バス釣り。 【バス釣り】バスが全然釣れない? 安心してください、それ普通です。

バスフィッシング 人気ブログランキングとブログ検索

バス釣り

ステイとは? 出典:写真AC ステイとは、 ルアーのアクションを止めた状態のことで、さらに言えばルアーを放置するということです。 ちなみに基本的にはポーズと同義として使われます。 ステイをすることで、 バスに口を使わせる間をつくりだすことができるのがポイントで、ステイをアクションに挟みメリハリを付けることで釣果は大きく変わります。 ステイはただルアーの動きを止めるだけなので、特別なメソッドではありませんが、実は侮れないメソッドのひとつです。 フィールドやシチュエーションによっては、その日の当たりのアクションがステイということもあります。 ルアーフィッシングをしているがゆえ、ステイでバスが沢山釣れてしまうのは少々忍びないですが、それもまたバスフィッシングの奥深いところです。 ステイが効果的なシチュエーション 出典:写真AC 1. 障害物からワームが外れた時 ワームが障害物に引っかかって外れた時、この時にステイをすると非常に効果的です。 バスは障害物や変化の富んだ場所にいる魚なので、何かに引っかかったら、その場所は少なからずバイトチャンスがあります。 バスがいればワームを見ているはずなので、しっかりと食わせの間をつくるということです。 ただ、あまりにも障害物や変化が多く引っかかりが多発するという場所では、引っかかる度にステイをしていては釣りのテンポが悪くなってしまいます。 そのため、そのような場所では抵抗の大きい引っ掛かりが外れた時にのみステイを挟むなど、工夫をすることも必要です。 フォール後 とりわけ、杭や立ち木など縦の障害物に対してフォールをした際は、フォール後に数秒ステイをすることをおすすめします。 縦の障害物に付いているバスは、上から来るものに対して敏感なためフォールでバイトがあることが多いですが、 時には着底して数秒たった後にバイトがあるといったこともあるからです。 はっきりとしたことは言えませんが、バスの活性が低い時はこのようなバイトが多いように思います。 例えばラバージグであれば、フォール後にステイすれば、ただ止めておくだけでも、ふわーとラバーがじわじわ広がります。 この微妙な動きもバスに有効だったりします。 バスが低活性な時 バスが低活性な時は、ステイがかなり効きます。 特に冬などであれば、バスの動きはスローになるので、アクションの中にステイを織り交ぜると有効です。 ステイをして、バスにじっくりワームを見せて口を使わすというのが冬の釣りでは一つのコツです。 状況によっては、 1分近くステイをさせてバイトがあることもしばしばあるので、変化に富んだスポットなどでは長くステイさせても面白いです。 また、ステイで全くバイトがない際はワームを細かく震わすシェイキングにアクションを切り替えるのも一つ。 いろいろ試して、バスの反応を伺うと良いでしょう。 ワームをステイをする際のちょっとしたコツ 出典:写真AC 1. ステイする時間はいろいろ試してみる ワームをステイする際は、ステイ時間をいろいろと試してみると良いです。 バスの活性によっては、前述したように1分近くステイすることで初めてバイトが得られる時もありますが、 長くステイすれば良いというわけでも無いからです。 特に、バスがベイトフィッシュを追いかけ回すような状況など、バスの活性が高いと判断できる場合はステイ時間は短くて良いでしょう。 さらには、バスにワームを長く見せないほうが良い時もあります。 いわゆるリアクションを狙った釣りのことを言いますが、著しくバスの活性が低い時や、プレッシャーが高く、あらゆるルアーが見切られている時などはステイを挟まないほうが良い、という場合もあります。 素早く連続的にアクションをし続けたほうが効果的なこともあるので、ステイを挟むかも含めて状況によりけりといったところです。 ラインは張り過ぎず緩めすぎず ステイをしている状態では、ラインを張り過ぎないほうが良いです。 かといって緩めたら良いかと言われればそうではなく、 張り過ぎず緩めすぎずという状態にするのがおすすめです。 リグにもよりますが、あまりラインを張りすぎるとワームがじわじわと手前によってきてしまうことがありますし、バスがバイトした際はラインを張っている分、食い込みも悪くなります。 反対に緩めすぎると今度はバイトをとるのが難しくなってしまいます。 ただ、これは自分がしっくりくるラインテンションを探すという部分でもあります。 バスのバイトがあって且つ察知しやすいラインテンションでステイができれば問題ありません。 ロッドティップは水面近くに位置する ワームをステイさせる際は、ロッドティップを水面近くに位置するのがベターです。 なぜかと言いますと、ステイをする際に ロッドが高い位置にあるとラインが風の影響を受けることによって、ワームを動かしてしまう可能生があるからです。 また、ロッドティップが水面近くにあれば、ラインは風の影響を受ける部分が少なくなるので、バイトも手元に伝わりやすくなります。 「何をやってもダメ」な時はステイ時間を長くしてみることも 「バスが釣れない時」「何をやってもダメ」といった時は意外とステイがハマる時があります。 バイトがない時は、あれやこれやといろいろなアクションを試しがちですが、時にはステイ時間を長くすることも有効です。 「そういえば、ワームを止める時間をつくっていなかったな」という方は、ステイを織り交ぜたりステイ時間を長くしたりすると良い釣果を得られるかもしれません。

