煉獄 死亡 柱の反応。 煉獄千寿郎 (れんごくせんじゅろう)とは【ピクシブ百科事典】

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎に関する6つの知識!心を燃やせ!超兄貴の圧倒的な剣技!【鬼滅の刃】

煉獄 死亡 柱の反応

鬼殺隊【炎柱】煉獄杏寿郎 れんごくきょうじゅろう と家族紹介 名前 煉獄杏寿郎 れんごくきょうじゅろう 階級 柱 炎柱 誕生日 5月10日 年齢 20歳 身長 177cm 体重 72kg 趣味 東京府 荏原郡 駒沢村(現:世田谷 桜新町) 好きなもの さつまいもの味噌汁 声優 日野聡 煉獄杏寿郎は強い「精神力」と「肉体」を合わせ持つ柱の1人です。 明るい性格の持ち主で、周りから 「リーダー的存在の柱」として 慕われています。 そんな煉獄杏寿郎が活躍するのは無限列車編。 無限列車編では、炭治郎達とともに協力して「 魘夢 えんむ 」を倒します。 煉獄杏寿郎のその他特徴• 鍛錬に鍛錬を重ね鍛え上げられた肉体と精神力は柱上位。 炎の呼吸を使いこなす凄腕剣士。 しゃべり方や使う言葉が独特。 関連記事: 父親:煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)について 煉獄杏寿郎の父親「煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)」も過去に鬼殺隊で柱を努めていた人物。 しかし、柱を引退した後は、酒におぼれてしまい、自堕落な日々を過ごしています。 なぜ槇寿郎が酒に溺れてしまったのか、その理由は漫画内で描かれていないので定かではありませんが、 おそらく「 根」は真面目な人だったのではないかと思われます。 なぜなら、鬼殺隊と無惨の戦いが本格的に始まった時に槇寿郎は、 宇髄天元とともにお館様の護衛に付いていたからです。 もし槇寿郎が本当にダメダメな人間になっていたのだとしたら、おそらく無惨戦に参加していなかったでしょう。 弟:煉獄千寿郎 せんじゅろう について 弟の千寿郎 せんじゅろう に関しては、兄である杏寿郎の 「継子 つぐこ 」として鬼殺隊の柱になることを志していました。 しかし、千寿郎には剣士としての才能がなかった 日輪刀の色が変わらなかった ため、他の道へ進むことを決心しています。 母親:煉獄瑠火 れんごくるか について 煉獄杏寿郎の母親「煉獄瑠火 れんごくるか 」は、煉獄杏寿郎の「人格形成」に大きく影響を与えた人物です。 「厳格な性格の持ち主」として、煉獄杏寿郎を1人前の男として育て上げました。 そんな瑠火ですが、家族の中で最も杏寿郎のことを思いやった存在でもあります。 瑠火は生前、 「強気者は弱気者にその力を使う」という約束を杏寿郎と交わしていました。 この堅い絆が杏寿郎のパワーの源と言っても過言ではありません。 煉獄杏寿郎はなぜ死亡したのか? それでは、なぜ煉獄杏寿郎が死亡したのか?その理由について解説していきます。 煉獄杏寿郎が死亡した理由は、 十二鬼月の1人「猗窩座 あかざ 」との戦いに敗れたためです。 ことの成り行きは、地獄列車を乗っ取った魘夢 えんむ を倒した後に起こります。 魘夢 えんむ を倒し、ここから何事もなく事態は収拾を迎えるかと思いきや… 突如として猗窩座が登場します・・・! この猗窩座は正直かなり強い鬼でしたね。 ここまでは 「下弦の鬼」しか登場してませんでしたが、この猗窩座は初めて登場した上弦の鬼です。 猗窩座は十二鬼月の 「上弦の参」として君臨する鬼。 つまり、鬼舞辻無惨率いる十二鬼月の No. 3というわけです。 そんな猗窩座と煉獄さんは一騎打ち対決となります。 炭治郎、伊之助、善逸の3人は、事前の戦いで負傷していたため、致し方なく煉獄さん1人で戦うことに…。 この対決に敗れ、 煉獄さんは 死亡します。 