スタビライザー 意味。 スタビライザーとは何? Weblio辞書

スタビライザーとは何? Weblio辞書

スタビライザー 意味

一般的に乗用車のスタビライザーは、パイプ状のパーツで、左右のサスペンションを繋ぐように、可動するリンク上に取り付けられ、ブッシュを介した2か所のポイントで車体に固定されています。 パイプは、中空もしくは中実の鋼材で、形状はU字型やコの字型をイメージされることが多いですが、実際にはサスペンションアームやエンジン、マフラーなどをよけるため、複雑に折り曲げられています。 左右輪が、同じタイミングで同じ量だけストロークをすれば、スタビライザーは車体側の取り付け点を支点にして回転するだけで、アンチロール力は発生しません。 コーナリング時に横向き加速度が車体にかかり、ロール角が大きくなった時、スタビライザーにはリンク機構によってアンチロール力が発生します。 サスペンションのコイルスプリングを硬く設定をしなくてもロール角を抑えることができるため、まっすぐ走った際の乗心地との両立にはなくてはならないパーツです。 ところが、悪路などで片輪が凸凹を通過するような条件では、スタビライザーは悪さを働き、振り子のような揺れを生じやすくなります。 それにより跳ね上げられるような動きが反対側のサスペンションへも反動が来るため、かえって乗り心地が悪くなるという逆効果が生まれてしまいます。 一般的な乗用車の場合、スタビライザーの捩じり剛性は、リアよりもフロントのほうが高く設定されています。 その理由は、適切な弱アンダーステアの車両挙動を確保するため、前後のロール剛性配分を前寄りに決めているためです。 通常、スプリング定数は、軸重に対するスプリングの硬さ ばね上固有値 を、前・後輪で合わせることが多いため、スタビライザーで剛性差をつけます。 そのためフロントのスタビライザー剛性は高く、リアは低くなります 視覚的にも細い場合が多い。 とはいえ、高級車のなかには、リアのスタビライザーが装着されていないクルマもあります。 後席の乗り心地に高いレベルが求められる日産の最高級車であるシーマなどは、たとえ走行中でも、後席に乗った人が文字を書けるくらいの乗り心地を実現するため、リアスタビライザーを外した設定を前提に、設計がなされています。 通常、スポーツカーにスタビライザーはマストアイテムです。 ところが、マクラーレン720Sというスポーツカーは、スタビライザーが装着されていません。 なぜ必要ないのか、その理由は2つあります。 ひとつは、前後左右のショックアブソーバーが協調するプロアクティブ コントロールIIの採用です。 クルマがロールするような状況では瞬時に硬く、またラフな路面ではいなすように、前後輪のショックアブソーバー特性 おもに油圧 を、連続的にコントロールしています。 2つめは、車両重心が低いため、ロールモーメントアーム 前後のロールセンター軸と重心との距離 が非常に短く、横Gが車両にかかってもロール角が発生しにくいため、機械的なスタビライザーが不要となりました。 そのおかげで、スポーツカーとは思えないほどの、抜群の乗り心地の良さも持ち合わせています。 設計次第ではこういった車両も作ることができるのです。 スタビライザーは単なる鋼管に見えますが、剛性が高ければよいという単純なロジックではなく、繊細な設計理論のもとで設定されています。 ロール角の抑制、乗り心地の両立と、両面の役割を担っているスタビライザーは、セッティングにおいて、非常に重要な役目を持っているのです。