次の

BASS BEGINNER

バス釣り

この記事の目次• 雨のバス釣りはよく釣れる? 雨の日にバス釣りに行ったことがある方、また釣りをしている最中に雨が降ってきた経験がある方は多いと思います。 そんな雨ですが雑誌などで、 「雨の日はバスがよく釣れる」という言葉を目にすることも多いです。 しかし、実際に雨の中バス釣りに出掛けてみたものの、釣れなくて濡れて帰っただけ…なんてことを経験した人もいらっしゃるでしょう。 たしかに晴れているときよりも雨が降っているときのほうがバスは釣りやすいですが、その影響やルアー選びを理解しておかなければ釣れないことも多いです。 今回は雨がバス釣りに与える影響やルアー選びについて解説していきます。 雨がバス釣りに与える影響 雨がバス釣りに与える影響は大きく5つに分けられます。 それぞれの詳細を以下に解説していきます。 バスの活性 雨のバス釣りで最も気になるのがバスの活性でしょう。 基本的に雨の日は、 バスの活性が上がることが多いです。 ただし、この活性が上がるという情報だけを鵜呑みにすると、釣れない状況に陥りがちなので注意が必要です。 バスの警戒心 雨の日はバスに警戒されることが少なくなります。 雨によって水面に釣り人の影が映ってもわかりづらいことが大きな理由でしょう。 また晴れの日に比べれば、水中に足音が少し伝わりにくくなることも警戒されにくい理由ではないかと思います。 雨によって柔らかくなった地面は、釣り人の足音を緩和してくれているはずです。 余談ですが、バスが硬い地形を好む傾向があるのはこの「音」をいち早く察知できるためではないかと最近感じています。 水質 雨が降ると水質に少なからず影響が出ます。 強い雨が降ったり水域周辺が赤土だったりすると濁りを生んだり、ときには雨がフィールドの水を希釈する形でクリアアップしたりと影響が出てきます。 雨が降ると濁ると言いますが濁ったり濁らなかったりで、また濁ることによって釣れたり釣れにくくなったりします。 さらに雨が水質に与える影響は、 その雨が降る前にどれだけ雨が降っていなかったかによっても大きく変わります。 雨の量や陸上に溜まっていた栄養素や塵などが水中にどれだけ入るかによって水質への影響は変わるので、雨が水質に与える影響はそのエリアや地域の状況を把握して、感覚的に理解していくのが良いと思います。 水温 雨が降ると水温にも影響を与えます。 雨は降らせる空気と、そのときの水温・季節によって上がるか下がるか決まります。 こちらはのちにご紹介する、季節ごとの影響とその傾向を参考にしてください。 光量 雨の日は水中に差し込む光量が少なくなります。 これによってルアーが目立ちにくくなったり、水生植物や植物プランクトンが生み出す酸素量に影響が出てきたりするので、 雨の日は基本的にアピールが強いルアーを使った方が釣りやすいです。 もともと水中に差し込む光は多くありませんので、雨で光量が少なくなればその影響は少なからず出てきます。 季節ごとの雨の影響とその傾向 雨がバス釣りに与える影響で知っておきたいのが、季節ごとの影響とその傾向です。 春夏秋冬ごとの影響を理解したことで、僕自身、雨のバス釣りを攻略しやすくなったと感じています。 少し難しい話も入りますが、参考にしてみてください。 春の雨のバス釣り 春のバス釣りでは、その雨がどの方角から運ばれてきた空気によって降るものなのかを理解する必要があります。 春の雨は、中国大陸からやってきた北西側の冷たい空気によるものと、南西側の海上から運ばれてきた暖かい空気によるものがあります。 基本的に北西側の冷たい空気による雨は悪影響、南西側の暖かい空気による雨は好影響と覚えておくといいです。 この違いは気圧配置図を見ておくと理解でき、低気圧がどちらから進んできたかを見ればわかります。 南西側から来た暖かい空気によって暖かい雨が降ると、その当日から好影響が数日続く傾向があり、クランクベイトやネコリグで釣りやすくなります。 逆に北西側の冷たい空気による冷たい雨は、その当日から数日間バスが釣れにくくなり、シャッドやラバージグが効果的となる傾向がありますので覚えておきましょう。 ただ、 冷たい雨が降る前や降り始めは釣りやすいので、タイミングを見ながら釣行してみてください。