ただ、もし炭治郎達も一緒に戦うことができていれば、煉獄杏寿郎は猗窩座に負けていなかったかもしれません。 煉獄杏寿郎が死亡したシーンを振り返る 突如現れた猗窩座に対応していた煉獄さんは、一歩も引けを取らずに孤軍奮闘していました。 鍛え上げられた肉体と精神力で、ほぼ互角の戦いを繰り広げます。 しかし、中盤から後半にかけて徐々に猗窩座が戦闘のペースを握ることに。 大きく勝負が動いたのは、炎の呼吸伍の型 「炎虎 えんこ 」と「 破壊殺・乱式 はかいしきらんしき 」が激突したシーンからですね。 この技と技のぶつかり合いの結果に、誰しもが固唾を飲んで見守りました。 結果はというと…。 煉獄さんは大ダメージを負ってしまいます。 ここで煉獄さんは、左目が潰れ、肋骨が砕け、内臓も負傷。 正直、ここで勝負あったなと誰しもが思ったはずです。 でも煉獄さんはここから驚異的な精神力で盛り返すんですよね。 そしていよいよ最終局面。 煉獄さんの最大の奥義 「玖の型・煉獄」と猗窩座の「 奥義 術式展開 破壊殺・滅殺」がぶつかり合います。 果たして結果は・・・!? 勝負あり。 煉獄さんの死亡が確定した瞬間です。 ただ、、、 死亡がほぼ確定しているのに、 煉獄さんはここからまた戦うんですよね。 というのも、夜明けが近かったので、 煉獄さんは猗窩座を太陽の下に引き留めようと試みたんです。 そうすれば猗窩座も消滅することになるので、つまりこの戦いは「ドロー」になりわけで。 太陽の下に引き止めようとする煉獄さん。 今すぐ逃げ出したい猗窩座。 最後はこの2人の力比べ勝負となります。 さてどうなる?! ・・・ ・・ ・ 猗窩座まさかの逃亡…。 猗窩座は自分の腕を切り離し、その場から立ち去ろうとします。 逃亡する猗窩座に対して炭治郎が日輪刀を投げますが、致命的なダメージにはならず。 突き刺さりはしたものの、猗窩座はそそくさと逃亡してしまいます。 この後、煉獄さんは、後輩である炭治郎達に最後のメッセージを伝え、安らかに息を引き取るのでした。 煉獄杏寿郎が死亡する回は漫画の何巻で読める? 煉獄杏寿郎と猗窩座が対決するシーンは、 鬼滅の刃第8巻で読めます。 ちなみに、アニメで視聴することは残念ながらできません。 アニメで観れるのは無限列車編の 「手前まで」です。 なので、煉獄がさんが登場する無限列車編を最初から読みたい場合は、 鬼滅の刃第7巻と8巻を購入する必要があります。 コミック漫画の第7巻の途中から地獄列車篇は始まるので、つまり、 第7巻と第8巻の2冊を置く購入すればOKです。 関連記事: 煉獄杏寿郎が死亡シーンは映画「無限列車篇」で視聴できる 煉獄さんが活躍する無限列車編は、 映画で公開されることが決まりました。 1月1日~3日にかけて、AbemaTV、ニコ生にてTVアニメ 一挙配信ご視聴ありがとうございました! 2020年は劇場版「鬼滅の刃」無限列車編が劇場公開となります。 公式サイト こちらのアカウントより情報発信していきますので、引き続き、よろしくお願いいたします。 煉獄さんと猗窩座の 「一騎打ち対決」ももちろん収録されている事でしょう。 今からワクワクが止まりません! なお、映画の公開日は 2020年10月16日 金 です。 詳細情報は「」よりご確認ください。 煉獄杏寿郎が死亡した…。 ファンの反応は? 煉獄さんが死亡した件に対して、世間の反応はいかがなものか?気になったのでTwitter上から一部抜粋してきたました。 興味のある方はどうぞ。 お館様は、自分の死期を悟っているからこそ「生き様」を気にするなんだなぁ — 三途川 m1t0san2u 煉獄杏寿郎は死にゆく人間の美しさを知っているよ。 死に向かう生き物だからこそ、限られたその生が輝くのだと知っているよ。 だからといって訪れた死に唯々諾々と従うことが美しいわけじゃないと知っているよ。 それではまとめです。

