労働法や社会保険に精通したプロフェッショナルであり、企業に属する社員の就業規則・年金・社会保険などについて相談に応じサポートを行います。 社労士試験は試験科目が8科目あり難関とされていますが、 公務員としての勤務経験によって一部科目の免除制度が適用されます。 中小企業診断士 中小企業診断士は経営・労務分野を扱う国家資格で、主に中小企業を対象に、企業の財務・労務などといった経営全般について診断・指導を行い、経営課題への対応を担います。 中小企業診断士になるためには、一次・二次試験を受け合格したのち実務補修を受けることが必要ですが、一次試験合格後、中小企業事業団が実施する「中小企業大学校」かその他の登録養成機関の元で1年間履修することでも、資格を取得することができます。 この「中小企業大学校」は、 地方公務員向けにも実施されています。 地方公務員には、中小企業診断士試験の一次試験に合格していなくても「中小企業大学校」の養成機関に入ることができるという優遇措置が取られているのです。 そのため、養成機関での履修に1年間という期間はかかりますが、 一般の人よりも効率よく資格を取得することができます。 税理士 税理士は、税金に関するあらゆるサポートを担う国家資格です。 税理士資格を得るにあたっての公務員優遇措置としては 税理士試験の科目免除制度があり、これは国税に関連した公務員の職種に従事した人に対して適用されます。 税理士試験を突破するには5科目における合格が必要となり、税理士試験は難易度が高い試験であるため、科目免除制度を利用できるというのは非常に有利です。 弁理士 弁理士は知的財産の専門家で、 特許や商標についての申請・出願の代行業務を主に行います。 また、知的財産権の取得についての助言や、自分や他者の権利関係の相談に応じた助言を行うなど、知的財産全般を扱います。 弁理士試験では法律だけではなく工業・産業に関する専門知識が求められるため、試験の難易度は高いと言えますが、特許庁の審判官や審査官として7年以上勤務した人であれば、特許・商標登録に関する十分な専門知識を持つとみなされ、無試験で弁理士になることができます。 公務員の行政書士試験免除まとめ• 公務員として17年間(中卒の場合は20年間)勤続した人であれば行政書士試験の免除制度が適用され、試験を受けなくても行政書士として資格登録ができる• 行政書士も公務員も書類作成などの行政事務を請け負うという点で親和性が高く、そのため行政書士試験と公務員試験の試験範囲も関連度が高い• 17年間あるいは20年間公務員として勤続し行政書士に転身するのは現実的には難しく、行政書士を目指すという人は行政書士試験を受験することも多い• 公務員が行政書士に転身すれば、業務の親和性から独立開業した後も公務員の経験を活かすことができ、成功する可能性が高い• 行政書士以外にも複数の難関資格で公務員優遇措置が取られる 公務員に対する行政書士試験免除制度は大きな魅力ですが、 デメリットも存在します。 行政書士を目指したいという方は、ぜひこの記事を参考にプランを立てていただければ幸いです!.

次の