次の

雨上がりのバス釣りってどうなの?春夏秋冬に分けて解説!

バス釣り

バス釣りの仕掛けの結び方 今回は釣りに必須な結び方を勉強します。 <目次>• バス釣りの結び方 ブラックバスフィッシングで使うノットは強度と素早さが必要。 完璧に結べるようになるまで繰り返し練習しておきたい。 バス釣りことブラックバスフィッシングで使う結び(ノット)にそれほど難しいものはない。 ルアーについているスプリットリング(取り外し可能になっているリング)やワームフックのアイなどに直接結ぶ「クリンチノット」「ユニノット」「パロマーノット」。 そして輪を作って隙間を持たせる「フリーノット」が代表的なノットになる。 最初のうちはクリンチノットかユニノット、パロマーノットのいずれかひとつを覚えておけばオーケーだ。 ルアーを頻繁にチェンジする釣りなので、難しいと感じたり、失敗したのに気づかずルアーをロストしたりとするようではダメ。 なるべく自分に合ったノットひとつを完全にマスターするよう心がけるようにしたい。 バス釣り以外の釣りでもオーソドックスな「クリンチノット」 結びの王様とも呼ばれるクリンチノットは他の釣りでも非常によく使われるもっともオーソドックスなノットだ。 画像を見てもらえればお分かりの通り、シンプルなので強度も高いので安心してオススメすることができる。 コツは結ぶときにツバなどでちょっと湿らせてからゆっくり締め込むこと。 そうすることで、結び目のすぐ上が縮れたりしなくなる。 慣れてくれば数秒で作れるので、まずはこれから覚えておくのもよいだろう。 ラインをリング部分に通したら、短いほうをメインラインに4、5回転ほど巻きつける。 使っているラインや輪の太さにもよるが、基本的に4回以上巻けばオーケーだ。 リング部分に一番近い輪に短いラインを通す。 さらにこのときにできた大きな輪に短いラインを折り返すように通す。 あとはゆっくり締めこめばオーケー。 最初は短いラインを引き、ある程度絞れたらメインラインを引くようにすると上手くゆく。 強度の強い結び方「ユニノット」 これはフライ編でも紹介した結び方になる。 強度も高く、何よりもリング部分から離したところでも結べるから、結びたいルアーの形状によっては非常に重宝するノットだ。 コツは先ほど同様、少し湿らせてから締め込むこと。 結び目の位置をずらす時にも同様に湿らせてからするとラインが縮れない。 リング部分にラインを通したら折り返して大きな輪を作る。 メインラインと折り返したラインの両方をグルグルと巻き上げる。 回数は4回程度がちょうどよい。 短いほうのラインを絞り、メインラインを引けば完成。 ぴったり締め込まず、ちょっと緩めにしておくとショックを吸収する役目も果たしてくれる。 バス釣りの名手にも愛用者が多い結び方「パロマーノット」 手順が少なく抜群の強度を誇るのがこのパロマーノットだ。 シンプルイズベストを地でゆくようなノットで、バス釣り ブラックバスフィッシング の名手にも愛用者が多いことでも有名。 