次の

煉獄千寿郎 (れんごくせんじゅろう)とは【ピクシブ百科事典】

煉獄 死亡 柱の反応

剣技においては、天賦の才をたゆまぬ修練と最前線で戦い続けた経験で磨きぬいており、その技の威力は 数十~百トンはあろう列車横転の衝撃を緩和するほどに凄まじい。 このため鬼殺隊最上位陣には、信頼と共に一目置かれていた。 が初めて対面した際、であるを連れている事に対する処遇は 「鬼を庇うなど明らかな隊律違反!」とした上で、 「鬼もろとも斬首する!」と溌剌とした口調で即断した。 しかし後に炭治郎、、と行き掛かり上、汽車に潜むの"の壱"・討伐の任務を共とした際に、傷つきながらも命をかけて乗客の人々を守る彼女の姿を見て認識を改め、彼女を鬼殺隊の一員として認めるようになる。 幼い頃に故人である母親から説かれた「 弱き人を助けることは 強く生まれた者の責務です」という言葉と、抱きしめられた腕の温もりを心の支柱としている。 少年時代は父から情熱的な指導を受けていたが、母の死と同時に父が酒に溺れ指導を放棄したため、以降は一人で家にあった炎の呼吸の指南書を読み込んで柱まで登りつめた。 父に背を向けられ心無い言葉を返されることに寂しさや苦しみも抱えていたが、責務を果たすために前を向き続けた。 後進の面倒見も良い好漢だが、稽古が厳しすぎるため弟子入りした者は皆逃げ出してしまい、登場時点では継子はいなかった。 なお、現恋柱のは煉獄の元・継子である。 剣士としての実力は言うに及ばず、咄嗟の戦況確認能力と、居合わせた若輩の剣士達の実力を素早く見抜き的確な指示を飛ばす戦術眼をっており、指揮官としても有能である。 また、前述の魘夢討伐の任務に際して 駅弁(牛鍋弁当)十一人前を平らげる 大食い振りを見せて炭治郎を驚かせた(もっとも、炭治郎は後にと遭遇する事になるのだが…)。 驚いたときには 「よもや」、好物であるを食べるときには何故か 「わっしょい」が口癖であるらしい。 柱の中でも実力は上位である事は間違いなく、"上弦の参"であると互角に渡り合い、あと一歩の所まで追い詰めた。 後に猗窩座は、が発現したと竈門炭治郎と二人を相手にして戦う程の実力者である事が判明。 実際に彼が死んだあと同じ柱のは、「 には煉獄でさえ負けるのか」と発言している辺り、他の柱からも一目置かれていたのは間違いない。 の人々 家族構成 父 (しんじゅろう) 元柱。 人的損耗率の高い鬼殺隊において柱にまでなったが、ある日突然剣を捨てた。 本人曰く、自分の無能に打ちひしがれたところに妻の死が重なり酒に溺れたらしい。 それ以降は剣士もやめ、まだ幼い実の息子たちからも背を向けた。 初登場時は周りに対するあたりが強かったが、杏寿郎が最期まで自分に恨み言一つ言わず己の体を気遣っていたと知り、涙を流す。 現在は反省し、炭治郎に謝罪の手紙を送った事が遊郭編で判明している。 最終局面の無限城編においては、と共にの護衛を行っている。 キメツ学園世界では剣術道場師範。 最近門下生が減っているので凹んでいる。 母 (るか) 故人。 病床の身であったが、強さと優しさを備えた美しい女性。 杏寿郎の在り方に大きな影響を与えた人物。 次男の千寿郎が物心つく前に逝去。 キメツ学園世界では書道教室の先生。 弟 (せんじゅろう) 存命中。 兄とはやや歳が離れている模様。 兄と瓜二つの顔立ちをしているがどこか気弱な印象。 兄とは異なり剣才に恵まれず、名門・煉獄家に生まれながら、どれだけ稽古をつけてもらっても日輪刀の色が変わらない己を恥じていた。 