次の

スタビライザーの効果とは/サスペンション/小学生でも分かるトルクと馬力の話

スタビライザー 意味

概要 [ ] 一般的にはやに吊り下げるように配置された、U字またはコの字型ので左右のサスペンションを連結した構造 が採られることが多い。 コーナリング時など左右のサスペンションのストローク量に差異が生じた時にだけ、バーに捻れ応力が発生し、その復元力により左右サスペンションのストローク量を同一となる方向に是正することで、車体()の傾き(ローリング)を抑え水平安定を保ち、コーナーリング時に外側の車輪だけに大きく車重がかかるのを低減しコーナーリング性能を上げることができる。 このような構造のスタビライザーは、左右両輪が同方向に同一量ストロークする際には、ボディの吊り下げ部分を支点にスタビライザーもサスペンションに追従して回転運動する ため、捻れ応力が発生せず、サスペンション本体のばねのばね定数に悪影響を及ぼすこともない。 そのためスタビライザーの追加装備、または強化品への交換は、単純にサスペンションのばねを堅くする方法に対して、乗り心地やストロークを比較的犠牲にすることなく車体のロールを抑えることができる。 スタビライザーの副次的な効果として、前後サスペンションに異なるばね定数のスタビライザーを配置することでハンドリングバランスを調整出来るため、その車体が本来持つやの特性を変化させることが可能となる。 一般的に前輪のスタビライザーを強化するとアンダーステア、後輪のスタビライザーを強化するとオーバーステア傾向が強まる。 ハンドリングバランスを変化させずにロールのみを抑えたい場合には、前後とも同一に強化を図る必要がある。 スタビライザーは構造上左右両輪が独立して上下する事が出来るのサスペンションに用いられることが多いが、ロールを抑える利点と引き換えに、独立懸架の長所である左右輪が独立したストロークで路面に追従しようとする働きをスポイルする作用も示す欠点がある。 具体的には、片輪のみが極端にストロークした場合に、もう片方のサスペンションにスタビライザーを通して上下動がある程度伝達されてしまうため、左右で高低差の異なる小さな轍(ハンプ)が連続するようなでは、スタビライザーがない場合に比べて車体を振り子のようにゆらゆらと揺らす振動(ワンダリング)が発生しやすく、結果的に乗り心地が悪化する場合がある。 市販車での採用 [ ] 前軸 [ ] 安価な価格帯の小型乗用車では、厳しいコストの制約から前後ともスタビライザーレスとなる車両がある一方で、フロントサスペンションのテンションロッドを兼ねるスタビライザーが用いられる車両もある。 一般的にはより上位クラスの乗用車にはほぼ例外なく取り付けられている。 後軸 [ ] FF駆動方式の市販乗用車では、後軸が独立懸架であってもスタビライザーレスとなる例が多い。 独立懸架の後輪駆動車でリアスタビライザーレス車は少ないが、車軸懸架の後輪駆動車では通常スタビライザーレスが殆どである。 また、サスペンションアームとして横置きを用いることで、それがスタビライザーを兼ねる例もある。 商用車での採用 [ ] 荷痛みの防止や乗客の快適性の向上、操縦安定性の向上による疲労低減、バリアフリー対応等の目的からが採用される大型バス・大型トラックでは、車軸懸架式ながらスタビライザーが取り付けられる事が多い。 中型・小型トラッククラスでは、前軸を独立懸架式としたものでは標準で装備される車種がある一方、車軸懸架式ではオプションの用意すらないものもある。 悪路走行のためにスタビライザーを敢えて取り外す改造を施したの例 でも高速走行時の車体の安定性確保のためにスタビライザーが装備されることがあるが、車軸懸架の利点である車軸がシャーシと独立して路面に平行に追従しようとする働きもスポイルする作用を示すほか、スタビライザーの回転半径を超えてサスペンションが伸びることも不可能となるため、オフロード走行のみに特化した車両、とりわけなど、極端な高低差のある悪路をの伸び側ストロークを一杯まで使い切ることで、の水平性をできるだけ確保しつつ走破していくような競技では、車軸・独立懸架を問わずを最大限確保する目的でスタビライザーがあえて取り外される場合もある。 の競技車両では、ドライバーやメカニックの任意の操作でばね定数を調整できる可変式スタビライザーが装備される場合があり、近年の高度に電子化された市販車両でも、コンピュータの状況判断によりばね定数を自動制御するアクティブスタビライザーが装備されたものが登場している。 脚注 [ ].

次の

ビルトイン・スタビライザーとは

スタビライザー 意味

カメラを趣味にしている人は多いですが、一眼レフの魅力に取り付かれるとパーツにこだわりたくなりますよね。 一眼レフカメラの手ブレを最小限に抑えるスタビライザーも人気のパーツの一つです。 最近はカメラそのものにスタビライザー機能がついているものもあります。 手軽に綺麗な写真や動画を撮影できるスタビライザーがあればますますカメラライフが楽しくなります。 今回は、一眼レフのスタビライザーのしくみや用途などをまとめてみました。 一眼レフカメラとスタビライザーの関係 「スタビライザー・stabilizer」は「stab 突き刺す +il 可能な +iz こと +er する人、こと 」と言葉がつながった単語で、「刺すことで固定する=安定させるもの」という意味です。 広義では自動車のサスペンションを安定させる部品のこともさしますが、一般的にはカメラの手ブレを補正するパーツとして多くの人に知られています。 出典: プロのカメラマンでない限り、手持ちのカメラをしっかり固定して撮影するのはデジタル一眼レフでも難しいものです。 ありがちなのが、シャッターを押す瞬間に余計なところにも力が入りカメラそのものが動いてしまう場合です。 撮影された画像を見て「あーあ、失敗した」と思うことも多いでしょう。 そんな手ブレを軽減させてくれるのかスタビライザーなのです。 なぜスタビライザーで手ブレが補正できるのか不思議ですよね。 スタビライザーの原理は簡単にいうと小学校ですでに習った「てこ」、中でも「やじろべえ」です。 やじろべえを揺らしてもバランスをとって倒れませんよね。 スタビライザーはこれと同じ働きをするのです。 出典:.

次の