ひとつだけあるデメリットといえば、作った輪に結ぶ対象を一度くぐらせなければならないという点だろう。 トリプルフックがついたルアーを結ぶときには練習が必要になるが、覚えておいて絶対に損のないノットであることは確かだ。 折り返したラインの先端をリング部分に通す。 戻ってきたラインを固結びの要領で一回点させる。 出来上がった先端の輪に結ぶ対象をくぐらせる。 くぐり終えた輪をそのまま折り返しておき、両方のラインをゆっくり引く。 これで完成。 短いほうのラインを切ってフィニッシュだ。 バス釣りの中でもトップウォータープラグに使用する「フリーノット」 フリーノットは輪を輪で結びたいときに使うノットになる。 バス釣り ブラックバスフィッシング では主にトップウォータープラグに使用するので、是非覚えておきたい。 先ほども説明したが、ワームフックを除くスプリットリングが無いタイプのルアーを結ぶときにはなるべくこれを使うようにすると本来持っているナチュラルな動きを演出できる。 固結びの要領でいちど輪を作っておいたメインラインの端をリング部分に通す。 ラインの先端をあらかじめ作った輪に通し、こちらも固結びの要領でメインラインごと結んでやる。 両方の輪を引き絞り、メインラインを引くと完成。 輪の大きさは2回目に作る輪の位置で調節できる。 輪が輪で接しているのでルアーの動きをまったく妨げないノット。 トップウォータープラグなど、微妙なアクションが身上のルアーに最適な結び方だ。 リグに応用する 最後に紹介しておくのはダウンショットリグの結び方だ。 フックが必ず上を向き、ラインが下に伸びている形状のリグなのでよほど特殊なノットと思われている節がある。 実際に多くのアングラーから質問されるのだが、実はコレそんなに難しいことはしていないのだ。 方法は簡単で、どれでも良いから一回結び、余った短いほうのラインをもう一度アイに上から下へと通すだけ。 コツはといえば、あらかじめダウンショットを付けるために長めにラインが余るようにするぐらい。 あまりにもあっけないので、疑問に思っている人に教えるとキョトンとしているほどだ。 ちなみにガイドは普通に外掛けで釣り針を結ぶ要領でダウンショットリグをセットすることもある。 こちらはやはり練習が必要だが、強度も高いうえ仕上がりが美しいので使っていて安心させてくれるのだ。 いずれにしても、結びを完璧に覚えておかないと一人前のアングラーとは呼べない。 結び目のトラブルで大物を逃したり、大切なルアーをなくしたりしないよう、ガンガン練習しておいてほしい。 ダウンショットリグのフックをセットするには、一回結んだあまりのラインをもう一度アイへ通せばよい。 ガイドはちゃんと外掛け結びでセットすることが多い。 特にメリットはないが、やっぱり結びが美しいと安心感が違うのだ 笑。 結び方が完璧になるとこんな遊び心溢れるリグもすぐ作れる。

次の