しかし炭治郎との出会いと兄の言葉により、勇気をもって剣士以外の自分の道を歩むことを決断した。 キメツ学園世界では何事においても平均的な中学生。 人間関係 「強さというものは 肉体に対してのみ使う言葉ではない この少年は弱くない 侮辱するな」 後進の育成に熱心であることからもうかがえるように、作中では基本的に後輩との繋がりが強い。 甘露寺蜜璃 同じく鬼殺隊で柱を務める剣士。 上述の通り、彼女は元々杏寿郎の弟子として炎の呼吸を学び、彼女自身、炎の呼吸に対する適正もあったが、彼女の動きがあまりにも独創的である為にとして教えることを断念した。 竈門炭治郎・我妻善逸・嘴平伊之助 最期の任務で同席した一般隊士。 通称、。 列車での事件の際には、三人同時に「継子にしてやろう」と言っており、の血によってパワーアップした魘夢を三人とともに討伐した。 継子には出来なかったが、彼の生きざまは三人に強い影響を与えており、特に炭治郎は上弦の鬼戦や人への相談など、重要な局面では杏寿郎の顔を思い浮かべ、彼の遺言である 「」「胸を張って生きろ」といった言葉を思い返す程、杏寿郎の事を今なお慕っている。 もしも本当に継子になっていた場合、いい師弟となっていたかもしれない。 竈門禰豆子 当初は鬼であると言う事から処分することを求めたが、列車で共に人間の為に戦っていた姿を見たことで考えを改め、最終的には鬼殺隊の一員であることを認めた。 能力 身体能力 鍛え抜かれ選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、更に後述の「法」により瞬間的なブーストをかける事で、鬼と渡り合えるほどの身体能力を得ることが可能となる。 全集中 7巻にて設定が明かされた。 担当教科は。 教育熱心で歴史愛も強いため、 授業中に生徒を投げ飛ばしたり騎馬戦を始めたりしてしまう。 しかしながら生徒からの人気は高く(バレンタインのチョコ獲得数は 28個)、歴史の成績が悪い者は学園にいないという。 公式ファンブックに掲載された特別描き下ろし漫画では、モテるための秘訣を善逸に訊かれた時に「 特にないな!モテたいから学校に来ているわけではないし!」と返答し、当の善逸から「 何の役にも立たないですね もういいです」と憎まれ口を叩かれていた。 余談 本作には奇抜ながらも実在する苗字が多く登場するが、煉獄姓の実在は未確認。 本誌掲載時、「玖ノ型 煉獄」を発動した際、「火の呼吸」と表記されていたが、単行本8巻収録にあたり、「炎の呼吸」へと訂正された。 初登場は単行本5巻、退場するのが8巻と非常に短い登場ではあったがその人となりと生き様は後輩である炭治郎たちに大きな影響を与え、ひたすら前向きで真っ直ぐな性格から多くの読者からもそのあまりにも早すぎる死を惜しまれている。 …のキャラクター。 「」、「名前の元ネタが火属性」、「熱血な性格」と共通点多し。 、、…こちらもであり、 『炎を操る』、『主人公達を導く兄貴系キャラクター』繋がり。 彼らもまた煉獄と(ただし、山本元柳斎に関しては『兄貴系キャラクター』には当てはまらず、炎に関連する能力と最後に辿る運命が共通している)。 …更にのキャラクター。 当人の項目でも触れられているように、まず 「顔付きがそっくり」で、加えて 「明朗快活な性格」、「常に大きい声で話す」、「父親との確執」など、共通点が多い。 関連記事 親記事.

次の

鬼滅の刃7巻55話ネタバレ感想!煉獄杏寿郎の父が柱を辞めた理由を予測考察!

煉獄 死亡 柱の反応

炎柱(えんばしら)。 炎に似た色の髪色をしており、羽織にも炎のデザインが施されている。 自信、 正義感にあふれているのだろう。 漫画の吹き出しでは語尾に「!」がついていることが多い。 炎のように燃えた心を持っており、 常に前を向き続ける姿が多く見られる。 概要 階級 柱(炎柱) 性別 男 誕生日 5月10日 年齢 20歳 身長 177センチ 体重 72キロ 出身地 東京府 荏原郡 駒澤村(現、世田谷 桜新町) 趣味 能や歌舞伎、相撲観戦 好物 さつまいもの味噌汁 声優(CV) 日野聡 生死:死亡 第63話で上弦の鬼である 猗窩座と対峙。 第64、65話では大きな傷を負わせ 猗窩座を逃亡させることに成功したが、攻撃をもろに喰らい続けたことによるダメージにより 死んでしまう。 家族構成 父親(槇寿郎、しんじゅろう) 元炎柱。 ある日突然、柱を辞めている。 杏寿郎のことを才能がない愚か者だと言い放ったり、千寿郎に対しても容赦なく引っぱたくなど息子たちへの愛を感じられない描写が多い。 杏寿郎の死後ですら我が子を侮辱する発言をしているが、杏寿郎が死に際、自分を気遣う遺言を残していたことを知り涙を流した。 母親(瑠火、るか) 強き者は弱き者を助ける責務があると杏寿郎に諭す。 父親とは違い杏寿郎の未来を望んでいる。 弟(千寿郎、せんじゅろう) 兄の継子になるために修行をしていたが日輪刀の色が変わらず、剣士になることを諦めた。 剣士以外の道で人助けをしようと志している。 人物像・性格 溢れる 正義感・誠実さが特徴。 任務にて無限列車に乗り込んだ際、目の前に鬼が現れる。 「 罪なき人に牙を剥こうものならば」と鬼を斬り乗客を守るのだが、 その際、車掌に「 火急のことだから帯刀を許して欲しい」と発言。 あくまでも政府公認の組織ではないことを踏まえている誠実さが表れている。 列車内で乗客が鬼に脅かされている中、鬼の術で眠ってしまう。 眠りから覚めた際には「 柱として不甲斐なし」と発言。 己の過ちを反省しているこのシーンからも誠実さを感じられるだろう。 猗窩座との戦いでは、重傷を負いながらも「 ここにいる者は誰も死なせない」と責務を全うしようと立ち上がり続ける。 柱として隊員、無限列車の乗客を守り抜く決意は当に正義感に溢れたものだろう。 死にゆく最期には炭治郎、伊之助、善逸に対して「 もっともっと成長しろ。 そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。 」と言葉をかけている。 柱になるべく存在だと彼らを認めているようだ。 また命をかけて鬼と戦い人を守った 禰豆子を鬼殺隊の一員として認めた。 家族想い 家族とのエピソードにまつわる描写が多い。 柱になって元柱である父親に認めてもらいたい弟に向け「 お前には兄がいる。 兄は弟を信じている」「 お前は立派な人間になる」と言葉をかけている。 煉獄は柱になったことを父親に報告しに行くのだが、どうでもいいと話に興味を持ってもらえなかった。 弟もきっと父親には認めてもらうことはできないだろうと感じ弟を励ました。 病にかかり命が長くない母親からは「 弱き人を助けることは強く生まれた者の責務」と教えられており、猗窩座との戦いではその言葉を支えに最後の力を振り絞り剣を振った。 最期には病死した母親に責務を全うできたかと問っており、立派にできたと返事をもらった煉獄は未練のない満足そうな笑顔で死にゆく。 また自分が柱になれたことを喜んでくれない父親に対しても死に際、「 体を大切にしてほしい」と遺している。 身体能力 無限列車では汽車を揺らすほどの 凄まじい速度で移動。 また戦闘シーンでは 直線で移動し敵との間合いを詰め攻撃する様子が多く見られる。 脚力は相当鍛え上げられているに違いない。 猗窩座との戦いの最終局面では、重症を負っている中、更にみぞおちを貫かれてしまう。 そんな絶望的状況にも関わらず、右手に握っていた刀で 相手の首に刃を入れた。 その最中、相手の拳が顔面めがけ飛んでくるも、それを左手だけで止めてしまう。 拳撃の使い手である相手の攻撃を片手で防いでしまえたことから腕力も相当鍛え上げられていることが分かるだろう。 また闘気がとても高く、上弦の鬼でさえも「 至高の領域に近い」と賞賛するほどだ。 炎の呼吸 壱ノ型 不知火(しらぬい) 炎をまとい一直線に移動し一太刀を振るう。 無限列車内にて出現した鬼に対して使用。 猗窩座による咄嗟の攻撃にも対応できるほどに素早く繰り出す。 弐ノ型 昇り炎天 半円を描くように下から上へと縦方向に刀を振るう。 猗窩座が負傷した炭治郎に飛びかかった際、それを守るように繰り出された。 縦方向に攻撃するため、攻撃された猗窩座の手は真っ二つに斬られた。 肆ノ型 盛炎のうねり 渦状に炎を繰り出す。 広範囲に繰り出すため攻撃を防ぐのに有効である。 猗窩座により同時に繰り出された複数の攻撃を防いでいる。 伍ノ型 炎虎 虎の形をした炎を繰り出して攻撃。 繰り出された虎の大きさは自身の4倍ほどあり。 相手に噛み付くように口を開けている。 奥義 玖ノ型 煉獄 炎の螺旋を描きながら相手に一直線に斬りかかる。 一瞬で多くの面積を根こそぎえぐり斬ってしまうその威力は炎の呼吸の最終奥義にふさわしいものである。 名言 「 俺は俺の責務を全うする!! ここにいる者は誰も死なせない!! 」 猗窩座戦での発言。 自分のみがボロボロになっていながらも信念を曲げることなく母親の教えを貫き、人を守り抜く。 「 老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ老いるからこそ死ぬからこそ堪らなく愛おしく尊いのだ」 人間は老い死にゆくため弱い存在であると言う猗窩座に対しての発言。 儚く尊い存在であると慈しみの情を抱いており、人間愛が感じられる。 この想いには幼き頃に病死した母親のことが深く影響しているのだろう。 声優 日野聡(ひのさとし) 人気作品のキャラを多く務めている ・銀魂 (神威) ・バクマン。 (高木秋人) ・NARUTO (サイ) ・ハイキュー (澤村大地) など.

次の